ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原価」最新記事一覧

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(11):
「整理・整頓」ができている会社は必ずもうかる!
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。今回は、“整理・整頓・清掃・清潔・躾”から成る「5S活動」のうち、最も重要な「整理・整頓」の意味についてじっくりと解説します。(2016/5/17)

製造ITニュース:
設計から製造までのコスト算出が可能な原価シミュレーションシステム
SCSKは、米APRIORI TECHNOLOGIESと国内販売代理店契約を締結し、製造原価シミュレーションシステム「aPriori」の販売を開始した。材料や製造場所、製造プロセスなどを考慮したコストを自動計算し、より早い段階で可視化する。(2016/4/19)

SCSK aPriori:
製造原価をリアルタイム算出して、全社共有できるシミュレーションシステム
SCSKは、製造業の設計開発・調達・製造など各部署で使用できる製造原価シミュレーションシステム「aPriori」の販売を開始する。(2016/4/8)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(10):
今の生産性で戦えるか、再確認したい現場改善の“視点と考え方”
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回は「強い現場体質づくり」に向けた考え方、目の付け所について解説していきます。(2016/3/8)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(4):
複雑すぎる原価管理、IoTでどうカイゼンするか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第4回となる今回は、原価管理におけるIoTの活用ポイントについて紹介します。(2016/3/3)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(9):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【後編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、3回にわたり「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。後編となる今回は「ワークサンプリング法(WS法)の基礎理論」と「人−機械分析表」について解説します。(2016/1/22)

コスト削減最前線 第1回:
PR:あなたの会社は、いま以上にコスト削減ができる会社? できない会社?
多くの企業が、「1円でも多く売り上げを伸ばす」ことを目標に設定しているだろうが、大きく伸ばすことは難しい。起業の利益は“売上高−原価+経費”である以上、原価と経費を削減することは、利益アップにつながる重要なファクターだ。(2015/12/11)

それ並べちゃダメだろ! 「家事代行」の広告と「家事代行スタッフ募集」の広告を並べて原価バレバレな中づりが逆効果
ある意味潔い。(2015/11/27)

「iPhone 6s Plus」の原価は定価の約32%、部品コストは先代+16ドル──IHS調べ
モバイル端末の製造コスト解析で知られるIHSが、「iPhone 6s Plus」の部品と組み立てを含む原価は236ドルという試算結果を発表した。「3D Touch」と「Taptic Engine」に10ドル掛かっているという。(2015/10/1)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(8):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、前回から3回にわたり「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。中編となる今回は「ワークサンプリング法(WS法)」について解説します。(2015/8/18)

製造ITニュース:
自動車部品製造業向け基幹業務パッケージの拡張テンプレートを発売
NECネクサソリューションズは、自動車部品製造業向けの基幹業務パッケージ「EXPLANNER/Ja」向け拡張テンプレートを発売した。管理業務のコスト削減、実績情報の収集、原価精度の向上などを可能にするという。(2015/8/4)

Hadoopの3倍以上の計算速度:
ノーチラス、さくらインターネット向けにSparkベースの原価計算システムを導入
ノーチラス・テクノロジーズは7月8日、さくらインターネット向けに、自社フレームワークで開発した原価計算システムを導入したと発表した。分散処理基盤にApache Sparkを採用することで、ほぼリアルタイムでの原価の把握を可能にしたという。(2015/7/9)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(7):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回からは「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。今回は主に「三現主義」と「PDCAサイクル」について解説します。(2015/6/3)

IIJ決算会見:
“接続料誤算”の影響で14年度は減益、好調「IIJmio」の契約数は43万に
IIJが2015年3月期の連結業績を説明。ドコモの接続料の低減率が想定を下回った影響でネットワーク原価が増し、14年度の営業利益は前期比で11.3%減となった。MVNO事業は好調を維持しており、「IIJmio」の契約数は計43万に達した。(2015/5/16)

349ドルの「Apple Watch Sport」の製造原価は83.7ドル──IHS iSuppli調べ
新製品の原価コスト分析で定評のあるIHS iSuppliが発表した「Apple Watch Sport」(38ミリ)の製造原価は83.7ドルで、定価の約24%だった。(2015/5/1)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(6):
効果的な原価低減推進の考え方【後編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えしています。後編となる今回は「動作改善の3原則」について解説します。(2015/4/13)

製造マネジメントニュース:
“踊り場”でも過去最高益のトヨタ、本格成長は「TNGA」への移行進む2017年度から
トヨタ自動車は2014年度第3四半期(2014年10〜12月)決算を発表した。日本の消費増税の反動減や新興国市場の停滞などの影響を受け、販売台数は減少したものの継続的に取り組んできた原価改善努力や営業努力などによって、増収増益を実現。営業利益率は10%を超え、過去最高の売上高、営業利益を実現した。(2015/2/4)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(5):
効果的な原価低減推進の考え方【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、前回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えしています。今回は「動作経済の原則」と「小ロット生産」の話を中心に説明します。(2015/1/28)

