ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ACCESS」最新記事一覧

スマホアプリと連動:
ACCESS、ボタンで通信する車載器開発
ACCESSはセゾン自動車火災保険の新サービス向け車載器「つながるボタン」を同社と共同開発したと発表。IoTを活用し、運転診断や事故対応などのサービス強化につなげる。(2016/11/28)

ACCESS ABF for Location:
屋内の人・モノの位置情報を活用し業務効率改善を支援するソリューション
ACCESSは、業務用途に特化した屋内の位置情報取得ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF) for Location」の提供開始を発表した。(2016/9/30)

ACCESS NetFront Agent:
Web技術でIoTゲートウェイ機器をインテリジェント化
ACCESSは、IoTゲートウェイ機器にインテリジェント機能を付加する、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジン「NetFront Agent」を開発し、提供を開始する。(2016/6/16)

教育分野に特化したACCESSの新ブランド「Lentrance」、教材のデジタル化に自信
実績を積み重ねてきた電子出版プラットフォーム「PUBLUS」から独立させ、教育分野に特化したACCESSの新ブランド「Lentrance」。ACCESSで教育事業を統括する石橋穂隆氏の話を交えながらこのソリューションの特徴をみていこう。(2015/9/18)

ACCESS、教育分野に特化した製品ブランド「Lentrance」を立ち上げ
教科書・教材用ビューアの「Lentrance Reader」、コンテンツ制作ソリューションの「Lentrance Creator」を主要製品として展開していく。(2015/9/16)

ACCESS、ブラウザビューワの最新β版をJEPA主催セミナーで初披露
アプリと同様のインタラクティブ表現をブラウザビューワ上でも可能にした。このほかBOOK☆WALKERの横断検索機能のエンジンとして導入された機能などもデモ予定。(2015/8/12)

DMMブックスアプリ、ACCESSの「PUBLUS Reader」エンジン導入でリニューアル
リフロー型のEPUBにも対応。これに併せて小説・ビジネス文書のコンテンツも拡充している。(2015/8/5)

“人の移動履歴”を生かしたサービス開発を支援 ACCESS、IoTソリューション提供へ
人の移動履歴に連動した新サービスの創出を支援――。ACCESSが位置情報を活用したIoTクラウド統合ソリューション、「ACCESS Connect Location Profile」の提供を開始する。(2015/6/11)

エネルギー管理:
クラウドを活用した遠隔エアコン操作サービス、消し忘れ防止で省エネに
ソフトウェアメーカーACCESSは、同社のクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect×EMS Profile」が、富士通ゼネラルのルームエアコン「nocria(ノクリア)Xシリーズ」などに搭載されているエアコン用サービス「どこでもエアコン」のプラットフォームに採用されていることを明らかにした。(2015/4/21)

IoTサービスの開発・運用が手軽に ACCESS、クラウド統合ソリューションを提供
ACCESSは、IoT対応機器の開発、およびサービスの開発・運用を効率化するクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect」を提供開始した。(2015/4/9)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

ベネッセの学習プログラム「BenePa」にACCESSの教材向け電子書籍ビューワが採用
音声を遅延なく再生する機能や、動画をポップアップ形式で表示・再生する機能を新たに拡張している。(2015/3/11)

ACCESSの「PUBLUS」がNHK出版の新語学サービス「語学リーダー」に採用
ACCESSのEPUB対応電子出版ソリューション「PUBLUS」が、NHK出版が新たに開始する電子書籍サービス「語学リーダー」に採用。語学学習に役立つさまざまな機能を搭載している。(2015/1/22)

組み込み開発ニュース:
ACCESS、ビーコン1万個を無料配布
ACCESSは同社の位置連動型コンテンツ配信サービスプラットフォーム「ACCESS Beacon Framework」のビーコン端末を1万個、無償提供すると発表した。スマートフォンアプリ用のSDKも無償配布する。(2014/12/10)

