ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディープラーニング」最新記事一覧

東宝「許諾していない」 配信停止した「君の名は。」風にする画像加工アプリ「Everfilter」について厳正に対処
「著作侵害の可能性が極めて高い」と判断。(2016/12/8)

対話型で次の段階に行くスマートセキュリティ
Apple、Googleも開発本格化、IoTで家を守る「スマートセキュリティ」とは
IoT(モノのインターネット)の登場により、ホームセキュリティの形が変わりつつある。どのように変わってきているのか紹介する。(2016/12/8)

盗用問題の「君の名は。」風加工アプリ「Everfilter」が配信を一時停止
「皆様に多大なご迷惑をおかけしたお詫びと反省を表し」としている。(2016/12/7)

AWS re:Invent 2016:
米AWSの製品戦略責任者に、AI関連サービスをどう展開していくのかを聞いた
米Amazon Web Servicesの製品戦略担当ゼネラルマネージャーのMatt Wood氏に、同社のAI戦略について聞いた。Wood氏はAWSにおけるサービス開発に深く関わり、責任者としてこれを率いている人物。AWS re:Invent 2016の基調講演では、AI関連の新サービスのデモを自ら行った。(2016/12/7)

米Amazon、待ち時間なしで買い物できる実店舗「Amazon GO」を試験営業 店から商品を持ち出すだけで決済完了
専用アプリで入退店をチェック。代金はAmazonアカウントへ請求される。(2016/12/6)

レジのない店「Amazon GO」開店 商品取って出るとAmazonアカウントで精算
“レジのない店”「Amazon GO」が米シアトルに開店。店に入り、欲しいものを取ってそのまま店を出ると、Amazonアカウントで代金が精算される。(2016/12/6)

日立、富士通、NTT:
企業活用取り込み急ぐ IT各社、「AI基盤」を続々開発
富士通・日立・NTTなど、大手IT企業がAIのビジネス活用に向けたサービス展開に注力している。(2016/12/6)

画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
本当にライセンスを受けているの? 東宝とともに「事実関係を確認中」。(2016/12/5)

「Apple」をどう訳す?
「eBay」が商品リストの自動翻訳を実装、「機械学習」の働きとは
オンラインオークションサイト「eBay」は、自身が選択している言語で出品された商品リストしか表示されないという問題があった。その問題を機械学習を使って克服したというが、どのように対処したのだろうか。(2016/12/5)

TechFactory通信 編集後記:
AIを擬人化するのは(まだ)やめておこう
AI(Artificial Intelligence)は急速に発展していますが、AIに対して「人間的」な挙動や反応を期待するのは(まだ)筋違いなのかもしれません。(2016/12/3)

東大と筑波大が国内最速スーパーコンピュータ正式運用開始 総ピーク演算性能は「京」の2.2倍
実際に、新しいスーパーコンピュータを見てきた。(2016/12/2)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ“マツコロイド”と“マツコ”の雑談は失敗したのか?
ドラえもんや鉄腕アトムのような、人間と自然に会話ができる人工知能は本当に生まれるのか――。人間らしい自然なコミュニケーションを実現するために必要な“要件”はいろいろとあるが、人工知能にそれを適用するには、さまざまな壁があるのだという。(2016/12/2)

AWS re:Invent 2016:
AWS、S3への直接SQLクエリ機能やAWSをIoTデバイスに「出張」させる製品を発表
米Amazon Web Services(AWS)は2016年11月30日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」で多数の製品を発表した。このうちAI関連以外の発表をおさらいする。(2016/12/1)

「ATOK」に10年ぶり新変換エンジン ディープラーニング活用で誤変換30%減 「以前やめた人にも試してほしい」
日本語入力ソフト「ATOK」がディープラーニングを用いた新変換エンジンで進化。従来比で誤変換を約30%削減できるという。(2016/12/1)

AWS re:Invent 2016:
見えてきたAWSのAI戦略、Amazon.comのノウハウを開発者に解放
米Amazon Web Services(AWS)は2016年⒒月30日(米国時間)、コグニティブコンピューティング/ディープラーニングを活用した3つの新サービスを発表した。提供中のAmazon Machine Learningと合わせ、同社のAI関連サービスの姿が見えてきた、(2016/12/1)

誤変換の約30%を削減:
人工知能で変換精度を高めた新「ATOK 2017」
ジャストシステムが一太郎とATOKの最新版を発表。ATOKはAI技術のディープラーニングを取り入れ変換エンジンを刷新。誤変換の約30%を削減したという。(2016/12/1)

Amazon.comのAWS、年次イベントで「Amazon AI」など多数のサービスを発表(まとめ)
AWSが年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、人工知能サービスや大型トラックでのデータ搬送サービスなど、多数の新サービスを発表した。(2016/12/1)

