ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディープラーニング」最新記事一覧

専門家が見解を披露:
ISS 2017で語られた半導体技術の今後(前編)
米国で開催された「Industry Strategy Symposium(ISS)」(2017年1月8〜11日)では、半導体技術の今後に関する議論が幾つか展開された。ナノワイヤトランジスタやGAA(Gate All Around)トランジスタといった次世代トランジスタ技術や、増加の一途をたどる設計コストなどについて、専門家たちが見解を披露している。(2017/1/19)

NVIDIA DLI 2017 講演レポート:
GPUはこれまでも、そしてこれからもディープラーニングをけん引する
エヌビディアが主催するGPUを用いたディープラーニングのイベント「NVIDIA Deep Learning Institute 2017」の基調講演に、米国本社NVIDIAの主席研究員を務めるビル・ダリー氏が登壇。ディープラーニングの進化に果たしてきたGPUの役割を強調するとともに、今後もGPUがけん引役になると強調した。(2017/1/19)

AIニュース:
AIに関する10の「よくある誤解」
ガートナー ジャパンは、AIに関する10の「よくある誤解」を発表した。AIへの関心が高まる中、「誰でもすぐにすごいことができる」などの誤解が増えていると指摘している。(2017/1/18)

東陽テクニカ ClearRead CT:
ディープラーニングで胸部CT画像の読影を支援
東陽テクニカは、Riverain Technologiesの胸部CT血管透過・関心領域自動抽出ソフトウェア「ClearRead CT」の販売開始を発表した。(2017/1/18)

「AIの民主化」を加速:
マイクロソフト、ディープラーニング研究開発企業のマルーバを買収へ
マイクロソフトが、自然言語理解におけるディープラーニング研究のスタートアップであるマルーバを買収で合意。「AIの民主化」を推進する。(2017/1/17)

オートモーティブワールド2017 開催直前情報:
ディープラーニングによる歩行者検出技術、プログラマブルSoCを初採用
ザイリンクスは、「オートモーティブワールド2017」内の「第9回 国際カーエレクトロニクス技術展」において、先進運転支援システムや自動運転向けのソリューションを展示する。高性能・高集積・低消費電力のデバイスによって、車載システムのコネクテッド化や差別化をよりスマートに実現するとしている。(2017/1/17)

特選ブックレットガイド:
ビッグデータと深層学習の組み合わせは「究極の人工知能」を生み出すのか?
製造業からも無視できない存在感を発している「人工知能」ですが、その進化は急激なものであり、現状把握すらも容易ではありません。東京大学の杉山教授がアカデミックな観点から「人工知能研究の現状と今後の展望」を解説した講演を紹介します。(2017/1/17)

クラウド市場の成長を受け:
Google、「半導体のあらゆる分野で技術革新を」
米国で開催された「ISS(Industry Strategy Symposium)」において、Googleは、半導体業界の経営幹部たちに対し、「あらゆる分野においてイノベーションを加速させてほしい」と懇願した。(2017/1/16)

アプリケーション開発に変化も
GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まる
GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。(2017/1/13)

半導体メーカーの競争も激化か:
AIへの熱視線続く、推論エンジンの需要が高まる見込み
AI(人工知能)に対する注目度の高さは、2017年も続くようだ。2017年は、ディープニューラルネットワークの実現に向けて、より高性能な推論エンジンの需要が高まると専門家は指摘している。(2017/1/11)

グリッドと業務提携:
CTC、深層学習フレームワーク「ReNom」を活用したAIソリューションをリリース
伊藤忠テクノソリューションズがグリッドと業務提携すると発表。グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を使用したAIサービスを共同で提供する。(2017/1/11)

Pythonで始める機械学習入門(2):
機械学習の現場で重宝する多機能WebエディタJupyter Notebookの基本的な使い方
最近流行の機械学習/Deep Learningを試してみたいという人のために、Pythonを使った機械学習について主要なライブラリ/ツールの使い方を中心に解説する連載。今回は、Jupyter Notebookの起動、停止、実行方法、マジックコマンド、ヘルプの使い方、Markdown形式でのテキスト入力、パスワード認証設定などを紹介する。(2017/1/13)

MONOist 2017年展望:
芽吹くか「組み込みAI」
第3次ブームを迎えたAI(人工知能)。製造業にとっても重要な要素技術になっていくことは確実だ。2017年からは、このAIを製品にいかにして組み込むかが大きな課題になりそうだ。(2017/1/10)

CES 2017:
LGエレ、人工知能を搭載した“スマートロボット”を展開
LGエレクトロニクスが「LG HUB ROBOT」と名付けられた人工知能を搭載するパーソナルアシスタントロボットを発表。ほかにも空港で旅行者を案内するガイドロボット「AIRBOT」など盛りだくさん。(2017/1/5)

2017年の年頭所感:
注目はAI、IoT、デジタル変革、働き方改革――ITベンダー各社のトップメッセージ
2016年にIT業界で注目された新しい技術や変化は、2017年にどのような影響をもたらすのだろうか。ITベンダー各社トップのメッセージをダイジェストで紹介する。(2017/1/5)

