ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ActiveX」最新記事一覧

マイクロソフト社が提供する、インターネットでのOLE(Object Linking and Embedding)の利用を促進するために拡張されたWeb関連技術の総称。
ActiveX − @ITリッチクライアント用語辞典

「Windows 10」のWebブラウザ「Edge」はActiveX非サポート、サンドボックス化
Microsoftが、次期OS「Windows 10」の標準Webブラウザ「Microsoft Edge(コードーネーム:Project Spartan)」ではAvtiveXやHBOなどの旧技術をサポートしないことなど、セキュリティについて説明した。(2015/5/14)

VBA/マクロ便利Tips:
ファイル操作に役立つ5つ関数――Dir、FileLen、LoadPicture、Shell、CreateObjectの使い方
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、ファイル/フォルダー名取得のDir、ファイルの長さを取得するFileLen、画像表示のLoadPicture、プログラム実行のShell、ActiveXオブジェクトへの参照を作成して返すCreateObjectなどの使い方について解説。(2015/3/24)

IEのActiveXコントロール遮断、古いSilverlightも対象に
11月11日からは、Silverlight 5.1.30514.0未満のバージョンを読み込もうとすると、アップデートを促す通知が表示される。(2014/10/15)

山市良のうぃんどうず日記(13):
IEで古いActiveXコントロールのブロックが始まるぞ
前回は8月の更新プログラム「August Update」を取り上げましたが、「古いActiveXコントロールのブロック」機能の説明で訂正があります。August Updateは問題があって提供が停止されましたが、古いActiveXコントロールのブロックは9月9日から予定通り始まる“予定”です。(2014/9/4)

IEで古いActiveXコントロールをブロック、IT管理者は対応準備を
セキュリティ強化を目的に、9月10日からIEで古いバージョンのJavaのActiveXコントロールがブロックされるようになる。(2014/9/2)

IEの古いActiveXコントロール遮断機能、9月から有効化
この機能はIEの累積的なセキュリティアップデートの一部として予定通りに公開されたが、有効化は9月9日まで先送りする。(2014/8/14)

IEで古くなったActiveXコントロールを遮断、Microsoftが新機能
IEで旧バージョンのActiveXコントロールを遮断すると、「Javaは古くなっていて更新の必要があるためブロックしました」といった内容の警告が表示されるようになる。(2014/8/8)

Google Chrome入門:
Google Chrome組織導入への第一歩
Internet Explorerのぜい弱性を悪用した攻撃などが続いていることから、GoogleのWebブラウザー「Google Chrome」への移行が進んでいるようだ。しかし企業などの組織への導入に際してはこれまで利用してきたActiveXコントロールへの対応やActive Directory環境への対応といった集中管理に対する要望も多い。そこで本稿ではGoogle Chrome for Businessを取り上げ、Chromeを企業向けに導入する手順を紹介する。(2014/7/16)

MSのActiveX コントロールに脆弱性、IEのゼロデイ攻撃にも使われる
IE 10の未解決の脆弱性を突く攻撃で、新たにXML DOM ActiveX コントロールに存在する未解決の脆弱性も使われていることが分かった。対策は無い状況だ。(2014/2/18)

Apple、Windows版iTunesの深刻な脆弱性を修正
Windows版の「iTunes 11.1」では、iTunes ActiveXコントロールに存在していたメモリ破損の脆弱性に対処した。(2013/9/19)

EMC、Webアプリにスキャニング機能を追加するツールキットをリリース
ActiveXやプラグインを使わずに、複合機などからドキュメントのスキャンデータを取り込める機能を実装できるという。(2012/9/24)

ホワイトペーパー:
ActiveReportsをVB6から.NETへ移行するときに役立つ資料
VB6で開発したアプリケーションを.NETに移行するには作り直しが基本。本文書はActiveX製品と .NET製品のActiveReportsの相違点をまとめた移行時に役立つ技術資料である。(2012/8/17)

Cisco Secure Desktopの更新版がリリース、ActiveXコントロールの脆弱性に対処
ユーザーが不正なWebページを閲覧すると、任意のコードを実行される恐れがある。(2010/4/16)

せかにゅ:
英ITサイトの「Microsoft製品のワースト10」、1位はあのOS
英ITニュースサイトがMicrosoft製品のワースト10を発表。ZuneやIE 5、ActiveX、酷評されたVistaやMeも入っている。(2009/11/13)

