ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

悪徳商法 に関する記事 悪徳商法 に関する質問

「悪徳商法」最新記事一覧

キャッシュバックも月々割も消える?:
2015年、「クーリングオフ」の制定でケータイビジネスが一変するかもしれない
携帯電話や光回線といった、通信サービスの契約にクーリングオフが近々導入されることをご存じだろうか。携帯電話の店頭販売におけるトラブルから、消費者を守るためのものだが、実はケータイビジネスを一変させる可能性を秘めている。(2014/5/27)

柴犬マークの仮想通貨「Dogecoin」にサイバー攻撃
Dogecoinの保管サービス「Doge Vault」が攻撃を受け、ウォレットの資金が改ざんされた。多くのユーザーが大量のDogecoinを盗まれたと報告しているという。(2014/5/15)

SNS上の広告や勧誘に注意 高額請求後に購入サイトが見つからないなど、トラブル増加中
広告から商品申し込み→高額請求→広告が消えていて元のサイトにたどりつけない──こんなケースが出てきています。(2014/5/1)

信用できる? できない?:
ビットコインの仕組みとMt.Goxの事件――仮想通貨に未来はあるか
一連のビットコイン事件は何が問題なのか。分かりやすくまとめてみた。(2014/3/12)

ビジネスニュース:
仮想通貨「ビットコイン」で、新たなプロセッサ市場は生まれるか?
ピアツーピアベースの仮想通貨である「ビットコイン」が注目を集めている。米国の投資家は、並列コンピューティングを必要とするビットコインによって、新たなプロセッサ市場が生まれると予想する。(2014/2/6)

思うように人の心を動かす話し方:
「お隣のAさんもBさんも」――“まわりの人”を利用する
例えば、生命保険の契約をしようと思うとき、はたしてどのくらいの額の保険に入るのが妥当なのか分からない。明確な基準というものがないからだ。そこで「お隣のAさんもBさんも」というように、判断に迷っている相手には“まわりの人”を利用して提案するのが効果的。人は不安なときほど、他人の行動が気になるものなのだ。(2013/10/8)

思うように人の心を動かす話し方:
人間は理屈よりも気持ちで動く
コミュニケーション力が非常に重視される時代。話に自信のない人にとっては辛いことだ。それに加え説得力も求められているが、いまだに身につかないと悩んでいる人は少なくない。それは、人間は理屈よりも気持ちで動くからだ。(2013/9/10)

相場英雄の時事日想:
“激安ユッケ”の教訓は? 安易なタイアップは止めるべし
テレビ業界では経費節減が叫ばれているが、ある関係者によると「企業とのタイアップはおいしい存在」だという。しかし安易な企画は、視聴者のためになるのだろうか。数年前に起きた悲劇の教訓を忘れてはいけない。(2013/7/25)

都内の若者に聞く、悪質商法の被害を受けたのは4.0%、勧誘されたのは?
東京に住む若者で、いわゆる“悪質商品”の被害にあったことがある人はどのくらいいるのだろうか。都内に在住する18〜29歳の人に聞いた。東京都調べ。(2013/3/25)

App Town ブック:
政治/経済/環境など――「なるほど・ザ・ニュース」3タイトルを85円で配信
ゴマブックスのiPhone/iPad向け電子書籍アプリ「なるほど・ザ・ニュース」3タイトルの累計ダウンロードが1万5000を突破。記念に85円の特別価格で配信する。(2013/1/29)

窪田順生の時事日想:
角田美代子容疑者に“戸籍ロンダリング”を伝授したのは誰なのか
「尼崎連続変死事件」で主犯格とされている角田美代子容疑者。養子縁組を悪用することで警察の介入を妨げたと報道されているが、その手口は暴力団や闇ビジネス関係者が良く使っているもの。誰かが角田容疑者にこの支配と暴力のスキームを伝授したはずである。(2012/10/30)

ディルバート(125):
ディルバート、資本主義を疑う?
(2012/9/26)

呉服市場は5年前の半分に、成人式・結婚式以外の需要がカギ
(2012/1/10)

着物を着るのは成人式だけ!? 呉服市場は30年前の5分の1の規模に
(2010/12/17)

小寺信良「ケータイの力学」:
チェーンメールの何が「悪」なのか
チェーンメールというと、PCリテラシーのある人にとっては既知のものだが、子供たちにとってはそうではない。しかし、チェーンメールの何が悪いのかというところを突き詰めていくと、かなり難しい話なのだ。(2010/6/28)

「従業員重視」なのに人材配置は非効率――「日本の常識」は本当に正しいのか
「株主重視」と言いつつも実態は「従業員重視」。そうかと思えば組織体制は非効率的で、優秀な人材が能力を発揮し切れない。グローバルで見れば「非常識」とされる日本企業の「常識」はどのように変革すべきなのか。(2010/3/10)

ねとらぼ:
「それは偽装サークルだクマ」 福岡市消費生活センターの「クマー」新作は「新生活編」
大学のサークルで宗教ビデオが始まり……「それは偽装サークルだクマ」。「クマー」AAを使った福岡市消費生活センターのパンフに「新生活編」が登場。(2010/2/3)

リアル脱出ゲームに参加してみた
先週のランキングとは全く関係ないですが、リアル脱出ゲームに参加してみました。(2009/11/16)

