ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「否定」最新記事一覧

「チャレンジ」の意図とは……“戦犯”といわれた東芝・西田氏 生前、何を語ったか
カリスマ経営者か、「戦犯」か。東芝で社長や会長を歴任し、昨年12月に亡くなった西田厚聡氏は、毀誉褒貶相半ばする人物だった。西田氏は生前、2時間近くに及ぶ産経新聞の単独取材に応じ、粉飾の認識を否定していた。(2018/1/16)

mixi「閉鎖の予定はございません」 SNSでのウワサを否定
利用者からは安堵の声が上がっています。(2018/1/13)

「mixi閉鎖」のうわさ、ミクシィが否定 「閉鎖の予定ない」
ミクシィがSNS「mixi」が閉鎖する――誤解に基づくこんなうわさがTwitterで1月12日、出回った。ミクシィは「閉鎖の予定はございません」と、うわさを否定している。(2018/1/13)

Amazonオリジナルドラマのパクリ疑惑に共同プロデューサーが反省の弁 新潮社は関係を否定
「清水潔氏の著作『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』が原作なのではないか」という問い合わせに新潮社がきっぱり否定。(2017/12/31)

「comicoに金銭騙しとられた」ある作家の告発が話題に comico側は「そのような事実はございません」と疑惑否定
comico側、投稿者側にそれぞれ問い合わせてみましたが……。(2017/12/28)

「きららファンタジア」でデータ改ざんや課金アイテムの無限増殖が横行? 運営は一部存在を否定
情報が錯綜(さくそう)しています。(2017/12/20)

企業カルチャーを変革するには
「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る
「働き方改革」実現の施策として注目されるテレワークは、従業員の意識改革と適切なデバイスの導入が成功の鍵だ。テレワーク実施の事例からそのポイントを探る。(2017/12/20)

いまだスケジュール「未定」 2013年から建設予定の群馬県前橋市IKEAはなぜ放置されているのか
「遺跡が出てきた」というネット上のうわさにてついては否定。(2017/12/18)

木下優樹菜、涙袋の整形疑惑を否定 「いじったらいじ前に言いますよ」
ふっくら涙袋かわいい。(2017/12/17)

常見陽平のサラリーマン研究所:
稼ぐためだけの副業はオススメできない
「全てはお小遣いのために」という副業について、否定するつもりはない。ただ、お金だけが目的ではなく、自分のためになる副業の方が楽しいことは言うまでもない。私がオススメしたい副業はこの3つのタイプだ。(2017/12/15)

PC市場にはびこる誤解を否定
Windows 10移行でPC市場が成長傾向──スマホやタブレットの影響は?
Gartnerが発表した調査結果によると、Windows 10への急速な移行によりPC市場がプラスに転じるという。同じく調査結果から、PC市場にはびこる「誤った認識」も否定された。(2017/12/12)

総務省、公衆無線LANの規制強化は「まだ白紙」も課題は山積み
総務省が公衆無線LANのセキュリティ課題について検討する分科会の第1回目を11月24日に開催し「年度内に一定の結論を出す」と発表。しかし一部報道などで見られる公衆無線LAN規制強化については否定した。(2017/11/28)

東芝、「PC事業をASUSに売却へ」報道を否定 「協議入りの事実ない」
「東芝がPC事業を売却する方針を固め、台湾ASUSと交渉に入った」との一部報道に東芝がコメント。「個別企業と協議入りした事実もない」と否定した。(2017/11/17)

「ドラゴンボール ドッカンバトル」ガシャ表示の不具合から提供割合操作疑惑へと発展 → 公式は疑惑を否定
ガシャの提供割合表示画面が、ユーザーごとに異なっていたのが原因。(2017/11/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(35):
いちいち否定されると、くたびれる――批判的な人に振り回されずに「いい気分」で働くには
あなたのまわりに「批判的な人」はいませんか? そんな人がいる環境で「いい気分」で働くためには、どのようにしたらよいのでしょうか。(2017/11/15)

タワーレコード渋谷店でまた不正抽選疑惑 タワレコは「不正はございません」と疑惑を否定
3月にも同様の不正疑惑があがっていましたが……。(2017/11/7)

