ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アルミニウム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アルミニウム」に関する情報が集まったページです。

サンコー、ルーペがついたiPhone XS/X向けアルミバンパーケースの先行予約をMakuakeで開始
サンコーが、拡大率約2倍のルーペを備えたiPhone XS/X向けアルミバンパーケースの先行販売予約をクラウドファンディングサイト「Makuake」で開始した。想定販売価格の50%〜10%引きの優待価格コースも用意している。(2018/11/20)

オウルテック、M.2 SSD冷却用のアルミ製ヒートシンク
オウルテックは、M.2 SSD冷却用のヒートシンク「OWL-SSDHS」シリーズを発表した。(2018/11/8)

ディーフ、耐衝撃性を高めた背面クリアのiPhone XS/XR向けバンパーを発売
ディーフは、10月下旬にiPhone XS/XR向けケース「TOUGH BUMPER Case」を発売。衝撃が加わりやすい側面を守るアルミフレームにTPUとポリカーボネートを組み合わせ、耐衝撃性を高めつつサイズアップを抑制している。背面部分は透明で、ケースを装着したままワイヤレス充電も可能だ。(2018/10/12)

ディーフ、背面ナイロン素材のiPhone XS/XS Max/XR向けケースを発売
ディーフは、10月中旬にiPhone XS/XS Max/XR向けハイブリッドケースシリーズ「Etanze」を発売。ケースのベースにはポリカーボネートとTPU素材を組み合わせ、背面部分には織り込んだナイロン素材を貼り込んでいる。側面のバンパー部分はアルミ製で、装着したままワイヤレス充電が可能だ。(2018/10/3)

ストーム、アルミキューブ筐体を採用したGeForce GTX 1050 Ti/1060搭載ゲーミングPC
アイティーシーは、同社製ゲーミングPC「PG」シリーズのラインアップにGeForce GTX 1050 Ti/1060を搭載するキューブ型モデルを追加した。(2018/10/3)

【マンガ】小学生でも分かる「炭酸飲料にはアルミ缶が使われやすい理由」
反対に、ジュースやお茶はスチール缶が多いとか。(2018/9/18)

AUKEY、アルミ素材の卓上スマホスタンドを25%オフで発売
AUKEYは、9月6日〜9月10日まで「AUKEY卓上スマホスタンドHD-T4」の25%オフセールをAmazon.co.jpで開催。ホルダーは柔軟なシリコーン、スタンド部分は耐久性が高いアルミ素材を採用し、充電や操作をサポートする。10インチ以下かつ500g以下のすべてスマートフォン/タブレットで利用可能だ。(2018/9/6)

厚さ7mmの薄型ワイヤレス充電パッド「Futura X Wireless Charging Pad」発売
Glotureがアルミニウム製の薄型充電パッドを9月に発売する。厚さ7mmを実現し、精密設計の内部冷却システムで安定性と安全性を確保。iPhone XやAndroid搭載端末に対応し、電源供給用のUSB Type-Cケーブルが付属する。(2018/8/14)

トポロジカル量子コンピュータ実現に貢献:
東北大、AlB2で線ノード型ディラック粒子を発見
東北大学は2018年7月、2ホウ化アルミニウム(AlB2)が「線ノード型ディラック粒子」という特殊な電子状態を持つ物質であることを発見した。(2018/8/6)

工場ニュース:
半導体製造装置用アルミフレーム専用工場が熊本に完成
SUSは、熊本県菊池郡菊陽町の原水工業団地に、東京エレクトロン九州向けの専用工場となる「熊本事業所」が完成したと発表した。本格稼働は2018年7月からで、半導体製造装置に用いるアルミフレームの加工・組み立てを行う。(2018/7/12)

スマホを2台並べて置けるデュアルスタンド
ドスパラは、スマートフォン2台を縦に並べて置けるアルミ製スタンド「DN-915418」の取り扱いを開始した。(2018/7/5)

