速報
» 2021年09月15日 12時00分 公開

「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか本田雅一のクロスオーバーデジタル(3/3 ページ)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

来年には新しい進化の方向性も?

 細かく追いかけると、他にも多くの違いがあるのだが、全体に言えるのは「あらゆる面で昨年のiPhoneよりもよくなった」ということで、悪く言えば全く新しい要素は少ない。しかし、それだけに完成度は高い。実際の評価は実機で下したいが、手元にあるサンプル画像を見る限り、カメラの進化は今回も予想を超えてよくなっている予感だ。

iPhone 13 Pro iPhone 13 Proシリーズの特徴。最も大きな変更はカメラにあるが、各部が着実に進化している(発表会の配信動画より)

 iPhone 13世代に搭載されたA15 Bionicチップは大幅なアップデートというわけではないが、あらゆる面で少しずつ高性能になっている。昨年のモデルから買い換えるという人は少数派だろうから、バッテリー駆動時間が長くなったことと合わせ、さらに前の世代からの買い替えならば、今回のカメラのアップデートも高いモチベーションになる。

 しかし知的好奇心という面では、やはり来年が楽しみというのが偽らざる感想だ。A16 Bionicとなるだろう来年は、トランジスタの集積密度が大きく高まる3nm世代に切り替わるとみられているからだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.