ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カーシェアリング」最新記事一覧

アナリストからは疑問の声も:
Fordが“完全な”自動運転車の開発を本格化へ
Ford Motor(Ford)は、完全な自動運転車の実現に向けて開発を加速させていくという。Fordが狙うのはカーシェアリングや配車サービス市場だが、これらの市場が活性化することは、個人が所有する自動車の数が減るということだろうか。(2016/8/29)

若者の「モノ離れ」……独身・年収1000万円でもマイカー興味なし 「買わずに済ます」生活加速
独身で1000万円近い年収があっても「カーシェアで十分」。モノの所有にこだわらない。こうした若者の「モノ離れ」による消費の停滞に、経済界は懸念を強める。(2016/8/19)

電気自動車:
京都に行けばMIRAIを運転できる、全国初の有料カーシェアリング開始
京都市は水素エネルギーの普及に向けて燃料電池車「MIRAI」の有料カーシェアリング事業を開始した。民間のレンタカー会社に委託して、京都駅に近い店舗で3台を2017年3月まで貸し出す。利用料金はハイブリッド車と同程度で、水素の燃料代は走行距離1キロメートルあたり15円に設定した。(2016/8/18)

SAP Forum Tokyo:
「攻めのIT」「デジタル変革」へ舵を切るIDOM、ローソン、白山工業の取り組みとは
(2016/8/1)

【連載】キーワードで読む「IoT時代のエクスペリエンス・デザイン」 第5回:
シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で長くつながって行く。全ての産業がサービス業化する時代のマーケティングとはどうあるべきなのか。(2016/7/24)

蓄電・発電機器:
総合エネルギー企業化を加速するテスラ、太陽光発電企業買収の意義を強調
米国のEV(電気自動車)ベンチャーである米Tesla Motorsは、10年ぶりとなる基本計画(マスタープラン)を公開し、持続可能な社会を実現するエネルギー総合企業として、太陽光発電会社であるSolarCity買収の意義を強調した。(2016/7/22)

相次ぐ自動車メーカーとIT企業の提携 両者の狙いとは?
ITなど異業種から参入した新たなプレイヤーと、それを迎え撃つ自動車メーカー。本特集では、道路という古くて新しいネットワークを舞台に始まった次世代の競争を追う――。(2016/6/28)

専門家に聞く:
自動運転車に関する3つの疑問
自動運転技術への関心は、日増しに高まっている。だが、“技術的に可能なこと”が、“本当に必要なこと”とは限らない。(2016/6/23)

自動運転技術:
トヨタが海外でライドシェアに乗り出す、Uberに出資
トヨタ自動車は、米国ベンチャーのUber Technologiesとライドシェア領域における協業を検討する旨の覚書を締結した。両社は、海外でライドシェアビジネスが拡大している国/地域で試験的な取り組みを始めながら協業を模索する。(2016/5/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型プリウスPHV 伸びたEV走行距離と後退した思想
米国・ニューヨークで開催された国際オートショーで、トヨタ自動車の新型プリウスPHVが発表された。旧来モデルと比べてバッテリーのみでの走行距離を大幅に伸ばしたが、それと引き換えに失ったものは大きい。(2016/4/4)

自動運転の開発を加速:
GM、自動操縦技術の新興企業Cruiseを買収
GM(General Motors)が、自動運転車の開発を加速している。自動運転技術を手掛ける新興企業Cruise Automationを買収した他、カーシェアリングサービスの大手Lyftと、長期的な戦略的提携も結んだ。(2016/3/28)

蓄電・発電機器:
災害時に役立つ太陽光と蓄電池装備の駐車場、さいたま市で開設
三井不動産リアルティは、環境配慮・非常時対応型駐車場の整備・拡大に向けてさいたま市と協定を締結し、レジリエンス対応型駐車場を開設した。(2016/3/23)

車載情報機器:
日本のタクシーはIoTトレンドをつかめるか、台湾VIAとJapanTaxiが取り組み
台湾のVIA Technologiesが、タクシー大手である日本交通の子会社JapanTaxiと車載IoT(モノのインターネット)端末を共同開発した。JapanTaxiは、この車載IoT端末や連携するタクシー向けの機器/クラウドサービスを、親会社の日本交通だけでなく、他のタクシー会社にも販売する方針だ。(2016/3/16)

