ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「否定」最新記事一覧

「そんなにためてどうするの〜?」――自身の存在意義を否定する「ぐでたま おしゃべり貯金箱」登場
サンリオは、人気キャラクター「ぐでたま」の貯金箱「ぐでたま おしゃべり貯金箱」を発売した。価格は2484円。(2016/6/23)

130万円の賠償求め:
「ハンバーグから歯!」 大手ファミレス“異物混入”訴訟の意外な決着
「ハンバーグから歯が出てきた!」。約2年前、大手ファミレスチェーンでトラブルは起きた。客の男性の訴えに対し、ファミレス側は混入を否定。全面対決となった訴訟の行方は――。(2016/6/23)

ワンピース実写映画を中国企業が計画? 集英社は「そのような事実はない」と否定
「検討段階ですらない」とのこと。(2016/6/17)

舞台版「ハリポタ」、黒人ハーマイオニーへの差別意見に原作者「ハーマイオニーは黒人女性であり得ると言明する」
娘のローズ役への否定的な意見はあまりないものの、赤毛ではないことに不満を示すコメントも。(2016/6/7)

平愛梨さん、サッカー長友佑都選手との交際認める “デキ婚”報道については「妊娠はしていません!」と否定
フライデーの記事に先んじて自分から発表した形。(2016/6/2)

製造マネジメントニュース:
「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進」、鴻海の郭会長が明言
シャープは、同社を傘下に収める鴻海科技集団総裁の郭台銘氏と副総裁の戴正呉氏による「大切なお客様と取引先の皆様へ」と題したメッセージを公開した。同メッセージでは、エネルギーソリューション事業のリストラや人員削減に関する報道を否定。「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進する」と言明した。(2016/5/26)

スズキ、一部車種の燃費試験で国の規定と異なるデータ測定 不正は否定
スズキは、一部の排出ガス・燃費試験の測定で、国が定める規定と異なる方法を用いていたことを明らかにした。(2016/5/18)

Facebook、政治的“偏向”の報道を否定 「事実という証拠はない」
米Facebookが、「Trending Topics」から保守系の政治記事を排除しているとの一部報道に対し「匿名の発言が事実という証拠はない」と反論した。(2016/5/11)

Twitter、有料化の予定は「ない」 繰り返すデマに「おやめください」
Twitterが有料化する――定期的に流れるこんなうわさを公式アカウントが改めて否定した。ユーザーからはTwitterの経営状態を心配する声もあがっている。(2016/5/6)

シャープ前副社長が日本電産へ 永守会長「挫折や失敗経験ある人に来てほしい」
日本電産は、シャープの前副社長の大西徹夫氏を顧問に迎える。永守会長は引き抜きを否定したうえで「挫折や失敗の経験のある人に来てほしい」と話した。(2016/4/26)

シャープの通話できる2足歩行ロボット「RoBoHoN」の発売日が5月26日に決定 お値段約20万円
シャープ公式Twitter「ロボホンかわいいけど、お値段かわいくないのは、否定しません」。(2016/4/14)

つまみは100円から:
吉野家、「ちょい飲み」全店拡大戦略は吉か凶か?
牛丼チェーンの吉野家が、煮卵や牛煮込み、牛皿などをつまみにアルコール類を飲める「吉呑み」サービスを全店に広げる計画。歓迎する声がある一方、飲酒運転の懸念が広がるとの否定的な見方も出ている。(2016/4/14)

IVI公開シンポジウム2016(2):
「他に何ができる?」の答えがない人に限って、インダストリー4.0を否定する
日本版の「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative(IVI)」は設立から約1年を迎え、これまでの取り組みの成果をシンポジウムで発表した。本連載では、同シンポジウムの内容を取り上げていく。今回はIVIの活動にも影響を与える、ドイツのインダストリー4.0の動向を説明した、IVIエバンジェリストであるアクセル・ザーレック氏およびベッコフオートメーション川野俊充氏の講演内容について紹介する。(2016/4/8)

LINE、「財務局の立入検査前に資料を修正」報道を否定 ゲーム内アイテムの供託金めぐり
LINEは、ゲーム「LINE POP」のアイテム「宝箱の鍵」などが「通貨」に当たると説明した社内資料を、関東財務局の立入検査前に同社が修正していたと伝えた一部報道を否定した。(2016/4/7)

パナマ文書に「Agnes Chan」? アグネス・チャンさん「全くの別人です」
「全く関係ないですよ」と否定。(2016/4/6)

最後まで決断できなかったシャープ経営陣 リーダーシップの欠如が混迷深めた
シャープの高橋社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで、鴻海傘下に追い込まれるかたちになったことは否定できない。(2016/4/6)

Instagram、「タイムライン表示順が29日に変わる」ウワサを否定 「今すぐには変えません」
変更するときは知らせると約束しています。(2016/3/29)

JOGA、「ガチャ課金ルール改定」報道を一部否定 「ガチャ上限5万円」は2012年時点から存在
4月1日からのガイドライン改訂は行われるのは事実ですが……。(2016/3/25)

任天堂、「Wii U」生産終了の報道を否定 「来期も販売を継続」
任天堂が、据え置き型ゲーム機「Wii U」を年内にも生産終了するという一部報道について、「当社から発表したものではない」「来期も販売を継続する予定」とコメント。(2016/3/23)

AppleとFBIのロック解除をめぐる対立、先鋭化 背景にはクックCEOの生い立ちが
iPhoneのロック解除をめぐるAppleとFBIの対立が激しさを増している。AppleのクックCEOは人権問題に高い関心を持っていることでも知られ、彼の「倫理観」がロック機能解除への協力をかたくなに否定する姿勢につながっているとの見方も。(2016/3/23)

「くら寿司でガラス片混入」――虚偽投稿の男性を名誉毀損の疑いで逮捕
くら寿司側は投稿について「事実と異なる」と否定していました。(2016/3/16)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

オノ・ヨーコさんが一時病院搬送 息子ショーンさん「彼女は元気です」と“重症”報道否定
脳卒中の可能性もあると報道されましたが、元気のようです。(2016/2/27)

「グラブル」運営がガチャの“確率操作”否定 読売新聞に掲載された「頻繁に出現率を変動させる」発言が話題に
読売新聞の記事をめぐってユーザーから疑問の声があがっていました。(2016/2/18)

DSRCは短命に終わるのか?:
自動車業界にとって5Gとは何か(後編)
米国では数年のうちに、DSRC(狭域通信)を車載通信技術として搭載することが義務付けられるともいわれている。もちろん、どの国でもそういった傾向にあるわけではない。5Gの性能が十分であれば、DSRCが短命に終わる可能性も否定できない。(2016/2/18)

埼玉を否定しまくる伝説の漫画「翔んで埼玉」が30万部突破! 版元が埼玉県各市長にコメントを依頼する暴挙に
そして「所沢市」「行田市」「飯能市」の市長から激励コメントが届く。(2016/2/10)

AppBankとマックスむらいさん「暴力団との関係」報道否定 「法的措置を検討」
一方やまもといちろうさんは公開質問状を提示。(2016/2/8)

「Twitterがタイムラインの並び順を時系列から変更へ」報道、Twitter創業者が否定
「Twitterよ安らかに」というハッシュタグも登場するなど、ユーザーから不満が殺到していました。(2016/2/7)

TwitterのドーシーCEO、「来週タイムラインを変更」のうわさをツイートで否定
「来週中にもTwitterのタイムラインが時系列ではなくなる」という報道を受け、Twitterのジャック・ドーシーCEOが自身のTwitterで、「われわれがいつもみんなの声を傾聴していることを知っておいてほしい。来週タイムラインを変更する計画など立てていない」とツイートした。(2016/2/7)

一部報道受けて声明:
シャープ、“鴻海への優先交渉権報道”を否定
シャープは、「シャープが鴻海に優先交渉権を与えた」との一部報道を否定するリリースを2016年2月5日夕刻、発表した。(2016/2/5)

キムタク「タイムリープできません」 まさかのマジレスをするも不自然な否定により逆に疑われる事態へ
“能力”のことは秘密ですしね。(2016/2/1)

くら寿司、異物混入主張のSNS投稿を「事実と異なる」と否定 法的処置も検討
警察と保健所により、混入が疑われるものはないとの見解が出されたとしている。(2016/1/29)

