ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「児童ポルノ」最新記事一覧

勤務先の「児童ポルノ専用検知システム」がきっかけに 「単純所持」容疑で逮捕された34歳男
児童ポルノの「単純所持」容疑で34歳の男が書類送検された。きっかけは、男性が勤務していた外資系会社内の「児童ポルノ専用の検知システム」が作動したためだった。(2016/4/18)

児童ポルノ「単純所持」で初摘発 女子生徒の下半身画像をPCに保存の男
児童ポルノの「単純所持」で初摘発。女子中学生への強制わいせつ容疑などで逮捕された大阪府の30代の男が、この生徒の下半身を撮影した画像を個人的趣味で所持していたとして追送検された。(2016/1/26)

投稿画像の3〜4割が児童ポルノ 人気アプリ「写真袋」 “自画撮り”を次々に投稿した少女の無知と麻痺
人気の画像共有アプリ「写真袋」の投稿画像の3〜4割が児童ポルノだった。少女らが自分で撮影した「自画撮り」ポルノも多かった。少女たちはなぜ自らの裸をネット空間にさらすのか。(2015/11/30)

「日本女子学生の13%が援助交際を経験」国連報告者の発言 外務省が撤回と客観的データを要求
日本の児童買春などを調査しに来た国連特別報告者の発言。(2015/11/10)

写真共有アプリ「写真袋」の代表 児童ポルノの公然陳列を手助けした容疑で逮捕
利用者が児童ポルノを見られるパスワードをネットに公開していたのを看過していた。(2015/11/5)

アプリ「写真袋」運営企業の社長を逮捕 児童ポルノ公開ほう助容疑
写真共有アプリ「写真袋」で公開されていた児童ポルノを放置したとして、運営会社の社長が児童ポルノ禁止法違反のほう助容疑で逮捕された。(2015/11/5)

児童ポルノの95%、リベンジポルノの74%が削除 違法情報を通報「セーファーインターネット協会」が実績公表
ヤフーなどが設立した一般社団法人「セーファーインターネット協会」が、児童ポルノやリベンジポルノなどネット上の違法・有害情報の実態と削除状況を報告した。(2015/10/1)

「単純所持は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」改正児童ポルノ法、7月15日から罰則適用開始
性的好奇心目的で児童ポルノを所持している場合、確実に処分しておきましょう。(2015/7/14)

まもなく児童ポルノ所持の罰則適用 警視庁が破棄を呼びかける
改正児童ポルノ禁止法が施行されて1年。1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。(2015/7/8)

警察庁、児童ポルノを一斉サイバーパトロール 単純所持への罰則適用前に
児童ポルノの所持に罰則が適用されるのを前に、全国の都道府県警がサイバーパトロールを一斉実施。(2015/6/12)

児童ポルノをリツイートしたらアウト? 弁護士に直接聞いてみた
やっぱりアウトでした。(2014/11/21)

TwitterのRTで児童ポルノ拡散容疑、初の検挙
Twitterに投稿された児童ポルノ画像をRTで拡散した疑いで男らが検挙された。(2014/11/21)

児童ポルノTwitterで拡散 大阪府の男らを書類送検 リツイートでの摘発は全国初
児童ポルノ禁止法違反の疑いで男2人を書類送検、男子中学生を児童相談所に通告した。(2014/11/21)

FC2、児童ポルノ対策強化 新フィルタリングシステム導入 「青少年の人権守る」
児童ポルノなど不適切画像を自動検出するイー・ガーディアンの画像フィルタリングシステムを、FC2が導入する。(2014/8/28)

単純所持禁止する改正児童ポルノ法、7月15日施行 1年間は罰則適用なし
児童ポルノの単純所持禁止を盛り込んだ改正法が7月15日に施行。施行から1年間は罰則は適用されない。(2014/7/14)

Google、「アルゴリズム改善に常に注力」 「ロリ」問題でコメント
「アルゴリズムの改善に注力している」――Googleで「ロリ」を含むワードの検索結果が激減していた問題に関連し、Google日本法人が児童ポルノ対策についてコメントした。(2014/6/23)

日本雑誌協会、改正児童ポルノ法成立に「断固抗議」 「表現規制につながる危険性がある」
児童ポルノの単純所持を禁止する児童ポルノ禁止法改定案が成立したことについて、日本雑誌協会が抗議声明を発表した。改正法は「表現規制につながる危険性がある」と懸念している。(2014/6/18)

児童ポルノの「単純所持」禁止 改正法が成立
児童ポルノの単純所持に1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。(2014/6/18)

単純所持を禁止する改正児童ポルノ法成立
児童ポルノの単純所持を禁止する児童ポルノ禁止法改定案が参院で可決、成立した。(2014/6/18)

