ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セイコーエプソン」最新記事一覧

「WristableGPS」購入でキャッシュバック エプソンが心拍トレーニングモデル購入サポートキャンペーン
エプソンが、「WristableGPS」購入者を対象にしたキャッシュバックキャンペーンを実施中です。9月30日までに、買い替えか新規購入でWristableGPS SF-850かSF-810を購入すると、3000円〜5000円のキャッシュバックが受けられます。(2016/6/22)

エプソン N2-A450:
設置占有面積を従来比40%削減、折り畳み式スリムアーム採用の小型6軸ロボット
エプソンは、新開発の折り畳み式スリムアームを採用した小型6軸ロボット「N2-A450」を製品化し、日本国内での受注開始を発表した。併せて、同製品に対応したロボットオプション力覚センサー「S250H」の受注も開始する。(2016/6/21)

MONOistセミナーリポート:
世の中にないものこそ、早く出せ!――スマートグラスで市場を創るセイコーエプソン
2016年6月3日に開催されたMONOistセミナー「大手とベンチャーが語る『開発スピードが生み出すオンリーワン製品』」。セイコーエプソンが登壇し、新たな市場を創設したシースルーHMD「MOVERIO」の開発について語った。(2016/6/20)

よりパワフルになり業務を強力にサポートする「Endeavor ST180E」:
PR:デジタルサイネージ、フロントデスク――エプソンの省スペースデスクトップPCが業務の“即戦力”になる理由とは?
商業施設の案内情報や広告をディスプレイに表示するデジタルサイネージや、オフィスの管理端末など、さまざまな環境で利用されるシステムで大事なものとは? エプソンダイレクトの考える省スペースデスクトップPCについて解説しよう。(2016/6/9)

エプソン、従来比3.8倍の高速印刷を実現した44/64インチ対応の大判プリンタ2機種4モデル
エプソンは、水性顔料大型インクジェットプリンタ製品のラインアップに最上位モデル「SC-P10050」「SC-P20050」の2シリーズを追加した。(2016/5/10)

IEEE-1588と同期イーサネット標準に準拠:
ネットワーク同期でエプソンとMicrosemi提携
セイコーエプソン(以下、エプソン)は、ネットワーク同期ソリューションを提供するため、Microsemiと技術提携することで合意した。最新のパケットネットワークにおける同期問題を比較的容易に解決することが可能になるという。(2016/5/10)

エプソン、iOS/Android用の無料プリントアプリ「Epson Creative Print」をバージョンアップ
エプソンは、iOS/Android用プリントアプリ「Epson Creative Print」の新バージョンを公開した。(2016/4/27)

「M-Tracer For Golf」のスイング診断アプリがバージョンアップで機能強化
エプソンのゴルフスイング解析システム「M-Tracer For Golf」の専用アプリが4月下旬にバージョンアップします。無料で提供される個のバージョンアップで、より詳細なデータが確認可能になるほか、アプリの使い勝手も大きく向上します。(2016/4/21)

エプソンがプリンタの無償修理を発表 異臭・発煙に至る可能性があるため
3製品が対象です。(2016/4/20)

新宿ミライナタワーに新設:
エプソン新ショールームを見学してきた
JR新宿ミライナタワーに移転したエプソングループが新ショールームを報道関係者向けに公開。インタラクティブプロジェクターなどの大型展示も実際に体験できる。(2016/4/15)

エプソン、“カラリオ”購入者限定の2000円キャッシュバックを期間延長――5月8日購入分まで
エプソン販売は、1月28日より開催している「カラリオ キャッシュバックキャンペーン!」の期間延長を発表した。(2016/3/22)

省・小・精の技術革新で人やモノと情報をつなぐ:
エプソン、2025年度までの長期ビジョンを策定
セイコーエプソン(以下、エプソン)は、2025年度を最終年度とする長期ビジョン及びその第1期中期経営計画をまとめた。売上高は2015年度予想の1兆1000億円に対して、2025年度には1兆7000億円を目指す。(2016/3/18)