東芝「サザエさん」スポンサー降板へ? 一部で報道、東芝広報は否定
現時点で決定していることはないとのことでした。(2017/11/1)

「そんな気持ちになれない」市川海老蔵、“新恋人説”を否定 ファンもマスコミへ憤り
「酷いと思いました」と海老蔵さん。(2017/10/31)

Apple、「iPhone X」製造加速のために顔認識の品質基準を下げたといううわさを強く否定
品薄が予想されるハイエンド端末「iPhone X」についてBloombergが「製造加速のためにAppleがFace ID関連の品質基準を下げた」と報じたことに対し、Appleは「まったくの虚偽」と否定し、「他人がiPhoneのロックを解除できる確率は100万分の1程度のまま」と語った。(2017/10/26)

「リメイク話とかないです」 漫画『花より男子』再ドラマ化報道を原作者が否定
どうしてこうなった。(2017/10/22)

「最善策を検討する」:
神戸製鋼、不動産子会社の売却報道に「そのような事実ない」
アルミ製部品のデータ改ざん問題に揺れる神戸製鋼が、不動産子会社・神鋼不動産を売却するとの一部報道を否定するコメントを発表した。(2017/10/11)

AIは先進的パートナーだ
ディープラーニング(深層学習)が人から奪う作業、人を超えない作業の違い
人工知能(AI)は既に遠い未来の技術ではなく、徐々に日常生活に浸透して来ている。仕事を奪われるといった否定的な意見も多いようだが、まずAIは何が得意か何を任せられるのかを理解しよう。(2017/10/3)

見た目だけで周囲の態度が180度変わってしまう化粧品CMが「差別的」と物議 販売元「突然、否定的な声が急増して困惑」
元KARAのク・ハラさんらが出演するフェイスマスク「オルフェス」のCM。(2017/9/26)

当初は不正否定:
転落の始まりは今井絵理子議員との“ロマンス疑惑” 政活費不正にまみれた期待のホープ「ハシケン」
当初は否定していた政活費の不正受給疑惑について、追い詰められる形で認め、神戸市議の職を追われた橋本健氏。(2017/9/19)

「下手すぎて鼻につきます。0点」 チキパ・渡辺亜紗美が描いたドンペンくん、ドン・キホーテから全否定される
ドンキの仕事失っちゃう……。(2017/9/16)

VALU、ヒカル“売り逃げ”への関与否定 「そのような事実ない」
9月4日にヒカルさんが投稿した動画内で、「VALUも売り逃げに関わっていた」との発言があったため。(2017/9/5)

かほく市ママ課の「独身税提案」報道 市は「事実でない」と否定、苦情に困惑
北國新聞の記事「かほく市ママ課『独身税』提案 財務省主計官と懇談」をきっかけに、市に苦情が数十件寄せられたとのこと。(2017/9/4)

映画「童貞。をプロデュース」配給会社と監督、「性行為強要」との出演者の主張を否定
10周年記念上映を中止した理由についても説明。(2017/8/31)

取締役会を開催も:
東芝メモリの売却先はまだ決まらず
東芝は、東芝メモリについて「2017年8月31日の取締役会で売却先を決定」とする一部の報道を否定し、「開示すべき決定事項はない」として、売却先がまだ決定していないことを明らかにした。(2017/8/31)

バンダイナムコ、「海外アニメ配信事業から撤退」報道を否定
海外アニメ配信サイト「DAISUKI」を終了するものの、他の配信は継続するとコメント。(2017/8/23)

今後も強化・継続していく:
バンナム「アニメ海外配信から撤退しない」 報道を否定
バンダイナムコHDが、海外でのアニメ配信事業から撤退するとの報道を否定した。(2017/8/23)

ポケモンGOの「EXレイド」は“格差”を軽減できるか
伝説ポケモン「ミュウツー」は招かれた人だけが参加できる「EXレイド」のボスポケモンとして実装される。EXレイドについては否定的な意見も多いが、一方で人の集まりを改善する効果は期待できるだろう。(2017/8/15)