伊吹太歩の時事日想:
世界から「児童ポルノ帝国」と呼ばれるニッポン
衆議院で可決した「児童買春・ポルノ禁止法」改正案。日本では大きく報じられていないように見えるが、海外では大きな話題になっている。規制が強化された格好だが、海外メディアの反応は厳しい。その内容とは……?(2014/6/12)

日本出版社協議会、児童ポルノ禁止法改定案に反対表明 「本来の目的を大きく逸脱」
単純所持を禁止する児童ポルノ禁止法改定案が衆院を通過したのを受け、日本出版社協議会が反対を表明。(2014/6/10)

単純所持を禁止する児童ポルノ法改定案、衆院通過
児童ポルノの単純所持を禁止し、刑事罰を盛り込む児童ポルノ禁止法改定案が衆院を通過した。(2014/6/5)

児童ポルノ禁止法の改正案が衆議院本会議で可決 日本雑誌協会が反対声明
改正案では漫画やアニメは対象外に。日本雑誌協会は、児童ポルノの定義が曖昧で「表現規制に繋がる危険性をはらんでいる」と反対している。(2014/6/5)

「フィギュアは児童ポルノではない」 ブログ削除騒動めぐって抗議署名をGMOメディアに提出
ガレージキットサークルのブログに児童ポルノの疑いがあるとして運営元のGMOメディアが削除を通告した件で、反対する署名活動が行われました。(2014/4/9)

児童ポルノを共有するP2Pユーザーにメールで警告 ISP団体と警察庁が協力
ISPなどでつくる業界団体と警察庁が協力し、ファイル共有ソフトで児童ポルノを共有しているユーザーに対して警告メールを送る取り組みを4月1日から始める。(2014/3/20)

日本ペンクラブ、児童ポルノ禁止法改定案に反対声明 漫画・アニメ対象は「表現の自由を著しく侵害」
日本ペンクラブは、児童ポルノ禁止法改定案に反対する声明を発表した。「漫画やアニメを取り締まりの対象とすることは、表現の自由を著しく侵害する」と指摘している。(2014/3/18)

Googleのシュミット会長、児童ポルノ対策を語る──YouTube動画検出ツールも
シュミット会長が英Daily Mailに寄稿し、これまでの取り組みで10万件以上の児童ポルノ関連クエリを除去し、来年にもYouTubeが開発中の違法動画検出技術を公開すると語った。(2013/11/19)

Tor匿名化サーバに不正コード混入、捜査当局が容疑者割り出しに利用か
FBIの児童ポルノ事件捜査に関連し、Firefoxの脆弱性を突いてTorの秘匿サービスに不正なコードを仕掛けたのではないかとの見方が強まっている。(2013/8/6)

コミケ準備会など、自民・高市政調会長に陳情 児童ポルノ法改定案で
コミックマーケット準備会と全国同人誌即売会連絡会が、児童ポルノ禁止法改定案を提出した自民党の高市早苗政調会長に陳情した。(2013/7/17)

児童ポルノCG販売で初摘発 発禁写真集をCG加工した「聖少女伝説」販売で
ネットでは「CGなのに児童ポルノにあたるのか」といった議論も。(2013/7/11)

児童ポルノ禁止法改正案で初音ミクを語る!? 片山さつき議員の発言にネットで戸惑いの声
児童ポルノ禁止法改定案についての議論で飛び出した発言に、視聴者からは戸惑うコメントが。(2013/7/3)

「ネット党首討論会」視聴者は前回比9割減 ユーザー質問で児童ポルノ禁止法問題
「ネット党首討論会」の視聴者数は十数万人と、初回だった前回より9割も減少。ユーザーからの質問にこたえ、各党党首が児童ポルノ禁止法について意見を述べた。(2013/7/1)

児童ポルノ禁止法問題、各党代表が賛否を表明 安倍首相「あくまで子どもを守るための法律」
ネット党首討論会で、自民・公明・日本維新の会が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案について、出席した各党首が賛否を表明。各党首のコメントをまとめた。(2013/6/28)

児童ポルノ禁止法改定案、継続審議に
自民・公明・維新が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案は継続審議に。(2013/6/26)

Google、児童ポルノ画像撲滅に向けた新たなシステム構築を発表
オンラインでの児童虐待画像撲滅に取り組むGoogleが、企業や警察当局、児童保護団体による画像検出のサポートを目的とする業界横断の画像データベースを構築した。(2013/6/18)

「創作の自由が侵される可能性」 児童ポルノ禁止法改定案、文芸家協会が反対声明
「表現の自由に関わる」――日本文芸家協会が、児童ポルノ禁止法改定案に反対する声明を発表した。(2013/6/17)