業務用スマートグラス MOVERIO Pro 導入事例 BT-2000 前田建設工業株式会社:
PR:建設現場の生産性を革新的に高めたい、まずは実験室から分厚いバインダーを不要に
前田建設工業は人手不足を背景に、ICT機器を利用した生産性の革新的な向上を狙っている。注目したのは建設現場の進捗に影響を与える土壌や地下水の分析だ。結果を1日も早く現場に戻すため、エプソンの業務用スマートグラス「MOVERIO Pro」(BT-2000)を用いたという。機器を選定し、導入を推進している生産性革新技術研究室 室長 上田康浩氏と、実験室で利用している須江まゆ氏にお話を伺った。(2016/3/18)

業務用スマートグラス MOVERIO Pro導入事例 BT-2000 JMACS株式会社:
PR:製造ラインのダウンタイムを最小に、エプソンのスマートグラスを利用して短時間で問題解決
JMACSは多品種の電線、ケーブルを開発、製造することに強みがあるメーカーだ。短納期を実現する際に問題になるのが、製造装置の故障や不良品対応。管理監督者が支援した場合、短時間で復旧できる事例がほとんどだが、支援が得られない場合にダウンタイムが伸びてしまう。この問題を解決するために、エプソンの業務用スマートグラス「MOVERIO Pro」(BT-2000)を導入。どのような効果があるのだろうか。(2016/3/15)

業務用スマートグラス MOVERIO Pro 導入推進事例 BT-2000 東日本電信電話株式会社:
PR:稼動が多くかかるネットワーク機器のメンテナンス、エプソンの業務用スマートグラスを使い品質を維持・向上しつつ、かかる稼動の軽減に期待
17の都道県にまたがる東日本電信電話(NTT東日本)のネットワークサービス。3000超の局舎に据え付けたネットワーク機器を日々管理しなければならない。エプソンの業務用スマートグラス「MOVERIO Pro」(BT-2000)を保全業務に適用することで、どのような効果が得られるのか。機器を選定し、導入を検討している高度化推進部運用推進部門ネットワークインテグレーション担当課長 門野貴明氏にお話を伺った。(2016/3/15)

約2万時間メンテナンスフリー:
常設型プロジェクターでシェア拡大を狙うエプソン、2万5000ルーメンのレーザー光源3LCDプロジェクターを投入
エプソンが、ビジネスプロジェクターの新製品計11機種を発表した。世界最高2万5000ルーメンの明るさと高耐久性を兼ね備える最上位モデルで、イベント会場などの常設プロジェクター市場を狙う。(2016/3/14)

エプソン、レーザー光源採用の3LCDモデルなど常設プロジェクター製品11機種を投入
エプソンは、大会議場/展示場などでの常設に向くビジネスプロジェクター製品を発表した。(2016/3/14)

近距離無線用:
エプソン、水晶と無線送信IC一体モジュール
セイコーエプソンは、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」を開発した。RF回路の設計工数及び調整作業を削減することが可能となる。(2016/3/11)

2年間印刷し放題!?:
PR:エコタンク搭載プリンタを使ってみませんか? 「EW-M660FT」(5万円相当)の無料モニター大募集!
2年分の大容量インクを付属したエプソンの“エコタンク”搭載A4対応カラー複合機「EW-M660FT」を使って、インク交換の手間なく、カラーもモノクロも気兼ねなくプリントできる快適な生活を送ってみたいモニターの方を募集します。計5台用意しましたので、奮ってご応募ください。(2016/3/7)

エプソン、フルHD出力に対応したビジネス向け書画カメラ「ELPDC13」
エプソンは、ビジネス向け書画カメラの新モデル「ELPDC13」を発表。アナログ接続時の1080p/30フレーム表示に対応するなどの機能向上が行われている。(2016/3/3)

エプソン、最新スマートグラス「MOVERIO BT-300」今秋発売 “スクリーン感”を払しょく
セイコーエプソンが、スマートグラスの最新モデル「MOVERIO BT-300」を発表。“スクリーン感”を意識させないシリコンOLED(有機)ディスプレイを採用している。(2016/2/23)

エプソン、受付端末などにも向く15.6型タッチパネル一体型PC「Endeavor TD160E」
エプソンダイレクトは、15.6型タッチパネル液晶を内蔵した業務用一体型PC「Endeavor TD160E」を発表した。(2016/2/23)

エプソン、PULSENSE「PS-600B」「PS-600C」の発売日を3月4日に延期
エプソンの新型活動量計、PULSENSE「PS-600」の発売が延期されました。(2016/2/22)