MS月例パッチが公開、ゼロデイ攻撃につながる脆弱性に対処
7月の月例更新プログラムでは、既に攻撃が発生しているDirectShowの脆弱性やVideo ActiveX Controlの脆弱性を解決した。(2009/7/15)

MS Officeコンポーネントに新たな脆弱性、ゼロデイ攻撃が発生
IEでExcelスプレッドシートを表示するためのActiveXコントロールに脆弱性が存在する。細工を施したOffice文書を特定の組織に送りつける攻撃も発生している。(2009/7/14)

Windowsにゼロデイの脆弱性、サイト改ざん攻撃が多発
MicrosoftのVideo ActiveX Controlにゼロデイの脆弱性が発覚した。何千ものWebサイトが改ざんされ、閲覧しただけでマルウェアに感染する状態になっているという。(2009/7/7)

任意のコード実行の恐れ:
ソニー製ネットワークカメラにバッファオーバーフローの脆弱性
ソニー製ネットワークカメラ「SNCシリーズ」にActiveXコントロールに関するバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。(2009/2/23)

RIMとMSが対処:
BlackBerryアプリにActiveXの脆弱性
BlackBerry Application Web Loaderに脆弱性が見つかり、RIMがアップデートを公開した。Microsoftもキルビット設定で対処している。(2009/2/12)

任意のコード実行の恐れ:
SymantecのAppStreamに脆弱性
AppStream Client 5.2.xのActiveXコントロールに脆弱性が見つかり、Symantecがアップデートで対処した。(2009/1/19)

任意のJavaプログラムを実行:
ガンホーのゲーム用ツールに脆弱性
同社が配布するLoadPrgAx ActiveX コントロールに任意のJava プログラムが実行される脆弱性が見つかった。(2008/11/17)

新たな2つのセキュリティ機能
ActiveXのセキュリティが改善されるInternet Explorer 8
IE 8には、悪質なActiveXコントロールがシステム上で悪事を働くチャンスを減らすのに役立つ2つのメカニズムが搭載される。(2008/8/29)

パッチは一部のみ:
Novell iPrintに脆弱性、パッチで一部対処
iPrintのActiveXコントロールに関して12件の脆弱性がある。(2008/8/26)

悪用コードも存在:
Visual Studioに未修正の脆弱性が見つかる
Visual Studio 6.0の「Msmask32.ocx」ActiveXコントロールに脆弱性があり、エクスプロイトが出回っている。(2008/8/18)

WebExのWeb会議製品ツールにバッファオーバーフローの脆弱性
「Webex Meeting Manager」にActiveXコントロール関連の脆弱性が見つかった。(2008/8/11)

バッファオーバーフローを誘発:
Trend MicroのOfficeScanに未パッチの脆弱性
「OfficeScan Corporate Edition」にActiveXコントロール関連の脆弱性が見つかった。(2008/7/30)

アップデートかキルビット設定で:
HP、インスタントサポートの脆弱性に対処
HPインスタントサポートのActiveXコントロールに脆弱性があり、リモートでコードを実行される恐れがある。(2008/6/5)

CA、セキュリティソフトのActiveXの脆弱性に対処
多くのCA製品に使われているActiveXコントロールで脆弱性が存在する。(2008/4/18)

Microsoft Worksのゼロデイ攻撃? 中国のブログで浮上
Microsoft WorksのActiveXの脆弱性を突いたとみられるコードが公開された。(2008/4/18)

InstallShieldの深刻な脆弱性に対処、日本語版も公開
Macrovisionは、InstallShield 12で見つかったActiveXコントロールの脆弱性に対処した。(2008/4/2)

RealPlayerにActiveX関連のゼロデイ脆弱性
RealPlayerに深刻な脆弱性が見つかり、エクスプロイトも公開されたが、まだパッチは未公開。(2008/3/12)

「BFup ActiveX コントロール」にバッファオーバーフローの脆弱性
ファイルのアップロードやダウンロード機能を提供する「BFup ActiveX コントロール」にバッファオーバーフローの脆弱性が発見された。(2008/3/7)

Yahoo! Jukeboxにゼロデイ攻撃発生――ActiveX無効化で対策を
「Yahoo! Music Jukebox」の脆弱性を突いたゼロデイ攻撃が発生。マルウェアに利用されるのは時間の問題だという。(2008/2/6)

