ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

店舗とネットで取り扱い:
酒を売り始めたヨドバシに立ちはだかるビックカメラの厚い壁
ヨドバシカメラがネットと店舗で酒類の販売をスタートした。同じ家電量販店ではビックカメラが酒類販売を充実させている。ヨドバシはビックを超えられるか。(2018/12/14)

カメラで来店者の属性や行動分析、製品の作り手に伝える新店舗「蔦屋家電+」オープンへ
個人やスタートアップなどの製品を展示し、来店客からフィードバックを受けて作り手に届ける新店舗「蔦屋家電+」が来年4月にオープン。店舗を訪れた人の属性や行動データを個人が特定できない状態で分析し、作り手にフィードバックする。(2018/12/14)

約17兆円規模の投資:
ファーウェイ、来年から印で携帯電話の製造・販売 「1000店舗整備計画」
スマートフォンの出荷台数で世界2位の中国情報通信機器会社、華為技術(ファーウェイ)は、来年からインドで携帯電話の製造・販売を開始する。(2018/12/14)

子ども・学生向け姉妹紙も:
読売新聞、購読料を24年ぶり値上げ 販売店の経営難・人手不足解消へ
読売新聞社が2019年1月1日から月ぎめ購読料を値上げする。朝夕刊セットは4037円から4400円、朝刊単体は3093円から3400円となる。全国の販売店で、経営難と従業員不足が深刻化しているため。(2018/12/12)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
“ロボットで自動化”に潜むリスク 全店舗でPepper導入の「はま寿司」が乗り越えた苦労とは?
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。前例のない新規プロジェクトを実現できた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/12)

ゲオの中古スマホ11月ランキング、販売は3キャリアでiPhone 6/6sが上位に
ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン11月間ランキング」を発表。販売では3キャリアすべてでiPhone 6/6sが人気を二分し、買い取りではiPhone 6/6s/7が上位を占めた。(2018/12/11)

ライバルはWi-Fiルーター ドコモに聞く、海外データローミングの取り組み
ドコモは12月7日(現地時間)、米ハワイの23店舗にdポイントを導入した。dポイントを導入した主な理由は、日本人の渡航先として大きなハワイをカバーするというものだが、背景には、データローミングの利用を促進する狙いもある。(2018/12/11)

ローソンに「からあげクン」無人調理ロボ あすからテスト
ローソンが「からあげクン」を自動調理するロボットを都内1店舗で試験運用する。(2018/12/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバ自作街を二分したPayPayフィーバー
先週のアキバは、新製品以上にPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」による盛り上がりが目立っていた。対応店舗と非対応店舗とで売れ筋に違いが表れるほどの反響をみせている。(2018/12/10)

ドコモはなぜハワイで「dポイント」を導入したのか? 「d払い」は?
ドコモがハワイで「dポイント」を導入した。dポイント加盟店は、18社23店舗。ユーザーは買い物した額に応じて、1ドルか2ドルごとに1ポイントを獲得できる。ドコモはなぜハワイでdポイントを導入したのか?(2018/12/9)

実店舗でバーコードを読み取るとLINEポイントがもらえる「SHOPPING GO」開始
LINEは、実店舗での商品購入時に「LINE」内へ表示される専用のバーコードを読み取ると「LINEポイント」がもらえる新サービス「SHOPPING GO」を提供開始した。まずはファッションブランド「earth music&ecology」国内286店舗で導入し、年内に「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」も対応する予定。(2018/12/8)

ドコモ、ハワイでのdポイント提供を開始 スタンプラリーやダブルポイントキャンペーンも
NTTドコモはdポイント加盟店をハワイに拡大し、12月7日(ハワイ時間)にdポイントの提供を開始した。ためる場合は1ドルの支払いに対して1ポイント、つかう場合は1ポイント=1セントとなる。提供開始を記念し、ハワイのdポイント加盟店18社23店舗でdポイントがもれなく貰えるスタンプラリーを行う。(2018/12/7)

