ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

来店客の情報をマーケティングに生かす:
PR:小売店のデータ活用に革命!? 来店客の数や年齢、性別分析で店舗はどう変わるのか?
POSデータや会員カードの購買履歴データなどの分析・収集が一般的になっているが、来店客の数・年齢・性別を瞬時に判別するシステムがある。大手家具チェーンの東京インテリア家具ではこのシステムを導入し、さまざまな成果をあげているという。どのような仕組みなのだろうか。(2018/8/20)

三度の飯より飯が好きな人求む:
ZOZO 前澤社長、「食の専属アシスタント」募集 仕事は「一緒に食べ歩き」
スタートトゥデイの前澤社長が、「食のプライベートアシスタント」を募集開始。全国のおいしいレストランを実際に食べ歩き、味がよかった店舗に前澤社長を連れていく業務を担う。(2018/8/16)

渋谷・道玄坂にドンキ初の28階建て超高層複合ビル、周辺環境の課題も解決
ドン・キホーテは、再開発が進む渋谷エリアで、同社初の超高層複合ビルの建設を計画している。計画地は「ドン・キホーテ渋谷店」跡地の一部を含めた道玄坂二丁目の敷地で、ここに地上28階建ての店舗、ホテル、オフィスが入る複合施設を2022年の完成を目指し建設する。(2018/8/16)

Apple 京都が8月25日10時にオープン
Appleが8月25日10時に新店舗「Apple 京都」をオープンする。営業時間は10時から21時までで、さまざまなプログラムも実施する。(2018/8/14)

ロックの街に何が?:
沖縄・コザの街のシャッターが少しずつ開き始めている理由
ロックの聖地として知られるコザ(現在の沖縄市)。基地に隣接する街であることもあって、かつては戦争特需で空前の好景気が訪れた。しかし、その後の衰退によって、中心街はシャッター店舗だらけになってしまった。そうした中、数年前から徐々に街が活気付こうとしているのだ――。(2018/8/14)

炎上を疑似体験するプログラム「働くひとのための炎上防災訓練」提供開始 当事者になって炎上を“自分ごと”に
店舗やオフィスなどで働く従業員向けのプログラムです。(2018/8/14)

App Town フード/ドリンク:
テイクアウトの事前注文・決済アプリ「PICKS」が「HENRY'S BURGER」全店舗で利用可能に
テイクアウトの事前注文・決済アプリ「PICKS」が、「HENRY'S BURGER」の全店舗に対応した。注文と同時に決済されるため、キャッシュレスで利用可能だ。(2018/8/13)

店舗・事務所・ホテルが入居:
ドンキHD、渋谷・道玄坂に地上120メートルのビル建設へ
ドンキホーテHDが、東京・渋谷区に高さ約120メートルの高層ビルを建設する。地域全体の発展と活性化が狙いで、ホテルや店舗、事務所などが入居する。22年4月に竣工する予定。(2018/8/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper 2990WXが深夜販売でデビュー
32コア・64スレッドの新CPU「Ryzen Threadripper 2990WX」が8月13日22時から販売解禁。深夜販売を実施する店舗もあり、お盆期間も目玉となりそうだ。(2018/8/13)

中小企業、店舗向けの普及施策に注力
LINE Payが独自デバイスを開発 店舗用アプリ決済手数料の3年間無料化も
LINE Payがモバイル決済サービスの普及施策を発表した。新デバイスの開発と店舗アプリ決済手数料の無料キャンペーンを実施し、本サービスを通じた「決済コミュニケーション」の浸透を図る。(2018/8/10)

メルカリが決済サービスに本腰 フリマ販売収入を実店舗でも利用可能に
メルカリがキャッシュレス決済サービスに本腰を入れる。ユーザーがメルカリで得た販売収入や銀行口座などを一括管理できるウォレット機能を提供し、オンラインだけでなく実店舗でも利用できるようにする。(2018/8/9)