画像アップローダの脆弱性、Facebookなどにも影響波及
MySpace、Facebook、Yahoo! Music JukeboxのActiveXコントロールに深刻な脆弱性があり、エクスプロイトも公開されているという。(2008/2/5)

Lotus Dominoの深刻な脆弱性情報が公開
IBM Lotus Domino Web Accessの「dwa7W.dll」ActiveXコントロールに脆弱性が存在する。(2007/12/24)

MS、Eolasからライセンス取得でIEの「余分な1クリック」解消へ
Microsoftが、米Eolas Technologiesから技術ライセンスを取得。ActiveXコントロールを使ったページの閲覧で必要だった「余分なクリック」が不要になる。(2007/11/10)

Office Tips:
[開発]タブを表示する
Office Tips:マクロの記録やActiveXコントロールの作成などができる[開発]タブを表示させてみよう。(2007/10/22)

Electronic ArtsのActiveXコントロールに脆弱性
EA.comのアップデートパッケージに含まれる「SnoopyCtrl」というActiveXコントロールに深刻な脆弱性が見つかった。(2007/10/10)

Tech TIPS:
Internet Explorerで不要なActiveXコントロールを削除する
一度インストールしたActiveXコントロールは、コンピュータにずっと保存されたままになる。ActiveXコントロールの中には脆弱性を持つものもあるので、不要なActiveXコントロールは削除した方がよい。次回使用時に最新のActiveXコントロールをインストールするように促されるからだ。(2007/9/7)

MSのDirectX Media SDK脆弱性でエクスプロイトコードが登場
US-CERTによると、FlashPix ActiveXコントロールの脆弱性を突いたエクスプロイトが公開された。(2007/8/15)

電子署名ツール「ベリサイン コードサイニング証明書」
ニセモノにはだまされない! プログラムや文書の原本性を保証するツールの効果
音楽データをダウンロードしたり、動画コンテンツを閲覧するためActiveXコントロールを実行したり、私たちは日常的にさまざまなプログラムをダウンロードしている。だが、それらは本当に正規の開発者が作成し、安全が保証されているものだろうか。(2007/5/22)

SupportSoftの脆弱性、IBM製品などにも影響
Symantec製ソフトウェアの脆弱性を引き起こす原因となったSupportSoftのActiveXコントロールは、ほかにもいくつかのソフトに組み込まれていることが判明。(2007/2/27)

Symantecのコンシューマー製品に脆弱性
Norton AntiVirusなどに搭載されているActiveXコントロールに脆弱性が存在し、不正コードを仕掛けたサイトを使って悪用される恐れがある。(2007/2/24)

Visual Studioの脆弱性突く攻撃が多数発生
Visual Studio 2005のWMI Object Broker ActiveXコントロールに関する脆弱性を悪用して、ロシアから多数の攻撃が仕掛けられている。(2006/11/9)

MS、VistaにActiveXインストーラを追加
Vistaでは通常、標準ユーザーはActiveXコントロールをインストールできないが、事前に許可されたActiveXをインストールできる新機能が追加される。(2006/6/21)

Office 2007を機にOffice Webコンポーネントが引退へ、選択肢はAJAX?
Office 2007には、Webページのデータの表示やグラフ化に利用できるActiveXコントロール群であるOffice Webコンポーネントが含まれない。開発者は新しいプロジェクトではそれらの使用を避け、ActiveXに代わる選択肢を考えるべきだ。(2006/5/10)

4月のMS月例セキュリティパッチを総括――ActiveXコントロールの動作に影響
Microsoftは2006年4月の月例パッチで、「緊急」レベル3件、「重要」レベル、「警告」レベル各1件の修正プログラムを公開した。緊急レベルのうち1つは、既に流布している攻撃に対応する。IEの累積更新プログラムは、できるだけ早期に適用する必要があるだろう。(2006/4/20)

特許訴訟対策のIEアップデートがリリース
今回のアップデートはEolasの特許訴訟に対処するためのもの。ActiveXコントロールを使うのに、マウスクリックが1回増えることになる。(2006/3/1)

IE用の累積パッチで問題発生
MicrosoftのIE用累積パッチを適用したシステムで、ActiveXコントロールを含んだWebページが適切にロードされなくなるなどの問題が発生している。(2005/11/4)

グレープシティ、表計算用ActiveXコンポーネントを販売開始
グレープシティは、Visual Basic向けの表計算用ActiveXコンポーネント「SPREAD 7.0J」を発表した。(2004/8/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。