Mobile World Congress 2016レポート:
クルマは5Gのキラーアプリになり得るのか
「モバイルの祭典」として知られる「Mobile World Congress(MWC)」。今回のMWC2016では次世代移動通信システムである「5G」がテーマになっていた。いまだバズワード的にしか語られていない5Gだが、そのキラーアプリケーションとして期待されているのが「クルマ」である。MWC2016でも、クルマと5Gを絡めた講演や展示が多数あった。(2016/3/15)

車載情報機器:
ボルボのクルマはスマホでドア開錠やエンジン始動が可能に、2017年から
Volvo Cars(ボルボ)は、物理キーやスマートキーなどを使わずに、スマートフォンだけで自動車のドアの開錠やエンジン始動が可能になるキーレスシステムを2017年から市販車に導入すると発表した。(2016/2/24)

2016 CES&デトロイトモーターショー2016レポート(後編):
デトロイトショーで目立つ「売らんがため」の現実主義、「クルマの未来」姿なく
自動車業界の今後の方向性が示される「2016 International CES」と「デロイトモータショー2016」を取材した桃田健史氏によるレポートの後編をお送りする。久々に盛り上がりデトロイトモーターショーだが、桃田氏は、「規制対応と売らんがための現実主義が強く、かつてのように『クルマの未来』は示されていない」と指摘する。(2016/1/28)

蓄電・発電機器:
ハイブリッドソーラーシステムで市内観光を便利に、岡山市が駐車場に工夫
岡山市が実施した貯金事務センター跡地活用事業者公募で選定された三井不動産リアルティ中国は、同跡地に回遊性向上・環境配慮・非常時対応を追求した駐車場「三井のリパーク 岡山市役所前」をこのほど開設した。(2016/1/6)

で、どうやって儲けるの?:
個人間カーシェア「Anyca(エニカ)」が順調な滑り出し、次の一手は?
所有するクルマを個人間で貸し借りできるカーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」(運営:DeNA)が、順調な滑り出しを見せている。2015年にサービスを始めてから、登録車台数が伸びている。(2015/12/28)

第1回 ササる会議 リポート:
モラルはシステムで作れる!? タイムズ24の「カーシェアリングIoT活用術」
ITmedia ビジネスオンライン初の読者向けトークイベント「第1回 ササる会議」が開催されました。第1弾のテーマは「カーシェアリングにおけるIoTの活用」。タイムズ24のタイムズカープラス事業部長、内津基治さんをゲストに迎え、お話いただきました。(2015/12/1)

プロダクトデザイナーが見た東京モーターショー2015:
トヨタとベンツに見る「Car」と「Automobile」の違い
「東京モーターショー2015」における各自動車メーカーの展示内容やコンセプトカーをプロダクトデザイナーが斬る。トヨタ自動車、日産自動車、メルセデス・ベンツ、マツダなどの展示から感じた「Car」と「Automobile」の違いとは?(2015/11/27)

自動運転技術:
自動運転で「所有から利用へ」が本格化?
2015年11月8日に閉幕した東京モーターショーでは、次世代小型モビリティやパーソナルモビリティの試乗もあり、出展各社の取り組みは非常に興味深かった。大手自動車メーカー各社とも、自動車の電動化もまた避けて通れない道として認識されているが、象徴的なところでは、走りを追求したホンダの「CIVIC TYPE R」、ロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「Mazda RX-Vision」など内燃式エンジンによる自動車の魅力も再訴求されている。(2015/11/24)

コネクテッドカーの明るい未来
昨今、コネクテッドカー、自動運転車が騒がれている。これらの技術によって自動車メーカー、サプライヤーのビジネスモデルは大きく変わる可能性が高い。単に技術があるから開発するのではなく、顧客に対して持続的に価値を提供して、自社を選択してもらうためには何をどこまで提供するのか。そのためには、どのようなケイパビリティ、ビジネスモデルが必要なのだろうか。(2015/11/9)

音声操作でクルマの自動走行が可能に――未来の「ナビ」はこうなる
「○○に行きたい」とクルマに話しかけるだけで、自動走行が可能に――。東京モーターショーのナビタイムブースで近未来のドライブを疑似体験できる。(2015/10/29)

ものになるモノ、ならないモノ(68):
日本型シェアリングエコノミーのカタチ
「Airbnb」「Uber」に代表されるシェアリングエコノミー型サービスは、日本ではまだ発展途上にある。その成長において、何が障壁となっているのか。課題を掘り下げながら、「日本型シェアリングエコノミー」の形を探る。(2015/10/29)

