ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CCI」最新記事一覧

D2CとCCIが共同調査:
デバイス別広告費推計、スマホ比率は6割超
D2Cはサイバー・コミュニケーションズと共同で、インターネット広告市場におけるデバイス別広告費、広告種別広告費、ビデオ(動画)広告費の推計調査を実施した。(2017/4/17)

高感度な女性向けの映像コンテンツ3000本超を提供:
女性向け媒体にプレミアム映像を提供するインストリーム広告特化サービス「QSTO Movie PMP」
クエスト・コミュニケーションズは、女性向けプレミアム映像コンテンツを媒体社に提供するインストリーム広告特化サービス「QSTO Movie PMP」の提供を開始した。(2017/4/11)

「LINE Beacon」を活用したリアル店舗連携も:
Web接客ツール「KARTE」が「LINE@」アカウントと連携
プレイドは、同社のWeb接客ツール「KARTE(カルテ)」が、LINE「Official Web App」を活用して「LINE@」アカウントと連携可能になったと発表した。(2017/2/14)

天気や気温などに応じてコンテンツを出し分け:
電通、リアルタイムデータ連動型デジタルサイネージの常時配信サービスを開始
電通は、電算システムおよびサイバー・コミュニケーションズと協業し、天気・気温・時間・位置情報などのリアルタイムデータと連動してコンテンツを出し分けるデジタルサイネージの常時配信サービスを開始すると発表した。(2017/2/6)

配信量を確保しつつ精度の高いターゲティングを実現:
CCIがビデオリサーチの「SiteGraphics」を導入
サイバー・コミュニケーションズは、ビデオリサーチが提供する「SiteGraphics」の取り扱いを開始し、より多彩なオーディエンスセグメントを利用したターゲティング広告配信サービスを提供すると発表した。(2016/9/13)

D2Cがインターネット広告市場規模を推計:
2015年のスマートフォン広告費は4979億円、動画広告費は516億円
D2Cは2015年1〜12月のインターネット広告市場におけるデバイス(スマートフォン、PC)別広告費、広告種別広告費、動画広告費の推計調査を実施した。(2016/7/6)

デバイス最適化とコンテンツの収益化をサポート:
アドビ、プレミアム動画配信事業者向け製品「Adobe Primetime」を国内で本格展開
アドビシステムズは放送局や有料テレビサービスプロバイダー業界向けのプレミアム動画配信製品「Adobe Primetime」の国内市場での本格展開を開始したことを発表した。(2016/4/11)

セルフサービスで運用可能なマーケティングプラットフォームも提供:
ロケーションベースマーケティングのxAdが日本法人を設立
ロケーションマーケティングサービスを提供する米xAdは2016年4月1日、日本法人であるエックスアド・ジャパンを設立したことを発表した。(2016/4/4)

有料放送領域における広告事業発展に向けて:
電通グループとアニマックス、「アニマックスPLUS」で広告事業を開始
電通とサイバー・コミュニケーションズは2015年7月3日、アニマックスブロードキャスト・ジャパンと共同でインターネット動画配信サービス「アニマックスPLUS」で広告事業を開始することを発表した。(2015/7/3)

LINE ビジネスコネクトに対応:
LINEでカスタマーサポート支援、CCIとプレイドがツール提供
サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)とプレイドは2015年5月20日、「CLINE by KARTE(シーライン バイ カルテ)」の提供を開始した。(2015/5/21)

専門スタッフがマネジメント:
電通、運用型広告サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始
電通は12月19日、リアルタイム自動入札(RTB:Real Time Bidding)を利用した運用型広告を最適に管理し、パフォーマンスを最大化する新サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始を発表した。(2013/12/20)

スマホのロック解除時にフルスクリーン広告──その開発意図を聞く
Android端末のロック解除時にフルスクリーンの広告を表示するというシステムを開発したcciの担当者に話を聞いた。(2013/9/13)

セキュリティロック解除時:
cciとDOM、セキュリティロック解除時の広告フルスクリーン表示システムを共同開発
サイバー・コミュニケーションズは9月10日、スマートフォン分野の受託開発を行っているディー・オー・エムと共同で、アンドロイド端末のセキュリティロック解除後にフルスクリーンで広告を表示するシステムを開発したことを発表した。(2013/9/11)

Android端末のロック解除時にフルスクリーン広告 cciとDOMが共同開発
Android端末のセキュリティロック解除時にフルスクリーンで広告を表示するシステムをcciとDOMが共同開発。(2013/9/10)

電通、運用型デジタル広告専業の新会社「ネクステッジ電通」設立
電通は、運用型広告を専門に取り扱う新会社「ネクステッジ電通」を設立。検索連動型広告やDSP広告などを扱い、今後2〜3年で350億円以上の売り上げを見込む。(2013/5/24)

cciとThe Huffington Post(ザ・ハフィントン・ポスト):
cciが「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」とマーケティングパートナーシップを締結
サイバー・コミュニケーションズ(cci)は5月7日、「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」(ハフポ日本版)とマーケティングパートナーシップを締結したと発表した。(2013/5/7)

Viewable Impression:
ユーザーのバナー広告視聴時間が分かる、Dennooが累計200万ドルを資金調達
Dennooは2月5日、複数の投資会社などから累計200万ドルを資金調達したと発表した。(2013/2/6)

cciのDSPにFacebook広告が追加:
トレーディングデスクサービスの運用にFacebook Exchangeを追加、cci
サイバー・コミュニケーションズ(cci)は1月21日、運用型広告商品のトレーディングデスクサービス「PerformanceX Management」のラインナップにFacebook広告「Facebook Exchange」を追加すると発表した。(2013/1/21)

