コラム
» 2006年08月24日 02時19分 公開

ブロガーがGTDに挑戦!第1回レポート:GTD徹底研究会でわかったこと (3/3)

[田口元,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

どのリストに入れるべき?

 研究会の最中に「これはどのリストに入れるべきでしょうか?」という質問を何回か受けました。そのたびに答えていたのは「別にどこでもかまいません」でした。一見無責任な回答ですが、個人的にはこのぐらいあいまいでもいいかと思っています。筆者自身も最初はどのリストに入れるべきか途中で分からなくなったときがありました。

 しかし最も重要なのは「書き出したことが1カ所にあり、それが毎週見直される」ということです。週次レビューを行っている限り、どのリストに入れるかは最初は悩まないようにしましょう。毎週レビューを行っていれば、そのうちに自分にあったやり方で分類できるようになります。

「本を書く」などの大きなタスクはどこにいれる?

 当日「本を書く、といった大きなタスクはどこに入れますか?」といった質問を受けました。これについてはいろいろなやり方があるかとは思いますが、個人的には次のように処理しています。

  1. 今週少しでもそれを進めたい場合は「プロジェクト」リストへ、来週以降でもいいや、という場合は「いつかやる、多分やる」リストへ分類します。
  2. プロジェクトへ入れた場合は、時間があるときに「次に取るべき行動」に分解していきます。その際はちょっとでも進めるためにどのように仕事を分解していくかを考えるといいでしょう。本を書く、といった場合だったら「締め切りから逆算し、平日○ページ進めればいいかを算出する」などが最初のタスクになるでしょう。
  3. 分解したタスクがすぐに着手できそうなものでしたら「次に取るべき行動」のリストへ、依然として少し気の重いタスクだったらさらに分解するか、「プロジェクト」リストに残しておいて後日また細かく分類します。

特定のリストに居座りつづける項目はどうする?

 GTDを続けていると、数週間特定のリストに居座り続ける項目が出てきます。そうしたものは2、3週間程度だったらほかのよんどころない状況によってそうなっていると考えられますが、数週間も居座り続けるようでしたら細かいタスクにまで落とし込まれていないか、それが最善の選択肢でない場合が多いでしょう。

 その場合は「求める結果は何か? それを少しでも進めるためにはどういった具体的なアクションを取ればいいか?」を考えてみるといいでしょう。

「プロジェクト」リストから「いつかやる、多分やる」リストへ戻ることがあるか?

 一般的には週次レビューを行うにつれ、「いつかやる、多分やる」リストから「プロジェクト」リストへ、「プロジェクト」リストから「次にとるべき行動」リストへ項目が移動していくかと思います。ただしさまざまな事情によって「やっぱりこれはあとでやろう」というときもあります。その場合はその項目が元あったリストへ戻ってもかまいません。

参加者の感想

 個人的に印象に残った質問を紹介していきましたが、実際に参加者がどう思ったかは参加者のブログをご覧になるといいでしょう。こちらのページに、参加者の感想ブログがありますのでよろしければご覧ください。

次回へ向けて

 手探りで始めた「GTD徹底研究会」ですが、今後も続けていきたいと思います。今回の経験も踏まえ、次回には以下のような点を改善させていきたいと思います。

  • 「頭の中の気になること」を書き出すプロセスは2時間では足りなかったので最低でも3時間は確保したいと思います。
  • 今回はブロガー応援企画でしたが、ブロガー以外の方も参加できるような場にしたいですね。企業の一部署に出張して実践してみる、などもよいですね。
  • GTDで本当に重要なのは週次レビューです(7月11日の記事参照)。二週連続で行うか、一週間後にアンケートをとれるような形も検討したいと思います。
  • 今回GTDのプロセスをホワイトボードに映しながら説明しましたが、個人作業が多くなるので、GTDのやり方のみを簡単に解説した、「GTDノート」といったものを作ってもいいでしょう

 以上、GTD徹底研究会のご報告でした。GTD実践の参考になれば幸いです。

今ならできるGTD


デビッド・アレン氏来日


理論編

  • news101.jpgイブに「仕事で会えない」をなくすには――『ストレスフリーの整理術』
    年の瀬も押し迫った師走、仕事に追われているのは筆者だけではあるまい。特にクリスマスイブでもある今夜は、「大事な人との約束があったのに仕事が忙しくて」なんて断る人もいそうだ。GTDの原典を再翻訳した『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』(二見書房)はそんな人にオススメである。(2008/12/24)

  • news003.jpgはじめてのGTD
    ストレスフリーの仕事術、GTD。海外のナレッジワーカーには常識になりつつあるこの仕事術、あなたはもう試してみましたか?(2006/06/27)

  • news010.jpg図解GTD──5つのプロセスをイメージで捉えよう
    GTDのフローチャートは分かったが、それぞれがどのような意味を持っているのか実感するのは難しいものです。今回は、“机”を例にGTDのプロセスをイメージしてみましょう。(2006/07/21)

  • news080.jpgGTDのそこが知りたい
    ストレスフリーの仕事術──GTD。その内容について、よく聞かれる質問をFAQ形式でまとめました。「GTDとは何の略ですか?」「今までの仕事術は何が違うの?」「どうなったら終わりなの?」などなど──。(2006/06/27)


実践編

  • news097.jpg写真でわかるGTD(初回編)
    GTDってどういうものなのかは分かったが、では実践するにはどうすればいいのかイメージがわかない方もいるでしょう。今回は、GTD初めてのITmediaスタッフが、実際にチャレンジしてみます。(2006/06/29)

  • news033.jpg写真でわかるGTD(週次レビュー編)
    GTDをITmediaスタッフが実践。その様子を順を追って写真で紹介する「写真でわかるGTD」。今回は、GTDで最も重要だといわれる「週次レビュー」の実際を見てみます。(2006/07/11)

  • news051.jpg写真でわかるGTD(導入2カ月後)
    GTDをITmediaスタッフが実践。その様子を順を追って写真で紹介する「写真でわかるGTD」。最終回となる今回は、GTD導入から2カ月後の彼らの様子をリポートします。(2006/09/12)

  • news015.jpgGTD徹底研究会でわかったこと
    ブロガーを招いて開催したGTD徹底研究会。初めてGTDに触れる方からのフィードバックを中心に、GTDでつまづく点や戸惑う点をまとめました。(GTDまとめページへ)(2006/08/24)

  • news034.jpg第2回GTD徹底研究会──「書き出し」と「分類」のポイントは?
    Biz.ID主催、第2回めとなるGTD徹底研究会を開きました。今回は、「気になることの書き出し」→「分類」をしていただき、2週間後には週次レビューについてのディスカッションを行います。(2006/10/30)

  • news109.jpgGTD導入のつまづきを解決――第2回徹底研究会
    Biz.ID主催の第2回「GTD徹底研究会」後半のレポートです。参加者に「うまくいっていること」「うまくいっていないこと」を書き出してもらい、共有しながらコメントを加えました。(2006/11/14)

  • news041.jpgGTD黒帯へのチェックリスト【あなたは何級?】
    GTDを始めてからうまく実践できるようになるまで、いくつか達成すべき“マイルストーン”があります。どこまでできていればGTDが何級なのか? チェックリストで確認してみましょう。(2007/06/01)


関連ツール編

  • news053.jpgアイデアを書き留めるツールを持とう
    GTDをマスターしたら、次のステップはどうアイデアをモノにするか。“アイデアをメモする”という習慣を作るには、便利なツールが欠かせません。(2006/07/28)

  • news064.jpgGTDに役立つトリガーリスト
    GTD最初の難関は「収集」のプロセス。頭の中の「気になること」を吐き出すための「トリガーリスト」を用意した。(2006/07/14)

  • news061.jpg“実践”GTD週次レビューチェックリスト
    GTDの実践に欠かすことのできない「週次レビュー」。百式主宰の田口元氏が自らのチェックリストを紹介する。(2006/08/09)

  • news014.jpgリマインダーを使いこなそう!
    GTDでは、さまざまなツールを使って「思い出さざるを得ない」状況を作ることを薦めています。「特定の時間」だけのリマインダーだけでなく、「特定の場所」からのリマインダーも活用してみましょう。(2006/09/04)

  • news031.gifGTDに使えるデジタルツール〜check*pad+R*PAD
    “うまく行く考え方”であってツールは何でもよい──というのがGTDの基本概念だが、自分なりのツールを見つけるまで、GTDの考え方に沿ったサービスを使ってみるのもいい。GTD実践に向けた、ツールの使い方ガイド。(2007/06/04)

  • news052.gifGTDに使えるデジタルツール──Remember The Milk
    GTDを実践していく上で“使える”デジタルツールにはどのようなものがあるだろうか。前回の「check*pad+R*PAD」に続いて紹介したいのが「Remember The Milk」(RTM)だ。(2007/06/11)

  • news006.gifGTDで使えるデジタルツール──Gmail
    普段からGmailを使っている方に最適──。Gmailのラベルやフィルタを活用して、GTDを実践する方法を紹介します。(2007/06/20)


コラム編


リンク集

  • GTD関連リンク集
    ここではGTDをさらに理解するためのサイトや、GTDを実践するためのツールをご紹介していきます。(2006/06/27)


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -