ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クーペ」最新記事一覧

車両デザイン:
マイバッハの高級クーペコンセプトは全長5.7mの電気自動車、ガルウイング搭載
Daimler(ダイムラー)は、米国カリフォルニア州モントレーで開催中のクラシックカーイベント「2016ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、Mercedes-Maybach(マイバッハ)ブランドの高級クーペのコンセプトカー「Vision Mercedes-Maybach 6(ビジョン・メルセデス・マイバッハ6)」を披露した。(2016/8/20)

車両デザイン:
新型「スカイライン クーペ」こと「Q60」が栃木で本格生産、新色は“深い赤”
日産自動車は、栃木工場(栃木県上三川町)で、インフィニティブランドの新型スポーツクーペ「Q60(日本名:スカイライン クーペ)」の本格生産に入ったと発表。2016年1月の「北米国際自動車ショー2016」で初披露されたQ60は、同年後半から市場投入されることが明らかになっている。(2016/8/10)

北京モーターショー2016:
日産インフィニティの今後の「QXシリーズ」はスポーツクーペ「Q60」似に
日産自動車は、「北京モーターショー2016」において、次世代のインフィニティブランドのビジョンを示すSUVのコンセプトカー「QX Sport Inspiration」を世界初公開すると発表した。(2016/4/15)

北京モーターショー2016:
マツダがクーペタイプSUV「CX-4」を開発、「越 KOERU」の量産版か
マツダは、「北京モーターショー2016」において、新開発のクロスオーバーSUV「CX-4」を初公開する。マツダ新世代商品の第8弾で、「フランクフルトモーターショー2015」で公開したコンセプトカー「マツダ越 KOERU」の量産モデルである可能性が高い。(2016/3/14)

ジュネーブモーターショー2016:
「LC500h」の世界初ハイブリッド、4速ATでエンジンとモーター2個を自在に制御
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラッグシップハイブリッドクーペ「LC500h」に搭載する「マルチステージハイブリッドシステム」について発表した。現行の「2段変速式リダクション機構付のTHS-II」に4速ATを追加して、エンジンと2個のモーターという3つのパワーソースを自在に制御できることが特徴。(2016/2/19)

ジュネーブモーターショー2016:
レクサスの最高峰クーペ「LC」が世界初の「マルチステージハイブリッド」搭載
トヨタ自動車は、「ジュネーブモーターショー2016」において、2016年1月の「北米国際自動車ショー2016」で披露したレクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」のハイブリッドモデル「LC500h」を初公開する。「世界初」(同社)をうたうレクサスの次世代ハイブリッド「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載しているという。(2016/2/15)

デトロイトモーターショー2016:
新型「スカイライン クーペ」こと「Q60」、ステアバイワイヤも第2世代に
日産自動車は、「北米国際自動車ショー2016」で、インフィニティブランドのスポーツクーペ「Q60(日本名:スカイライン クーペ)」の新モデルを発表した。2015年の同ショーで発表した「Q60コンセプト」がベースになっている。(2016/1/13)

デトロイトモーターショー2016:
レクサスの最高峰クーペは「LC500」、フロントミッドシップで奥深い走りを実現
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2016」で、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」を発表した。デザインスタディモデル「LF-LC」をベースに、新開発のFRプラットフォームを組み合わせた車両となっている。(2016/1/12)

東京オートサロン2016:
丸目「コペン」がクーペになった、吊り目はシューティングブレーク化
ダイハツ工業は、「東京オートサロン2016」で、2人乗りの軽オープンスポーツカー「コペン」のコンセプトカーを披露する。丸目ヘッドランプが特徴の「コペン セロ」がクーペ、吊り目ヘッドランプの「コペン ローブ」がシューティグブレークになる。(2015/12/25)

ロサンゼルスオートショー2015:
新型「シビッククーペ」を初公開、北米市場で2016年3月に発売
ホンダは、「ロサンゼルスオートショー2015」で新型「シビッククーペ」を初公開した。北米市場で同年秋に発売した新型「シビックセダン」に続き、2016年3月に市場投入する。(2015/11/18)

車両デザイン:
マクラーレンの「スポーツシリーズ」、ライバルは「ドイツのスポーツカー」
McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ)は、同社のエントリーモデルとなる「スポーツシリーズ」を日本初公開。最高出力570psの「570Sクーペ」と同540psの「540Cクーペ」の2車種で、販売価格は570Sが2556万円、540Cが2188万円。「ドイツメーカーのスポーツカーのユーザーが想定顧客になる」(同社)という。(2015/6/5)

