ニュース
» 2012年01月23日 14時44分 公開

ソフトバンクら、モバイル端末で障がい児の学習・生活支援を行う「魔法のじゅうたんプロジェクト」の協力校を募集

モバイル端末で障がい児の学習、生活支援を行う事例研究プロジェクト「魔法のじゅうたんプロジェクト」の協力校を、ソフトバンクモバイルらが募集している。

[ITmedia]

 東京大学先端科学技術研究センター、ソフトバンクモバイル、エデュアスの3社は、モバイル端末で障がい児の学習、生活支援を行う事例研究プロジェクト「魔法のじゅうたんプロジェクト」を1月21日に開始し、協力校を募集すると発表した。

 魔法のじゅうたんプロジェクトは、東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクグループが行ってきた「あきちゃんの魔法のポケットプロジェクト」「魔法のふでばこプロジェクト」を発展させたもの。新プロジェクトでは端末を校内で活用するだけでなく、校外における家族とのコミュニケーションなどにも役立てていく予定。

 協力校にはスマートフォンやタブレット端末を一定期間無償で貸し出す。プロジェクトでは、実際に活用した具体的な事例を研究、公開することで、学習のバリアフリーを促進することを目指す。

 応募可能なのは、日本国内の特別支援学校。障がいの種別や公立、私立は問わない。募集期間は1月21日〜2月3日まで。端末の貸し出し期間は2012年4月〜2013年3月末までの1年間となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう