ニュース
» 2012年05月23日 15時30分 公開

ビジネスアプリナビ:最適な“お断りメール”を自動で生成 「ドタキャンの言い訳(社会人用)」

間近に迫った予定をキャンセルしなければならないとき、失礼のないお断りメールを考えるのはけっこう大変なだ。そんなときに便利なアプリをご紹介しよう。

[三浦一紀,ITmedia]
Photo 言い訳メールが自動で生成される
photo ドタキャンの言い訳(社会人用)

 ビジネスパーソンなら、急な仕事の予定が入ってその日の予定を突然キャンセルしなければならない時もある。また、急な予定が入っていなくても、ドタキャンをしたくなることも、たまにはあるものだ。

 いずれにしても、そんなときには“お断りのメール”を書かなければならない。しかし、相手に失礼のない文面を考えるのは、けっこう大変なもの。そんなときに便利なのが「ドタキャンの言い訳(社会人用)」(開発:こばりゅーラボ 無料)だ。

 このアプリを使えば、質問に答えていくだけで、お断りメールの文章が自動で生成される。状況をかなり細かく指定でき、断る理由などは自分で入力もできるので、さまざまなシチュエーションに対応することが可能だ。できあがった文章は、クリップボードにコピーされるので、メールやTwitterのDMなどに貼り付けてそのまま使おう。

 断り方ひとつで、人の印象は変わるもの。このアプリを使えば、相手に悪い印象を与えることなく予定をキャンセルできそうだ。でも、使いすぎには注意。ドタキャンはしないのがベストだ。

Photo アプリを起動し、「今日」または「明日」をタップすると質問が始まる。今回は「あまり気乗りがしない仕事関係の飲み会をやんわり断る」という文章を作ってみたい(画面=左)。最初の質問で予定を尋ねられるので「食事・飲み」を選択して「決定」をタップ(画面=右)
Photo 次は「食事・飲みの種類は?」という質問。ここでは「飲み会」を選択(画面=左)。次に言い訳の種類を選択。今回は「急用」を選んでみた(画面=右)
Photo 「急用の種類」は「急な仕事」を選んだ。忙しいビジネスパーソンらしい理由だ(画面=左)。「次の予定は?」という質問。あまり気乗りしない相手なので「あえてふれない」を選択(画面=右)
Photo メールの雰囲気は、相手が仕事関係なので無難に「傷つけない感じ」を選択(画面=左)。メールの雰囲気は、相手が仕事関係なので無難に「傷つけない感じ」を選択(画面=左)。文章が完成。要件を満たしながらも簡潔なお断りの文面が完成した!(画面=右)

photo ドタキャンの言い訳(社会人用)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう