ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HONEY BEE 201K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HONEY BEE 201K」に関する情報が集まったページです。

「HONEY BEE 201K」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

開発陣に聞く「DIGNO R 202K」:
世界一をもう一度 京セラが“世界最軽量スマホ”に挑戦した理由
ソフトバンクが発売した「DIGNO R 202K」は、重さ94グラムと世界で一番軽いスマートフォンだ。開発した京セラに、軽量化の狙いとどのように世界最軽量を実現したのかを聞いた。(2013/8/9)

ソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」、GPSメンテ――8月5〜8日
ソフトバンクモバイルは、「紛失ケータイ捜索サービス」のGPS設備メンテナンスを8月5日から8日まで実施し、一部機能だけの利用となる。対象機種は「204SH」「203SH」「201F」「201K」「200SH」。(2013/7/26)

ソフトバンク、「HONEY BEE SoftBank 201K」でキー操作の不具合を解消するアップデート
ソフトバンクが、京セラ製スマートフォン「HONEY BEE SoftBank 201K」で、キー操作に関連する不具合を解消するアップデートを開始した。(2013/6/18)

Mobile World Congress 2013:
「HONEY BEE」の世界デビューはいつ? MWCで聞いた京セラの海外ビジネス(後編)
Sprint向けにタフネス仕様のAndroidスマホを開発した京セラ。国内ではPHSやDIGNOシリーズでおなじみのメーカーだが、海外ではどんなビジネスを展開しているのか、詳しい話を聞いた。(2013/3/19)

石野純也のMobile Eye(2月19日〜3月8日):
注目集める“第3のOS”/ドコモのマルチキャリア展開とは/ウィルコムがiPhone 4Sを販売する狙い
今回は、2月19日から3月8日までの3週間にわたって発表されたニュースをピックアップ。Mobile World Congress 2013では“第3のOS”がにわかに注目を集めた。これまでとは違った兆しを見せているドコモが発表した新サービスや、ウィルコムがソフトバンク版iPhone 4Sを取り扱う狙いにも迫る。(2013/3/9)

学割+春モデルで大型商戦に弾み――2013年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年2月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。純増1位はソフトバンク、MNP転入はKDDIが首位という形勢は変わらず、ドコモが純増に反転した。(2013/3/7)

映画も音楽もおまかせ! ソフトバンク × avexの新サービス「UULA(ウーラ)」を使ってみた【レビュー】
490円でコンテンツが見放題になるソフトバンクとavexの新サービス「UULA(ウーラ)」を試した。(2013/2/20)

ソフトバンクグループ:
ウィルコムプラザでソフトバンクのAndroidスマホを販売
ウィルコムは、全国のウィルコムプラザでソフトバンクモバイルのAndroidスマートフォンの取り扱いを開始した。(2013/2/1)

ソフトバンクBB、「HONEY BEE 201K」専用アクセサリー4アイテムを発売
ソフトバンクBBが京セラ製「HONEY BEE 201K」専用アクセサリーを発売した。ハートを型押ししたバッグ型ソフトケースや特殊コーティング仕上げのハードケース、反射防止保護フィルムといった3種4アイテム。(2013/1/28)

ソフトバンクモバイル、「HONEY BEE 201K」を1月25日に発売
ソフトバンクモバイルは、京セラ製のAndroidスマホ「HONEY BEE 201K」を1月25日に発売する。“ちょい足しリング”を備え、さまざまなストラップを取り付けて楽しめる。(2013/1/23)

開発陣に聞く「HONEY BEE 201K」:
“イケメン”に進化した2代目HONEY BEEスマホ 機能もアップ
ソフトバンクから“スマホのHONEY BEE”が登場して早1年。4Gやおサイフケータイに対応した新モデルが間もなく発売される。ただカワイイだけでなくスマホらしくイケメンに進化したという。(2013/1/18)

開発陣に聞く「HONEY BEE 5」:
新型HONEY BEEが追求した2台目端末としての“最適解”
女子高生を中心に根強い人気を集めるPHSの「HONEY BEE」シリーズ。2012年11月に発売された最新モデルは、HONEY BEEというブランドを見直すことから開発がスタートしたという。(2013/1/16)

ソフトバンク、4Gスマホ向け「テザリングオプション」の事前準備方法を告知
ソフトバンクモバイルは、12月15日から開始するSoftBank 4Gスマートフォン向け「テザリングオプション」にの準備方法を案内した。(2012/11/22)

「スマホ時代はネットワークが鍵」と孫社長 ソフトバンク冬春スマホは「SoftBank 4G」対応・テザリングOK
「スマホ競争時代、よりサクサク、快適、高速につながることが鍵になる」とソフトバンクの孫社長。冬春モデルのスマートフォンは、全機種で下り最大110Mbpsの「Softbank 4G」に対応する。(2012/10/9)

SoftBank 4G対応:
“ちょい足しリング”で自分だけのコーディネイトが楽しめる――「HONEY BEE 201K」
「HONEY BEE 201K」は、“HONEY BEE”ブランド第2弾のスマートフォン。新たにSoftBank 4Gとワンセグ、おサイフケータイに対応した。また「ちょい足しリング」で自分だけのコーディネイトが楽しめる。(2012/10/9)

Androidは全機種SoftBank 4G、テザリング対応――ソフトバンクの2012年度冬春モデル11機種発表
ソフトバンクモバイルが、2012年冬から2013年春にかけて発売する新モデル11機種を発表。6機種のAndroidスマートフォンに加えて2機種の3Gケータイ、新型PhotoVisionをラインアップする。Disney Mobile on SoftBank向けの新モデルも2機種そろえた。また「SmartTV スマテレ」といった新商品も用意した。(2012/10/9)

ソフトバンク冬春モデル発表 スマホは全機種がSoftBank 4G+テザリング対応
ソフトバンクの2012年冬〜2013年春モデルが発表された。スマートフォンは下り最大76Mbpsの「SoftBank 4G」を全機種がサポートする。また、12月15日からテザリングも利用可能になる。(2012/10/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。