ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「店舗」最新記事一覧

アップルPickUp!:
iPhone 8発売 アップルストア表参道に行列
都内の直営店3店舗で計200人がハイタッチ。(2017/9/22)

車両型移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」登場 「Koboパーク宮城」から
楽天モバイルは、9月30日から車両型移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」での楽天モバイル申し込みを受付開始。まずは「Koboパーク宮城」でスタートし、今後各地を巡回する予定だ。(2017/9/21)

球場やレジャー施設を訪問:
楽天モバイル、即席出店できる移動店舗カー導入
楽天モバイルが、車両型移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」を導入する。実店舗ではリーチできなかった顧客層との接点を拡大し、さらなる新規顧客の獲得につなげる狙いがある。(2017/9/21)

H.I.Sがビットコイン決済対応 首都圏の店頭で
H.I.Sがビットコイン決済を導入。首都圏内の9拠点・38店舗で、23日に本格スタートする。(2017/9/21)

O157感染の総菜店「でりしゃす」全17店舗閉店へ 「総合的な経営判断の結果」
3歳女児が亡くなっている。(2017/9/20)

蓋だにゃーん シャノアール系列全店舗でペットボトルの「ふたねこ」がもらえるキャンペーン開催
猫耳ボトル。(2017/9/20)

かっぱ寿司の食べ放題が帰ってきた 36店舗でWebとアプリ予約限定の「新・食べ放題」が激戦の予感
実施店舗が大きく入れ替わっているので要チェック。(2017/9/18)

週末アキバ特価リポート:
3連休のアキバは4TB HDDが税込み1万円切り ショップ間の競争で長期化
今週末もSeagateの4TB HDD「ST4000DM004」の税込み1万円切り特価を目玉に据えるショップが複数ある。近接店舗間の競争原理が長らくのチャンスを支えている。(2017/9/16)

ゲオ、中古スマホが最大80%オフになる「スマホ大決算セール」開催 
ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイルなど1300店舗とゲオモバイルオンラインで「スマホ大決算セール」を開催。中古スマートフォンを5%〜80%割引で販売する。(2017/9/15)

ゲオモバイルで格安SIM「イオンモバイル」を取扱開始
ゲオは、全国のゲオショップとゲオモバイルの一部店舗で格安SIMカード「イオンモバイル」を販売開始。一部のイオンモバイルの店舗ではゲオモバイルの中古スマホ販売も行う。(2017/9/14)

流通店舗にて商品情報を管理:
凸版印刷、流通向けに1枚約5円の低価格ICタグを開発
凸版印刷は、流通店舗向けに商品情報を管理する低価格ICタグ「SMARTICS-U」を開発した。(2017/9/11)

Appleの最新店舗ガイドラインに従ったPremium Reseller姫路店を見てきた
新製品発表直前、Appleの展示手法を読み解く、MACお宝鑑定団ならではの店舗レポート。(2017/9/11)

どの都道府県にいてもCOCO'Sに行ける時代! ついに鹿児島県に1号店オープン
全国に約600店舗あるのに、なぜか鹿児島だけ進出していなかったファミリーレストラン。(2017/9/11)

週末アキバ特価リポート:
複数店舗で4TB HDDが税込み9980円に!
Seagateの4TB HDD「ST4000DM004」が複数店舗で1万円切りして、週末特価の目玉となっている。街全体で影響し合っている感があり、ユーザーにはうれしい状況といえる。(2017/9/10)

スマモバ、iPhone SEの取り扱いを開始 通信料込みで月額4980円(税別)から
スマートモバイルコミュニケーションズの格安SIMブランド「スマモバ」は、一部店舗で「iPhone SE」の取り扱いを開始した。カラーはゴールド、ローズゴールドで、月額4980円(税別)から利用できる。(2017/9/8)

米百貨店Kohl'sがAmazonと提携 実店舗内にAmazonショップを開設へ
Amazonに食われてきたデパートが、長年のライバルと手を組む。その真意は?(2017/9/7)

ネット通販などに苦戦:
米トイザらス、破産の可能性も
米玩具販売店大手のトイザらスが、経営状態の改善に向けて大手法律事務所と契約したと、一部が報じた。破産申請の可能性もあるという。(2017/9/7)

タイトー、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 「店舗運営ノウハウ生かす」
タイトーがスマートフォンで遠隔操作できる“新クレーンゲーム”を発表。獲得した景品は自宅まで無料配送してくれる。(2017/9/6)

