ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カーボンフットプリント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カーボンフットプリント」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
旭化成、EUのCO2回収実証に水素技術で参画
旭化成のヨーロッパ統括会社は、EUの低炭素社会の実現に向けた実証プロジェクトに参画する。同社のアルカリ水電解システムで製造した水素と、火力発電所から回収したCO2を反応させて燃料に変換することで、カーボンフットプリントの削減に取り組む。(2017/11/21)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

自然エネルギー:
太陽光100%、アップル向け部材を製造
再生可能エネルギーを利用して企業を運営する。さらに最終製品の製造から利用、リサイクルまでを通じて、二酸化炭素排出量を最小限にとどめる。このようなプログラムを進める企業の1つが、米Appleだ。Apple向けの部品を製造するイビデンは、日本企業として初めて同プログラムに参加。太陽光発電で実現する。(2017/3/9)

差別化に取り組むコロケーション事業者
IT担当者が注目すべき「コロケーション市場」、3つのトレンド
コロケーション市場は競争が激化し、プロバイダー各社は新機能追加でしのぎを削っている。IT担当者が特に注目すべき新サービスとして、クラウド接続関連サービス、自然エネルギー関連サービスなどを紹介する。(2016/11/17)

省エネビル:
建設時のCO2排出量を「見える化」、実建築物で国内初のCFP認定
安藤ハザマは茨城県つくば市に建設した研修用宿泊施設「TTCつくば」において、産業環境管理協会の「カーボンフットプリント(CFP)宣言認定」を取得したと発表した。建設資材の調達や施工時に発生する温室効果ガスの排出量をCO2に換算して「見える化」した。実建築物での同認定の取得は国内初としている。(2016/10/6)

自然エネルギー:
アップルの再生可能エネルギー利用率が93%へ、1年間で6%増加
事業活動で使用する電力の全てを再生可能エネルギーで担うことを目指すアップルだが、4月22日の「アースデイ」に当たり、1年間で6%も再生可能エネルギー利用率を伸ばし、93%に達したことを明らかにした。(2016/4/26)

電源なしでセンサーが稼働
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/30)

Computer Weekly:
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/18)

メリットはあるのかないのか?
「64ビットARMチップのデータセンター利用」をめぐる賛否両論
低消費電力によるコスト削減が期待された64ビットARMチップだが、データセンターへの導入は進んでいない。ARMを採用するメリットはあるのかないのか? 専門家の評価をまとめた。(2015/8/27)

変わりゆくデータセンター設計
米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/26)

Computer Weekly:
冷却コスト激減、米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/19)

LCAシステム「MiLCA」と社内システムの連携機能、産環協が無償提供へ
産環協のライフサイクル評価支援システム「MiLCA」と社内向け環境影響評価システムを連携する機能を日立らが開発。日立は約20事業部門やグループ会社に導入する。(2014/9/26)

エネルギー問題の新たなリスク
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/6)

自然エネルギー:
国内最大のメガソーラーが大分に完成、日産の土地で26MW
大分は再生可能エネルギーへの依存度が最も高い県だ。これまでは地熱の比率が高かったものの、大分市を中心としたメガソーラー計画が次々と実現してきた。(2013/5/17)

NIWeek 2011現地リポート:
PR:スマートグリッドの進化形「デジタルグリッド」がもたらす未来とは?
世界各国でエネルギーインフラの見直しが進んでいる。米国ではオバマ大統領の掛け声でスマートグリッド化が進行中だ。日本では3月に発生した大震災の影響でエネルギー政策の見直しが迫られており、再生可能な自然エネルギーの大量導入を見据えた議論が活発化している。NIWeek 2011では、新たな時代のエネルギーシステムに取り組む研究者や開発者が未来展望や成果を披露するとともに、NI製品を適用するメリットについて語った。(2011/9/7)

モノづくり最前線レポート(26):
モノづくりの環境対策と環境配慮、何が違う?
NECがグループ内で実践する「環境配慮設計」とは? グローバル設計・開発時代にObbligatoが提案する手法と仕組みを聞く(2010/12/7)

日立、ICTによるグリーン化を推進する「GeoAction100」を策定
(2010/6/9)

Ericsson Business Innovation Forum 2009:
すべてのソニエリ端末を“エコ仕様”に 英Sony Ericssonの「GreenHeart」戦略
英Sony Ericssonが打ち出した環境戦略「GreenHeart」。単に“エコな”端末を数機種開発するだけでなく、今後のソニエリ端末をすべてエコ仕様にし、製造からリサイクルに至るライフサイクル全体で環境への負担を抑えるという。(2009/7/10)

ソニエリ、エコ携帯「GreenHeart」を発表
エコ携帯「GreenHeart」は再生プラスチックを使うなど環境に配慮し、カーボンフットプリントを15%減らしている。(2009/6/5)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
ソフトウェア企業が「環境対応」を訴求する理由
SAPは、環境関連のソフトウェアを提供する企業を買収すると発表した。さまざまなソフトウェア企業がサステナビリティを強調し始めている。(2009/5/18)

「チーズバーガー1個=検索1万5000回」 エネルギー効率をうたうGoogle
GoogleがチーズバーガーやオレンジジュースとGoogle検索の二酸化炭素排出量を比較し、エネルギー効率の高さを主張している。(2009/5/14)

エコプロダクツ2008:
あなたの買ったその商品、CO2排出量は何グラム?――経産省
ある商品が生産から廃棄までのすべての段階で排出するCO2を算出・合計して表示する「カーボンフットプリント」。エコプロダクツ2008では、経済産業省がカーボンフットプリントを表示した商品サンプル54品目を出展していた。(2008/12/12)

環境経営とリスク対応:
PR:緊急を要するカーボンリスクへの対応――今こそマネジメントパワーを
地球温暖化、エネルギー価格高騰――。深刻化の一途をたどるこの問題が今、企業経営にとっての大きなリスクとなってきている。いわゆる「カーボンリスク」だ。さまざまな法規制も進む中、企業にとっては、早急な対応が必要となってきている。その支援にいち早く乗り出したのがアビーム コンサルティングだ。同社では企業レベルでの対策が進んでいる、オーストラリアの事例などを紹介するセミナーも開催するという。(2008/8/1)

「カーボンオフセットって何?」――新しい環境対策は認知度不足
環境意識が高まっている昨今だが、「エコポイント」「カーボンオフセット」「カーボン・フットプリント」といった新しい環境対策の認知度はまだ低いことが分かった。C-NEWS調べ。(2008/7/8)

「環境への影響=CO2排出量−環境貢献」がポイント:
グリーンITで悩む政府〜キモは報われる仕組み作り
(2008/6/24)

グリーン=効率的
グリーンなネットワークアーキテクチャ構築のために
グリーンなネットワークを維持し、帯域幅、電力、予算の無駄を省くために実装できる効率的なネットワーク設計の具体的なノウハウを提供する。(2008/6/19)

省エネを推進:
IBM、ポータブルデータセンター製品群を発表
Sun Microsystemsの「Project Blackbox」やMicrosoftおよびRackableのポータブルマシン構想に対抗すべく、IBMが省エネを推進するプロジェクトを打ち出している。(2008/6/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。