「Apple 川崎」、本格工事始まる?
お宝が、Apple Storeの神奈川店舗は2019年オープンと予想。(2018/12/6)

スタバ、LINE Pay導入 18年中に一部店舗から
スターバックス店舗で「LINE Pay」のQRコード決済を使えるように。(2018/12/5)

LINEとスターバックスが業務提携 LINE Payのコード決済導入など
LINEとスターバックスコーヒージャパンが包括的な業務提携を結んだ。2019年春をめどに、スターバックスのLINE公式アカウントを開設する。また「LINE Pay 据置端末」を2018年内に一部店舗から順次導入する。(2018/12/5)

店舗のQRコード決済導入を簡単に ソフトバンクがアプリ提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、店舗が簡単にQRコード決済を導入できるアプリ「S!can」(スキャン)の提供を12月中に始める。(2018/12/4)

ソフトバンク、店舗向けQR決済アプリ「S!can」提供 第1弾は「銀聯QRコード決済」に対応
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、12月中に店舗でのキャッシュレス決済を実現するQRコード決済アプリ「S!can(スキャン)」の提供を開始する。まずは第1弾として「銀聯QRコード決済」に対応し、今後も対応するQRコード決済サービスを拡充していく。(2018/12/4)

決済データ×広告で何が変わるのか(後編):
元ココカラファイン郡司 昇氏、ライオン横手弘宣氏と語る次世代の店舗
リテールテックの先にある小売業やメーカーの未来とは。(2018/12/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
ジュエルな輝きを持つRGBメモリがアキバで話題に
輝きを放つRGB LEDを搭載したG.SKILLのメモリが、複数の店舗で先行展示されて話題を呼んでいる。入り口に光モノの巨大オブジェ(?)を掲げるショップもあり、光る自作の勢いは2019年も続きそうだ。(2018/12/3)

ミニストップがバーコード決済導入 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」対応
ミニストップは、スマートフォンを使ったバーコード決済サービスを17日から全国の店舗に導入すると発表した。「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応する。(2018/12/3)

ゲオ、2018年度上半期の中古携帯売上金額が前年同期比125.8%に 5年連続で100%超え
ゲオが、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で販売した中古携帯電話の売上金額を発表。2013年度から前年度比が5年連続で100%を超え、2018年度4月〜9月時点で前年同期比125.8%となっている。販売台数も2017年度は約120万台と順調に推移し、2018年度も100万台を超える見込み。(2018/11/30)

12月4日からファミリーマートで「d払い」開始 ポイント20倍キャンペーンも
ドコモの「d払い」が、12月4日から全国のファミリーマート1万7000店舗で導入される。200円につき20円がたまるキャンペーンを実施。期間は12月10日まで。(2018/11/30)

日本で“無人セブン-イレブン”、顔認証で入店 12月から実験
顔認証システムを使った無人コンビニの実験店舗を、セブン-イレブン・ジャパンが12月に都内にオープンする。(2018/11/30)

1日に5万本売れる:
「乃が美」創業者が自著で語った高級「生」食パンの「生」の意味
1日に5万本もの高級「生」食パンを売る「乃が美」。2013年に創業してからわずか5年で100店舗以上にまで成長した。創業時のエピソードや知られざる同社の戦略を創業者の自著から読み解く(2018/11/30)

墨田区で「PayPay」実証実験 中国観光客を取り込み 12月4日から
墨田区で、12月4日に決済サービス「PayPay」の実証実験が始まる。商店街の約300店舗に導入し、訪日中国人などのインバウンド需要を見込む。(2018/11/29)

組み合わせは3700万通り:
海外で人気の「サブウェイ」は、なぜ日本でイマイチなのか
日本のサブウェイが苦戦している。2014年、日本国内で480店展開していたが、その後閉店が相次ぎ、11月には304店舗まで縮小している。海外ではマクドナルドよりも店舗数が多いのに、なぜ日本で伸び悩んでいるのか。(2018/11/29)