第三者配信広告市場拡大:
サイバー・コミュニケーションズとメディアマインド、第三者配信広告分野でパートナーシップを強化
サイバー・コミュニケーションズとメディアマインドは、Yahoo! JAPANでの第三者配信アドサーバ採用を受け、連携を強化する。(2012/11/8)

Facebookファン260万人超のsatisfaction guaranteed、独自のインサイト解析ツールをリリース
Facebookページで260万超のファンを抱えるsatisfaction guaranteedが自ら開発したFacebookページインサイト解析ツール「social gear」をリリース。(2012/9/5)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
事業開発が事業と言い切る――VOYAGE GROUP 宇佐美CEO
今や4年でビジネスモデルが変わるといわれているネット業界で、軽やかにモデルを変えチャレンジし続ける秘訣は。(2012/5/29)

電通、Facebookとの業務提携を継続
電通がFacebookとの業務提携を2012年も継続。Facebookページの導入とプレミア広告枠の販売に力を入れる。(2012/3/30)

ビジネスイノベーターの群像:
異業種同士のジョイントベンチャーで市場の活性化を――ネットや携帯の広告市場を切り開いてきた電通デジタル・ホールディングスの藤田明久氏
ゼロの状態から新しい市場を開拓するときに生まれるイノベーションほど劇的なものはないだろう。それをインターネットや携帯電話の広告の分野で実践してきたのが、電通デジタル・ホールディングスの藤田専務だ。今の日本で新市場を切り開き、ビジネスを成功させるためのカギは何か。(2011/10/4)

クロス分析に対応したiOS/Android向けアプリ効果測定ツール「App Analyzer」
ビルコムは、デモグラフィック取得によるクロス分析に対応したiOS/Android向けアプリ効果測定ツール「App Analyzer」の提供を開始した。(2011/4/21)

電通とFacebookが業務提携 広告主向けにマーケティング活用支援
電通とFacebookが業務提携。広告主向けに、Facebookを使ったマーケティング活用のコンサルティングなどを行う。(2011/2/28)

Appleと電通が提携 iAd国内展開へ
Appleと電通が提携し、iAdを2011年早期に国内展開へ。「電通は日本におけるiAdの理想的なパートナーだ」とAppleはコメント。(2010/11/10)

cciとクライテリア、スマートフォン向け広告事業に参入
サイバー・コミュニケーションズ(cci)とクライテリアが、スマートフォン向けアドネットワーク事業に参入。広告開発支援サービスも展開する。(2010/1/5)

cci、ソーシャルメディア広告強化 mixiアプリメーカーに資本参加
cciが、mixiファンド出資先第1号のコミュニティファクトリーに出資。ミクシィとも協力し、ソーシャルメディア広告事業を強化する。(2009/11/6)

Twitterのつぶやきを表示できるバナー広告「Tweet bannar」
CGMマーケティングとRSS広告社は、Twitterに投稿したつぶやきを表示するバナー広告「Tweet bannar」を提供する。(2009/10/14)

博報堂DY、DACを連結子会社化
博報堂DYホールディングスが、メディアレップのDACを連結子会社化する。(2009/2/2)

電通がcciを完全子会社化へ
電通がメディアレップ子会社のcciを完全子会社化する。グループ内のネット広告事業再編を円滑に進めるためとしている。(2009/1/30)

DeNA、「モバゲー」広告枠販売でD2C、cciと包括代理店契約
モバゲータウンの広告枠販売で、DeNAがディーツ−コミュニケーションズ、サイバー・コミュニケーションズと包括的代理店契約を結ぶ。(2008/7/22)

地方紙集結のECサイト「47CLUB」展開へ新会社
全国の地方紙が地元の産品を販売する「47CLUB」の積極展開に向け、電通などが加わって新会社を設立する。(2008/6/20)

Twitter日本語版スタート トヨタが広告出稿
Twitterの日本語版が公開された。Twitterのローカライズは世界初。世界に先駆けて広告掲載も始め、ビジネスモデルを模索していく。(2008/4/23)

cci、まぐクリックに出資
(2008/2/20)

電通、オプトの筆頭株主に 連携強化
(2007/12/20)

GyaOと街頭ビジョンで「大阪ジャック」CM
(2007/10/16)

モバイルサイト誘導支援サービスをASPで提供──トライコーンとサイバー・コミュニケーションズ
(2007/6/21)

クライテリア、アクションクリックを吸収合併
(2007/5/10)

シーエー・モバイルら3社、中国でモバイル広告事業を開始
(2007/4/11)

CCI、09年度に売上高1000億円超を目標に
(2007/4/5)

cci、メディア向けのSecond Life参入支援
(2007/3/13)

CCI、ターゲティング広告配信にNTTデータ「なずき」を採用
(2007/3/6)

携帯でポイント付与型動画CM 電通などが効果検証
(2007/2/28)

電通とcci、ポッドキャストと広告を自由に組み合せて配信
番組と広告のデータを分離・配信時に結合するシステムを導入。柔軟な運用を可能にすることで、ポッドキャストの広告媒体価値も高まると予想される。(2006/8/18)

シックス・アパート、CGMマーケティングと提携しメディア事業強化
シックス・アパートは、一般のインターネット利用者が作るコンテンツ「CGM」のメディア事業強化の発表を行った。その第一弾として、8月4日に設立されるCGMマーケティングと業務提携を行う。(2006/7/4)

デジタルガレージ・電通ら新会社「CGMマーケティング」
(2006/7/3)

CCI、ネット広告好調で上方修正
(2006/4/18)

電通とCCI、ネット・放送クロスメディアコンテンツ制作会社
(2006/4/10)

動画バッファ中もFlashでCM
(2006/4/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。