男はつらいよ……女性の3割「熟年離婚」否定せず 夫は退職後「妻との改善」望むも
女性の3割が「熟年離婚」否定せずとの調査結果が出た。男性は退職後「妻との改善」を望むも、女性は「友人との関係」を優先するとの調査結果も。(2017/8/10)

「神エクセル」は是か非か 識者が問題の本質を追究する「Excel方眼紙公開討論会」開催
「神エクセル」否定派と、否定的意見へ懐疑的な人の意見を交え、問題の本質と解決の糸口を目指します。(2017/8/8)

メルカリ「東証に上場申請」報道を否定 「現段階で決定している事実ない」
日本経済新聞の報道を受けての発表とみられます。(2017/7/22)

テスラも不具合を否定:
テスラEVの衝突事故、運転手は自動運転機能との関連否定
Tesla(テスラ)製EVが米ミネソタ州で衝突事故を起こした問題で、運転手は自動運転機能を使用していなかったと説明しているという。(2017/7/18)

TechFactory通信 編集後記:
「自動運転車が売れない」可能性
「自動運転車が売れない」――こんな特集記事がいまから10年後、2027年の経済誌を飾る可能性を誰も否定できないでしょう。「自動運転車が売れない」(かもしれない)3つの要因について検討します。(2017/7/1)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

どこで買ったのかな? 福原遥、ファッションセンスを否定され笑顔が消える「なんちゃって。笑」
ダサかわな感じは好きな人多そうだ。(2017/6/11)

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表
中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。(2017/6/6)

Dev Basics/Keyword:
Text Analytics API
Text Analytics APIは、入力されたテキストを基にそれがどの言語で書かれたものか、肯定的か否定的か、テキストに含まれるキーフレーズなどを取り出してくれるWeb API。(2017/6/6)

「AKB48総選挙」で重複投票? 管理会社は疑惑を否定、ファンによる検証動画も
投票されているように見えるだけ?(2017/6/1)

「VenusTap」は「復活したMERY」? DeNAがうわさを否定 「一切関連ない」
DeNAがMERYのノウハウを小学館の「VenusTap」に提供している――こんな憶測記事がネットで話題になったが、DeNAは「当社とは一切関連ない」と記事の内容を否定した。(2017/5/31)

五輪が成功すれば2021年:
小池百合子はマクロンになれるか、都議選後の挑戦
小池氏は国政への進出を否定するが、「もし都議選で圧勝した場合、当然次は国政になる」という見方がある。(2017/5/31)

「何も決まってないのに、決まったと断定した記事」 矢口真里、6月再婚報道を否定
この記事は全くありがたくなかったもよう。(2017/5/26)

中日ドラゴンズ又吉投手、レーザーポインターで妨害受けた疑惑を自ら否定 デマの拡散を受けて
記者席のライトを消灯するよう審判が指示し試合が中断した場面が、レーザーポインターでの妨害による中断と誤解されていました。(2017/5/23)

Eugene Kaspersky:
「PLCも攻撃対象だ」カスペルスキー氏が製造業に警鐘を鳴らす
大規模なランサムウェア被害が報告される中、カスペルスキーのCEO ユージン・カスペルスキー氏が来日。生産施設のPLCや産業用ロボットなどもWannaCryのようなサイバー攻撃の対象になる可能性は否定できないと警鐘を鳴らす。(2017/5/23)

記者から「上場廃止」「法的整理」を問われた東芝 それって何?
2016年度通期の決算短信の公表を見送った東芝。代わりに発表した決算「見通し」の説明会で、同社の綱川智社長は「上場廃止」「法的整理」の選択肢について記者から問われ、これらを否定した。そもそも「上場廃止」「法的整理」とは何なのだろうか。(2017/5/22)

「魔女狩りだ」:
トランプ大統領、FBIへの圧力やロシアとの共謀を全否定
トランプ米大統領は、大統領選キャンペーン中にロシアと共謀したとの疑惑やコミー前FBI長官に圧力をかけたとの報道について、全面的に否定。(2017/5/19)

高須院長、損賠1000万円で民進党・大西健介議員と蓮舫代表を提訴へ 大西議員は「誤解されている」と困惑
大西議員は取材に対し、高須クリニックを批判したわけではないと否定しています。(2017/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。