ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BookLive!」最新記事一覧

ITmedia REVIEW
「BookLive! Reader Lideo(BL-121)」レビュー記事まとめ
「BookLive! Reader Lideo(BL-121)」購入の参考になるWeb上のレビュー記事をまとめました。ITmediaに執筆しているプロのレビュアーによる評価も掲載しています。

4月25日21時放送:
【番組告知】eBook TV第22回 Q&Aでバッチリ分かる 電子書籍デビュー大作戦
eBook USERの情報番組「eBook TV」。今回は、「電子書籍デビュー大作戦」と題して、これから電子書籍を始めようとする方の最初の一歩を応援する内容でお届けします。(2014/4/22)

GW特別企画:
5月病を吹き飛ばせ――BookLive!で漫画150冊が無料で読める
電子書店「BookLive!」は、新生活を始める人たちに向けて、人気漫画150冊が無料となるキャンペーンをスタートした。(2014/4/21)

成功報酬は10%――BookLiveが「TGアフィリエイト」と連携
BookLiveの電子書店「BookLive!」がTGアフィリエイト」と連携。運用開始を記念し、100円〜500円の報酬がもらえるオープニングキャンペーンも行う。(2014/4/17)

複合カフェ「自遊空間」のクーポンアプリで「BookLive!」のマンガ立ち読みが可能に
BookLive!とランシステムが運営する複合カフェ「自遊空間」のクーポンアプリがサービス連携。アプリ上からマンガの立ち読みが可能になった。(2014/4/11)

BookLive!で『進撃の巨人』のキャンペーンが開催――「別冊少年マガジン」電子版配信記念
BookLiveは、「別冊少年マガジン」の電子版配信開始を記念して、『進撃の巨人』に関連した賞品が当たる「肉も芋も新刊も駆逐してやるキャンペーン」を開催する。(2014/4/8)

BookLive、法人向け制作サービスの窓口「BookLive Artstudio」開設
法人向け電子コミック・イラスト制作サービスを本格稼働する。(2014/4/1)

あのコマにはそんな秘密が! 「わが生涯に一片のコマあり」に注目
漫画家が心血を注いで描いた「1コマ」にフォーカスしたインタビュー企画をBooklive!が開始。漫画家・田中圭一氏が聞くインタビューはひと味違う。(2014/3/28)

紙の本を買うとレジで電子書籍のクーポン自動発行 三省堂書店が本格サービス開始へ
三省堂書店は、店頭で紙の書籍を購入すると、レジで電子書籍ダウンロード用クーポンを自動発券するサービスを本格的に始める。(2014/3/20)

48時間限定:
『刃牙道』スタート記念、「刃牙」シリーズ全113巻が無料試し読みッッッ
人気格闘漫画「刃牙」の新シリーズ『刃牙道』がスタート。これを記念し、刃牙シリーズ113巻の無料試し読みキャンペーンを3月18日から20日までの48時間限定で開催する。(2014/3/17)

缶コーヒーで読書タイムを:
Rootsを飲んでBookLive!ポイントなどが当たるキャンペーン開催
応募シール付きRootsを飲んでBookLive!ポイント500円分などが当たるキャンペーンが開催される。(2014/3/17)

刃牙シリーズ全113巻の電子書籍版が無料試し読み 48時間限定なので体力づくりが必要
新シリーズ「刃牙道(バキどう)」スタート記念で飽くまで読めッ!(2014/3/17)

3月19日21時放送:
【番組告知】eBook TV第21回 一晩で通になれる Webコミック最前線
eBook USERの情報番組「eBook TV」。今回は、“Webコミック”を大特集。Web発の人気作品のほか、オープン予定の新Webコミックサイトなど、Webコミックの最新動向をご紹介します。(2014/3/17)

30時間のキャンペーン:
BookLive!、「全作品半額キャンペーン」再び
BookLive!が、累計会員数100万人突破記念企画の第2弾として、再び「全作品半額キャンペーン」を実施する。(2014/3/14)

ギャァァアアアア!:
特設サイトもおどろおどろしい「絶叫フェス」、BookLive!で開催
BookLive!が、秋田書店の誇る人気ホラーマンガを特集した「絶叫フェス」を開催。紙と同日発売された『ハカイジュウ』最新12巻の先行配信も行う。(2014/3/7)

BookLive!、100万人突破で“毎日”総額100万円分クーポンプレゼントキャンペーン
BookLive!の累計会員数が100万人を突破した。それを記念して「早い者勝ち!100万円分値引きクーポン毎日大公開キャンペーン」が開始された。(2014/2/28)

前売券発売記念:
BookLive!で『聖闘士星矢』1〜7巻を無料配信
劇場版「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」の前売券が発売される。それを記念して、BookLive!で『聖闘士星矢』1〜7巻を期間限定で無料配信する。(2014/2/28)

