ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「否定」最新記事一覧

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか?
医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。(2016/11/28)

Facebookの一部従業員が「虚偽のニュース」対策の秘密タスクフォース結成のうわさ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは米大統領選の結果へのFacebook上の虚偽のニュースの影響についての批判を「クレイジーだ」と否定したが、「クレイジーなのはそれを否定する方だ」として一部の従業員が秘密の対策チームを結成したという。(2016/11/15)

トランプ氏、日本の核保有容認は「言ってない」 Twitterで報道否定
トランプ氏が日本などが核兵器を持つことを容認したとする報道について、同氏はTwitterで「言ったことはない」と強く否定した。(2016/11/15)

マー君、「家はトランプタワーではありません!」ウワサを全力で否定
「過去に住んだ事もありませんし、内見さえ行ったことありません」(2016/11/11)

スマホに触れずに撮影する“1人ハイタッチ自撮り”が海外で流行 「スマホが落下して故障する」との否定的な見方も
簡単にシュールな1枚が撮れますが、真似するときはご注意を。(2016/10/14)

「ロシアは米大統領選に干渉していない」とプーチン大統領 サイバー攻撃への関与を否定
反ロシアの乱用とプーチン大統領は指摘。ただし、ロシアが話題になるのはうれしいと。(2016/10/14)

過労自殺の電通社員のアカウント、「電通の圧力」で非公開に? 「ありえない」とTwitter
自殺した元電通社員・高橋まつりさんのTwitterアカウントが非公開に。「電通がTwitterに圧力をかけたのでは」とのうわさも流れたが、Twitterは「ありえない」と否定した。(2016/10/12)

慶應ミスコンの開催望む「臨時運営委員会」登場 「関係がございません」と公式団体が関わりを否定
主催の不祥事によって中止になった慶応のミスコンを、存続させようと「臨時運営委員会」が発足されていました。(2016/10/7)

シャープ、「複合機事業の売却検討」報道を否定 「事実に反する」
シャープが複写機事業の売却を検討しているという一部報道を否定した。(2016/10/6)

若本ボイスがイケボ全否定される動画「スーパー桃太郎」がいろいろおかしい
小野大輔(イケボ)、緑川光(イケボ)、若本規夫(イケボじゃない)。(2016/10/4)

自称・秋田県南馬宿村役場が「村八分になってしまったら」というページを公開? 県は「存在しない村」と否定
ネタサイトへのマジレスにご注意ください。(2016/9/27)

Appleがマクラーレンと買収交渉中? マクラーレンは否定
自動運転車プロジェクトが難航しているとうわさのAppleが、F1チームで知られる英国自動車メーカーのMcLaren Technology Groupと買収あるいは出資に向けて交渉中とFinancial Timesが報じた(McLarenは否定コメントを出した)。(2016/9/22)

スピン経済の歩き方:
それでも「カップヌードル謎肉祭」販売休止を「品薄商法」だと疑ってしまう理由
日清食品の「カップヌードル謎肉祭」が販売休止に追い込まれた。ネット上では、多くの人が「品薄商法では?」と疑いをかけているが、その一方で否定する声もある。今回の騒動を「見通しが甘かったのね」と素直に受け取っていいのだろうか。筆者の窪田氏は……。(2016/9/20)

落ちた食べ物は5秒で拾えばセーフ……なんてことはなかったぜ! 米大学「ときには細菌は1秒未満で移る」
「5秒ルール」があらためて否定される。(2016/9/15)

「天国への階段」イントロは平凡? 盗作問題でジミー・ペイジ勝訴 ジェフ・ベックは「ラッキー」とコメント
「天国への階段」のイントロに盗作疑惑が持ち上がり訴訟になったが、作曲した元ジミー・ペイジ氏は否定し、勝訴した。「昔からある珍しくもない旋律。盗むというほどのものでもない」というのが認められた主張のあらましだ。(2016/9/12)

スマホゲーム「アイドリッシュセブン」 トレースや模倣の疑惑を否定
運営元のバンダイナムコオンラインが、カードイラストのトレース疑惑などについて、調査の結果、事実ではないとコメントしています。(2016/9/9)

「食べログ」炎上の原因は不透明なシステム? 運営元カカクコム、飲食店オーナー双方の意見を聞いてみた
カカクコムは恣意的なスコアの操作を全面的に否定しています。(2016/9/8)