普及の第2フェーズに入る「iBeacon」──ACCESSに聞く、導入事例と対策のヒント
あらゆる機器がネットワークとつながるIoT社会の到来を控え、企業のIT担当者はどこに、何を投資し、注力すべきか。今回はIoT対策の一環と位置付ける「iBeacon」をキーワードに、導入例と対策のヒントを探ろう。(2014/10/27)

DMPに行動履歴データを反映:
ACCESS、位置連動型コンテンツ配信ソリューションがフリークアウトのプライベートDMPと連携
ACCESSは10月14日、同社の位置情報連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」が、フリークアウトが提供するプライベートDMP「MOTHER」と連携し、広告代理店や広告主に向けて提供開始すると発表した。(2014/10/14)

来店情報基に顧客誘致:
ACCESS、10月下旬から「auスマートパス」に位置連動型コンテンツ配信ソリューションを提供
ACCESS(以下、ACCESS)は10月10日、同社が提供するBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」をKDDIの「auスマートパス」アプリに提供することを発表した。提供開始時期は今月下旬を予定している。(2014/10/10)

国際電子出版EXPOリポート:
医学書院、医療系学生向け電子教科書サービスを今秋提供へ
ACCESSとメディアドゥが共同開発した「iTexビューア」が採用されている。(2014/7/2)

店舗×Beacon:
ナノ・ユニバース店舗に“Beacon”連動型のO2Oサービス──ACCESSのシステムで展開
スマホ普及率が高く、トレンドに敏感な20代〜の層を今後どう取り組むか。アパレルブランド「ナノ・ユニバース」がBeacon機能を用いた顧客サービスを、ACCESSの位置連動型コンテンツ配信ソリューションを導入して実施する。(2014/6/24)

評価キットの提供もスタート:
iOSもAndroidも両方OK! Beaconサービス開発を支援する「ACCESS Beacon Framework」
ACCESSは、Beaconを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」のAndroid対応を進め、iOS/Androidの両OSをサポートした最新バージョンを2014年7月2日に提供すると発表。併せて、3カ月間ABFの標準機能やサービスを手軽に試すことができる「評価キット」の提供を開始する。(2014/6/3)

“Beacon”導入の総合ソリューション:
「ACCESS Beacon Framework」がAndroidにも対応、“Beacon”お試しキットも提供
“Beacon”を用いたコンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework」がAndroidにも対応。機能やサービスを試せる「評価キット」も用意する。(2014/6/3)

ACCESS、PUBLUSへ位置連動型コンテンツ配信機能を追加――特定の場所に限定したコンテンツ配布を可能に
ACCESSは、同社の電子出版ソリューション「PUBLUS」に「iBeacon」およびGPS対応の位置連動型コンテンツ配信機能をオプションとして提供開始した。(2014/5/15)

ACCESSと東京書籍、ICT教育サービス分野の開発・事業化で協業――5つのテーマについて検討を推進
ACCESSと東京書籍が、「ICTを活用した教育サービス」と「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」の開発・事業化で協業。(2014/4/9)

「PS Vita」がDLNAクライアントに、SCEJAがアプリ2種をアップデート
SCEJAは4月4日、PS Vita用アプリ「naspocket」(ナスポケット)およびAndroid用アプリ「nasne ACCESS」(ナスネアクセス)の新バージョンをリリースした。(2014/4/4)

教材のデジタル化、その課題と挑戦――教科書出版の老舗、東京書籍がACCESSと協業のワケ
よく「電子教科書」「デジタル教科書」と言われるが、厳密には「教科書」ではない――教育現場で利用されている教材の電子化は、さまざまな課題が山積している。教科書出版の老舗、東京書籍がACCESSとともに発表した電子教材のビューワが業界に投げかける意義とは? 両社に聞いた。(2014/4/4)

ACCESSの教材向け電子書籍ビューワが教育出版のデジタル教材に採用
ACCESSの教材向け電子書籍ビューワ「PUBLUS Reader for Education」が、教育出版のデジタル教材に採用。今春にはサンプル版の配布を予定している。(2014/4/2)