「4つの大丈夫」をアピール:
「マックなら、大丈夫」マクドナルド、主婦の採用強化
日本マクドナルドが「マックなら、大丈夫。」キャンペーンを実施。主婦やシニア層が安心して働ける環境をアピールし、店舗アルバイトスタッフの採用を強化する。(2017/9/5)

太陽光:
インドネシアのイオンで太陽光発電、二国間クレジットでCO2削減に
伊藤忠商事とイオンモールは、インドネシアで二国間クレジット制度を利用した太陽光発電事業に着手する。イオンモールがジャカルタに開設する新店舗の屋根に太陽光発電と蓄電池を導入し、年間550トンのCO2排出量削減を目指す。(2017/9/5)

マツモトキヨシが「dポイント」に対応 2018年4月予定
マツモトキヨシホールディングスとNTTドコモが業務提携に合意。2018年4月(予定)からマツモトキヨシ店舗で購入額100円(税別)ごとに1ポイントのdポイントが貯まり、マツモトキヨシでの買い物にも利用できるようになる。(2017/8/30)

マーケティングでも協力:
マツキヨ全店舗がdポイント対応 18年4月から
NTTドコモとマツモトキヨシホールディングスが、ポイントサービスの分野で協業。全国のマツモトキヨシ店舗が「dポイント」に対応する。(2017/8/30)

「カラオケルームを仕事場に」首都圏以外でも提供 ビッグエコー
「ビッグエコー」のカラオケルームを仕事用スペースとして使えるサービスが、首都圏以外の一部店舗でも利用可能に。(2017/8/30)

Weekly Memo:
オムニチャネル時代のPOSに欠かせない3つの要素
日本HPがおしゃれな店舗にフィットするPOSの新製品を発表した。確かにおしゃれなPOSは今までなかった。実はそこに小売業の構造変化が映し出されているのではないだろうか。(2017/8/28)

スマホ用タッチペン「Su-Pen」にノック式の「KTモデル」が登場
MetaMoJiのスマートフォン用タッチペン「Su-Pen」に、片手でペン先を出し入れできるノック式モデルが追加される。8月25日から「AppBank Store」の店舗やオンラインショップで先行発売する。一般発売は9月7日に予定している。(2017/8/25)

ユニーとドンキホーテが資本・業務提携 ダブルネーム店舗など
一部でダブルネーム店舗やブランド転換など。(2017/8/24)

ミニストップ統合進むか:
セブンに店舗売上高で大差つけられるローソン “三菱色”で巻き返し?
三菱商事色が濃くなったローソンは、首位セブン−イレブン・ジャパンに果たして対抗できるのか?(2017/8/21)

GMO TECHとアクアビットスパイラルズが実証実験:
海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。現地で担当者に聞いた。(2017/8/19)

車載情報機器:
トヨタがカーシェア事業に本腰、2017年秋からハワイの販売店でサービス開始
トヨタ自動車は、同社販売店向けのカーシェア事業用アプリを開発したと発表した。2017年7月から米国ハワイ州の販売店であるServcoと試験的な運用を開始しており、同年後半には同州ホノルルで一般顧客向けのカーシェア事業を始める。(2017/8/17)

中古スマホ販売/買取ランキング:
iPhone 5s/6の買い取り価格が下落 ゲオ7月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。7月もiPhone 5s/6(3キャリア)の販売と買い取りが好調だ。一方、買い取り価格が下落している。(2017/8/16)

Amazon.com、オンライン購入品をロッカーで受け取れる「Instant Pickup」
Amazon.comは、モバイルアプリで発注した商品をAmazon店舗のロッカーでピックアップするプライム会員向けサービス「Instant Pickup」をまずは米国でスタートした。(2017/8/16)

ビッグサイト付近のホテル、レストランの生演奏が「コミケ仕様」と評判に 店舗側は残念ながらピアノ撤去の可能性
すばらしいおもてなし精神。(2017/8/14)

今日も1日がんばるぞい! ローソンで「NEW GAME!!」キャンペーン
コラボ店舗でオリジナルグッズを販売。(2017/8/11)

「ラーメン二郎」全店舗“見分ける”bot NTTコムウェア技術者が趣味で開発
「ラーメン二郎」のラーメン画像をリプライすると、どこの二郎なのか答えてくれる――そんなTwitterのbotアカウントを、NTTコムウェアの技術者が趣味で開発した。正答率は約87%という。(2017/8/10)

