キーワードを探す
検索

「断水」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

内閣府の発表によれば、今後30年以内に、マグニチュード7クラスの首都直下地震が70%の確率で発生すると予測している。また、気象庁が運用する自動気象データ収集システム「アメダス」の雨量情報をみると、近年1時間あたりの降水量が50ミリを超える豪雨が増えていることが分かる。大地震や大雨による河川の氾濫などへの対処が急務となっている現状を考慮し、パナソニック ライフソリューションズ社は防災対策Webセミナー「毎日が、備える日」を開いた。

()

「水道法改正」が通過しようとしている。改正案のポイントは、「コンセッション方式」の導入だ。老朽化した水道管を取り替えるのに莫大な資金が必要になるので、このような案が出てきたわけだが、本当に民営化してもよいのだろうか。いや、公営化のままでも問題があって……。

()

千葉県の鋼材販売会社が社員寮に小型の風力発電機を導入した。長方形の羽根3枚が垂直軸のまわりを回転して発電する方式で、発電能力は3kWある。発電した電力は社員寮の給湯器や水洗トイレの浄水装置で利用しながら、災害時には地下水をくみ上げるポンプを作動させて生活用水を確保する。

()

「病院内で利用しているさまざまなシステムのデータを集約/分析するDWH/BI基盤を整備し、医療サービス向上や経営効率化の推進力とする」──福島県いわき市の常磐病院で進められているこの取り組みが、大きな成果を生みつつある。そのDWH/BI基盤を担うのが“Oracle Database 12c on ODA”だ。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Engineered System][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager]

()

夏がくるたびに繰り返される電力需要の議論。果たして、日本の電力は足りているのか、いないのか。まずは日本全国で使われている電力をイメージするために、われわれがいったい「何人のメイド」を働かせているのかを計算してみよう。

()

固定価格買取制度の対象になる風力発電設備の規模で秋田県が全国のトップに立った。日本海に面して防風林が長く続く海岸線は風力発電の絶好の場所だ。すでに秋田県内では29カ所の風力発電所が稼働しているのに加えて、蓄電池を併設した発電所の開発計画も相次いで始まっている。

()

東北関東大震災を受け、どのようなことに困っていますか? 現在も日常生活が困難な地域に住んでいる人に聞いたところ「ガソリン・灯油が入手しにくい」と答えた人が最も多いことが分かった。マクロミル調べ。

()

語学留学というと、欧米諸国への留学を想像する人も多いのではないだろうか。そんな中、筆者はフィリピンの語学学校に格安で留学して、英会話を身に付けたという。留学に積極的な韓国人も多く利用するというフィリピン語学留学のメリットとは。

()

ヤマトシステム開発の「新東京IDC」は、一般的なIDCの枠組みを超え、社会インフラとしての役割を果たすため作られたデータセンターだという。長年にわたって「クロネコヤマトの宅急便」ブランドをシステム面から支えてきた実績が、同センターにはどのように反映されているのだろうか。

()

今や多様なサービスが社会インフラを支えている時代となった。システムのトラブルが及ぼす影響範囲は非常に大きなものとなり、社会的に大きな問題を引き起こすケースも少なくない。金融機関や交通機関、通信事業者などは言うに及ばず、物流業界などでもシステムを含めた「信頼感」「安心感」が強く社会から求められている。

()

トヨタ自動車とトヨタホームは、愛知県長久手町にある「トヨタ博物館」の向かいに“約10年後の近未来の生活”を提案する実験住宅「トヨタ夢の住宅PAPI」(パピ)を建設した。「愛・地球博」の開催に合わせ、2005年3月25日より一般公開する。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る