東京書籍、ACCESSの教材向け電子書籍ビューワを採用
弱視や色弱、読み障碍を抱えた学生や、日本語の読みに不慣れな海外帰国子女、外国人留学生にも読み易いようにビューワを開発。東京書籍の「特別支援を必要とする学習者に配慮した電子教材用ビューワ」として採用された。(2014/2/7)

ACCESS、PUBLUSに動画のストリーミング配信機能を追加――ジャンプLIVE 第2号で採用
集英社の「ジャンプLIVE」第2号で動画の閲覧が快適になっていればそれはこの機能によるものかもしれない。(2014/1/8)

シャープ・パナソニック・ACCESS・セルシスなど、Tizen Associationのメンバー企業に加盟
オープンソースモバイルOS「Tizen」のコンソーシアムにシャープ・パナソニック・ACCESS・セルシスなどが加盟。(2013/11/13)

Readium SDKベースのEPUBビューワを世界初で商用化、ACCESSの狙い
EPUBにおける「メートル原器」として複数のビッグプレイヤーが加盟し開発を進めているReadium Foundation。その中で、ACCESSがReadium SDKをベースとしたEPUBビューワを世界で初めて商用化。その意義などを聞いた。(2013/11/7)

BOOK☆WALKERが採用第一号:
ACCESS、Readium SDK採用EPUBビューワの最新版をリリース
Readium SDKをベースとしたEPUBビューワがACCESSから商用化。BOOK☆WALKERがまず採用を決め、年内に提供予定。(2013/10/29)

ACCESS、EPUBをサーバサイドでレンダリングする「PUBLUS Cloud Renderer」を発表
ASPサービスとして提供するほか、モジュールとしても用意。採用第一号はイーブックイニシアティブジャパン。(2013/9/30)

ACCESS、楽天ShowTimeの電子書籍サービスにEPUBブラウザビューワを提供
ACCESSのEPUBブラウザビューワ「PUBLUS Reader for Browser」を採用。(2013/8/22)

ACCESS、OpenFlow/L2/L3対応スイッチを発表
ハードウェアのOpenFlow対応スイッチにソフトウェアのL2/L3スイッチ機能を実装した「AEROZ」シリーズを展開する。(2013/8/8)

ACCESS、ブラウザビューワも利用可能な電子出版プラットフォーム「PUBLUS」発表
ACCESSは、これまで「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」として提供していた電子出版プラットフォームを「PUBLUS」にブランド変更。新たにブラウザ上でコンテンツの閲覧・決済も可能にした。(2013/6/24)

エンジン搭載車じゃできません:
電気自動車の走行音を自分好みにカスタマイズ、ACCESSのシステムで実現可能に
ACCESSは、電気自動車(EV)の走行中に室内で聞こえる走行音を制作/再生するのに用いるシステム「ACCESS EVSound」を開発した。同システムを使えば、EVの走行音をドライバーが自分好みにカスタマイズできるようになるという。まず、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の走行音の開発用に提供される。(2013/4/26)

ACCESSとストラタスがSDNソリューションで協業
ACCESSと日本ストラタステクノロジーは、ネットワーク仮想化技術「SDN」を取り入れた堅牢なネットワークソリューションを共同提供する。(2013/4/17)

金融分野などはSDNの有望な市場:
一般企業へのSDN普及を視野に、ACCESSとストラタスが提携
ACCESSと日本ストラタステクノロジーは4月16日、SDNソリューションの共同展開で提携したと発表した。提携内容は3点。まず、ACCESSはストラタスの無停止型x86サーバ製品「ftServer」をコントローラのプラットフォームとして活用する。一方、ストラタスは同社のネットワークにACCESSのSDN製品を導入する。さらに両社は金融関連顧客などに対し、ftServerを活用したSDNソリューションを共同で販売していく、という。@ITでは両社に、今回の提携の狙いを聞いた。(2013/4/16)