IGAS 2018:
「多品種・小ロット」の印刷ビジネス領域を広げる提案、ローランド
ローランド ディー.ジー.は「IGAS2018」で、店舗装飾やディスプレイをはじめ、ギフトやノベルティなどの多品種・小ロット製品に応えるプリントビジネスを提案した。(2018/8/7)

焼きたてのピザが買える自販機が広島のTSUTAYAに登場 設置のいきさつを聞いてみた
実験の結果によっては他の店舗にも設置されるかも。(2018/8/6)

牛や豚より何が優れているの?:
ワタミを救った「鶏肉」に外食チェーンが熱視線を送るワケ
経営不振に陥っていたワタミが鶏肉をメインにした業態の店舗を増やすことで復活しようとしている。近年、鶏肉をメインにした業態に大手外食チェーンが次々と参入しているが、ビジネスモデルの観点から牛や豚より鶏が優れている理由を考察する。(2018/8/6)

現金派の約4割がQRコード決済を認知 ネットプロテクションズ調べ
ネットプロテクションズは、7月31日に「キャッシュレス決済に関する意識調査」の結果を発表。実店舗で利用してみたい決済方法TOP3は「後払い決済」「クレジットカード決済」「プリペイド決済」で、現金派ユーザーの半数はQRコード決済に抵抗を感じていないことが分かった。(2018/8/3)

ローソンに転換へ:
セーブオン、8月末で全店舗を閉店 焼きまんじゅうの今後は……
セーブオンが8月31日に群馬県内の全店舗を閉店し、ローソンに転換する。セーブオンブランドの全店舗が消滅する。名物「焼きまんじゅう」の販売を続けるかは未定という。(2018/8/2)

セーブオン、8月末で全店舗閉店が決定 群馬県民の心のコンビニ姿消す
値段の安さで知られ、「39円アイス」などが人気でした。(2018/8/2)

上場時の決算書を分析:
家賃が200万円もするのにスタバがもうかる理由
スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?(2018/8/2)

チョコレートの商品情報をAIアプリで確認――ゴディバと日立ソリューションズ、店舗スタッフ向け商品照会アプリを共同検証
日立ソリューションズとゴディバ ジャパンは、スマートフォンアプリで商品を撮影し、その場で商品情報を確認できる店舗スタッフ向けの商品情報照会システムの実証実験を行った。システムは、MicrosoftのAIサービス「Cognitive Services」の画像認識機能を活用して構築。10枚程度の商品写真で機械学習させたAIで、高精度な照会を実現したという。(2018/8/1)

書店とファミマが“合体” 積文館書店との一体型店舗、佐賀に
書店とファミマが合体した店舗が佐賀に。積文館書店との一体型店を8月2日に開店。コンビニエリアと書店エリアの間に仕切りはなく、レジも集約する。(2018/8/1)

知られざるビジネスモデル:
いつも暇そうに新聞を読んでいる不動産屋はなぜベンツに乗っているのか
いつも店舗で暇そうにしている不動産屋を見かけたことはないだろうか。ビジネスパーソンがせっせと働いているのとは対照的だが、どのようにして稼いでいるのだろうか。そのビジネスモデルを解剖する。(2018/8/1)

LINEペイ、決済手段を多様化 加盟店に独自QR端末提供
店舗側が端末に支払額を打ち込むと額に応じたQRコードが表示され、消費者がスマホで読み込むと支払いが完了する。(2018/7/31)

ソフマップでブランド衣料買い取り ベクトルと提携、女性客取り込み狙う
ソフマップが、古着の買い取り・販売を手掛けるベクトルと提携。8月1日からソフマップの一部店舗で、衣料品やバッグなどのブランド品の買い取り受け付けを始める。新規の女性顧客開拓を狙う。(2018/7/30)

「ムーミンの日」を記念したカラフルなドリンクが登場! ムーミンがフローズンの上にぷかぷか
全国12店舗の「ムーミンスタンド」で8月4〜12日の期間限定販売!(2018/7/30)