通年実施目指す:
かっぱ寿司、好評で再び「食べ放題」 ネット予約制に
「かっぱ寿司」の食べ放題第2弾は8月28日から9月8日まで、全国36店舗で実施。(2017/8/10)

ビットコイン、分裂騒動なんのその 価格高騰、利用シーン拡大
「ビットコイン」を利用できる店舗が増えている。8月初めに分裂し、利用者が離れる懸念もあったが、大きな混乱もなく騒ぎは収束した。(2017/8/10)

電気自動車:
トヨタとセブン、コンビニ運営で水素活用 FCトラックや蓄電池導入
セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は、コンビニ運営に水素を活用する取り組みを開始する。燃料電池トラックや燃料電池発電機、蓄電池などを導入し、物流と店舗運営の省エネおよびCO2排出量削減を図る。(2017/8/9)

「ネット回線開設すればSwitch買える」 ヤマダ電機、「店員の不適切な説明」を謝罪
ヤマダ電機は、一部店舗で店員が、「Nintendo Switchの単品購入はできないが、ネット回線『Softbank Air』とのセットなら買える」と不適切な説明をしたとし、謝罪した。(2017/8/9)

JASRACがテレビCM 「店舗でBGM利用には手続き必要」と呼び掛け
JASRACがテレビCMを開始。JASRAC管理楽曲を店舗でBGM利用する場合、著作権の手続きが必要であることを周知する。(2017/8/8)

まるでWeb会議用の電話ボックス!? テレワーク難民を救う“究極の個室”とは
防音機能付き個室「テレキューブ」を、オフィスや店舗に――。テレキューブコンソーシアムが仕掛ける「働き方改革」とは!?(2017/8/2)

蓄電・発電機器:
総合効率90%、日立造船が業務・産業用SOFCの実証を開始
日立造船は大阪産業技術研究所と共同で、固体酸化型燃料電池(SOFC)を用いる出力20kW(キロワット)級の業務・産業用発電装置の実証実験を開始した。電気と熱を併せた総合エネルギー効率で90%を達成している。店舗や集合住宅など向けに、2017年度中の市場投入を目指す方針だ。(2017/7/31)

日本マクドナルド、6月に続き一部店舗で電子マネーやポイントが利用できず→1日経過して復旧
店舗は通常通り営業しています。【追記】(2017/7/28)

マクドナルドでまた電子マネー決済できない不具合 原因は「機器の不具合」、既に復旧
一部のマクドナルド店舗で、商品購入時に電子マネーや「dポイント」などでの決済ができない不具合が起きた。28日午前10時ごろに復旧した。【更新】(2017/7/28)

苦味抑えて飲み心地アップ:
サッポロ、エビスビールの新商品「エビス #127」発売
サッポロビールが「エビス #127(エビス イチニーナナ)」を発売する。滑らかな飲み心地が特徴という。セブン&アイ・ホールディングス傘下の実店舗とショッピングサイト限定で販売する。(2017/7/27)

早期に国内500店舗:
トリドール、立ち飲み居酒屋「晩杯屋」を買収
トリドールホールディングスが、居酒屋「晩杯屋」を手掛けるアクティブソースを買収すると発表。店舗数の拡大につなげる。【更新】(2017/7/27)

氷点下アイスコーヒーを限定販売:
「ヒンヤリ」「ゾワッ」で来客増 ベローチェの夏施策
カフェ・ベローチェが店舗・数量限定で「氷点下アイスコーヒー」を発売。アイスコーヒー・アイスティーのサイズアップキャンペーンや、「怖い話」提供も行っており、「真夏日を快適に過ごせるベローチェ」をアピールする。(2017/7/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
ローソンの「売上高1割アップ」が困難な理由
ローソンが発表した中期経営計画では、各店舗における1日当たりの売上高を1割以上引き上げるという高い目標が掲げられたが、実現はそう容易ではない。ローソンが抱える課題から、コンビニというビジネスの特徴について解説する。(2017/7/26)

「ビックカメラ」全店でビットコイン払いに対応 「想定より利用多い」
ビットコインによる決済サービスが26日からビックカメラ全店舗に導入される。(2017/7/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

さらなるECの発展目指す:
実店舗の様子をVRで再現 遠隔地でもリアルな購買体験
エスキュービズム、共同印刷、タッグが、ECシステム「EC−Orange VR」を開発。実店舗の様子をVRで再現し、現地で買い物をしているような購買体験を提供できるという。【更新】(2017/7/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。