ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FleaPhone CP-F03a」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FleaPhone CP-F03a」に関する情報が集まったページです。

「Smart Labo Online Store」でSIMフリー端末や格安SIMを販売
「ZenFone 2」「freetel LTE XM」などの端末や、「OCN モバイル ONE」のプリペイドSIMを取り扱う。格安SIM+スマホを手軽に導入できる。(2015/9/11)

SIM通:
価格帯別・最新SIMフリー端末 まとめ
SIMフリースマホの選択肢がますます充実してきました。ハイスペックからローエンドまで、価格帯別に比較したいと思います。(2015/4/3)

MVNOに聞く:
音声SIMで攻めるNTTコム――「これからの機能強化は他社が動く前に仕掛ける」
長らくデータSIMのみを提供してきた「OCN モバイル ONE」で、12月に音声通話対応のSIMカードの提供も開始した。なぜこのタイミングになったのか。そしてOCN モバイル ONEならではの強みとは? (2014/12/29)

LTE対応端末は?:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――ネットワーク編
計25機種のSIMロックフリー端末について、気になるネットワーク関連のスペック一覧をまとめた。(2014/8/8)

LTEは非対応:
ピーシーデポ、端末込み月1490円の格安スマホを9月発売 通話付きでMNPも可能
ピーシーデポは、端末代込み月1490円で利用できる格安スマホを9月に発売する。通話機能付きでMNPによる乗り換えも可能だ。(2014/8/7)

デュアルSIM端末も:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――SIMサイズ、メインメモリ、外部メモリ編
SIMロックフリー端末のスペックについて、SIMサイズ、ストレージ、メインメモリ、外部メモリの観点から一覧でまとめた。(2014/8/6)

安くてハイスペックな機種は?:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――バッテリー容量、OS、プロセッサ、カメラ編
計25機種あるSIMロックフリー端末の気になるスペックを、バッテリー容量、OS、プロセッサ、カメラといった観点からまとめてみた。(2014/8/4)

スマホからタブレットまで:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――本体サイズ、重さ、ディスプレイ編
MVNOの“格安SIM”サービスが増えたことで、SIMロックフリー端末にも注目が集まっている。1万円以下で買えるものから8万円台の高価な端末までを網羅し、スペック別に一覧表でまとめた。(2014/7/28)

NTT西、「フレッツ光」の800万契約突破記念キャンペーン――SIMフリースマホの取り扱いも開始
NTT西日本が「フレッツ光800万契約突破!ありがとうキャンペーン!」を開始。さらにSIMフリースマートフォン端末の取り扱いもスタートする。(2014/7/9)

ヨドバシが格安スマホ 日本通信SIMとセットで
ヨドバシカメラが格安スマホを発売。3機種から選ぶことができ、料金が月額2051円からの日本通信SIMとのセットで販売する。(2014/7/1)

日本通信、ヨドバシカメラで「スマホ電話SIMフリーData」+格安スマホをセット販売
通話とデータ通信を利用できる日本通信の「スマホ電話SIMフリーData」と、格安SIMロックフリースマホが、7月10日からヨドバシカメラでセット販売される。(2014/7/1)

ビックカメラが格安スマホ 端末込みで月額2830円から、Nexus 7は2580円
ビックカメラが通信料と端末代込みで月額2830円(税別)から利用できる格安スマートフォンを発売した。(2014/4/18)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第5回:
Nexus 5、iPhone 5sから1万円台の格安モデルまで――日本で購入できるSIMフリースマホ
格安SIMを使うには、当然ながら対応するスマートフォンが必要になる。日本ではどんなSIMフリースマホを購入できるのだろうか。主なモデルをまとめてみた。(2014/3/20)

デュアルSIM対応:
コヴィア、1万9800円のSIMフリースマホを発売――4.5インチQHD液晶+クアッドコアCPU
コヴィアとコヴィアネットワークスが、ドコモの回線を利用できるSIMフリーの3Gスマートフォンを発表。1万9800円(税込)という低価格で購入できる。(2014/2/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。