ITはみ出しコラム:
2016年のGoogleを振り返る AlphaGoから虚偽ニュース問題まで
検索やAndroidに限らず、さまざまなニュースがありました。(2016/12/29)

TechFactory 年間ランキング2016:
新型ゲーム機から超小型EV、巨大ロボットまで――2016年の話題は「IoT」一色ではなかった!?
皆さんにとって2016年はどのような1年でしたか? 製造業、モノづくり領域では、さまざまなテクノロジーの話題やM&Aのニュースなどが飛び込んできましたが、TechFactoryではどのような記事が皆さんに支持されたのでしょうか。年間ランキングをお届けします。(2016/12/28)

AIとは何か、SI崩壊、「作業者」ではないエンジニア……デジタル時代の“今”とは?:
全ての情報システム部門、エンジニアに贈る、デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10
収益・ブランド向上に対するIT活用の在り方、インパクトをさまざまな視点で取材・解説している@IT「System Designフォーラム」。Facebookシェア数ランキングで、デジタルトランスフォーメーションの動きが目立った2016年の社会と企業ITを振り返る。(2016/12/28)

ホワイトペーパー:
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/12/28)

Apple、初の人工知能(AI)関連の論文発表
Appleが、同社としては初の人工知能(AI)関連論文を発表した。論文の第一筆者は4月にAppleに入社した研究者だ。(2016/12/27)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【最終回】
「セキュリティインテリジェンス」を生かし切る具体的な方法とは?
セキュリティインテリジェンスの活用は、セキュリティ対策の強化と、CSIRT/SOCの業務効率化の両立に力を発揮する。具体的にどう活用すればよいのか。(2016/12/27)

「CES 2017」の注目株を探る:
これまでの伝統破り、自動車が主役に
2017年1月5〜8日に米国のネバダ州ラスベガスで「CES 2017」が開催される。今回の注目株の筆頭は、AI(人工知能)、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)、自動車とされていて、ここ数年間のCESで盛り上がっていたIoT(モノのインターネット)のブームは少し落ち着くようだ。(2016/12/26)

人工知能、FinTech、プログラミング教育:
2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2016年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップします。それらの記事を大きく3つのトピックでまとめますので、これを読んで2016年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2016/12/26)

2017年には一般利用も
レジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術”
IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。(2016/12/24)

TechFactory通信 編集後記:
製造業のIoT化がより進んだ2016年――“今年の漢字”製造業版は「?」
本家“今年の漢字”は「金」でした。(2016/12/24)

このままでは“人材不足”に:
AIに関する「よくある誤解」10選
AI(人工知能)への関心が高まった2016年。多くの企業がAI技術をビジネスに生かそうとしており、AIを活用した製品やサービスの発表が相次いでいる。しかしその一方で、AIに対する誤解も見られるようになっている。ガートナー ジャパンが10の「よくある誤解」を発表した。(2016/12/22)

「すごく賢いAIが存在」「ディープラーニングは最強」は誤り――AIに関する“10のよくある誤解”、ガートナーが発表
「すごく賢いAIがすでに存在する」「誰でもすぐにAIを使える」――AIに対する「よくある誤解」をガートナージャパンが発表。(2016/12/22)

リード研所長が聞く:
法人向け企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」がABMを視野に入れる理由――佐久間 衡氏(ユーザベース)
企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」で、マーケティング領域での活用を視野に入れたサービスが始まっている。同社の狙いを事業責任者に聞いた。(2016/12/22)

製造ITニュース:
作業動態分析システムがスマートグラス端末に対応
シーイーシーは、メガネ型ウェアラブル端末のスマートグラスに対応した作業動態分析システム「スマートロガー」の提供を開始した。作業管理者などのIE分析を支援し、データ収集・分析時間の低減に貢献する。(2016/12/21)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
シンギュラリティはいつ始まるのか
実はもう始まっていたりして。(2016/12/20)

2016年の企業動向を振り返る:
AIビジネスの“カンブリア爆発”が始まる
2015〜2016年にかけて、AI(人工知能)は人間を超える「目」と人間並みの「耳」を持った――。目を持ったことでカンブリア紀に生物が爆発的に増えたように、AI搭載の製品やサービスもこれから爆発的に増えると考えられる。2017年以降、そのAIビジネスをけん引する企業とは……。(2016/12/16)

シーイーシー/AGC旭硝子 スマートロガー:
作業動態分析システムが「スマートウォッチ」に続き、「スマートグラス」に対応
シーイーシーは、製造・物流現場向けに展開する作業者支援ソリューションの拡充に伴い、作業動態分析システム「スマートロガー」をスマートグラスに対応させ、2016年12月6日から提供を開始した。(2016/12/16)

LINEモバイルが24時間365日いつでも問い合わせに答える「いつでもヘルプ」導入 AIの自動応答も
チャット機能で問い合わせると、AIによる自動応答と有人対応の組み合わせでリアルタイムで回答してくれる。(2016/12/14)