高容量コンデンサ実現へ:
PR:アルミ電解コンデンサの容量低下を防ぐガラス封止技術が誕生
ショットのDr. フランク・クロールが注目するのは、コンデンサにおける電解液の蒸発(ドライアップ)防止の重要性と、ガラス封止技術を利用した気密封止リッドを使うことの利点です。特に、アルミ電解コンデンサおよび電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ、ウルトラキャパシタ)に応用する上で重要になります。(2018/6/27)

アルミホイル丸めて叩いても「鉄球」にはならないでしょ?→「いや、なるかも」という話
目指すところは宇宙なのかもしれない。(2018/6/17)

覚えきれねェよ! ゴム婚式、鋼鉄婚式、アルミ婚式……多すぎる「○婚式」を調べてみた
「銀婚式」「金婚式」だけじゃなかったのか。(2018/6/18)

西武鉄道40000系のボディ材を使ったメガネ限定発売 シートと同じ素材のケースも
アルミ素材を再利用したフレーム。(2018/5/28)

デジタル表示で残量が分かる 1万mAhのモバイルバッテリー「KEROLLA」
ミスターカードは、アルミボディーを採用した容量1万mAhのスティック型モバイルバッテリー「KEROLLA」を発売。電池残量インジケーターの付いたスリムなデザインで最大出力2.1Aに対応し、価格は4780円(税別)。(2018/5/25)

メカ設計と試作:
Appleがベンチャーとアルミの新製錬法の確立を目指す、温室効果ガスを低減
Appleは、アルミニウムの製錬工程から温室効果ガスの直接排出をなくす特許技術を商業化するジョイントベンチャーに投資すると発表した。将来的に、この技術で製造したアルミニウムを自社製品に採用する。(2018/5/24)

Apple、酸素生み出すアルミニウム精練法に投資
精錬の過程で炭素を排出する従来方式を画期的に置き換え、代わりに酸素を生み出す新方式の研究開発をAppleが支える。(2018/5/11)

アルミホイルを叩いて球体ではなく「包丁」を作ってみた → ガチすぎて売り物と変わらないクオリティーに
やっぱりこの人、極めてるわ……。(2018/5/1)

毎日の情報映す「未来ドア」 AIと大型ディスプレイ搭載、YKK APが2020年商品化
玄関ドアが“AI執事”になる――窓やアルミサッシなどを手掛けるYKK APは4月25日、大型ディスプレイや人工知能(AI)を搭載した“未来ドア”「UPDATE GATE」のプロトタイプを発表した。2020年発売予定で、価格は搭載する機能の数によって130万〜200万円程度となる見込み。(2018/4/25)

大流行中の「アルミホイル球体」を真っ二つに切断→中身まさかの……ボッソボソォオオオオ!!!
こうなってたのか!!!!(2018/4/9)

アルミ+TPU素材のiPhone X/8/8 Plus向けバンパー ディーフから
ディーフは、4月上旬にiPhone X/8/8 Plus向けバンパーを発売。iPhoneのデザインを極力損なわず、アルミニウムとTPU素材を組み合わせて保護性能を確保した仕上がりとなっている。(2018/3/30)

ガラス、TPU、アルミ素材を採用したiPhoneケース ディーフから
ディーフは、ガラス素材を採用したシンプルデザインのiPhoneケースを発売。落下時に衝撃が加わりやすい側面部分にはアルミ素材、ケースのフレームにはTPUを使用して高い機能性と保護性能を確保している。(2018/3/22)

iPhone X向けミリタリーグレード準拠の耐衝撃ケース「Wave Grip Case」
KODAWARIは、3月19日に米国軍事規格「MIL-STG-810G」取得済みのiPhone X用耐衝撃ケース「Wave Grip Case」を発売。レザーのような肌触りと優れたグリップ感を誇り、カメラホールはアルミニウム仕上げとなっている。(2018/3/20)