ACCESS、Appleに特許をライセンス提供 スマートフォン関連
ACCESSがAppleに対しスマートフォン関連の特許権をライセンス提供。(2013/4/10)

Readiumプロジェクトが法人化、ACCESSが加盟
EPUB 3ビューワのリファレンス実装を開発することを目的に米IDPFが立ち上げていたReadiumプロジェクトがReadiumファウンデーションとして法人化。ACCESSは加盟を発表しており、SDK技術の機能強化と販売に携わっていくという。(2013/3/27)

ACCESS NetFront インタビュー:
WebブラウザからHTML5プラットフォームへ――「NetFront」が目指す将来像
ACCESSは、組み込み機器向けに展開しているWebブラウザ「NetFront」のレンダリングエンジンを独自のものからWebKitベースに切り替え、HTML5プラットフォームとして脱皮を図る戦略を進めている。同社が最も期待している車載情報機器市場への取り組みを中心に、取締役 専務執行役員でCTO(最高技術責任者)を務める石黒邦宏氏に話を聞いた。(2012/12/28)

データ管理機能とデジタルコンテンツストアが1つに――Android端末向け「Yahoo!スマホマネージャー」
ヤフーは、ACCESSPORTの独自プラットフォーム「Tapnow」の技術をベースとしたAndroid端末向けツール「Yahoo!スマホマネージャー」をリリースした。PC上でデータ管理やデジタルコンテンツがダウンロードできる。(2012/12/20)

ACCESS、「EPUB制作支援ソリューション」を提供
小説・コミックコンテンツのEPUB化を支援する「EPUB制作支援ソリューション」と、EPUBコンテンツの画像・PDF化を行う「EPUB PreRenderer」をACCESSが提供開始。(2012/12/12)

『眩談』の先行配信も:
京極夏彦氏の短編集めたiOS向け電子書籍アプリ『「 」談』
メディアファクトリーから京極夏彦氏の短編小説集を収録したiOS向け電子書籍アプリ『「 」談』が登場。ACCESSのソリューションを使って作品をEPUB3化している。(2012/11/15)

ACCESS、インドネシア最大の通信事業者に電子出版プラットフォームを提供
ACCESSは、インドネシア最大の通信事業者「テレコムインドネシア」へEPUB対応電子書籍サービス「Qbaca」を開発・提供。まずはAndroidスマートフォン/タブレット向けに展開する。(2012/11/12)

ネットワーク仮想化のダークホース?:
ストラトスフィアのStratosphere SDN Platform、1.0で実現されたこと
IIJとACCESSの合弁会社ストラトスフィアは、ネットワーク仮想化製品「Stratosphere SDN Platform」のバージョン1.0を、10月31日に提供開始する。6月には同社が概要を説明していた製品だが、バージョン1.0では具体的に何が実現されたのか。これを紹介する。(2012/10/19)

エネルギー管理:
ECHONET Lite対応家電の開発期間を短縮、開発者向けツール集
家電向け通信プロトコル「ECHONET Lite」に対応する家電製品が少しずつ登場し始めている。今後、さらに普及させていくには開発者を助けるツールが必要になる。ACCESSは、家電製品にECHONET Lite通信機能を加えることを容易にするツール集を発表した。(2012/9/13)

ACCESSPORTの「Tapnow」がバージョンアップ――PCからSMS送信が可能に
ACCESSPORTが、Android向けコンテンツマーケット「Tapnow」のPCクライアントソフトをバージョンアップ。Android端末の連絡先編集やSMS送信などが可能になった。(2012/8/8)

電子出版の日本語表示に問題提起してみる:
ReadiumについてACCESSと達人出版会に聞いた
WebKitベースの電子書籍オープンソースのプロジェクト「Readium」に関わるACCESSとユーザー代表の達人出版会に聞いた。(2012/7/20)

ReadiumにACCESS「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が搭載
ACCESSは、同社のEPUB3対応電子書籍ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が「Readium」プロジェクトに取り込まれたことを明らかにした。(2012/7/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。