店舗とトラックで環境配慮 セブン−イレブン、CO2排出大幅削減へ
セブン−イレブン・ジャパンが、二酸化炭素排出量の大幅削減に向けたプロジェクトを本格化させている。(2018/7/30)

串カツ田中、76店舗で営業時間変更 昼飲みや昼食需要を狙う
日中のママ会など潜在需要の掘り起こしにつながる?(2018/7/29)

「駿河屋」が北海道上陸 新宿マルイアネックス店級の超巨大店舗に
グランドオープンは8月4日。(2018/7/29)

iアプリ対応の第1弾 ストレートボディーの「mova P503i」(懐かしのケータイ)
503iシリーズの目玉機能「iアプリ」。対応第1弾ケータイとして登場したP503iは、発売初日には行列ができる店舗も出てくるほどの人気ぶりでした。(2018/7/29)

加盟店の手数料は3年間無料:
ソフトバンクとヤフーの合弁会社、コード決済「PayPay」を2018年秋に提供
ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、新たなコード決済サービス「PayPay」を2018年秋に提供する。PayPayやYahoo!Japanのアプリから利用する。店舗側が負担する決済手数料は3年間無料とする。(2018/7/27)

銀行生き残りへ土日営業加速 平日休業容認、利便性アップへ
金融庁が銀行店舗の平日休業を認める規制緩和を今夏にも実施。柔軟な店舗運営を認め、コスト削減を後押しする狙いだ。杓子定規だった銀行の営業形態が様変わりしそうだ。(2018/7/27)

山谷剛史のミライチャイナ:
全自動でごみを片付けてくれるテーブルも 中国のスゴい“未来のコンビニ”、そのリアル
中国で「無人コンビニ」などの実験店舗が続々と現れた。「未来のお店」などと華々しく取り上げられるが、その実際はどうなのか。現地のIT事情に詳しい山谷氏が実際に店舗を訪れて利用してみた結果は……。(2018/7/27)

Waymo、Walmartと提携でネットショップ品ピックアップを自動運転車で送迎
Googleからスピンオフした自動運転企業Waymoが、米小売り最大手のWalmartと提携し、Walmartのネットショップで注文した商品を最寄りの実店舗で引き取るサービスで、Waymoの自動運転車の無料送迎をアリゾナ州フェニックスで開始する。(2018/7/26)

地銀の厳しい事情も:
進む銀行の「平日休業・土日営業」 柔軟運営でコスト削減と利便性向上を両立
金融庁が銀行店舗の平日休業を認める規制緩和を今夏にも実施する。日銀の大規模金融緩和による低金利の長期化や、人口減少の影響で経営環境が悪化する地方銀行などに対し柔軟な店舗運営を認め、コスト削減を後押しする狙いだ。既に平成28年9月には規制緩和で“昼休み”の導入が認められ、代わりに従来休みだった土日祝日を営業日にするケースが増えており、杓子(しゃくし)定規だった銀行の営業形態も随分様変わりした。(2018/7/26)

指をかざすだけ 生体認証とブロックチェーンでクーポン決済、日立とKDDIが店舗で実験
KDDIと日立製作所は、ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を行う。指をかざすだけで本人認証でき、手ぶらでクーポンを利用できるシステムを実験。課題の洗い出しや利便性の検証を行う。(2018/7/25)

ポケモンGO効果、タリーズに長蛇の列
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のイベント「スペシャル・ウィークエンド」の参加券を、タリーズが店舗で配布したところ、ポケモンGOの愛好者が殺到した。(2018/7/24)

台湾の無人コンビニ「X-STORE」、顔認証で決済 物体認識技術活用のPOSで商品一括読み取りも NECが技術提供
台湾セブン-イレブンの無人コンビニ「X-STORE」が、NECの顔認証AIを活用した顔認証システムと、異なる形状の商品でも高精度に識別する画像認識技術を活用したPOSシステムを導入。無人店舗のセキュリティと、顔認証を活用したスムーズな購買フローについて実証が行われる。(2018/7/24)