高齢者は過去最の3461万人:
異業種参入相次ぐ介護ビジネス AIも戦力
介護事業への異業種参入が相次いでいる。人工知能(AI)技術や情報通信技術(ICT)などの進展を背景に、電機メーカーや警備会社など、異業種ならではの新しい視点が課題解決の糸口になるかもしれない。(2016/12/14)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年11月版】:
トレンド下降の「ビッグデータ」、しかし取り組む企業は減っていない
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回はガートナー ジャパンの調査資料を読み解いた記事が1位となりました。その他、「攻守を入れ替えたNVIDIAとQualcomm」や「スーパーカブのようなロケット開発」などが人気でした。(2016/12/14)

MONOist IoT Forum 東京(後編):
世界を変える機械学習、1兆個のIoTデバイスを誰がプログラムするのか
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum IoTがもたらす製造業の革新 〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜」を開催。同セミナーのレポートを前後編でお送りする。(2016/12/13)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
ローソンが「あきこちゃん」に期待するワケ
ローソンが半年前から提供しているチャットボット「ローソンクルー♪あきこちゃん」。どんな効果が出ているのか。その他、同社はAIをどのように活用しているのか。AIジャーナリストの湯川鶴章氏が、ローソンにおけるAIの活用状況について取材した。(2016/12/13)

Nervanaプラットフォーム:
機械学習の時間を100分の1へ、インテルAIの戦略
インテルは2016年12月9日、米国で開催した人工知能(AI)に関するイベント「AI Day」で発表した内容をもとに、AI事業に向けた戦略について説明会を開催した。2016年8月に買収したNervana Systemsの技術をベースとしたAI製品群を展開し、2020年にマシンラーニング(機械学習)における時間を現行の最速ソリューションと比較して100分の1に短縮することを目指す。(2016/12/12)

AIの深層学習性能100倍に インテル、2020年までに計画
AIを使ったサービス向けに最適化し、中央演算処理装置(CPU)の働きを高速化するアクセラレーター「レイククレスト」を来年前半に投入。(2016/12/12)

人工知能ニュース:
インテルアーキテクチャもディープラーニングに有効、「GPUが最適は先入観」
インテルが人工知能(AI)技術や事業、ビジョンについて説明。買収企業の技術を取り入れたAIプラットフォーム「Nervana」により、小から大まで規模に応じてスケーリングさせられるAI技術を提供する。GPUが最適というイメージが強いディープラーニングについても「それは先入観にすぎずインテルアーキテクチャのようなCPUも十分に有効」とした。(2016/12/12)

ITはみ出しコラム:
「Google日本語入力」の変換候補が違うときに試したいこと
ユーザー履歴から学習してくれる賢い「Google日本語入力」ですが、変換候補が「それじゃない……」というときもありますよね。(2016/12/11)

東宝「許諾していない」 配信停止した「君の名は。」風にする画像加工アプリ「Everfilter」について厳正に対処
「著作侵害の可能性が極めて高い」と判断。(2016/12/8)

対話型で次の段階に行くスマートセキュリティ
Apple、Googleも開発本格化、IoTで家を守る「スマートセキュリティ」とは
IoT(モノのインターネット)の登場により、ホームセキュリティの形が変わりつつある。どのように変わってきているのか紹介する。(2016/12/8)

盗用問題の「君の名は。」風加工アプリ「Everfilter」が配信を一時停止
「皆様に多大なご迷惑をおかけしたお詫びと反省を表し」としている。(2016/12/7)

AWS re:Invent 2016:
米AWSの製品戦略責任者に、AI関連サービスをどう展開していくのかを聞いた
米Amazon Web Servicesの製品戦略担当ゼネラルマネージャーのMatt Wood氏に、同社のAI戦略について聞いた。Wood氏はAWSにおけるサービス開発に深く関わり、責任者としてこれを率いている人物。AWS re:Invent 2016の基調講演では、AI関連の新サービスのデモを自ら行った。(2016/12/7)

米Amazon、待ち時間なしで買い物できる実店舗「Amazon GO」を試験営業 店から商品を持ち出すだけで決済完了
専用アプリで入退店をチェック。代金はAmazonアカウントへ請求される。(2016/12/6)

レジのない店「Amazon GO」開店 商品取って出るとAmazonアカウントで精算
“レジのない店”「Amazon GO」が米シアトルに開店。店に入り、欲しいものを取ってそのまま店を出ると、Amazonアカウントで代金が精算される。(2016/12/6)

日立、富士通、NTT:
企業活用取り込み急ぐ IT各社、「AI基盤」を続々開発
富士通・日立・NTTなど、大手IT企業がAIのビジネス活用に向けたサービス展開に注力している。(2016/12/6)

画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
本当にライセンスを受けているの? 東宝とともに「事実関係を確認中」。(2016/12/5)

「Apple」をどう訳す?
「eBay」が商品リストの自動翻訳を実装、「機械学習」の働きとは
オンラインオークションサイト「eBay」は、自身が選択している言語で出品された商品リストしか表示されないという問題があった。その問題を機械学習を使って克服したというが、どのように対処したのだろうか。(2016/12/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。