ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バンダイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バンダイ」に関する情報が集まったページです。

かわいいしっぽと耳に癒される シナモロールのPCクッションが登場
PC作業のおともに。(2018/6/22)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

セーラームーン「星空のオルゴール」モチーフのコスメが登場 うさぎと衛の「愛の象徴」がシャイニークリームに
プレミアムバンダイさんが大人女子を狙い撃ち……!(2018/6/20)

やっぱりガンプラは自由だ……! 遠近法を盛り込んだガンプラのジオラマが発想と迫力に感動するかっこよさ
オーバーパースばんざい!(2018/6/17)

バンダイ驚異のガンプラ「フミナ先輩」オークションで高騰 定価の3倍以上での取引も
発売前から「バンダイがまた恐ろしいものを発明してしまった」と話題でした。(2018/6/13)

食玩「ポケモンキッズ」、初代バージョンが12月に復刻 ファン投票で収録ポケモンが決まる
累計販売数3億個目前を記念しての企画。(2018/6/11)

ファン投票で決定:
食玩「ポケモンキッズ」、初代復刻版を発売 “3億匹のピカチュウ”体感する特設サイトも
バンダイが、1996年に発売した食玩「ポケモンキッズ」が累計販売数3億個を迎えるにあたり、初代復刻版を発売する。ファン投票で復刻してほしいポケモンを募る。(2018/6/11)

「まさかのダンゴムシです」 商品化を勝ち取った虫嫌いの開発者
ダンゴムシを10倍に拡大し、精密なギミックとともに立体化したバンダイのカプセル玩具「だんごむし」。しかし、開発者は大の虫嫌いだった。商品化の謎に迫る。(2018/6/10)

東京おもちゃショー2018:
“おしゃべり玩具”トレンドに 東京おもちゃショー2018
「東京おもちゃショー2018」では、音声でコミュニケーションする玩具が目立った。世間ではスマートスピーカーが話題だが、玩具界にもおしゃべり玩具の波が来ている。(2018/6/7)

巨大「ダンゴムシ」カプセルトイがおもちゃショーに登場 さまざまな角度からリアルなダンゴムシ写真をどうぞ
ゾクッとくるかも。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

開発2年「奇跡が起きた」:
話題のカプセルトイ「だんごむし」なぜ開発? 生みの親に聞いてきた
バンダイが発表した、ダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」が話題だ。商品コンセプトはいかにして思いついたのか。開発の裏に何があったのか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

AIを利用したガンダムのコミュニケーションロボ「ガンシェルジュ ハロ」 7月下旬予約開始、価格は約15万円
作品にまつわる会話が楽しめます。(2018/6/5)

でけえ! 全長140ミリの巨大「ダンゴムシ」カプセルトイ登場 昆虫嫌いな担当者が2年かけて開発
カプセルトイでカプセルレス販売。(2018/6/4)

ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」の予約受け付けが7月下旬に始まる。価格は約15万円。(2018/6/4)

ダンゴムシを10倍の大きさで立体化したカプセルトイ 丸くなる体を忠実に再現
バンダイがダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」を発売する。ダンゴムシの構造を徹底的に研究。丸くなる体を再現してしまった。(2018/6/4)

「充血なんておしおきよ!」 セーラームーンコラボの目薬がロート製薬から
ハートや変身アイテム型のケース入り。(2018/6/1)

デスクの上に赤い彗星 機動戦士ガンダム・シャア専用ザクのテープカッターが圧倒的な存在感
テープを使う回数が増えそう。(2018/5/25)

圧倒的じゃないか……全高27センチのシャア専用ザク型テープカッター
「プレミアムバンダイ」がシャア専用ザクの胸像をテープカッターにした「機動戦士ガンダム シャア専用ザクヘッド テープカッター」の予約受付を開始した。「デスクの上で圧倒的な存在感を放つ」という。(2018/5/25)

サラリーマン、プリキュアを語る:
“13の数字”から見るプリキュア通算700回 一番多い色は? アルバムは何作つくられた?
「HUGっと!プリキュア」第15、16話がすごすぎて、思考が追い付かない……。(2018/5/24)

キュートなお尻もリアルに再現 「ポムポムプリン」のPCクッションが誕生
ベレー帽もかわいいです。(2018/5/24)

「HxH」“ゴンさん”のピアスが登場 全長9センチで逆立った髪の毛を耳に着けるクレイジーデザイン
どこに着けていけばいいんだ。(2018/5/22)

常見陽平のサラリーマン研究所:
40歳の壁を乗り越えるために、どうすればいいのか 「謙虚」のススメ
仕事をしていると「マンネリ」を感じることはないだろうか。「昨日も今日も、そしてずーっと同じことをしなければいけないのか」と考えるだけで、嫌になるもの。そうした悩みを抱えている人は、どのようにすれば現状を打破できるのか。(2018/5/18)

国会空転長引き “ガンプラ”などアベノミクス支える「産業競争力強化法」改正に暗雲
「産業競争力強化法」の改正が国会の空転が長引き、宙に浮いている。同法の対象範囲は、「重電」メーカーの事業再編からガンプラ事業まで幅広い。(2018/5/17)

「キャラクターをどうやって三次元に連れてくるか」 BANDAI SPIRITSが挑む、次元を超えた“変態技術”(後編)
「僕らはキャラクターを三次元に連れてくるために成形を使いたい。そこの差なんです」(2018/5/13)

「目が、目がぁ〜っ!」も再現可能 ムスカがロボット兵とともにアクションフィギュア化
軟質素材採用のおかげでよく動く。(2018/5/10)