電気自動車:
沖縄の半島を1人乗り電気自動車で走り回る、30台でシェアリング実証
トヨタ自動車が沖縄県の本部半島で観光客を対象に、1人乗り電気自動車のシェアリングサービスを2016年1月から実施する。人気の水族館をはじめ観光名所が集まる半島に30台の電気自動車を配備して、狭い道や急な坂でも自在に走り回れる新しい移動手段の効果を検証する狙いだ。(2015/10/28)

深刻な渋滞の緩和も狙い:
シンガポール、自動運転技術に積極投資
シンガポールが自動運転技術に力を入れている。東京23区と同程度の国土面積に550万人の人口を抱える同国では、年々渋滞の問題が深刻になっている。そこで政府が目を付けたのが自動運転だ。(2015/10/23)

11月11日開催決定:
『ササる戦略』著者プレゼンツ 読者向けトークイベント「ササる会議」第1弾、開催決定!
『ササる戦略』著者が斬り込む、読者向けトークイベント「ササる会議」が11月11日に開催! ぜひ、水曜インタビュー劇場の“オフライン版”にご参加ください。(2015/10/20)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

SUUMOとタイムズカープラスが連携、ステーション情報と賃貸物件情報の同時検索が可能に
不動産・住宅情報サイト「SUUMO」とカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」が連携。「SUUMO賃貸」の物件詳細ページの地図画面上に、近隣のステーション情報も表示されるようになった。(2015/10/8)

CEATEC 2015:
デンソーの小型EVはカーシェアリング向けを想定、「パーソナライズ」が鍵
デンソーは、「CEATEC JAPAN 2015」において、カーシェアリングでの利用を考慮した小型電気自動車(EV)向けプラットフォームを展示した。鍵になるのがユーザーごとの「パーソナライズ」だ。(2015/10/7)

カーシェア促進でCO2削減へ、NECが仏企業とタッグ
画像認識などの技術を活用して、フランスにおける道路交通システムの高度化を支援する。(2015/10/5)

フランクフルトモーターショー2015リポート:
日本自動車業界はフランクフルトショーの新展示「New Mobility World」を見よ
「フランクフルトモーターショー2015」で新たに設けられた展示スペース「New Mobility World」。8つの領域から成り、今まさに大きく変化しようとしている自動車業界の現状を感じ取ることができるという。筆者の桃田氏は、日本の自動車業界関係者に対し、「New Mobility Worldで意見交換し、時代の変化に対する危機感を実感してほしい」という。(2015/9/24)

電気自動車:
住民が復活させた鉄道、回生電力を電気自動車に供給してCO2削減
福井県を走る「えちぜん鉄道」で回生電力を電気自動車に供給する調査が始まる。回生電力の発生量を測定して蓄電池の容量を検討する一方、駅に電気自動車を配置してカーシェアリングの導入効果を調査する。地域密着型の鉄道と電気自動車を組み合わせてCO2削減に取り組む。(2015/9/18)

水曜インタビュー劇場(カーシェア公演):
カーシェア事業で、なぜ「パーク24」だけが黒字化できたのか
カーシェアリング事業の早期黒字化は難しいといわれている中で、パーク24が事業を始めてわずか5年で黒字を達成した。その理由を探っていくと、興味深い話が……。(2015/9/2)

ファミマでカーシェア、11月ごろからスタート
ファミリーマートとパーク24のグループ会社であるタイムズ24は8月31日、 コンビニ事業と駐車場事業およびモビリティ事業における業務提携を結んだ。(2015/8/31)

電気自動車:
乗り捨て可能なEVのカーシェアリング実証、20台の車両を神戸市に
神戸市で電気自動車や小型モビリティを利用したカーシェアリングの実証実験がスタートする。乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリングなのが特徴で、実施事業者は六甲産業、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業の4社だ。(2015/8/20)

電気自動車:
コンビニで小型EVがレンタル可能に、サークルKサンクスが愛知県豊田市の実証試験に参加
トヨタ自動車が愛知県豊田市で行っている小型EVのシェアリングサービス「Ha:mo RIDE」で、コンビニエンスストアでも小型EVのレンタルが可能になった。サークルKサンクスが2015年6月15日より同市内の6店舗に小型EVの車両ステーションをオープンする。(2015/6/16)

自動運転技術:
スマホ活用の自動駐車技術、ダイムラーとボッシュが「car2go」に適用へ
Daimler(ダイムラー)とRobert Bosch(ボッシュ)は、駐車場内における自動駐車技術の開発プロジェクトで提携すると発表した。同技術を、ダイムラーが展開するカーシェアリングサービス「car2go」に適用することで、同サービスをさらに進化させたい考えだ。(2015/6/10)