従業員がネズミらしきものを焼く動画がネットで拡散 ハワイの人気ハンバーガー店が店舗を閉鎖
Teddy’s Bigger Burgerは動画を撮影した従業員を解雇しました。(2018/11/26)

100億円還元でナンバーワンの決済サービスへ PayPayが大攻勢を開始
「ユーザー数と店舗数の双方でナンバーワンを目指す」。PayPayの中山一郎CEOは、そう高々と宣言する。ソフトバンクグループの資金力を生かし、ユーザーに総額100億円相当ものPayPayボーナス(電子マネー)を還元する、大規模なキャンペーンを打つ。(2018/11/22)

LINE Pay、スマホで「かざして決済」きょうスタート QUICPay加盟店舗で
LINE Payで「QUICPay」が利用できるようになった。全国81万カ所の対応店舗で、スマホをかざして決済できる。(2018/11/22)

AIでリアルタイムに売上を予測 待ち時間の短縮や来店客の急増にも対応――サイゼリヤとNTTドコモが実証実験へ
サイゼリヤとNTTドコモは、AIによるリアルタイム売上予測の実証実験を開始する。NTTドコモのリアルタム版人口統計データを活用し、1時間ごとの売上金額を予測。予測を基に、従業員のシフト管理の最適化や、来店客の急増にも対応可能な店舗オペレーションの効率化を図る。(2018/11/20)

兵庫県篠山市:
地域全体で一つの宿 分散型ホテル、空き家解消や地域活性化の切り札に
地域全体を一つの宿に見立てる「分散型ホテル」が注目を集めている。点在する空き家や歴史的建造物などをリノベーションして宿泊施設とし、食事や買い物は地元住民が利用する店舗を利用してもらい、地域全体で観光客をもてなすイタリア発祥の事業モデルだ。関西でもこうした取り組みが増えつつあり、空き家の解消と地方観光の起爆剤の一石二鳥との期待も高まっている。(田村慶子)(2018/11/20)

小売・流通アナリストの視点:
ECから撤退して店舗を強化するドンキの狙い
ユニーがドンキホーテホールディングスの完全子会社になることが発表された。これは時間の問題だったのであろうが、想像以上に速い展開が周囲を驚かせた。そこから見えてくるドンキホーテの狙いとは一体?(2018/11/20)

折り込みチラシなし! ポイントカードなし!:
午後7時閉店でも店長年収1000万円超え! 愛知県「地元密着スーパー」絶好調の秘密
愛知県東三河地方だけに5店舗しか展開していない「絶好調」のスーパーがある。「社員第一主義」を掲げ午後7時には閉店しているのに、店長の年収は1000万円を超える。その秘密に迫った。(2018/11/20)

サイゼリヤの売上、AIが予測 待ち時間も改善へ ドコモと実証実験
AI技術を活用し、サイゼリヤが都内数店舗の売上金額を予測する実証実験を行う。(2018/11/19)

iPhone画面割れの同日修理店が急増 その理由は?
Apple 正規サービスプロバイダで、iPhone画面の同日修理対応店舗が大幅に拡大している。(2018/11/19)

「リアル店舗の強み生かす」 中古車売買のガリバー、個人間カーシェアに参入
中古車売買のガリバーが、個人間カーシェアに参入。全国550超の店舗を生かし、利用者が安心してカーシェアを利用できるようサポートするという。(2018/11/16)

IKEA初の都心型店舗、原宿駅前にオープン 2020年春予定
ついに。(2018/11/15)

6月から全面禁煙化:
串カツ田中、喫煙者のドリンク1杯を無料で2倍サイズに 「我慢に感謝」
串カツ田中が、喫煙者のドリンク1杯を無料で2倍サイズにするサービスを始める。サービス名は「ノンスモーキングチャレンジ」で、11月21日に開始予定。6月から全国の店舗を全面禁煙化しており、足が遠のいた喫煙者が一定数いるため、新サービスによって再獲得を図る。(2018/11/15)

