ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイオプラスチック」最新記事一覧

自然エネルギー:
藻類が作るバイオプラスチック原料、生産能力アップに成功
化石燃料を使わずに生物資源で製造できるバイオプラスチックに注目が集まっている。その原料となる有機酸を作り出すラン藻という藻類がある。明治大学などの研究グループは、ラン藻の有機酸の生産能力を高めることに成功した。(2016/7/22)

自然エネルギー:
エネルギーから雇用まで、バイオマスで産業活性に取り組む12の地域
農林水産省と関係6府省は、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性を確保したシステムを構築し、地域の特色を活用する地域として「バイオマス産業都市」を認定している。今回新たに12の地域が選定された。(2015/11/10)

自然エネルギー:
2020年に1550億円まで成長、拡大する国内バイオマス電力市場
市場調査会社の富士経済がバイオマス利活用市場の調査結果を発表した。2012年7月に固定買取価格制度が開始されて以降、バイオマス発電プラントの市場規模は急速に拡大した。バイオマス由来電力の市場は2020年に1550億円にまで成長する見通しだ。(2015/4/17)

3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう(1):
【第1話】「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」との出会い
「自分でも3Dプリンタを使えるようになりたい!」と願うY君と、中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」のN店長との交流を通じ、パーソナル3Dプリンタを使いこなすためのハウツーを解説する連載。Y君とN店長の出会いから物語はスタートします。(2014/9/30)

しなやかで頑丈 「クモの糸」は産業界の救世主になるか
最新科学技術の中で注目される「生物とコラボ」。今回はその中から実用化も近いとされる「人工クモ糸」を紹介します。(2014/1/9)

LAオートショー2013:
重要度を増すLAオートショー、「マカン」や「WRX」などワールドプレミアも充実
「東京モーターショー2013」とほぼ同時期の開催となった「LAオートショー2013」。ポルシェの中型SUV「マカン」や、メルセデス・ベンツの「AMG ヴィジョン・グランツーリスモ」、スバルの「WRX」など、東京モーターショー2013の向こうを張って22台のワールドプレミアが公開された。(2013/12/11)

材料技術:
“カッコイイ”トヨタの「SAI」、樹脂部品の20%がエコプラとリサイクル材に
世代を超えて“カッコイイ”と共感されるように、エクステリアやインテリアを一新したトヨタ自動車のハイブリッド車「SAI」。樹脂部品の20%に植物由来プラスチックや樹脂リサイクル部品を使用するなど、材料面における環境への配慮にも力を入れている。(2013/8/30)

ミドリムシがプラスチックに NECら開発
ミドリムシを主原料としたバイオプラスチックをNECと産業技術総合研究所、宮崎大学が共同開発した。(2013/1/10)

ミドリムシからバイオプラスチック製造 産総研やNECが開発
あの微生物が地球を救う!?(2013/1/9)

土に埋めたら花が咲くスニーカー
履けなくなったスニーカーは、土に埋めて花を咲かせたらいいじゃない。(2012/2/13)

アルファードにハイブリッドモデルが復活
トヨタ自動車は、アルファードとヴェルファイアをマイナーチェンジして11月1日に発売する。また、両車種ともにハイブリッドモデルを追加設定し11月21日に発売する。(2011/10/4)

製品のCO2削減に貢献する新素材:
富士ゼロックス、木質系非可食バイオベースプラスチックを開発
富士ゼロックスがABS樹脂を超えるウエルド強度を持ったバイオプラスチックを開発。環境配慮型製品開発の選択肢が増えることになりそうだ。(2011/9/15)

NEWS:
富士ゼロックス、木質系非可食バイオベースプラスチックを開発
富士ゼロックスがABS樹脂を超えるウエルド強度を持ったバイオプラスチックを開発。環境配慮型製品開発の選択肢が増えることになりそうだ。(2011/9/15)

年間450KgのCO2排出量削減:
OKIデータ、消耗品包装部材を環境配慮型に
OKIデータが製造するプリンタ製品で、新たに消耗品放送部材の見直しが行われた。環境配慮型モノづくりの取り組みが進む。(2011/4/5)

富士ゼロックスの“環境配慮”は一味違う:
PR:省エネも速度も使い勝手も妥協なし!――A3カラーレーザープリンタ「DocuPrint C3350」実力診断
ビジネスで使うカラーレーザープリンタは高性能に加えて、環境への配慮も重視したい。しかし、環境にこだわってプリンタの性能がおろそかになってしまっては本末転倒だ。性能と省エネの両立が理想だが、矛盾する2つの要素を満たすのは難しい。それでは、どのような商品を選べばいいのか? そのヒントは富士ゼロックスにあるかもしれない。(2011/2/21)

【1分で分かる】業界別 CAE技術動向:
目に見えない世界との戦い――材料・化学
新材料開発におけるCAEは、特にナノレベルの目に見えない世界を可視化できることも強みだ!(2011/1/19)

バイオプラスチックの活用を進めるトヨタ自動車
(2011/1/1)