車両デザイン:
5つの世界観を表現した「N-BOX SLASH」、全高1670mmのクーペスタイルに
ホンダは、軽自動車「Nシリーズ」第5弾となる「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」を発売した。全高を1670mmに抑えるなどして、箱型スタイルながらクーペのように見えるデザインに仕上げた。新開発の9スピーカーオーディオシステム「サウンドマッピングシステム」を採用するなど車室内の装備も充実させている。(2014/12/22)

車両デザイン:
「レクサスRC」が発売1カ月で月販目標の21倍を受注、「RC F」は30倍
トヨタ自動車は、レクサスブランドのスポーツクーペ「RC」と「RC F」の受注台数を発表した。発売から約1カ月で、RCは月間販売目標台数の約21倍となる1700台、RC Fは同約30倍となる900台を達成した。(2014/11/28)

車両デザイン:
ホンダ「N-BOX」にクーペ風の派生車種、スズキ「ハスラー」に対抗
ホンダは、新開発の軽自動車「N-BOX SLASH」を2014年12月22日に発売する。クーペもしくはクロスオーバーSUVを意識したデザインで、販売が好調なスズキの「ハスラー」が直接の競合車になりそうだ。(2014/11/27)

開発者インタビュー:
「誰でも自在に操れる」――新型スポーツカー「RC F」に込められたレクサスの伝統
レクサスブランドとして実に4年ぶりとなるスポーツクーペタイプを発売したトヨタ自動車。その中でもフラッグシップモデルに位置付けられる「RC F」の開発責任者に、ジャーナリストの神尾寿氏がその魅力を聞いた。(2014/11/6)

コンセプトは「モダン・ラグジュアリー&インテリジェンス」:
新型「Sクラス クーペ」が18年ぶりに復活、デザイン哲学も新たに
メルセデス・ベンツ日本は、新型「Sクラス クーペ」と「CLSクラス クーペ/シューティングブレイク」を発表。クーペにSクラスの名称がつけられるのは18年ぶりで、これまでの「CLクラス」に代わり、同社の新たなフラッグシップモデルとなる。(2014/10/15)

ジュネーブモーターショー2014:
マイバッハブランドの廃止で復活、ベンツ「Sクラス クーペ」
ここ数年、「ジュネーブモーターショー」の直前に前夜祭を開催しているDaimler(ダイムラー)。今回(2014年)披露したのは、インターネットを活用した包括的なサービス「Mercedes Me」とアップルの「CarPlay」、そして「CLクラス」の後継となる「Sクラス クーペ」だった。(2014/4/11)

車両デザイン:
ホンダが中国市場向けに新型車を投入、北京で公開
ホンダは、「北京モーターショー2014」において、中国市場向け新型車のコンセプトモデルを世界初公開すると発表した。公開されたデザインスケッチからは、2ドアのクーペもしくは3ドアハッチバックのように見える。(2014/4/8)

車両デザイン:
「レクサスRC」に“F SPORT”、2015年投入のGT3レースカーコンセプトと併せて披露
トヨタ自動車は、「第84回ジュネーブ国際モーターショー」において、高級車ブランド「レクサス」のスポーツクーペ「RC」のスポーティバージョンとなる「RC “F SPORT”」と、GT3規格に対応するレーシングカーのコンセプトモデル「RC F GT3コンセプト」を世界初公開する。(2014/2/28)

2014 CES:
新型「アウディTTクーペ」のディスプレイメーターは12.3インチで「Tegra 3」搭載
Audi(アウディ)は、「2014 International CES」において、2014年以降に発売する新型車の車載情報機器に、NVIDIAの「Tegra 3」や「Tegra 4」を採用すると発表した。2014年中に発売する新型「TTクーペ」には、Tegra 3を用いた12.3インチサイズのディスプレイメーターが搭載されるという。(2014/1/9)

今井優杏のエコカー☆進化論(6):
BMWの「i8」はスポーツクーペの出来杉クン? EVだけどしっかりBMWしてる「i3」
自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する本連載。今回は、BMWが満を持して発表した電気自動車(EV)「i3」とプラグインハイブリッド車「i8」を取り上げる。(2013/12/18)