「高額化粧品の原価は……」皮膚科医が語る
肌トラブルの増える季節になりました。今回は、皮膚科医の菅原由香子さんにお肌のケアについてお話をうかがいました。(2014/12/25)

いまさら聞けない原価管理入門(6):
「ギリギリを攻める」の“ギリギリ”って何? ――限界利益について
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。最終回となる今回は、もうかるかもうからないかのギリギリの境界線となる「限界利益」について、解説します。(2014/12/1)

ホワイトペーパー:
製造業の要は在庫管理と原価管理。20%の売上げ増も実現したERP導入事例
現在、多様化するニーズに対応するため多くの製造業では多品種小ロットの生産が要求される。的確な経営判断にはデータの可視化とリアルタイム取得が必須である。成長する製造業3社の事例を紹介する。(2014/11/7)

製造マネジメントニュース:
トヨタ、過去最高益も視線の先には「持続成長」
トヨタ自動車は2014年度第2四半期累計(4〜9月期)決算を発表した。日本市場では消費増税による反動減などの影響を受けたものの、継続的に取り組んできた原価改善努力や営業努力などによって、上半期(4〜9月)としては過去最高の営業利益、当期純利益を達成した。(2014/11/5)

いまさら聞けない原価管理入門(5):
実は分かっていない!? あらためて「時間」について考えてみる
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。第5回では、意外に管理が難しい「時間」について、解説します。(2014/10/28)

iPhone 6の原価は200〜247ドル 高い利益率維持
iPhone 6のパーツと組み立てを含む原価は200〜247ドルと、高い利益率を維持しているという試算。16Gバイトモデルと128Gバイトモデルの差は47ドルということになる。(2014/9/24)

いまさら聞けない原価管理入門(4):
モノづくりの怪人ファントム!? 「見えないQコスト」とは?
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。4回目は「Qコスト(品質コスト)」についてどう捉えるべきか、解説します。(2014/9/18)

開業【パーフェクト】マニュアル(7):
「所得税の棚卸資産の評価方法の届出書」の書き方
「最終仕入原価法」や「低価法」など、棚卸資産の評価方法には複数の種類がある。最終仕入原価法以外を選択する場合は、確定申告期限までに届け出なければならない。(2014/9/16)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(4):
効果的な原価低減推進の考え方【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えします。(2014/9/10)

製造ITニュース:
日本住宅業界の“アナログ体質”を打破――LIXIL子会社がIT活用サービスを提供
LIXILグループで住宅建築関連のITプラットフォームを提供するK-engineは、同社の建築資材データベースを利用した住宅建築向けのプラットフォームサービス「K-engine サービス」の提供を始める。2次元の図面データから数分で原価の積算や顧客への見積書、作業工程表の作成ができるという。(2014/9/9)

LED/発光デバイス:
CSPで製造コスト低減を図る韓国LED企業、サムスンは2015年に“GaN on Si”を量産か
米国や日本、台湾のグローバルLED企業に引き続き、韓国企業も相次いで、CSP(チップサイズパッケージ)を用いたLEDの量産をスタートした。世界のLED業界は、中国発の低価格製品の攻勢を受け苦しむ中、製造原価を下げるための手法としてCSPが主流になりつつある。(2014/9/8)

製造IT導入事例:
ローランドDGタイ工場がB-EN-Gの会計・原価管理システムを導入
業務プロセスの標準化とオペレーションの早期立ち上げのため、パッケージ製品をベースとしたシステム開発の手法を採用。A.S.I.A.GP会計システムを約3カ月で短期導入した。(2014/8/29)

製造マネジメントニュース:
トヨタ、為替のゲタを脱いでも四半期過去最高益――「踊り場」との慎重さは崩さず
トヨタ自動車は2014年度第1四半期(4〜6月期)決算を発表した。継続的に取り組んできた原価改善努力により、消費増税による国内販売台数減や前年の為替差による利益分を吸収してあまりある成長を見せ、第1四半期としては過去最高の営業利益と最終利益を達成した。(2014/8/5)

いまさら聞けない原価管理入門(3):
あの波乱の演出者!? サッカーボールで“製品原価算出の流れ”を考えてみる
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。3回目はサッカーボールを例として、「製品原価算出の流れ」を解説します。(2014/7/14)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(3):
革新的原価低減に必要な“ものの見方と考え方”〔後編〕
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回は、この取り組みに必要な「標準時間」という考え方について解説します。(2014/7/7)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
なぜこんなに高いの? 化粧品の原価と売価の関係
「化粧品はなぜこんなに高いの?」と思ったことがある男性も多いのでは。「女性が美しくなるのには“必要なコスト”」と言われてしまえば、それまでかもしれないが、価格が高いのには理由があるはず。そこで、資生堂とファンケルの原価と売値の関係を分析した。(2014/6/17)

いまさら聞けない原価管理入門(2):
原価で飲める原価バー!? ところで「原価」って何なの?
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。2回目はさまざまなものが存在する「原価の種類」について解説します。(2014/6/10)