2月28日21時放送:
【番組告知】eBook TV第20回 イマドキ女子のピチピチ読書事情
eBook USERの情報番組「eBook TV」。今回は、イマドキ女子のリアルな読書事情を大暴露。女性はもちろん、男性や業界関係者も必見の内容です。(2014/2/25)

『フルバ』など「花とゆめ」人気3作品の第1巻、期間限定で無料配信――BookLive!
BookLive!が「花とゆめ」人気3作品の第1巻を無料配信する。白泉社作品としては初。(2014/2/21)

集英社、歴史ロマンコミック3作品の1巻を無料配信
集英社が「ヤングジャンプコミックス歴史ロマンフェア」を開催、『アド・アストラ−スキピオとハンニバル−』、『SIDOOH−士道−』、『ビン〜孫子異伝〜』の各1巻を無料で配信する。(2014/2/19)

電子書店完全ガイド2013:
「ニコニコ静画(電子書籍)」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第8回目は「ニコニコ静画(電子書籍)」を紹介する。(2014/2/19)

人気マンガのカラー版、まとめ買いで最大1万ポイントバックキャンペーン開催
BookLive!が、『ONE PIECE』など集英社発行の人気カラーマンガまとめ買いで最大1万ポイントバックキャンペーンを実施している。(2014/2/10)

BookLive!、過去最大規模キャンペーン第2弾は全作品50%オフ
オープン3周年を迎えるBookLive!の過去最大規模キャンペーンはまだ終わっていなかった。(2014/2/7)

BookLive!が3周年――過去最大規模のキャンペーン実施
2月17日にオープン3周年を迎える電子書店BookLive!が過去最大規模のキャンペーンを実施する。(2014/2/3)

かざして「つんつん缶バッジ」ゲット 文藝春秋×「ヨミCam」コラボ企画
表紙にかざすだけで、その本のPOPや電子書籍情報を表示できる「ヨミCam」アプリと文藝春秋がコラボしたキャンペーンが始まった。(2014/2/3)

BookLive、かわいくてシュールな人気4コマ漫画『さかな&ねこ』の電子版を先行配信
BookLiveが、人気4コマ漫画『さかな&ねこ』(森井ケンシロウ/竹書房)の電子版を先行配信。電子書店「BookLive!」と電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」書店で取り扱う。(2014/1/31)

「BookLive!」の電子書籍リーダーでWindowsがフリーズする問題、修正版を公開
「BookLive!」のPC用電子書籍リーダーをインストールしたPCで特定のソフトを利用するとWindowsがフリーズする問題について、修正版が公開された。(2014/1/30)

BookLive、「文藝春秋フェア」をスタート
BookLiveは、文藝春秋の作品が低価格で購入できる「文藝春秋フェア」を開催。総合電子書籍ストア「BookLive!」と電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」の書店、三省堂書店店頭で実施している。(2014/1/27)

BookLive、中国の大手SNS「豆瓣」にコミック配信開始
日本の電子書籍サービスとして初のコミック配信。(2014/1/23)

1月24日21時放送:
【番組告知】eBook TV第19回 読書計画2014 今年読みたい本たち
eBook USERの情報番組「eBook TV」。2014年第1回目となる今回は新キャスターも勢ぞろい。今年注目が集まりそうな作品をさまざまな視点から大紹介します。(2014/1/21)

「BookLive!」の電子書籍リーダーでWindowsがフリーズ DRM技術に問題
「BookLive!」の電子書籍リーダーをインストールしたPCで特定のソフトを利用すると、Windowsがフリーズする恐れがあることが判明。改善版の開発を進めている。(2014/1/17)

ホリエモン『刑務所わず』電子版と同時発売
1年9カ月の刑務所生活を送った元ライブドア社長・堀江貴文氏による『刑務所わず。塀の中では言えないホントの話』が文藝春秋から紙と電子版で同時発売される。(2014/1/10)

電子出版関連メディアの編集長が熱弁、2013年のトレンドと来年注目すべき点
JEPA電子出版アワードの後行われたパネルディスカッションで、業界を広く把握する電子書籍関連メディアの編集長たちが電子書籍市場の今を語った。(2013/12/29)

11月中、手塚治虫作品が最も売れた電子書店は?
Tezuka Osamu.netが11月中の手塚治虫作品電子書店売上ランキングを掲載した。(2013/12/27)

創刊タイトルを一挙プレゼント:
PR:君はもう読んだか? 文藝春秋の新レーベル「文春e-Books」を
『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』の大ヒット、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』電子化など創立90周年の年を駆け抜けた文藝春秋。そんな同社が「新しい電子書籍の楽しみ方」として創刊した「文春e-Books」とは。(2013/12/27)

