ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドリーム・アーツ」最新記事一覧

小田急電鉄が全社のグループウェアを刷新、その効果は?
小田急電鉄がグループ全社の情報共有基盤を刷新。部署を超えたコミュニケーションが生まれ、社員に対してアンケートを取るような動きも生まれているという。(2017/6/22)

LEDを当てて1分間で固まる:
メガハウス、光で固める3Dペン「3Dドリームアーツ」7セットを11月上旬に発売
特殊樹脂を付属のLED「マジカルライト」で1分間照射し、立体物を作り出すことができる3Dペン「3Dドリームアーツ」が11月上旬にメガハウスから発売される。価格は1450円から。(2015/9/15)

NEWS
社員の声をLIVEでお届け ドリーム・アーツが新サービス
現場の気付きや考えをリアルタイムで地域や職種、役職を越えて共有することは困難だ。ドリーム・アーツは、こうした課題の解決に役立つ大企業向けの情報共有支援サービル「知話輪」を発表した。(2015/4/15)

300円ショップ「3COINS」の“何度でも行きたくなる店”を作る仕掛け
小売店にとって、店舗の商品陳列は売り上げに直結する重要なファクターだ。客のニーズに応える形で、店舗へリアルタイムにレイアウトの指示ができないか――そんな課題を抱えていた“300円ショップ”があった。(2015/3/4)

本部と店舗の“溝”を埋める――レンタル大手「ゲオ」が採用した、店舗支援クラウドとは?
中古品市場の伸びとともに大きく成長したレンタルショップ大手の「ゲオ」。店舗数の急激な増加に伴い、本部と各店舗間のコミュニケーションが滞り始めたという。この課題を解決したのは、とあるクラウドサービスだった。(2015/2/23)

ワコールの事業拡大を支える、新グループウェアの効果とは?
下着から水着業界へとビジネスを広げているワコール。最近は海外展開や事業買収により、グループの規模も大きくなっているが、その変化に社内ポータルが対応できなくなってしまった。社内ポータルの刷新を決意した同社が選んだシステムとは。(2015/2/3)

バンダイナムコが採用した文書管理データベース、その効果は?
ホビー、コンテンツ、アミューズメント施設など幅広い事業を手掛けるバンダイナムコグループ。約100社のグループ会社を抱える巨大企業が、内部統制を一元化するために打った施策とは。(2014/12/29)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
誰もが悩む海外展開時のITシステム、解決策を探る
日本企業の海外進出が増え続ける中、各社が頭を悩ますのがITシステムだ。海外拠点で利用するシステムの選定や本社との情報連携に課題を見いだすケースが多い。最適解を探る。(2013/11/14)

銀座コージーコーナー、クラウドサービスで社内連携を強化
本部と店舗との連携体制を強化するため、銀座コージーコーナーはクラウドサービス「Shopらん」を導入した。(2013/10/16)

タブレットとクラウドを組み合わせた“感性に訴える”営業支援サービス
新たな営業支援ソリューション「YUKARi」をドリーム・アーツが発表した。(2013/9/10)

タブレットは営業革新の武器:
ドリーム・アーツ、営業現場のタブレット活用を支援するクラウドサービス
営業現場でのタブレット利用を支援するクラウドサービス「YUKARi(ゆかり)」。タブレットの特性を最大限に引き出し、組織的な営業改革を支援するサービスであるという。(2013/9/10)

顧客の声を正確に掴め! 業務フロー全体にメスを入れたアンデルセンサービス
ベーカリーショップ「アンデルセン」をはじめとするグループ各社の管理部門機能やカスタマーサービスを担うアンデルセンサービス。顧客からの問い合わせやクレームの管理に悩みを抱えていた同社が行った変革とは。(2013/9/3)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネス激変時代のドキュメント管理
企業が業務上管理しなければならない非定型データは、その形式、重要性、管理目的、利用形態が変化してきている。ビジネス環境が激変する時代の、ドキュメント管理のあり方とは?(2013/7/11)

ホワイトペーパー:
スマートデバイスがリードする業務改革−事例から見えてきたその「潜在能力」
業務の中で生まれた課題を、スマートデバイスの導入によって解決し、社員のワークスタイルの変革につなげていこうという先進的な取り組みを行っている「レンタルのニッケン」の事例を紹介する。(2013/5/31)

2013 Japan IT Week 春リポート(クラウド編)
王者AWSにどう挑むか、主要クラウドサービスの最新動向
さまざまなパートナー企業とタッグを組み、企業システムに浸食する王者AWS。そのAWSに対抗すべく、多数のアップデートで挑む国内クラウド勢。クラウドEXPO 2013の模様をリポートする。(2013/5/16)

ホワイトペーパー:
コストを抑えて業務継続を実現させる、新発想のDR対策
不測の事態に備え、今すぐにでも事業継続対策を講じたい。しかし、システム冗長化には莫大なコストが掛かり、データバックアップでは事業継続性が望めない。そんな2極化したディザスタリカバリ対策に、コストと事業継続性のバランスが取れた『第3の選択肢』。(2013/4/18)