車両デザイン:
クルマのカッコよさを脳科学で解明、男性の方が女性より感じやすい?
Volvo Cars(ボルボ)は、優れた車両デザインから人間の感情がどのように反応するかについての実験結果を発表した。これは、同社が新世代のボルボ・デザインの可能性を示すコンセプトカー「ボルボ・コンセプト・クーペ」を開発する際に行ったものだ。(2013/11/29)

東京モーターショー2013:
レクサス、新型クーペ「RC」とSUVコンセプト「LF-NX」をサプライズ公開
東京モーターショーで世界初披露が予定されているプレミアムクーペ「レクサス RC」と、ターボエンジンを搭載予定のSUVコンセプト「LF-NX」を両国国技館で一足先に披露しました。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
レクサスが「RC」とターボ版「LF-NX」を公開、CMの小型クワッドローターも登場
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、「東京モーターショー2013」の前夜祭イベント「Amazing Night for 43rd Tokyo Motor Show2013」を開き、スポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」のターボチャージャーモデルを初披露。2013年11月から放映されているCMに登場する小型クワッドローターも紹介した。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
新たなボルボ・デザインを示唆する「コンセプト・クーペ」、新型「XC90」に反映
ボルボ・カー・ジャパンは、「第43回東京モーターショー2013」において、アジア初公開となる「ボルボ・コンセプト・クーペ」を出展する。同車両は、新世代のボルボ・デザインの可能性を示唆するコンセプトカーだ。(2013/11/6)

東京モーターショー2013:
レクサスは“見る者を魅了する”スポーツクーペを公開、小型SUVはターボを搭載
トヨタ自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、高級車ブランド「レクサス」からスポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」を出展する。LEXUS RCは、「見る者を一目で魅了するスタイリング」(同社)だという。(2013/11/5)

日本トラスト、カーモデル型モバイルバッテリーに新色追加
容量5200mAhのカーモデル型モバイルバッテリー「ミニカーバッテリー GT5200クーペ」に、新色「プラチナシルバー」と「カーニバルイエロー」が登場。(2013/7/23)

BMW、走りとエレガントさを併せ持つ「BMW M6 グランクーペ」予約開始
BMW Mが手掛ける4ドアクーペ「BMW M6 グランクーペ」の予約が始まった。静止状態から時速100キロまで4.2秒で加速する。価格は1730万円。(2013/1/22)

デトロイトモーターショー2013:
ベンツの4ドアクーペ「CLS」の弟分、「ベンツ CLA」デビュー
2013年の「デトロイトショー」開催に先駆けて、ダイムラーが「メルセデス・ベンツ」ブランドの新車「CLAクラス」を披露した。「CLSクラス」の弟分に当たる4ドアクーペだ。(2013/1/16)

デトロイトショー2013:
ベンツの4ドアクーペ「CLA」は「CLS」の弟分、サイズは「Cクラス」と同等
2013年の「デトロイトショー」開催に先駆けて、Daimler(ダイムラー)が「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」ブランドの新車「CLAクラス」を披露した。「CLSクラス」の弟分に当たる4ドアクーペである。(2013/1/16)

GもMもなくなります:
「インフィニティ」が車両名称を変更、セダンは「Q」、SUVは「QX」へ
日産自動車は、北米市場などで展開している高級車ブランド「インフィニティ」に新たなネーミング戦略を適用すると発表した。車両名称の頭文字に、セダンとクーペは「Q」、SUV(スポーツ多目的車)とクロスオーバーSUVは「QX」が付くことになる。(2012/12/19)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
「本物の騎士」を想起させるBMW 640i グラン クーペ
最近のBMWは本当にカッコいい。特に6シリーズは、カブリオレもクーペもいいのですが、「その上をいく!」と思ったのがグラン クーペです。(2012/12/10)

ベンツ、SLS AMGをさらにチューンしたスーパースポーツカー「SLS AMG GT」
メルセデス・ベンツ日本は、スーパースポーツカー「SLS AMG GT」を発売した。価格はクーペが2650万円、ロードスターが2750万円。(2012/11/30)

独BMW、LAオートショーで小型EVクーペのコンセプトを披露
独BMWは、開催中の「ロサンゼルスオートショー2012」で、小型電気自動車のコンセプトモデル「BMW i3 Concept Coupe」を世界初披露した。(2012/11/30)

