ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Athlon II X3」最新記事一覧

関連キーワード

イマドキのイタモノ:
3コアのFusion APUってどうなのさ? 「A6-3500」で確かめる
Fusion APUのAシリーズにトリプルコアモデルが登場した。コストパフォーマンスを高めるための3つのコアの“立ち位置”をAシリーズで比較する。(2011/9/22)

2011年PC春モデル:
CPU性能を強化したカラフルノートPC――「VAIO E」
15.5型/14型ワイド液晶を搭載する「VAIO E」の春モデルは、従来同様の多彩なカラーバリエーションをそろえつつ、CPU性能を強化した。(2011/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
「年末にブレイクする可能性もなくはない」――GeForce GTX 570カードが登場!
セミハイエンドGPU「GeForce GTX 570」を搭載したカードが一斉に登場した。最近やや冷えているグラボ市場だが、これと“年末に出るっぽいアレ”がそろえば、再び大きく盛り上がるかも。(2010/12/13)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
FF14が圧倒的な影響力を示した9月のアキバ
ついに発売されたFF14がグラフィックスカードやショップブランドPCの売れ行きを大きく左右し、キラーコンテンツぶりを発揮。最初の波が去ったあとの変化も小さくなく、1カ月を通して存在感を放っていた。(2010/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「実用的なキワモノって感じで人気」――ASRock製マザーを扱うショップが増える
先週末からASRock製マザーボードを取り扱うショップが一気に拡大した。その背景には新たな代理店契約とASRock製品のイメージ向上があるようだ。(2010/9/6)

イマドキのイタモノ:
Phenom II X2 555 Black Editionでブラックな“うわさ”を試す
AMDがエントリークラスのPhenomとAthlonを拡充。既存モデルのクロックアップ版を投入した。中でも“555”は、もうそれだけでいいことがありそうな予感が。(2010/2/3)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情:
GPUの居場所が増えて自作が少し複雑になった1月
2010年のアキバは、GPUを統合した新型CPU「Clarkdale」と、その対応チップセット「Q57/H57/H55」搭載マザーの登場で幕を開けた。(2010/2/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「マザーも“つまんない奴”はモテないんですよ」
USB 3.0対応のH57マザーや簡易OSを付属するH55マザーなど、インテル系新マザーにさまざまなバリエーションモデルが登場。AMD製CPUもラインアップを拡充し、街には膨大な新製品があふれていた。(2010/2/1)

AMD、Athlon II X4 635など5製品を発表
AMDは、「Athlon II X4」シリーズの上位製品「Athlon II X4 635」など計5製品を発表した。(2010/1/25)

イマドキのイタモノ:
“イマイタ”と“ベンチマークテスト”で復習する2009年のPCパーツ
2009年の“イマイタ”に登場したのは、CPU14モデル、GPU(グラフィックスカード)9モデル、マザーボード11モデル。PCパーツの進化と変化を“グラフ”で振り返る。(2009/12/31)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
“Windows 7特需”が進行中だけど“弾”が足りなかった11月のアキバ
Windows 7の登場以降、好景気な話題が続く電気街。しかし、Radeon HD 5900/5800やGeForce GTX 295/285が入手困難な状況で、「この機を逃すのはもったいなさ過ぎ」という声もちらほら。(2009/12/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
いろいろあってハイエンドグラボが激レア状態に
Radeon HD 5000ファミリーの最上位「HD 5970」がデビューしたが、入手不可能に限りなく近い状況。また、GeForce GTX 285/295カードも品薄で「今年いっぱいは潤沢になることはないでしょう」とのコメントも。(2009/11/24)

イマドキのイタモノ:
はざまを埋めるトリプルコアがAthlonでも──Athlon II X3 435の存在理由を考える
AMDから、Athlon IIシリーズの「Athlon II X3 435」が発表された。共有3次キャッシュなしの高クロックトリプルコアが発揮する性能とメリットとは?(2009/10/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「今回はI社さんより先にやりたかった」――Windows 7時代に先手必勝で挑むAMD
AMDが夏のユーザーイベントをアキバで開催。主役は新チップセット「AMD 785G」だが、発売を間近に控えるWindows 7を強く意識した企画となっていた。そして、ライバルへの対抗心を再びむき出しに。(2009/8/30)

世界初、「Tigris」を搭載したMSIノートPCを披露
日本AMDは、次世代のモバイルプラットフォームに関する講演を行い、「Tigris」の概要を説明したほか、バッテリー駆動時間に関する新しい指標も示した。(2009/8/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。