Fitbit、スマートウォッチ第二弾「Versa」と子ども向けフィットネスバンド「Ace」発表
Fitbitが、「Ionic」に続く第2弾スマートウォッチ「Versa」を発表した。価格は199.95ドル(約2万1300円)から。ケースはアルミ製で、Apple Watchより薄い。(2018/3/14)

作ってみたくなるロマンを感じる……! ペラペラの「アルミホイル」からツルツルピカピカの球体を作る人現る
丸めて叩くだけできれいな球体に!(2018/3/3)

3D Printing 2018|白銅:
量産と同じアルミ合金で試作、「ADC12」による金属3Dプリンタ造形サービス
白銅は「3D Printing 2018」(会期:2018年2月14〜16日)において、東京理科大学、キヤノンマーケティングジャパンとの共同開発により実現した、JIS規格のアルミダイカスト材料「ADC12」による造形サービスに関する展示を行った。(2018/2/27)

Mobile World Congress 2018:
ZTE、縦長ディスプレイとデュアルカメラを搭載した「BLADE V9」を発表
ZTEのミドルレンジスマートフォンに新モデルが登場する。アスペクト比9:18の縦長ディスプレイを搭載し、ガラス素材とアルミフレームによって上質感を演出している。一部スペックを下げた廉価版も合わせて発売する。(2018/2/26)

3Dプリンタニュース:
金属3Dプリンタ用アルミ合金ADC12の造形レシピ開発に成功、JISにも準拠
白銅、東京理科大学、キヤノンマーケティングジャパンは、共同で金属3Dプリンタの造形材料を研究し、JIS規格に準じたアルミダイキャスト材料「ADC12」の造形レシピ開発に成功した。(2018/2/26)

「アルミ製スコップが万能」「放水は絶対NG」 雪国民による雪かき道具の選び方がTwitterで話題
放水は本当に危ない。(2018/2/2)

工場ニュース:
電気自動車の成長を見込み、タイにアルミダイカストの製造会社設立
大同メタル工業は、タイにアルミダイカスト製品の製造子会社を設立した。今後、受注拡大が見込まれる、電気自動車向けアルミダイカスト製品の生産能力を強化する。(2018/1/30)

Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクターを搭載したUSBケーブル発売
サンワサプライは、Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクタを搭載したUSBケーブルを発売。断線や引っ張りに強い丈夫なナイロンメッシュ仕様で、アルミ製のコネクタカバーも搭載している。(2018/1/25)

iPhone 6.1インチモデルは機能縮小版?
iPhone 6.1インチの液晶ディスプレイモデルには3D Touchもデュアルカメラもなく、アルミフレームだという。(2018/1/24)

「彼氏が電子レンジを爆殺した」 クロワッサンをアルミホイルでレンチンしたら大惨事に
彼氏「行けると思った」(2017/12/6)

トリニティ、iPhone X&iPhone 8/8 Plus対応アイテム第2弾を発表 応急処置フィルムほか
トリニティが、11月末に販売開始する「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」対応アイテムのラインアップを発表した。アルミニウムバンパーや応急処置フィルムなどを順次発売する。(2017/11/30)

トランセンド、スティック状のアルミ筐体を採用したMac用ポータブルSSD「StoreJet 600」
トランセンドジャパンは、Mac用のUSB Type-C接続対応ポータブルSSD「StoreJet 600」を発表した。(2017/10/27)

製造マネジメントニュース:
神鋼製の不正アルミ板を使用したトヨタの車両、強度や耐久性への影響は無し
トヨタ自動車は、神戸製鋼所によるアルミ板などの検査証明書の不正に対する調査結果を発表した。2017年10月8日に不正が公表されたアルミ板については、仕入先経由で購入しているものも含めて、一部の車両のフード(ボンネット)やバックドアなどに使用されていることが分かったが、車両への影響はないとしている。(2017/10/20)

三菱マテリアル FMAX:
高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッターに、カッターボディーを追加
三菱マテリアルは、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッター「FMAX」に、カッター径Φ40mmとΦ160mmのカッターボディーを追加した。(2017/10/20)