製造マネジメントニュース:
永遠の「持続的成長」を目指すトヨタ、過去最高益も2014年度は「意思ある踊り場」
トヨタ自動車は2013年度決算を発表。“アベノミクス”による円安効果の他、徹底した原価低減活動を進めたことにより、今までで最高だった2007年度の実績を超え、営業利益、当期純利益ともに過去最高値を記録した。(2014/5/8)

いまさら聞けない原価管理入門(1):
利益いろいろ、基本は“海老ただ”? =“EBITDA”って何?
グローバル化する製造業にとって「原価管理」の重要性は今まで以上に高まっています。しかし、原価管理をうまく運用するのに苦しむ企業も少なくありません。そこで本連載では「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説していきます。第1回は、経営指標として最も重要な「利益」について、説明します。(2014/5/7)

製造ITニュース:
受注生産型製造業に向けたERPを提供――NTTデータエンジニアリング
受注、プロジェクト原価、購買、在庫、債権、債務、資産から一般会計まで8つの主要業務により構成。建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業に必要な管理機能を網羅し、ERPを短期間で導入できる。(2014/4/18)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(2):
革新的原価低減に必要な“ものの見方と考え方”〔中編〕
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回は第1回に引き続き、この取り組みに必要な“ものの見方と考え方”について解説します。(2014/4/15)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(1):
革新的原価低減に必要な“ものの見方と考え方”〔前編〕
モノづくりの経営改善手法であるIE(Industrial Engineering)の実践的な方法についてご紹介する「実践! IE」シリーズですが、今回は「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」をテーマに、革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説していきます。第1回はまずこの取り組みに必要な“ものの見方と考え方”について紹介します。(2014/3/5)

自然エネルギー:
天然ガスよりも安い太陽光、2030年には住宅向けでも石炭並みに
ドイツFraunhofer研究所は、各種の再生可能エネルギーと化石燃料の発電コストを比較したレポートを発表した。発電所の設計、建設から運営、廃止までの全てのコストを、生涯発電量で割った均等化発電原価(LCOE)を用いた調査研究だ。(2014/2/5)

「Xbox One」の製造原価はPS4より90ドル高い──IHS iSuppli調べ
IHS iSuppliの恒例の製造原価分析によると、Microsoftの「Xbox One」の製造原価はソニーのPS4より90ドル高い471ドル。販売価格は499ドルと、PS4同様にハードウェア販売ではほとんど収益が上がらない価格設定だ。(2013/11/27)

病院経営支援システム紹介:メディカル・データ・ビジョン
病院経営の改善を詳細な原価管理で支援する分析システム「Medical Code」
DPC制度によって1日当たりの診療点数が定額になったことで、病院の原価管理への意識が変化した。メディカル・データ・ビジョンの「Medical Code」は、詳細な原価管理機能で病院の経営状態の可視化や課題抽出、改善策の立案/実施を支援する。(2013/11/22)

定価399ドルのPS4の製造原価は381ドル──IHS iSuppli調べ
米調査会社IHS iSuppliが恒例の原価コスト分析で「PS4」を調査。PS3のようなコスト割れはしていないものの、販売価格との差はわずか18ドルだった。(2013/11/20)

いまどきエンジニアの育て方 ―番外編―:
百戦錬磨のエンジニアに聞く、“コスト意識をどう身に付ける?”
開発コストを下げるには、設計や部品調達など、物理的な面で工夫するだけでは足りない。重要なのは、普段からどれだけコスト/原価を意識しているかだ。X社の開発部長であるA氏は、現場のエンジニアにコストを意識させるべく、面白い取り組みを行っている。(2013/11/7)

製造マネジメントニュース:
“究極カイゼン体”トヨタ、7年で6800億円の原価を低減し、上半期最高益へ
トヨタ自動車は2014年3月期第2四半期決算を発表。為替の好影響や収益構造改革の成果などにより、上半期過去最高益を達成した。(2013/11/6)

iPad Airの製造原価は第3世代iPadより42ドル低い──IHS iSuppli調べ
タブレットやスマートフォンの製造原価を分析するIHS iSuppliによると、AppleのiPad Airの製造原価はディスプレイ部分は旧モデルより高いものの、全体的には低くなっているという。(2013/11/6)

面談不要の加工・成形屋さん(9):
PR:便利なマイコンキットkonashiのホルダーを小ロット生産しちゃおう!(後編)
ロボティクス企業 ユカイ工学による「ユカイなモノづくり」! 今回は、フィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うための樹脂ホルダーを小ロット生産するに当たり、プロトラブズを使ってコストダウンを検討してみた。いよいよ生産数の決定! 原価はどれくらいまで落とせるの?(2013/10/8)

製造マネジメントニュース:
「iPhone 5s」の製造原価は199ドル、「iPhone 5c」は173ドル――米調査会社
2013年9月20日に発売されたアップルの新型スマートフォン「iPhone 5s」の製造原価は16GB版で199ドル、「iPhone 5c」は173ドルであると米All Things Digitalが報じている。(2013/9/25)

サプライチェーン業務を支援するインメモリ・アプリを発表、日本オラクル
日本オラクルは、ロジスティクス、需給計画、原価計算などの業務を支援するインメモリ・アプリケーション4製品を発表した。(2013/9/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。