ニュース
» 2022年01月15日 06時30分 公開

在庫が全般的に薄氷化するPCパーツ市場古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

DDR5メモリが買いやすくなり、グラフィックスカードの棚にも目立つ空きはない。けれども、「潤沢」という言葉を店頭であまり聞かなくなって久しい。

[古田雄介,ITmedia]

 14日金曜日の秋葉原を歩くと、小正月(1月15日)を迎える前から平常モードに戻った感がある。人通りは控えめで、PCパーツショップでも「成人式の3連休を境に年末年始モードの潮が引きました」というコメントをいくつも聞いた。

「初回以降全然入ってこないZ690マザーも結構あります」

 これは例年通りの動きだが、2022年は新型コロナの第6波の影響も重なっている。「まだそこまで強い警戒感が広がっているわけではないですが、平日に戻ってから少し自粛感が増した雰囲気はあります」(某ショップ)という。

秋葉原中央通り 1月14日夕方の秋葉原中央通り
秋葉原中央通り 同じくパーツ通り

 人波よりも気にかける声が多かったのは、PCパーツの供給状況だ。年末から枯渇状態が続いていたDDR5メモリの状況は上向いており、現在は極端に品薄なジャンルは見当たらない。それでも安堵(あんど)の声はない。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「深刻な半導体不足が続いていますからね。例年この時期はマザーボードのストックなどが大量にありますが、今年はどの棚も空きが見える状況です。十分に作れる材料がないから、売れ筋に絞って製造しているところがあるようで、登場したばかりのIntel Z690チップセット搭載マザーでも初回以降全然入ってこないモデルも結構あります」と現状を解説する。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のマザーボード売り場
パソコンSHOPアーク 単品売りを始めたパソコンSHOPアークのDDR5メモリ価格表

 パソコンSHOPアークも「今ならオーバークロック版のDDR5メモリも単品で買えるので、ハイエンドマシンを組む選択肢がまずまず広がっている感があります。しかし、これを逃すと同じ状況はなかなか来ないかもしれません。ミドルレンジ以下でも似たことが言えますが、安定して同じ状況が続く期待はなかなか持てないところがありますね」と話していた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.