「最善策を検討する」:
神戸製鋼、不動産子会社の売却報道に「そのような事実ない」
アルミ製部品のデータ改ざん問題に揺れる神戸製鋼が、不動産子会社・神鋼不動産を売却するとの一部報道を否定するコメントを発表した。(2017/10/11)

製造マネジメントニュース:
神戸製鋼が検査証明書のデータを不正書き換え、仕様に満たない製品を出荷
神戸製鋼は、アルミ・銅事業部門と同部門傘下のグループ会社において、取引先から要求された製品仕様に適合しない一部製品を、検査証明書のデータを書き換えるなどして出荷していた。(2017/10/11)

FAニュース:
アルミニウム合金仕上げ正面削りカッター新たなサイズを追加
三菱マテリアルは、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッター「FMAX」にカッター径Φ40mmとΦ160mmのカッターボディーを追加した。(2017/10/9)

バリュートレード、“オーディオ用”のRaspberry Pi対応アルミケース
バリュートレードは、オーディオ用途への特化をうたったシングルボードコンピュータ用ケース「CASE 01」(2017/10/2)

サイズを超える音とプレミアム感、テクニクスの一体型オーディオ「OTTAVA f 」誕生
テクニクスの「OTTAVA f 」(オッターヴァ フォルテ)は、シンプルながらも高級感のある一体型のネットワークオーディオシステムだ。トップパネルはアルミ製で、透明な円形のカバーが水平に回転してCDドライブが現れる。(2017/9/20)

なんだこれ! アルミと水銀を混ぜると塔やおばけのような物体がにょきにょき生えてくる
水銀は猛毒だから、絶対にマネしないでね。(2017/9/10)

CEATEC 2017 開催直前情報:
豊富なコンデンサー群でIoTを支える、日本ケミコン
日本ケミコンは2017年10月3〜6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ)で、「あらゆるシーンでIoT(モノのインターネット)を支える信頼のブランド」というテーマの下、主力製品のアルミ電解コンデンサーや、自動車向けに採用が伸びている導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーなどを展示する。(2017/9/6)

からくり改善:
「からくり改善」で躍進、重力と知恵で実現する自動化で年率30%成長
工場の自動化ニーズが高まる中、安価で作業負荷を軽減できる“からくり”への関心が高まっている。その“からくり”を支援して年率30%成長を見せているのがアルミフレームを提供するSUSである。同社の“からくり”の提案を取材した【訂正あり】。(2017/9/4)

工場ニュース:
アイシン精機、アルミダイカスト部品生産工場を増築
アイシン精機は、増築を行っていた愛知県西尾市にある西尾ダイカスト工場南棟の稼働を開始した。乗用車用オートマチックトランスミッションの生産能力を増強し、2018年3月までに全7ラインの稼働を目指す。(2017/9/1)

Nokiaブランドのハイエンド端末「Nokia 8」登場 Snapdragon 835搭載、2画面撮影可能
Nokiaブランドを保有するHMD Globalが、Snapdragon 835搭載でアルミユニボディのハイエンドAndroid端末「Nokia 8」を発表した。9月に欧州で発売する。ZEISSの背面/前面カメラで同時に撮影した画像/動画を2分割画面で録画できる。(2017/8/17)

リンクス、iPad Pro(12.9型)対応のハードケース一体型Bluetoothキーボードを発売
リンクスインターナショナルは、12.9型のiPad Proに対応したハードケース一体型Bluetoothキーボード「BRYDGE 12.9」を発売。軽量のアルミニウムボディに180度無段階開閉ヒンジを搭載している。(2017/8/8)

アルミ素材を採用したスタイリッシュなノートPC台
サンワサプライは、ノートPCを適度な高さに保持できるアルミ素材採用のノートPC台「200-STN029S」の販売を開始した。(2017/7/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。