「もちろん食事も」:
イケア、東京都心に初進出 原宿に20年春オープン
イケア・ジャパンは初の都心型店舗を東京・原宿で2020年春にオープンする。(2018/11/15)

携帯電話の店頭広告で景表法違反の恐れ 消費者庁が注意喚起
消費者庁は11月13日、携帯電話等の販売に関する店頭広告表示について、景品表示法上の考えを公表した。端末を安価で販売することを強調した広告では、条件の表示がなければ景表法違反の恐れがある。同庁は販売店に対し、条件等を丁寧に説明をするよう求めている。(2018/11/13)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜオンラインだけでなくリアル店舗も? 「Amazon Pay」コード決済導入の狙い
アマゾンジャパンが「Amazon Pay」でリアル店舗決済に参入した。もはやオンラインコマースの世界では同社抜きでは語れないというほど存在感を増したAmazonだが、なぜリアル店舗まで決済を広げたのか。Amazon Pay事業本部 本部長の井野川拓也氏に話をうかがった。(2018/11/13)

ピ……ピカチュウ……? ミスドのコラボ商品「ピカチュウ ドーナツ」一部店舗で個性的なデザインで提供される
ミミッキュバージョンだったのかもしれない。(2018/11/13)

伊藤忠、送金・決済ベンチャー「pring」に出資 ファミマ店舗でアプリ実験
プリンは、スマートフォンを使って銀行口座の資金をやりとりして、アプリへの入金や、ユーザー間送金、店舗決済、銀行口座への出金などができる送金・決済サービス。(2018/11/13)

PR:「BIC SIM」有楽町店がリニューアル お得なキャンペーンと店舗のメリットを解説
「格安SIM」に切り替えることで、毎月のスマートフォン料金を大幅に節約できる。でも、オンラインで契約をするのは不安。そうした人にオススメしたいのが、IIJのSIMを店頭で契約できる「BIC SIM」だ。ビックカメラ有楽町店の格安SIMカウンターがリニューアルし、お得なキャンペーンも展開している。(2018/11/16)

ソフトバンク、クレジットカードや電子マネー対応のマルチ決済端末を提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスはクレジットカード、銀聯カード、電子マネーに一括対応する店舗向けマルチ決済端末「VEGA3000」の提供を開始。キャッシュレス化に向けた動きや訪日観光客など、さまざまな決済ニーズに対応することができるようになる。(2018/11/12)

auプランのみ取り扱い:
au直営店で「BIGLOBEモバイル」を試験販売 2019年1月14日まで
au(KDDI)の直営ショップ5店舗が、ビッグローブのMVNOサービスを期間限定で販売する。トライアル(試験販売)という扱いで、au回線を利用するプランのみ取り扱う。【追記】(2018/11/12)

UNiCASEのiPhone XSケースランキング、総合1位は「ゼロハリ」
UNiCASEが、iPhone XS用ケースの売り上げランキングを発表した。オンラインストアとリアル店舗を含めた総合1位はiPhone 8/7/Xでも人気を集める「ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof case」で、限定色の手帳型ケースや定番デザインにアクセントを加えたケースがランクインしている。(2018/11/8)

スタバ、LINEと決済で提携 宅配「Uber Eats」も試験導入
スターバックスがLINEと決済サービスの分野で提携。都内3店舗ではフードデリバリーサービス「Uber Eats」も導入する。(2018/11/8)

海外店舗比率1割めざす:
スシロー、海外でどんどん出店 3年で3カ国進出へ、次はどこ?
スシローグローバルホールディングスは、海外出店を加速する。3年間で新たに3カ国以上に進出する計画。海外店舗比率を全体の1割に引き上げる。「スシロー」がグローバルブランドに成長するための足掛かりをつくる。(2018/11/8)

スターバックス、11月9日からUber Eatsによるデリバリーサービスを試験導入 新コンセプトストアのオープンも
デリバリーサービスは新宿2店舗と六本木1店舗でトライアル。(2018/11/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。