ノーベル賞の根岸英一氏、ソニーの研究顧問に 有機エレクトロニクス分野で助言
ノーベル化学賞受賞者の根岸英一氏がソニーの特別研究顧問に。有機エレクトロニクス分野の研究報告会などで助言をもらうほか、研究者育成についてアドバイスしてもらう。(2010/12/14)

オフィスプリンタBest Buy:
PR:OLしおりが挑戦、“ストレスフリー”のプリンタ選び
今日もOLのしおりは提案書や企画書の打ち出しに大忙し。ところが、これまでのプリンタは大きくて場所を取るし、すぐに打ち出せなくて印刷コストがかかりそう。この省エネ時代に逆行するような機種なのだ。そんな時上司のこんな声が……。「そろそろうちのプリンタも買い替えるか。どうだ、しおりクンが新しいプリンタを選んでみないか?」(2010/12/7)

仕事耕具:
貼ってはがせるメモックのフィルムタイプに新色、インディゴやアイボリーなど男性向け
ヤマトは、貼ってはがせるロールテープ「メモックロールテープ フィルムタイプ」に新色インディゴ、アイボリー、ダークブラウン、オレンジの4色を追加。7月下旬から出荷を開始し、文具店や量販店などで順次販売する。(2010/7/21)

韓国の江南へ:
Samsung電子のショールーム「Samsung d'light」に行ってきた
5月の連休を利用して韓国へ行ってきた。そのついでに、Samsung電子が一般公開しているショールーム「Samsung d'light」で、最新の製品やサービスを体験してきた。その内容とは――。(2010/5/11)

仕事耕具:
キヤノン、毎分37枚印刷のA3モノクロレーザーなど3機種
キヤノンは、SOHOなどをターゲットとした「Satera」シリーズにA3モノクロレーザープリンタの新製品を追加する。毎分37枚印刷の「LBP8630」など3機種。(2010/1/20)

“生分解性”がキーワードのエコプロダクツ――「エコプロダクツ2009」リポート
微生物によって自然に分解される生分解性プラスチックは、使用後の環境負荷を低減するものとして注目されている。ここでは“生分解性”をキーワードに、エコプロダクツ2009の展示物をリポートする。(2009/12/17)

エコプロダクツ2009:
ゴミ袋からスーツまで――“生分解性”がキーワードのエコ商品
(2009/12/16)

ふぉーんなハナシ:
ソニエリの“GreenHeartケータイ”、日本で登場する可能性は?
仕事の関係で筆者はケータイを複数台所有しているが、ケータイの箱が意外とかさばる。かと言って捨てるわけにもいかないし……。ソニー・エリクソンの“GreenHeartケータイ”なら、この悩み(?)を解消できるかもしれない。(2009/9/11)

仕事耕具:
耐“芯”構造で折れにくいシャープペン「オ・レーヌ」、プラチナ万年筆から
プラチナ万年筆は、芯が折れにくい構造を採用したシャープペン「オ・レーヌ」の3シリーズを発売する。(2009/8/17)

東レのバイオマスプラスチックがキヤノンの複合機に採用――世界最高水準の難燃性
(2009/7/16)

仕事耕具:
貼ってはがせるロールテープにフィルムタイプ 付せんやマーカー代わりにも
ヤマトは、貼ってはがせるロールテープ「メモックロールテープ フィルムタイプ」を発売した。メモや付せんとして使うほか、蛍光マーカーの代わりにノートのマーキングなどにも使える。(2009/2/10)

PR:「エコプリンタ検定」で選ぶ“本当にエコ”なプリンタとは
「エコなプリンタって言われてもねえ……」とため息をついたのは、繊維系マテリアルメーカーの若手社員、プリンちゃんとターくん。そこに現れたドクトルPが教えたのは――。(2009/1/19)

米を使ったCD/DVDケース ビクター子会社など
素材に米を使ったバイオマスプラスチック製CD/DVDケースの生産が始まった。(2009/1/6)

エコプロダクツ2008:
ハエが養鶏&養豚農家を救う?――バイオマス総合展2008
エコプロダクツ2008と同時開催の「バイオマス総合展」では、動植物由来の資源を使って、エネルギーや製品を使う取り組みが多数紹介されている。ここでは注目の展示をいくつか紹介しよう(お食事中の方には本記事の閲覧をオススメしません)。(2008/12/12)

エコプロダクツ2008:
事故米がはしになる――米から作るプラスチック
“食べられない米”を使って作る、生成り色のプラスチック「BTペレット」。地産地消の新しい産業にもなるかもしれない、とメーカーは期待を寄せる。(2008/12/12)

富士ゼロックス、省エネタイプのカラーページプリンタ2機種を発表
富士ゼロックスは、環境配慮型カラープリンタ「DocuPrint C3360」と「DocuPrint C2110」を発売する。(2008/11/18)

韓国携帯事情:
“素材”と“生活密着”機能にこだわる――韓国ケータイトレンドの今とこれから(後編)
韓国の最新ケータイトレンドを探る後編では、バイオプラスチックを使ったエコケータイ、金属やカーボンを使ったタフネスケータイ、専用機並みのカメラ機能やスケジュール機能を持つモデルを紹介する。(2008/10/22)