エプソン、ムダな印刷を削減して業務を効率化できる認証印刷オプション「Epson Print Admin」
エプソンは、同社製ビジネスプリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin」を発表。印刷コストの削減機能や情報漏えい対策機能などが利用可能となる。(2016/2/10)

工場ニュース:
インクジェットプリントヘッドの新工場を建設、生産能力を3倍に
セイコーエプソンは、同社広丘事業所(長野県塩尻市)にインクジェットプリントヘッドを生産する新工場を建設すると発表した。インクジェットプリントヘッドの生産能力を約3倍に増強する予定だという。(2016/2/4)

PR:“ただ歩くだけ”を卒業したい人へ 「PULSENSE PS-600」を使うと何が変わる?
エプソンの活動量計「PULSENSE」シリーズに新モデル「PS-600」が登場した。腕時計っぽい円形の大きなディスプレイを採用し、容量の大きなバッテリーを搭載した点が大きな進化点。(2016/2/3)

VO2Max推定にも対応したGPSウォッチ「WristableGPS SF-850」
エプソンから高機能GPSウォッチ「WristableGPS SF-850」が登場。走行速度と脈拍から簡易的にVO2Max(最大酸素摂取量)の推計をする機能があります。マラソンタイムの予測なども可能です。(2016/1/28)

エプソン、新機能を搭載した活動量計、PULSENSE「PS-600」を発表
エプソンが腕時計型活動量計「PULSENSE」の新ラインアップとして「ワークアウトモード」機能を搭載した「PS-600B」「PS-600C」を発表しました。(2016/1/28)

エプソン、“カラリオ”対象モデル購入で2000円をキャッシュバック――3月27日まで
エプソン販売は、同社製プリンタ「カラリオ」の対象モデル購入者に2000円のキャッシュバックを行う「カラリオ キャッシュバックキャンペーン!」を開始する。(2016/1/25)

PC USER 週間ベスト10:
2年分インク付きプリンタが自宅の印刷革命を起こす?(2016年1月11日〜1月17日)
今回のアクセスランキングは、2年分のインクが付属するエプソンのプリンタ新製品に大注目です。(2016/1/18)

エプソン、「インク2年分」同梱のプリンタ発売 大容量タンクモデルを国内投入
エプソンは大容量インクタンクを搭載するインクジェットプリンタ3機種を発売する。「2年分」のインクを同梱し、低コストなプリントコストをアピールする。(2016/1/12)

「インクが高い」はもう古い:
2年間インクの購入が不要! 大容量インクタンク搭載プリンタがエプソンから
大容量インクタンクを採用した新システムで、インク交換の手間を省き、低コストを実現した「エコタンク」搭載A4対応複合機など3モデル登場した。(2016/1/12)

エプソン、6色染料インク採用の「カラリオ」新モデルなど3機種
エプソンは、同社製プリンタ「カラリオ」シリーズの新モデル計3機種を発表した。(2016/1/12)

エプソン、2年分のインクを付属した「エコタンク」搭載A4インクジェット複合機など3製品
エプソンは、A4カラーインクジェット複合機の新モデルなど計3製品を発表。いずれも、手軽にインクを交換できる「エコタンク」を側面に備えたモデルだ。(2016/1/12)

コスト、性能、機能に迫る:
PR:ビジネスプリンタ革命か!? 「エプソンのスマートチャージ」を導入して分かった本当の実力
レーザー複合機に比べてプリントコストを大幅に削減できるという「エプソンのスマートチャージ」。実際にITmediaで導入して試した結果を現場の声とともにお届けする。(2016/1/5)

省エネ機器:
買うより再利用へ、エプソンが描くオフィスの紙の将来像
環境への配慮から企業でも紙資源を節約する動きが進んでいる。そんな中で“紙を使う”プリンタ製品を手掛けてきたセイコーエプソンが、“紙を再生する”「世界初」(同社)の製品「PaperLab」を開発して話題となった。開発機を初めて一般公開した「エコプロダクツ2015」の同社ブースで、その実力を取材した。(2015/12/15)

エプソン、電子ペーパー式腕時計「Smart Canvas」シリーズに“エヴァ”絵柄モデル2タイプを追加
エプソンは、同社製の電子ペーパー機能搭載腕時計「Smart Canvas」シリーズにラインアップに「エヴァンゲリオン」絵柄モデル2タイプを追加した。(2015/12/8)