コクヨグループ、業務システムをパブリッククラウドへ移行
コクヨグループは既に導入していたグループウェアとWebデータベースをクラウド化した。(2012/11/21)

TSUTAYAが店舗と本部間のコミュニケーション基盤を強化
DVD・CDレンタルチェーンを展開する「TSUTAYA」は、約100店舗と本部とをつなぐコミュニケーション基盤システムを採用した。(2012/11/15)

学内コミュニケーションに変化あり!:
“脱・属人化”を目指し、情報共有基盤を刷新した明星大学
長年にわたり内製化したグループウェアでキャンパス内の教室予約や教職員のスケジュール管理などを行ってきた明星大学だが、システムの運用・管理面で問題を抱えていた。そこで打った一手とは――。(2012/9/6)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
もんじゃ焼きはガールズトークと相性抜群 ドリーム・アーツ 中川望さん
証券会社の営業からキャリアをスタートさせた中川さんは、昨年末からIT企業の広報という新たな分野で挑戦している。目まぐるしい日々を支える上で欠かせないものとは――。(2012/8/23)

CITYVOX、リサイクルショップ約40店舗での情報共有基盤を強化
小売業の多拠点マネジメントを支援するクラウドサービスをCITYVOXが採用した。(2012/8/2)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
仮想化・クラウド環境の統合管理もできる「バックアップツール」選定のヒント
物理/仮想化環境の混在、クラウドにも対応可能な最新のバックアップ対策とは何か? TechTargetジャパンが2012年4月に実施した読者調査を踏まえ、バックアップツールの選定のヒントを探っていく。(2012/6/28)

ホワイトペーパー:
全日本空輸(ANA)など大手8社に学ぶ、全社の課題解決事例
全社員が利用し、企業全体に効果が波及するグループウェアやポータル、ワークフローなどの情報基盤の活用で経営課題に取り組んだ全日本空輸(ANA)など複数のユーザー事例を通じて、その解決法を紹介する。(2012/5/24)

ドリーム・アーツ、INSUITEの最新版を発売 スマートデバイス対応を強化
大企業向けグループウェア「INSUITE」の最新版では、スマートデバイス向け業務アプリケーション作成機能を強化した。(2012/5/15)

auショップが店舗間コミュニケーションをクラウドサービスで強化
KDDIが運営するauショップはコミュニケーション基盤を強化し、効率的な店舗改革を推進する。(2012/5/8)

三菱東京UFJが業務システム基盤を刷新 支店業務の効率化を目的に
業務のシステム化を支援するアプリケーション基盤「ひびき Sm@rtDB」を三菱東京UFJ銀行が採用した。(2012/4/11)

UQコミュニケーションズ、大企業向け情報ポータルを全社導入
UQコミュニケーションズは、ドリーム・アーツのEIP型グループウェアを導入し、社内全体のOA環境を刷新する。(2011/10/18)

グループウェア導入事例:INSUITE
ニッケンが解決したNotes移行の2大課題、業務に即したワークフローと膨大なDB移行
Notesを徹底的にカスタマイズして社内情報共有基盤を構築していたレンタルのニッケン。他社グループウェアとWebデータベースの組み合わせへのリプレースで、さらなるビジネスプロセスの効率化を目指す。(2011/10/6)

JAL、3万5000人が利用する社内ポータルを刷新
ドリーム・アーツの企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE」をJALが今年9月から稼働する予定だ。(2011/6/14)

iPhoneで動かす業務用Webアプリ開発入門(5):
HTML5でiPhone用Webアプリをオフライン対応に
業務用アプリのiPhone対応経験を基に、iPhoneで動かすための、業務で使えるWebアプリケーションを作成するときのコツを紹介します(2011/4/18)

現代を生き残る企業に必要な「発想の転換」
スクラップ&ビルドが自在の新陳代謝の良い情報系アプリケーション
「低コスト」「低リスク」「低工数」はもはやIT導入の必須条件だ。導入やカスタマイズのたびに多くの時間とコストを掛けるのはもうやめよう。今求められる情報系システムの要件を考える。(2011/2/18)

ホワイトペーパー:
全日本空輸ほか、有名企業7社のグループウェア選定/移行の決め手
なぜグループウェアでの情報活用が進まないのか。本ホワイトペーパーではその答えがほしいITマネジャーのために、成功企業の生の声をお届けする(提供:ドリーム・アーツ)。(2011/2/8)

グループウェア製品一覧
ファイル共有、電子メールや電子掲示板、スケジュール共有、ワークフロー管理などの機能を統合した形で提供するグループウェア製品/サービスを紹介する。(2010/11/26)