Tech Basics/Keyword:
NoSQL
SQLを否定するかのように読める「NoSQL」。従来のSQLリレーショナルデータベースと何が違うのか? どう捉えればよいのか?(2016/1/27)

「エヴァンゲリオン劇場版の最新予告」YouTube動画はニセモノ カラーが内容を否定
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の最新予告としてYouTubeにアップロードされていた動画が話題になったが、カラーは偽物だと否定している。(2016/1/26)

「松本人志が中居へ木村に謝るよう助言」記事 「本人に確認しないまま掲載」とNEWSポストセブン謝罪
松本さんは「100%ウソ!」と否定していました。(2016/1/22)

松本人志、「中居へ木村に謝るよう助言」報道を否定 「100%ウソ!久々に訴えるか!」
SMAP解散騒動の一部報道について、本人のTwitterで怒りをにじませながら。(2016/1/21)

ネット史上最大の謎:
今度こそ本物? ビットコイン生みの親は「サトシ・ナカモト」
ビットコインの生みの親は「サトシ・ナカモト」。仮想通貨の考案者がスクープされた騒動は記憶に新しい。名指しされた日系米国人が完全否定したが、「豪州のIT起業家こそがナカモトの正体だ」と先日報じられ、波紋が広がっている。(2016/1/20)

半数以上が否定派? Facebookの新ボタン
(2016/1/19)

Fortinetのファイアウォールにもバックドア? 旧バージョンのOSに存在
Fortinetは否定し、「社内外の関係者の悪意ある行動に起因する問題ではないことを確認できた」としている。(2016/1/14)

Lenovo傘下のMotorola、ブランドの継続を約束
Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、「Moto」ブランドの端末開発を終了するといううわさを否定し、MotoとVibe(Lenovoのスマートフォンブランド)の両方のブランドの端末を今後も開発していくと公式ブログで説明した。(2016/1/13)

ガチャ炎上の「グラブル」 プロデューサーがステマ否定
声優の田中理恵さんに「ステマ疑惑」がかけられていました。(2016/1/12)

シャープ、複合機事業売却は「現時点で計画なし」 報道を否定
シャープは、同社が複合機事業を売却するという一部報道について「現時点で売却の計画はない」と否定するコメントを出した。(2016/1/6)

エコカー技術:
マツダのSKYACTIVターボエンジンは“意味ある”過給ダウンサイジング
これまでガソリンエンジンの過給ダウンサイジングに否定的だったマツダが、2016年春に北米で発売する新型「CX-9」に、「SKYACTIV-G」で初となるターボエンジンを搭載する。マツダ 常務執行役員の人見光夫氏は「“意味ある”過給ダウンサイジングができる条件がそろったからだ」と理由を説明する。(2016/1/6)

古舘伊知郎、来年3月いっぱいで「報道ステーション」を降板 「後任は?」「実況復活?」ネットで話題
ちなみにデーブ・スペクターさんは後任を否定しています。(2015/12/24)

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い
ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。(2015/12/17)

「フィンランドでベーシックインカム導入決定」は誤報 「あくまで調査が始まるだけ」と大使館が否定
ライブドアニュースなどが拡散し話題になっていました。(2015/12/8)

膳場貴子アナ、「NEWS23降板申し出」の記事を否定
「責任と愛着を持ってやってきた仕事です。降板申し入れはしておりません」と膳場アナ。(2015/12/3)

チケットストリート、2次販売チケットの「入場補償」開始 「転売の否定はファンと興行側両方にマイナス」
チケットストリートが2次販売するチケットの保証プランに「入場不可補償」「代替チケット手配」を加えた。「転売の全面否定はファンにも興行側にもマイナス」と、健全な2次流通プラットフォームの必要性を訴える。(2015/12/1)

シャープ、「奈良・天理に本社移転」報道を否定
シャープが「奈良県の天理工場に本社移転を検討している」との報道を否定。(2015/11/30)

作家・有川浩さん、映画「レインツリーの国」主演・玉森裕太さんの演技を「誠実」と称賛するも、記事で「歯切れ悪い」と書かれ反論
自身のTwitterに、記事内容を否定するコメントを投稿しています。(2015/11/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。