「食べログ」の標準検索は「広告枠」とカカクコム 「いきなり3.0点にリセット」の理由は
「食べログ」の「標準」検索には、有料プランを購入した店舗が優先的に表示されるとカカクコムが認めた。点数の恣意的な操作は否定した。(2016/9/8)

おばけの影響で大江戸線が遅延・運休!? 東京都交通局は「幽霊の影響ではない」と否定
ネットでは一時「大江戸線」がトレンド入り。疑わしい情報が拡散していました。(2016/9/1)

PCデポが「従業員によるカード情報不正取得」を否定 店員を名乗るアカウントは「易々とクレカを渡す鴨」と投稿
ツイートは2014年当時のものでした。(2016/8/18)

「PCデポ店員が顧客のカードで買い物」Twitterに投稿 PCデポは否定
家電店「PC DEPOT」のある店舗で、店員が顧客のクレジットカードで買い物している――Twitterにこんな告発が投稿されていたが、PCデポは否定した。(2016/8/18)

「Twitterがいじめ問題で2017年に終了」のデマ、海外で拡散
Twitterは事実ではないと否定。(2016/8/12)

大東文化大学教授が懲戒解雇に モデルガンの銃口を向ける、模造刀を振り回すなど威圧的行為で
この教授は威圧的行為について否定しています。(2016/8/3)

東芝不正会計、歴代3社長の訴追で異例の応酬 監視委「明らかな粉飾」 検察「訴追困難」
東芝の不正会計問題で、歴代3社長の刑事訴追の要否をめぐり、証券取引等監視委員会と検察当局が異例の応酬を続けている。「明らかな粉飾」とみて刑事告発を目指す監視委に対し、検察は「証拠上、疑問点が多い」と否定的だ。(2016/7/19)

「そんなにためてどうするの〜?」――自身の存在意義を否定する「ぐでたま おしゃべり貯金箱」登場
サンリオは、人気キャラクター「ぐでたま」の貯金箱「ぐでたま おしゃべり貯金箱」を発売した。価格は2484円。(2016/6/23)

130万円の賠償求め:
「ハンバーグから歯!」 大手ファミレス“異物混入”訴訟の意外な決着
「ハンバーグから歯が出てきた!」。約2年前、大手ファミレスチェーンでトラブルは起きた。客の男性の訴えに対し、ファミレス側は混入を否定。全面対決となった訴訟の行方は――。(2016/6/23)

ワンピース実写映画を中国企業が計画? 集英社は「そのような事実はない」と否定
「検討段階ですらない」とのこと。(2016/6/17)

舞台版「ハリポタ」、黒人ハーマイオニーへの差別意見に原作者「ハーマイオニーは黒人女性であり得ると言明する」
娘のローズ役への否定的な意見はあまりないものの、赤毛ではないことに不満を示すコメントも。(2016/6/7)

平愛梨さん、サッカー長友佑都選手との交際認める “デキ婚”報道については「妊娠はしていません!」と否定
フライデーの記事に先んじて自分から発表した形。(2016/6/2)

製造マネジメントニュース:
「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進」、鴻海の郭会長が明言
シャープは、同社を傘下に収める鴻海科技集団総裁の郭台銘氏と副総裁の戴正呉氏による「大切なお客様と取引先の皆様へ」と題したメッセージを公開した。同メッセージでは、エネルギーソリューション事業のリストラや人員削減に関する報道を否定。「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進する」と言明した。(2016/5/26)

スズキ、一部車種の燃費試験で国の規定と異なるデータ測定 不正は否定
スズキは、一部の排出ガス・燃費試験の測定で、国が定める規定と異なる方法を用いていたことを明らかにした。(2016/5/18)

Facebook、政治的“偏向”の報道を否定 「事実という証拠はない」
米Facebookが、「Trending Topics」から保守系の政治記事を排除しているとの一部報道に対し「匿名の発言が事実という証拠はない」と反論した。(2016/5/11)

Twitter、有料化の予定は「ない」 繰り返すデマに「おやめください」
Twitterが有料化する――定期的に流れるこんなうわさを公式アカウントが改めて否定した。ユーザーからはTwitterの経営状態を心配する声もあがっている。(2016/5/6)