児童ポルノ禁止法改定案に日弁連が反対声明 「善良な社会風俗の保護が目的ではない」
3党が提出した児童ポルノ禁止法改定案に日弁連が反対声明。単純所持への処罰導入に捜査権乱用への懸念が払拭できない上、漫画・アニメの「調査研究」については「軽々に法律に規定することは反対」としている。(2013/6/14)

児童ポルノ禁止法改定案の全文、衆院サイトで公開
児童ポルノ禁止法改定案の全文が、衆議院法制局のWebサイトで公開されている。概要、要綱、新旧対比表、法案の経過を確認できる。(2013/6/3)

Weekly Access Top10:
アニメやマンガはどうなるの? 「児童ポルノ禁止法改定」に関する記事に大反響
今週のアクセスランキングには、複数ページにまたがる読み応えのある記事が並びました。(2013/6/3)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年5月第5週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。5月第5週は、日販などの決算発表、「児童ポルノ禁止法」改正法案への反対声明、そして現行出版権の拡大を支持する動きなどが話題になりました。(2013/6/3)

日本アニメーター・演出協会、児童ポルノ禁止法改定案に反対声明 アニメ規制は「立法趣旨と全く異なる」
アニメーターやアニメ演出家で構成する「日本アニメーター・演出協会」が児童ポルノ禁止法改定案について反対する声明。「表現の自由に対して重大な萎縮効果を及ぼし、日本のアニメ文化が衰退する恐れが極めて高い」としている。(2013/5/30)

ジャニーズの裸と児童ポルノ法案――「可能性」がもたらす多くの不安
あいまいな内容が持つ「可能性」が怖い。(2013/5/30)

「名作の芽を摘む」 コミケ準備会も「児童ポルノ禁止法案」に反対 漫画・アニメの「調査研究」を危惧
「才能に枷をはめる事は、名作が生まれる可能性の芽を摘むことになりはしないか」――コミケ準備会も、児童ポルノ禁止法案に対する反対声明を発表した。(2013/5/30)

「国民の社会生活と自由を脅かす」 同人誌即売会連絡会、「児童ポルノ禁止法」改定案に反対声明
同人誌即売会連絡会も児童ポルノ禁止法改定案に反対する声明を発表した。「日本国民の社会生活と自由を脅かす要素が包含されている」と指摘している。(2013/5/30)

コミケが児童ポルノ禁止法案に反対声明 「文化の種を狭い檻に閉じ込めてよいのか」
日本漫画家協会、日本雑誌協会・日本書籍出版協会、全国同人誌即売会連絡会に続き、改正案への反対を表明しています。(2013/5/30)

「実態は表現の自由の規制」 雑誌協会・出版協会も児童ポルノ禁止法改定案に反対声明
児童ポルノ禁止法改定案に、日本雑誌協会と日本書籍出版協会も反対声明。「性的被害にあっている児童の保護をうたいながら、その実態は表現の自由を規制する方向に進んでいる」と批判している。(2013/5/29)

「焚書のような事態」――児童ポルノ禁止法改定案に漫画家協会、漫画・アニメの「調査研究」除外求める
自民、公明、日本維新の会の3党が衆院に提出した児童ポルノ禁止法改定案をめぐり、日本漫画家協会が意見書を発表。漫画・アニメに対する規制を盛り込んだ検討項目を除外するよう強く求めている。(2013/5/29)

「嫌だから規制する」なのか──児童ポルノ禁止法改定案、その背後にあるもの
提出された児童ポルノ禁止法改定案には、単純所持の禁止やマンガ・アニメの規制につながる「調査研究」の実施が含まれている。改定案への懸念を論じた幸森さんは、法案が危険だと思う人は「声を上げてほしい」と話す。(2013/5/29)

児童ポルノ禁止法改定案、衆院に提出 単純所持禁止、漫画・アニメの「調査研究」も
自民・公明・維新が児童ポルノ禁止法の改定案を衆院に提出した。(2013/5/29)

児童ポルノ禁止法改定の真の目的は何か? 単純所持禁止、マンガ・アニメ「調査研究」への懸念
国会提出が迫っている児童ポルノ禁止法改定案では、児童ポルノ写真やデジタル画像を所持する「単純所持」の禁止に加え、マンガ・アニメの規制につながる調査研究の実施が盛り込まれている。「児童を守る」という本来の目的から逸脱しているのではないか──マンガをめぐる表現問題・著作権問題に詳しい作家・マンガ研究家の幸森軍也さんに問題点・懸念点を論じてもらった。(2013/5/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。