スマホでプログラミングして自動飛行するトイドローン「プログラミングテトラル」 カメラも搭載
シー・シー・ピーは、スマートフォンやタブレットで入力したプログラムに従い、自動飛行するトイドローン「プログラミングテトラル」を発売する。宙返りなどのアイコンを並べるだけ。(2018/5/10)

「透けちゃダメなものを、あえて透けさせた」 BANDAI SPIRITSがたどり着いた「常識外れのプラモデル」開発秘話(前編)
「『プラモデルにできること』を広げたい」。(2018/5/12)

エイプリルフール発表の新玩具「ねこぶそう」が商品化! 猫フィギュアにメカ武装プラモデルがセットになって8月発売予定
地球上のヒエラルキー最上位「ねこ」に「ぶそう」をさせるとき……!(2018/4/26)

いっぱいほめてくれる癒やしキャラ 「コウペンちゃん」のPCクッションが登場
「PC作業をしてえらい」って言ってくれるかな。(2018/4/20)

バンダイ子会社シー・シー・ピー、ロボット玩具市場に参入
バンダイの子会社シー・シー・ピーが、ロボット玩具シリーズ「ロボラトリー」を立ち上げ、ロボット玩具市場に参入すると発表した。(2018/4/19)

バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」開始 玩具、AI、VR、IoTなどの事業募集
バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」をスタート。玩具やAR/VR、AI、ロボティクス、IoTなどのビジネスプランを募り、選ばれた事業を人材面で支援したり、出資・提携を検討する。(2018/4/17)

「気楽に流し見すればいい」 いろいろ攻めてるアニメ「異世界居酒屋のぶ」の見どころは? 小野監督や三森すずこらに聞いてみた
三森すずこ「ライブ感を味わって」。(2018/4/17)

プラモデルに「人の肌の質感」を バンダイが新プロジェクト 6月に第1弾を発売
バンダイがプラモデルの新プロジェクト「Figure-riseLABO」(フィギュアライズラボ)を立ち上げた。技術の進歩でプラモデルの表現力を向上させるというもの。第1弾は「肌」の表現をテーマに同社の特許技術「レイヤードインジェクション」を進化させた。(2018/4/10)

猫にメカを装備する玩具「ねこぶそう」が誕生? 「女性×武装」のトレンドにバンダイが「ねこ×ぶそう」で対抗へ
「かわいいねこには『ぶそう』をさせよう――」(2018/4/1)

バンダイがまた恐ろしいものを発明してしまった ホビー事業部の新プロジェクトに「フィギュア界を揺るがす大事件」と絶賛の声
ありがとう……ありがとう……!(2018/3/28)

「ミリマス」が5年の日々に幕 プロデューサーや声優、運営が感謝の言葉を送り合う
サービスは終わっても、アイドルのステージ、Pとの絆はこれからも続く。(2018/3/19)

絶対売れちゃう → 全く売れません?! バンダイの“ゾンビ型消しゴム”担当者が語る「驚異の話題にならなさ」
2018年1月20日に発売された男児向け商品「ぶっさしーず」。担当者が自信満々で送り出すも苦戦中。(2018/3/10)

「ゲームセンターCX」有野課長が番組15周年記念でアクションフィギュア化! 顔を3Dスキャンしたリアル仕様
「いけそう缶」「運命の時計」も付属。(2018/3/9)

アイドルゲーム「ドリフェス!R」、5月1日にサービス終了へ 3月16日に最終イベントを開催
データカードダス版も3月28日に終了。(2018/3/5)

推力上昇1160万トン! ゆくぞ! Ν-ノーチラス号始動! 「ナディア」の万能戦艦が作中セリフ満載の超合金魂に
スパロボ最新作「X」にも出ますしね!(2018/2/20)

水陸両用モビルスーツなんだから水の中でも使いたい ズゴック&アッガイのフロートとハロのボールが誕生
ズゴックはシャア専用と量産型から選べます。(2018/2/17)

ガンダムの「ハロ」がビーチボールになって浜辺を舞う
アニメ「機動戦士ガンダム」のビーチグッズが、予約受け付けを開始した。(2018/2/15)

幸せそうなカービィがかわいい まんぷく姿のカービィとおまんじゅうのセットが登場
こんなに大きくなっちゃった。(2018/2/14)

Mobile Weekly Top10:
大事なスマホを守るケース/強まる「サブブランド」攻勢
今回の「Mobile Weekly Top10」では、スマートフォンケースに関する記事がよく読まれました。スマホの価格が高騰する中、より長く使うための手段として注目を集めているのかもしれません。(2018/2/13)

バンダイビジュアルとランティスが合併、4月1日から「バンダイナムコアーツ」に
バンダイビジュアルが存続会社に。(2018/2/9)

バンダイナムコが子会社再編:
バンダイビジュアルとランティスが合併へ ライブ強化
バンダイナムコが子会社を再編。ランティスとバンダイビジュアルが合併し、バンダイからプラモなどを分離した新会社「BANDAI SPIRIT」が誕生する。(2018/2/9)

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は
メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。(2018/2/8)

「機動戦士ガンダム」ジュラルミン製iPhone Xケース&カードケースが登場
バンダイ ライフ事業部は、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するジオン公国のエンブレムを削り出しデザインしたiPhone Xケースと、「機動戦士ガンダムUC」のジュラルミン製カードケースの予約受付を開始。2017年3月に発売したカードケースの再販も行う。(2018/2/7)

「ONE PIECE」のナミさんがビキニトップ&ホットパンツで美脚を披露するフィギュアが登場!
天候棒(クリマ・タクト)になりたい人生だった。(2018/2/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。