ランナー向けGPSウォッチWristableGPSの「SF-510」に新カラーが登場
エプソンのGPS搭載ランニングウォッチ“WristableGPS”シリーズの薄型軽量モデル「SF-510」に新カラー「フロスティグレー」が登場しました。(2015/12/2)

エプソン、使用済みコピー紙をオフィス内で再生利用できる製紙機「PaperLab」を開発
セイコーエプソンは、使用済みの文書を水なしで再生できるオフィス製紙機「PaperLab」を開発したと発表した。(2015/12/1)

使用済みコピー用紙から水不要で新しい紙を作る「オフィス製紙機」 エプソンが世界初
使用済みコピー用紙から水不要で新しい紙を生産できるオフィス製紙機をエプソンが世界で初めて開発した。2016年の商品化を目指す。(2015/12/1)

産業用ロボット:
6軸産業用ロボットにおいて「折り畳み式」を実現、セイコーエプソンが開発
セイコーエプソンは折り畳み式新型アーム構造を採用した省スペースでの設置が可能な6軸の垂直多関節型産業用ロボットを開発。その第1弾製品を2016年5月に全世界で発売する。(2015/11/20)

新開発のアーム構造で:
人の肘の動きに、より近く――新6軸ロボット
セイコーエプソンの新型6軸(垂直多関節型)ロボットは、関節部分の機構を工夫したことで、人の肘に、より近い動きができるようになっている。これにより、人が作業する時と同等の600mm2のスペースがあれば設置でき、これまでよりも省スペース化を図れるという。(2015/11/20)

登山向けGPSウォッチ「WristableGPS for Trek」 「日本百名山おすすめ登山コース」の全ルートに対応
エプソンの登山・トレッキング向けのGPSウォッチ「WristableGPS for Trek」が、昭文社のデジタル地図「日本百名山おすすめ登山コース」の全ルートに対応しました。(2015/11/19)

エプソン、産業用ロボットに注力 5年で売上収益1000億目指す
セイコーエプソンが産業用ロボット「Nシリーズ」を発表。製造業を中心に海外展開し、ロボット事業を主柱ビジネスに育てる狙いだ。(2015/11/19)

通信インフラ用装置などの小型化に貢献:
精度を維持し体積1/16に、エプソンの原子発振器
セイコーエプソンは、高安定で小型の原子発振器「AO6860LAN」を開発した。長期周波数安定度は従来製品と同等ながら、体積は1/16と小型である。通信ネットワーク機器や放送機器、産業機器、計測機器などの周波数源に向ける。(2015/11/10)

ホワイトペーパー:
日本の技術情報を守る方法とは?〜経産省、エプソンの機密情報を保護するドキュメント管理ソリューション〜
元従業員による不正な情報持ち出しが後を絶たない。持ち出された情報はもう取り返せない……と考えていないだろうか。本項では、持ち出された文書の利用を「後から」停止でき、万が一、情報漏えい事故が発生しても被害を最小に抑えるドキュメント管理システムを2つの事例から紹介する。(2015/11/6)

テクノロジーを知れば納得:
PR:オフィスプリンタに「エプソンのスマートチャージ」を選ぶべき3つのポイント
“おトク”なオフィスプリンタ/複合機の利用サービスとして注目されている「エプソンのスマートチャージ」。それはエプソンが長年培ってきた独自技術に支えられて、初めて実現可能なサービスだった。(2015/10/28)

ウェアラブル向けに低消費電力を追求:
エプソン、ARM M0+コア搭載の新マイコンファミリ
セイコーエプソンは2015年10月26日、CPUコアに「ARM Cortex-M0+」を搭載した新しいフラッシュメモリ内蔵マイコンファミリ「S1C31」を発表した。(2015/10/26)

エプソン、秋田にプリンタヘッド生産用工場を建設開始――将来的に“生産能力を約3倍”に
秋田エプソンは、インクジェットプリンター用ヘッドの生産力増強を目的とした新工場の建設を開始すると発表した。(2015/10/21)

インクジェットプリンタ好調で:
エプソン、秋田にプリントヘッド新工場建設へ
セイコーエプソンは2015年10月21日、インクジェットプリンタ用ヘッドの生産能力増強を目指し、総額約34億円を投じて、秋田エプソン(秋田県湯沢市)に新工場を建設すると発表した。(2015/10/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。