人とくるまのテクノロジー展 2008:
センシング技術の応用で新提案、発売間近の電気自動車にも注目
「人とくるまのテクノロジー展2008」が、2008年5月21日から23日まで、パシフィコ横浜で開催された。東京モーターショー開催の翌年にあたることから、自動車メーカーや大手Tier1サプライヤの新規展示は多くはなかったものの、昨年と同様に会場内に収まりきれないほどの出展社が、部品、材料、装置などに関する新規提案を行った。エレクトロニクス関連では、センシング技術をどのように利用するかに重点を置いた提案が目立った。(2008/9/1)

目黒陽子が聞く:
PR:「環境に配慮したプリンタって、どこが違うんですか?」
複合機・プリンタ業界で初めて、エコプロダクツ大賞経済産業大臣賞を受賞した富士ゼロックス。環境に配慮したプリンタとは? プリンタ選びでエコを意識すべき理由とは? キャスター・目黒陽子氏が富士ゼロックスを訪問、話を聞いていく。(2008/7/22)

韓国携帯事情:
「OMNIA」から「Secret」まで話題のケータイ続々――韓国「World IT Show 2008」リポート(前編)
韓国・ソウルで開催されたIT関連の総合展示会「World IT Show 2008」。iPhone対抗として注目を集めるSamsung電子の「OMNIA」や、チョコレートフォンの投入で一躍有名になったBlack LabelシリーズのLG電子製「Secret」が登場した。(2008/6/24)

トウモロコシからできたエコ携帯、Samsungが発表
Samsungの「W510」はトウモロコシ由来の「バイオプラスチック」でできており、製造に重金属を使っていない。(2008/6/17)

「らくらくホン プレミアム」、幻の金属パネルモデル+スケルトンモデル公開
F905iをベースに原研哉氏がデザインを監修して誕生した「らくらくホン プレミアム」。富士通の報道陣向け体験イベントで、アルミ素材を採用した開発初期のデザインコンセプトモックや検討段階のカラー見本、スケルトンモデルなどが公開された。(2008/4/12)

Mobile Weekly Top10:
懐かしいあのNケータイも、メイド・イン・サイタマなのだ
NECの携帯電話を量産しているNEC埼玉には、かつて手がけた端末の一部が展示されている。アナログ方式の自動車電話からスタートした同工場の歴史は、携帯電話の歴史そのものだ。(2008/4/11)

ソニーが環境活動を説明、2010年までにCO2削減を5万トンに
各企業がこぞって二酸化炭素削減計画を発表する中、ソニーも環境活動について説明会を開催。グリーン電力証書システムや資源の再利用など、計画ではなく実際の取り組みを紹介した。(2007/12/4)

組み立てもいいけど環境保護もね──NECの夏休み企画は“ひと味”違う
NECは8月24日に、セミナーイベント「夏休み企画! 親子で学べるパソコンのエコ」を開いた。最近よくある親子向けPCメーカーイベントとはちょっと異なる内容だった。(2007/8/24)

ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
電池切れでも安心、スポーツドリンクを注ぎ込め──ブドウ糖で発電するというバイオ電池をソニーが開発。実際にウォークマンとスピーカーで音楽を再生できた。(2007/8/23)

累計1000万台のらくらくホンシリーズ、人気の裏に「ジミだが必須」の高度な技術
自分に安心、相手にも優しい──。人気シリーズ“らくらくホン”の新機種「らくらくホンIV」は、携帯電話の基本「見る、聞く、話す」を徹底追求した数々の先端技術で支えられていた。(2007/8/9)

+D Style News:
三菱、次世代のコンパクトSUVコンセプトモデル
9月から開催されるフランクフルトモーターショーに、三菱の次世代コンパクトSUVコンセプトモデルが世界初公開される。(2007/7/31)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
“タフネス”ノートの新事情──NEC「ShieldPRO」編
ShieldPROはタフネスノートPCの2番手、と思うユーザーは多いかもしれない。しかし、NECが堅牢PCに取り組んできた歴史は長い。その蓄積されたノウハウを開発スタッフに聞く。(2007/5/16)

熱伝導性はステンレス以上──NECが高熱伝導性バイオプラスチックを開発
NECが、金属なみの熱伝導性を持つ植物由来のバイオプラスチックを開発。2008年をめどに量産に向けた実用技術を仕上げ、電子機器のボディなどへの利用を進める。(2007/4/10)

NEC、金属に匹敵する熱伝導性を実現したバイオプラスチックを開発
(2007/4/10)

NEC、金属並みの熱伝導性を持つバイオプラスチック素材を開発――ノートPCなどの筐体に応用
日本電気は、ステンレス以上の熱伝導性を実現する高熱伝導性バイオプラスチックの開発に成功した。2008年度内を目標に量産化を目指す。(2007/4/9)

小学生向きWebサイト「富士通キッズ:夢をかたちに」開設――富士通
富士通は、小学生高学年向けとなるWebサイト「富士通キッズ:夢をかたちに」の開設を発表した。(2007/3/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。