TechFactory 会員登録で当たる:
Amazonギフト券(1万円分)当たる!TechFactory 読者登録キャンペーン第2弾
いよいよ年末の12月。何かと物入りの時期となりますので、TechFactoryでは日ごろのご愛読に感謝の意も込めて3人様へAmazonギフト券(1万円分)をプレゼントいたします。奮ってご応募ください。(2016/12/1)

IoT/X Tech全盛時代、データ基盤の“新たな要件”とは?:
PR:データ基盤の高速性・拡張性が、ビジネス差別化のカギを握る理由
国内でもデジタルトランスフォーメーションが進展し、IoTやX Techの取り組みが活発化している。これを受けて、「膨大なデータからいかに素早く潜在・顕在ニーズをつかむか」「データをいかに迅速にアクションに変えるか」というテーマが多くの企業にとって課題となっている。こうした中、データ基盤として国内でもフラッシュストレージの導入が進んでいるが、年々データ量が増大し、よりスピーディな分析・処理が求められるようになりつつある中で、差別化を支えるデータ基盤にはどのような要件が求められるのだろうか? 米Dell EMCに話を聞いた(聞き手:@IT編集長 内野宏信)。(2016/12/1)

新しいトレンドの影響力とは
第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは
第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。(2016/12/1)

リンクス HALCON:
画像処理ソフトの新版、ディープラーニング技術で文字認識性能を向上
リンクスは、画像処理ソフト「HALCON(ハルコン)」の新バージョン「HALCON13」を発売した。(2016/12/1)

スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤を用いた「企業向けAIサービス」を開始
富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016/11/30)

富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤とAI関連サービスを提供
AI「Zinrai」の基盤サービスとAI機能のAPIを2017年春から提供し、企業のAI活用とビジネス革新の支援を目指す。(2016/11/30)

人工知能ニュース:
“実務に寄り添う”人工知能、富士通がクラウドサービスとして提供
富士通は、人工知能(AI)関連技術を組み合わせてパッケージ化しクラウドサービスとして提供することを発表した。富士通でAI関連技術のみを切り出してサービスとして提供するのは初めて。(2016/11/30)

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ
がん患者の臨床データなどをAIで解析し、診断や治療の精度向上につなげるシステムを国立がん研究センターや産総研らが開発する。(2016/11/29)

富士通、“30年磨いた”AI「Zinrai」API提供 ディープラーニング専用プロセッサも開発中
富士通がAI関連APIをパッケージ化した「Zinraiプラットフォームサービス」の提供をスタート。世界最速クラスの学習処理能力を実現したというディープラーニング基盤も提供する。(2016/11/29)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
IoTしろと言われても?
元気ですか?(2016/11/29)

製造業IoT:
三菱電機の人工知能は「エッジに賢くコンパクトに載せる」
三菱電機は、神奈川県鎌倉市に拠点を構える情報技術総合研究所とデザイン研究所の報道陣向け視察会を開催。情報技術総合研究所 所長の中川路哲男氏は、同社の人工知能(AI)の開発方針について「エッジに賢くコンパクトに載せる」と説明した。(2016/11/29)

人工知能ニュース:
日本ユニシスがAI技術「Rinza」を体系化、工場やインフラの予兆検知にも適用へ
日本ユニシスは、情報活用ソリューションの提供や研究開発活動で培ってきた人工知能(AI)関連技術と知見を「Rinza」として体系化した。Rinzaを活用した具体的なサービスとして「知的エージェントサービス」を発表する一方で、今後は工場やインフラの予兆検知にも適用していきたい考えだ。(2016/11/29)

特選ブックレットガイド:
「ディープラーニング」が製造業にもたらすインパクト
人工知能やディープラーニングといった言葉が注目を集めていますが、それはITの世界にとどまるものではなく、製造業においても導入・検討されています。製造業にとって人工知能やディープラーニングがどのようなインパクトをもたらすかを解説します。(2016/11/29)

PR:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革
(2016/11/29)

SAS Institute Japan SAS Viyaシリーズ:
AI技術を搭載した分析プラットフォームの第1弾
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、人工知能技術を搭載した「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供開始を発表した。(2016/11/29)

遅延情報まで完璧! 流ちょうな英語のアナウンスをする車掌さんがすごい
業務命令ではなく車掌さんが個人的にやっているそうです。(2016/11/28)

NVIDIA Tesla搭載GPUサーバ提供プランも用意:
IDCフロンティアが東日本に2カ所目の大規模クラウド拠点を新設、IPファブリックネットワークを全面採用
IDCフロンティアが東日本エリア2カ所目となる大規模クラウド拠点を新設し、稼働を開始。「NVIDIA Tesla M40」を利用できるGPUサーバ提供プランなども提供する。(2016/11/28)

DeepMindのAI、読唇でも人間のプロに勝つ
Google傘下のDeepMindがオックスフォード大学と共同で、動画の口の動きをテキストに変換するディープラーニングによる読唇技術開発に関する論文を発表した。(2016/11/25)