電気自動車:
超小型EVが動く直流電源に、「ピコグリッドシステム」
デンソーは、超小型電気自動車(EV)を「移動する電源」として利用できる「Pico Grid System(ピコグリッドシステム)」を開発した。太陽光で発電した電力を、直流のまま超小型EVや蓄電池に蓄えるので、一般的な太陽光発電システムのように直流から交流への電力変換による損失が発生しないことも特徴の1つだ。(2015/5/29)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動運転の実用化で、社会はどう変わる?
ドライバーがハンドルを握らなくても、勝手に一般道を自動車が走る――自動運転技術の発展の結果、そんな未来がもう目前に迫っている。ドライバーが運転の責任を負わなくなったとき、社会は、日本はどのように変化するのだろうか?(2015/5/4)

電気自動車:
府をまたいで水素を融通、京都と大阪に初の商用水素ステーション
京都府に府内初となる水素ステーションの設置が決まった。オフサイト方式の水素ステーションで、こちらも大阪府初となる商用ステーション「北大阪水素ステーション」から水素の供給を受ける。(2015/4/17)

電気自動車:
横浜市の団地で生きる超小型EV、20分まで無料
日産自動車は2015年3月、横浜市郊外の大規模住宅団地に向けて、小型の電気自動車を利用したカーシェアリングサービスを1年間試行導入する。都市再生機構東日本賃貸住宅本部(UR)と共同で実施し、フルタイムシステムがカーシェアリング事業者として協力する。日産ニューモビリティコンセプトを5台配置した。(2015/3/27)

オートモーティブワールド2015 基調講演リポート:
スマートモビリティは未来の社会問題を解決できるか
「オートモーティブワールド2015」の基調講演にFord Motor Technical & Business Strategy Office/Research & Advanced EngineeringのJohn Sakioka氏が登壇。同氏は、将来的なスマートモビリティ社会の実現に向けた取り組みについて語った。(2015/1/26)

2015 CES 基調講演リポート:
ベンツの未来系「Fモデル」がCESの基調講演で初公開される意義
「2015 International CES」の基調講演にダイムラー会長のディーター・ツェッチェ氏が登壇し、自動運転車の未来系を示すコンセプトカー「Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion」を初公開した。同社のフューチャーモビリティのコンセプトである「Fモデル」が、モーターショー以外で初公開されるのは異例のことだ。(2015/1/15)

車載半導体:
GMの「キャデラック」に採用されたNXPの車車間通信用IC、決め手はセキュリティ
NXPセミコンダクターズジャパンは、東京都内で会見を開き、車載半導体事業の取り組みについて説明した。General Motors(GM)が2016年に市場投入する「キャデラック」にNXPの車車間通信用ICが採用されることになったが、その決め手はセキュリティだったという。(2014/10/22)

CEATEC 2014 開催直前情報:
デンソーがSiC技術「REVOSIC」を披露、何でもモビリティ化する「X-mobility」も
デンソーは、「CEATEC JAPAN 2014」において、小型電気自動車(EV)を用いたカーシェアリングシステムや、SiC(シリコンカーバイド)デバイスの技術「REVOSIC」、インホイールモーター「X-mobility」、QRコード技術を活用した新サービス「MapQR」などを出展する。(2014/9/30)

電気自動車:
商用化を模索する超小型EVカーシェアリング、横浜市の実証実験を1年延長
横浜市と日産自動車は2人乗りの超小型EVによるカーシェアリングの実証実験を2015年9月まで1年間延長する。合計70台を使って国内最大規模のEVカーシェアリングを実施してきたが、台数を50台に減らして稼働率を高める一方、料金体系を拡充して利用者数と利用時間を増やす狙いだ。(2014/9/25)

App Town 交通:
iOS/Android対応のカーシェアリング予約アプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」が登場
カーシェア・マップは、カーシェアリングの予約機能を備えたiOS/Androidアプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」をリリース。利用者限定の無料キャンペーンも実施する。(2014/9/17)

電気自動車:
超小型EVでカーシェアリング、数kmの移動に適する
ホンダは2014年10月1日から約2カ月間、さいたま市と共同で電気自動車の社会実験「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を実施する。市内34カ所に設けたステーション間をホンダの「MCーβ」で移動できる。(2014/9/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。