シャープの通話できる2足歩行ロボット「RoBoHoN」の発売日が5月26日に決定 お値段約20万円
シャープ公式Twitter「ロボホンかわいいけど、お値段かわいくないのは、否定しません」。(2016/4/14)

IVI公開シンポジウム2016(2):
「他に何ができる?」の答えがない人に限って、インダストリー4.0を否定する
日本版の「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative(IVI)」は設立から約1年を迎え、これまでの取り組みの成果をシンポジウムで発表した。本連載では、同シンポジウムの内容を取り上げていく。今回はIVIの活動にも影響を与える、ドイツのインダストリー4.0の動向を説明した、IVIエバンジェリストであるアクセル・ザーレック氏およびベッコフオートメーション川野俊充氏の講演内容について紹介する。(2016/4/8)

LINE、「財務局の立入検査前に資料を修正」報道を否定 ゲーム内アイテムの供託金めぐり
LINEは、ゲーム「LINE POP」のアイテム「宝箱の鍵」などが「通貨」に当たると説明した社内資料を、関東財務局の立入検査前に同社が修正していたと伝えた一部報道を否定した。(2016/4/7)

パナマ文書に「Agnes Chan」? アグネス・チャンさん「全くの別人です」
「全く関係ないですよ」と否定。(2016/4/6)

Instagram、「タイムライン表示順が29日に変わる」ウワサを否定 「今すぐには変えません」
変更するときは知らせると約束しています。(2016/3/29)

JOGA、「ガチャ課金ルール改定」報道を一部否定 「ガチャ上限5万円」は2012年時点から存在
4月1日からのガイドライン改訂は行われるのは事実ですが……。(2016/3/25)

任天堂、「Wii U」生産終了の報道を否定 「来期も販売を継続」
任天堂が、据え置き型ゲーム機「Wii U」を年内にも生産終了するという一部報道について、「当社から発表したものではない」「来期も販売を継続する予定」とコメント。(2016/3/23)

「くら寿司でガラス片混入」――虚偽投稿の男性を名誉毀損の疑いで逮捕
くら寿司側は投稿について「事実と異なる」と否定していました。(2016/3/16)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

オノ・ヨーコさんが一時病院搬送 息子ショーンさん「彼女は元気です」と“重症”報道否定
脳卒中の可能性もあると報道されましたが、元気のようです。(2016/2/27)

「グラブル」運営がガチャの“確率操作”否定 読売新聞に掲載された「頻繁に出現率を変動させる」発言が話題に
読売新聞の記事をめぐってユーザーから疑問の声があがっていました。(2016/2/18)

DSRCは短命に終わるのか?:
自動車業界にとって5Gとは何か(後編)
米国では数年のうちに、DSRC(狭域通信)を車載通信技術として搭載することが義務付けられるともいわれている。もちろん、どの国でもそういった傾向にあるわけではない。5Gの性能が十分であれば、DSRCが短命に終わる可能性も否定できない。(2016/2/18)

埼玉を否定しまくる伝説の漫画「翔んで埼玉」が30万部突破! 版元が埼玉県各市長にコメントを依頼する暴挙に
そして「所沢市」「行田市」「飯能市」の市長から激励コメントが届く。(2016/2/10)

AppBankとマックスむらいさん「暴力団との関係」報道否定 「法的措置を検討」
一方やまもといちろうさんは公開質問状を提示。(2016/2/8)

「Twitterがタイムラインの並び順を時系列から変更へ」報道、Twitter創業者が否定
「Twitterよ安らかに」というハッシュタグも登場するなど、ユーザーから不満が殺到していました。(2016/2/7)

TwitterのドーシーCEO、「来週タイムラインを変更」のうわさをツイートで否定
「来週中にもTwitterのタイムラインが時系列ではなくなる」という報道を受け、Twitterのジャック・ドーシーCEOが自身のTwitterで、「われわれがいつもみんなの声を傾聴していることを知っておいてほしい。来週タイムラインを変更する計画など立てていない」とツイートした。(2016/2/7)

一部報道受けて声明:
シャープ、“鴻海への優先交渉権報道”を否定
シャープは、「シャープが鴻海に優先交渉権を与えた」との一部報道を否定するリリースを2016年2月5日夕刻、発表した。(2016/2/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。