日本語対応の音声翻訳「Speech API」も近日公開へ:
「統計的機械翻訳」の精度を超えた ニューラルネットワークによる高精度翻訳「Microsoft Translator」が日本語に対応
日本マイクロソフトは、近日中に音声翻訳向けのMicrosoft Translator Speech APIを日本語に対応させる。ニューラルネットワークを利用して、品質が高く、より自然な翻訳を可能にしたという。(2016/11/25)

IEEE プレスセミナー:
ディープラーニングが「意図をくみ取る」ロボットを実現する
「ロボットの頭脳に人工知能」と書くと据わりは良いが、両者の出自を考えるとその相性は決して良いものとはいえなかった。“意図をくみ取る”ロボットの実現に一役買いそうなのがディープラーニングを用いた「行動学習」だ。(2016/11/25)

「人工知能に負けても恥ずかしくない」――囲碁電王戦から見えた「DeepZenGO」の強さと課題
「第2回囲碁電王戦」を終え、対局した趙治勲名誉名人と「DeepZenGO」開発者の加藤英樹さんが勝因、敗因を振り返った。(2016/11/24)

Pythonで始める機械学習入門(1):
Pythonで機械学習/Deep Learningを始めるなら知っておきたいライブラリ/ツール7選
最近流行の機械学習/Deep Learningを試してみたいという人のために、Pythonを使った機械学習について主要なライブラリ/ツールの使い方を中心に解説する連載。初回は、筆者が実業務で有用としているライブラリ/ツールを7つ紹介します。(2016/11/24)

電王戦最終局、趙名誉名人が勝利 囲碁AI「DeepZenGO」に勝ち越し
第2回囲碁電王戦の第3局は、趙治勲名誉名人が囲碁ソフト「DeepZenGO」に勝利。三番勝負を勝ち越した。(2016/11/23)

今後3年で、ディープラーニングの訓練時間を100倍高速に:
インテル、大規模なAI戦略を発表 AIプラットフォーム「Intel Nervana」を投入
インテルがAIの活用促進に向けた新しい製品、技術、投資計画を多数発表。AIの包括プラットフォーム「Intel Nervana」を中心に展開する。(2016/11/21)

Intel、人工知能プラットフォーム「Nervana platform」発表
Intelが、人工知能(AI)向け包括プラットフォーム「Nervana platform」を発表し、Xeon、Xeon Phiを含むAIプロセッサのロードマップを披露した。(2016/11/21)

人工知能ニュース:
ディープラーニングで効率的に動画像を認識するプラットフォーム
ディジタルメディアプロフェッショナルは、プラットフォーム「ZIA(ジア)」を開発した。GPU技術をベースに、AIを活用したソフト/ハードウェア製品で構成されている。深層学習で効率的に動画像を認識する「ZIA Classifier」も同日発売した。(2016/11/21)

今後2年間で:
インテル、「完全自動運転技術」に2億5000万ドル以上を新規投資へ
インテルのブライアン・クルザニッチCEOが「LAオートショー」の基調講演で、自動運転車の技術に今後2年間で2億5000万ドル(約270億円)の新規投資を行うと発表。自動車業界と連携して、「完全自動運転」の実現を目指す。(2016/11/17)

ロボットは東大に入れるか:
難関私大も「A判定」 受験AI「東ロボくん」の実力
国立情報学研究所が定例報告会を実施し、「東ロボくん」が受験した模試の結果を発表。(2016/11/17)

山本弘の「今、ここにある未来」:
戦争に行かなかったロボット
SFでロボットというと、すぐにアイザック・アシモフの作品が思い浮かびますが、現代では時代遅れ? 非アシモフ的なロボットの話はないのかというと、ちゃんとあるんですね。しかもアシモフより前に。今回はそんなお話。(2016/11/16)

Google翻訳、新システムで精度向上 Googleが正式発表
数日前からGoogle翻訳が進化したと話題になっていました。(2016/11/16)

「IBM PowerAI」+NVLink搭載POWERサーバで展開:
IBMとNVIDIA、大規模ディープラーニングソリューションを共同展開
IBMとNVIDIAが、エンタープライズ向けディープラーニングソリューションで提携。ディープラーニングソフトウェアツール群「IBM PowerAI」を投入し、NVLink搭載IBM POWERサーバを組み合わせたアプライアンスによるソリューションを提供する。(2016/11/16)

Microsoftとイーロン・マスク氏のOpenAIが提携、OpenAIが「Azure」を採用
イーロン・マスク氏やY Combinatorのサム・アルトマン社長などが立ち上げた非営利のAI研究企業OpenAIがMicrosoftと提携し、主要なクラウドプラットフォームとして「Microsoft Azure」を採用したと発表した。(2016/11/16)

Google、紙焼き写真をスマホで取り込める「フォトスキャン」アプリをiOS/Android向けに公開
Googleが、アルバムに貼ったままの写真や丸まってしまった写真でも、スマートフォンでスキャンすることでテカリも歪みもなしに「Googleフォト」に取り込めるiOS/Androidアプリ「フォトスキャン」を公開した。(2016/11/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。