ねとらぼ:
「こんな請求は無視しなきゃだめクマよ」 消費生活センターパンフに「クマー」のAA
こんなところにクマーのAAが――福岡市消費生活センターの啓発パンフレットに、クマーのAAを改変した「消費生活グマ」が登場。「こんな請求は無視しなきゃだめクマよ」などとアドバイスをしている。(2009/11/10)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
“韓流”ドラマで学ぶ韓国文化
『冬のソナタ』を機に、日本でも認知が高まった韓国ドラマ。実際に見てみると、“韓流好き”な人以外にとっても面白いもの。韓国(朝鮮半島)の歴史や文化を知る題材として見ると、学ぶところが多いのです。(2009/9/21)

相場英雄の時事日想:
メディアは“悪しき前例”を忘れたのか? モノ言えぬ記者が増える土壌
多くのメディアは広告に“依存”した形となっているが、昨今の不況の中、広告の現状はどうなっているのだろうか。筆者の相場氏はこの問題を調べてみると、メディアの「危うい側面が透けて見えてきた」という。それは……?(2009/7/23)

あなたの隣のプロフェッショナル:
遺品整理人が語る、孤独死の現実――キーパーズ 吉田太一社長
遺品整理人として何百件もの孤独死の現場に向き合ってきたキーパーズの吉田太一社長。働き盛りの年代の男性に多い孤独死の現場とはどのようなものなのか、そしてなぜ吉田さんは遺品整理人となったのかを尋ねた。(2009/5/23)

初心者でも、達人でも:
「クレジット番号や銀行口座を尋ねるケースが増加」――オンライン詐欺に対する利用者意識
インターネットなどを通じた犯罪がますます巧妙になり、不安を感じながら使い続けるユーザーが増加していると、シマンテックなどが実施した調査で明らかになった。(2008/12/17)

Happy Binary Day:
1111を祝うバイナリ界の巨匠たち
11月11日はバイナリデーとご存じの方もそうでない方も、バイナリ界の巨匠たちが寄せた祝賀コメントを読めば、潜在的なバイナリアン魂に火がつくかもしれない。(2008/11/11)

人を紹介すればお金が……「マルチ商法型出資勧誘」ってナニ?
(2008/8/11)

「純喫茶ヒマラヤン」への謎の招待状届く――「ラストガイ」ってなんですか?
編集部に世界レスキュー連合と名乗る怪しい組織より招待状が届いた。指定された場所に行くと、確かに世界を救うべく謎の組織が暗躍していた……。(2008/7/9)

情マネ流マーフィーの法則(7):
ERPパッケージの不思議あれこれ
今回は、ERPパッケージ導入についての法則を紹介する。(2008/3/26)

山口揚平の時事日想:
そして、お金の正体とは何か
お金は、世界中で通用するコミュニケーションツールの1つにすぎないはずだ。しかしなぜお金の価値は上下し、人はお金に振り回されるのだろう? 2007年の本稿を振り返り、改めてお金について考えてみよう。(2007/12/25)

誠 Weekly Access Top10(2007年12月11日〜12月17日):
広報はつらいよ
マスコミと接する機会が多い企業の広報。華やかな仕事のように思えるが、独特の悩みもあるようだ。1つはワンマン社長、もう1つはマスコミとの“言った言わない”トラブルである。(2007/12/23)

山口揚平の時事日想:
人はなぜマルチ商法にはまるのか?
友人知人に商品を売りつける、有名人の名前を大げさに吹聴する……“マルチ商法”と呼ばれるビジネスは、昔から連綿と続いている。マルチはなぜ消えないのだろうか。そして人はなぜ、マルチにはまるのだろうか?(2007/12/11)

1台39万円「病気に効く音楽プレーヤー」の販売会社に業務停止命令
「血液がサラサラになり、脳梗塞やパーキンソン病に効く」などと合理的な根拠がない勧誘で1台39万円の携帯音楽プレーヤーを販売していた会社に対し、経産省が業務停止命令を出した。(2007/11/28)

山口揚平の時事日想:
投資信託は“コンビニ弁当”?――誠世代は、自分で料理すべし
団塊世代をターゲットにした投資信託、特に毎月分配型の商品が人気だ。しかし誠の読者世代にとって、資産運用のために投信を買うのはあまりにもコストが高い。誠世代に合う資産運用の方針とは……?(2007/5/15)

画像スパムも「国際化」――Symantecの月例報告
Symantecの月例リポートによると、2月も画像スパムが引き続き高い割合に。画像全体を傾ける新たな手法も報告されている。(2007/3/9)

電話を切った後に通話を最大45分間録音できるコードレスFAX
オレオレ詐欺の被害は2006年上半期の都内だけでも862件に上る。電話を悪用した犯罪被害を防止するには、通話を録音することが効果的だ――。NECでは電話を切った後でも通話を録音できるコードレスFAXを発売する。(2006/9/19)

ミクシィ笠原社長に聞く、上場の狙いとmixiのリスク管理
ミクシィが東証マザーズに上場した。急成長したmixiだが、ユーザーによる情報発信が成長につながる事業。悪質なユーザーへの対応は、乗り越えるべき課題の1つだ。(2006/9/14)

スパム対策最前線:
スパムメールの送信元はどこにある
あなたのメールアドレスには、日に何通のスパムが届いているだろうか? ネットを利用する以上、減少が期待できないスパムに効果的な対策方法があるのだろうか。(2006/3/1)

個人・企業とも情報流出対策進まず――情報通信白書
多くの人が個人情報流出を不安に思っているが、個人で7割、企業でも4割が、流出対策を何もしていないという。(2004/7/6)

IT Business フロントライン (70):
迷惑メール、規制の動きと有効性 効果的な迷惑メール防止策はあるのか?
(2002/2/15)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。