大賞を個人が受賞――第7回 JEPA電子出版アワード結果発表
日本の電子出版の普及と技術の向上を目的とした「第7回 電子出版アワード」の結果が発表された。大賞は「でんでんコンバーター」。(2013/12/20)

『グイン・サーガ』シリーズ全作半額キャンペーン
早川書房が、『グイン・サーガ』の続編となる『パロの暗黒』の電子書籍配信を記念して、『グイン・サーガ』シリーズ全作を半額で配信するキャンペーンをスタートさせた。(2013/12/20)

電子書籍を書店で検索、現金で購入:
表紙を読み込み電子書籍情報を表示できる「ヨミCam」アプリ
三省堂とBookLiveが、Androidスマートフォン/タブレット端末向けアプリ「ヨミCam」をリリース。アプリを起動した端末を本の表紙にかざすだけで、電子書籍の検索・書店員の手書きPOPなどさまざまな情報を表示できる。検索した電子書籍を購入したい場合は、バーコードを表示してレジで決済も可能。(2013/12/20)

書店で本にスマホをかざせば直筆POP、電子版の購入も 三省堂とBookLiveがARアプリ展開
三省堂書店とBookLiveは、本の表紙をかざすと、書店員によるPOPや関連情報を表示したり、電子書籍の価格を確認できるスマホ向けARアプリ「ヨミCam」をリリースした。来年3月から本格的に展開する。(2013/12/19)

48時間読み放題 「BookLive」で少年画報社の全作品を無料公開
「蒼き鋼のアルペジオ」「ドリフターズ」など少年画報社の全作品が48時間限定で無料に。(2013/12/19)

2014名に当たる「年末年始超感謝祭 宝くじキャンペーン」、BookLive!でスタート
BookLive!が、同ストアで利用できる最大10万ポイントやPlayStation 4など豪華賞品が2014名に当たる「年末年始超感謝祭 宝くじキャンペーン」を開催する。(2013/12/18)

寝不足必至:
少年画報社の482作品が48時間読み放題「SGS48〜叛逆の48時間482冊まるごと無料だZ〜」
総合電子書籍ストア「BookLive!」で、少年画報社の全作品全巻が48時間限定で読み放題となるキャンペーン「SGS48〜叛逆の48時間482冊まるごと無料だZ〜」が12月19日21時からスタート。(2013/12/18)

12月20日21時放送:
【番組告知】eBook TV第18回 今年の出版業界を少しマジメに振り返る
eBook USERの情報番組「eBook TV」。第18回は12月20日21時から生放送。今回は、業界に精通する方々をゲストに招き、今年の出版業界を振り返ります。特番や新キャスターも! 今年最後の放送は盛りだくさんでお届けします。(2013/12/17)

文藝春秋、電子書籍レーベル「文春e-Books」創刊
文藝春秋が電子書籍オリジナルレーベル「文春e-Books」を創刊。(2013/12/13)

最大1万ポイントもらえる電子書籍専用端末「Lideo」発売1周年記念キャンペーン
BookLiveの電子書籍専用端末「Lideo」発売1周年を記念したキャンペーンが開催。端末からの購入金額に応じて最大1万ポイントを付与する。(2013/12/13)

革新はその手に?:
Amazonの新型タブレット端末「Kindle Fire HDX 8.9」を使ってみた
革新をその手に――そんなキャッチコピーで発売されたAmazonの新しいタブレット端末。その上位モデル「Kindle Fire HDX 8.9」の実力をリポート。(2013/12/13)

BookLive、秋葉原のメイドカフェとコラボ
秋葉原つながりで実現。(2013/12/10)

BookLive、クーポン機能を導入
BookLive!にクーポン機能が追加。ジャンル別や先着順、抽選で当たるクーポンなどが用意されている。(2013/12/5)

2013年、最も読まれたのは?:
『ロスジェネの逆襲』&『進撃の巨人』が1位――BookLiveの「電子書籍 2013 年間ランキング」
電子書店「BookLive!」の「電子書籍 2013 年間ランキング」が発表。書籍ランキングでは『ロスジェネの逆襲』、マンガでは『進撃の巨人』が1位となった。(2013/12/4)

Mobile Weekly Top10:
連載「はじめてのLINE入門」が電子書籍になりました
ITmedia Mobileの人気連載「はじめてのLINE入門」が電子書籍になりました。Google PlayやBookLiveなどの電子書籍ストアから購入できます。(2013/12/3)

高知県初――Lideoが「金高堂」で販売開始へ
BookLiveが、電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」を高知県で展開する書店「金高堂」4店舗で販売開始する。(2013/12/2)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。