蓄電・発電機器:
コンビニを燃料電池で省エネに、AI搭載の融雪システムも導入
北海道ガスとコンビニ事業を手掛けるセコマが、北海道大学内に燃料電池システムを導入する新店舗をオープン。燃料電池システムに加え、AI搭載の融雪システムを導入して店舗全体の省エネを図る。(2018/7/24)

“移動する”試着室使い、遠隔で服をおすすめ 楽天が福島県で実証実験
楽天は、店舗スタッフが遠隔地から服を提案する「遠隔スタイリング支援システム」の実証実験を福島県で7月23日に実施した。実店舗の数が限られるなど、ファッションの地方格差を軽減する狙い。(2018/7/23)

世界の拠点に分散するファイルサーバを一元管理――NECのファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」がV4.1に
NECは、ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」の新バージョン「V4.1」を発表。企業の海外拠点や工場、店舗といった複数拠点に分散するファイルサーバの一括管理機能や、個人情報データのセキュリティなどが強化された。(2018/7/23)

ポケモンGO、「タリーズ」のイベント参加券は7月24日から配布 「ジム」の店舗は対象外
Nianticがスポンサー企業と実施する「Pokemon GO(以下、ポケモンGO)」のイベント「スペシャル・ウィークエンド」。この開催場所の1つであるタリーズコーヒーでの参加券入手方法が判明。7月24日から、参加券付きのドリンクが販売される。(2018/7/19)

Apple、コンビニに進出 Lightningケーブル、EarPodsなどセブン‐イレブンで販売
セブン‐イレブンが関東の一部店舗で、Apple純正iPhoneアクセサリーを販売開始した。(2018/7/19)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

KDDI、関西エリア初のカフェ併設直営店「au KYOTO」7月20日にオープン 
7月20日にKDDI直営店「au KYOTO」がオープンする。「au OSAKA」に次ぐ関西エリア2店舗目で、カフェ「BLUE LEAF CAFE」を併設。来店や成約記念品プレゼントを行うオープニングキャンペーンも実施する。(2018/7/18)

セブン‐イレブン一部店舗で「生ビールサーバー」試験導入 Sサイズ税込み100円のお手頃価格!
7月17日より都内の一部店舗で試験導入予定。(2018/7/14)

モスバーガーで通訳デバイス「POCKETALK」の実証実験 店舗への本格導入を検討
ソースネクストは、音声翻訳デバイス「POCKETALK」を使った実証実験を、「モスバーガー」などの飲食店4店舗で開始した。モスフードサービスは実験を通じて通訳デバイスの実用性や有効性を検証し、店舗への本格導入を検討する。(2018/7/12)

手のひら認証で決済、手ぶらで買い物 ミニストップで実証実験
ミニストップの一部店舗で、手のひら認証で決済を行う実証実験を9月に始める。イオンのクレジットカード決済に富士通の生体認証技術を活用する。(2018/7/12)

特集「第6回 店舗販促EXPO 夏」:
POPや店舗什器など販促市場でも進むデジタル化、「店舗販促EXPO 夏」レポート
2018年販促・マーケティング総合展 夏 内の「第6回店舗販促EXPO 夏」が2018年7月4〜6日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。(2018/7/12)

LEXUSショールームにLEDクロスゲートが登場
クラウドポイントは、東京・日比谷のLEXUSショールームにベガスビジョンを設置。同ビジョンによるクロスゲートを店内中央に掲出し、迫力あるグラフィックコンテンツを流すことで、店舗内の躍動感と賑わいを演出している。(2018/7/11)

残るは900店舗:
奈良・和歌山・香川から「サークルK・サンクス」消滅 ファミマに転換完了
奈良県、和歌山県、香川県内のコンビニチェーン「サークルK」の全店舗が、ファミリーマートブランドに転換された。(2018/7/10)

クックパッドがネットスーパーに進出 有名店や農家の食材をユーザーの近隣店舗へ配送、レシピ付きのセットも
少量の注文でも送料無料。(2018/7/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。