企業情報ポータル型グループウェアで実現する新ビジネスコックピット
事例に学ぶ、「攻めに転じる」グループウェア活用
メールやグループウェアの活用が進み、情報を広く全員に届けることは容易になった。しかし、必要な担当者に、タイムリーに伝え、情報を業務改善の「武器」にしているだろうか。(2010/11/16)

iPhoneで動かす業務用Webアプリ開発入門(1):
WebアプリをiPhoneっぽくするための5つのポイント
業務用アプリのiPhone対応経験を基に、iPhoneで動かすための、業務で使えるWebアプリケーションを作成するときのコツを紹介します(2010/9/30)

iPhone対応の多店舗運営システム「店舗matic」に承認機能
ネクスウェイとドリーム・アーツが、iPhone対応の多店舗運営支援サービス「店舗matic」の最新版をリリース。承認機能や緊急情報通知機能などを追加した。(2010/8/25)

NEWS
ドリーム・アーツ、EIP型グループウェアの最新版で50種以上の機能追加拡張
最新版では、モバイル画面の刷新やスマートフォン対応機種拡大のほか、顧客からの要望を中心に50種以上の機能を追加・拡充し、使い易さを向上した。(2010/3/23)

企業戦略を店舗が確実に実施するために
チェーンストア企業のための本部店舗間コミュニケーション改善
チェーンストア企業の売上拡大を担うのは店舗である。しかし、本部で立案された戦略は確実に全店舗で実施されているだろうか。ユーザー企業への調査を基にチェーンストア企業が抱える課題を洗い出す。(2009/6/9)

ANA、3万人が使う情シスを刷新 Notesから乗り換え
ANAは、グループ企業や海外拠点ごとに運用していたシステムの基盤を一本化した。間接業務の効率化やコスト削減を狙う。(2009/5/22)

動画共有ができるグループウェア、ドリーム・アーツが発売
顧客の声や社員の意見を動画で撮影し、共有できるグループウェアをドリーム・アーツが発売した。(2009/3/25)

ホワイトペーパー:
監査コストが1/10に!? まだ間に合うIT統制
IT統制が求められる年度監査まであとわずか。しかし、その対応には多大な負荷が掛かっている。統一したコントロール基盤でIT統制をクリアした事例を基に、IT統制に対応するキーポイントを紹介する(提供:ドリーム・アーツ)。(2009/2/13)

グローバル規模の情報共有:
商船三井、国内外の拠点で1万人が利用するポータルに「INSUITE」を採用
商船三井は、本社および国内外の拠点に属する1万人の社員が利用するポータルの構築に、ドリーム・アーツの大規模向けグループウェアを採用した。(2008/9/4)

ホワイトペーパー:
ワークスタイル変革のカギは、現場主導による業務改善
情報の無秩序な共有による漏えい・紛失のリスクは、企業が直面している大きな課題だ。セキュリティと利便性の二律背反を解消する情報共有基盤のあるべき姿と活用のヒントを解説する(提供:ドリーム・アーツ)。(2008/8/28)

スマートフォン対応を強化:
ドリーム・アーツ、グループウェア「INSUITE」をiPhone対応に
大企業向けグループウェア「INSUITE Enterprise」をiPhoneで利用できるようにする。(2008/7/14)

NEWS
ドリーム・アーツ、大規模向けEIP型グループウェアをiPhoneフル対応に
大規模向け企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE Enterprise」を、次期バージョンよりiPhoneをはじめとする次世代スマートフォンに全面対応していく。(2008/7/14)

ExcelやWordでやっていたことを部署横断的に:
ドリーム・アーツ、大企業向けWebデータベースを単品販売
(2008/6/25)

アスクルも活用:
ドリーム・アーツ、Web DB製品を単体販売
ドリーム・アーツは大規模企業向けWebデータベース(DB)製品を単体販売すると発表した。(2008/6/25)

ホワイトペーパー:
「Notes移行」で実現する「業務改革」とは?
Notes移行は単なるシステムの入れ替えでなく、全社的な業務改革のビッグチャンスだ。大規模ユーザを中心に豊富なNotes移行実績を誇るドリーム・アーツが、Notes移行を好機に変える「秘訣」を紹介(提供:ドリーム・アーツ)。(2008/6/16)

利便性と管理統制を両立するデータベース製品がワークスタイルを変革する:
PR:「強い現場集団」を作るために、今こそ情報共有基盤の確立を
変化が激しい現在のビジネスシーンでは、実務現場が変化対応力に富み、手に入れた情報をもとに自ら柔軟かつスピーディーに改善し続けていくことのできる「強い現場集団」が、勝ち残る企業の条件だといえる。しかし、その実現には苦慮している企業も多い。そもそも強い企業に求められる現場とは何か、そしてそれを支援できるツールはどんなものがあるのだろうか。(2008/6/11)

忙殺される中間管理職、ソフトウェアが救えるか
ドリーム・アーツの山本社長に聞く。アスクルの思い切った「体質改善」などを例に、今後のソフトウェアの在り方を考える。(2008/4/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。