米ホンダ、SEMAショーにアコードクーペ特別仕様車などを出展
「2012 SEMAショー」に北米仕様のアコードクーペ限定車などが登場。6年ぶりの参加となったアキュラからはILXの25時間耐久レースモデルも。(2012/11/1)

レクサス、オペラブルーのコンセプトクーペ「LF-LC Blue」
シドニーモーターショーに、スポーツクーペのコンセプトモデル「LF-LC Blue」が登場。ハイブリッドシステムは500馬力と発表された。(2012/10/29)

日本限定、ベンツCクラス最強の「C 63 AMGクーペ Performance Studio Edition」
メルセデス・ベンツ日本は、日本専用の特別仕様車「C 63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」を20台限定で発売した。価格は1750万円。(2012/10/19)

スポーツ クーペ ツアラーという新領域、ベンツ CLS シューティングブレーク
メルセデス・ベンツ日本は10月12日、クーペスタイルと広い荷室を持つ「CLS シューティングブレーク」を発売した。価格は970万円〜1800万円。(2012/10/12)

パリモーターショー2012:
レクサス、スポーティハイブリッドクーペのコンセプト――次期ISを示唆?
トヨタ自動車は、開催中の「パリモーターショー2012」にレクサスブランドのミッドサイズクーペのコンセプトモデル「LEXUS LF-CC」を出展した。FRタイプのハイブリッドカーだ。(2012/10/1)

BMW、新しいV8エンジンを積む「BMW 650i クーペ」と「カブリオレ」
ビー・エム・ダブリューは、「BMW 650i クーペ」と「BMW 650i カブリオレ」を発売した。クーペの価格は1235万円、カブリオレは1330万円。(2012/9/6)

アウディ、スポーツクーペ「RS5」をモデルチェンジ
アウディ ジャパンは8月7日、プレミアムスポーツクーペ「Audi RS5」をモデルチェンジして発売した。価格は1222万6000円。(2012/8/8)

フォルクスワーゲン、4ドアクーペ「フォルクスワーゲン CC」発売
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは7月24日、4ドアクーペ「フォルクスワーゲン CC」を発売した。価格は499万円。(2012/7/25)

週末散歩:
ホテイズム全開、布袋寅泰仕様のMINIクーペとMINIロードスター
ビー・エム・ダブリューが、布袋寅泰さんの日本武道館ライブのために作った2台のMINI。2012年7月18日まで東京・丸の内のショールームで展示中だ。(2012/7/13)

BMW初のラグジュアリー4ドアクーペ「BMW 6シリーズ グラン クーペ」
BMW 6シリーズに4ドアクーペが新たに登場。直6エンジンの「BMW 640i グラン クーペ」とV8エンジンの「BMW 650i グラン クーペ」を展開する。(2012/6/5)

BMW Mの旗艦モデル「BMW M6」、ラグジュアリーなクーペとカブリオレ
ビー・エム・ダブリューは4月10日、BMW Mのフラッグシップモデル「BMW M6クーペ」「BMW M6カブリオレ」を発売した。価格はクーペが1695万円、カブリオレが1760万円。(2012/4/11)

新しいライオンロゴになったクーペカブリオレ「プジョー 207 CC」
プジョーは、クーペカブリオレ「207 CC」に、新ライオンロゴの装着と一部装備のグレードアップを実施。価格は299万円と334万円。(2012/2/2)

米ホンダ、アコード プラグインハイブリッドを2013年に発売へ
北米国際自動車ショー2012で、新型「アコード クーペ コンセプト」のデザインスタディモデルが初披露。プラグインハイブリッドカーを2013年冬に発売する。(2012/1/12)

電気自動車:
ホンダのプラグインハイブリッド、2012年秋に日米で発売
ホンダは、デトロイトで開催中の「北米国際自動車ショー2012」において新型「アコード」「アコードクーペ」に加えて、アコードのプラグインハイブリッド車タイプについて発表した。(2012/1/11)

レクサス、ハイブリッドスポーツクーペ「LF-LC」初披露
トヨタ自動車は、北米国際自動車ショー2012で、ハイブリッドスポーツクーペのデザインコンセプト「LF-LC」を披露した。レクサスの次世代デザインとは?(2012/1/11)

レクサスの次世代スポーツクーペ「LF-LC」、フロントデザインを公開
レクサスのプレミアムクーペコンセプト「LF-LC」の追加画像が公開された。スピンドルグリルを持つフロントデザインが分かる。(2012/1/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。