ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「F1100」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F1100」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、Windows Mobile機向けセキュリティスキャンのアップデートを提供
NTTドコモが、Windows Mobile搭載スマートフォン「HT-01A」「HT-02A」「T-01A」「F1100」「HT1100」向けのセキュリティスキャンの最新パターンデータを公開した。(2010/1/26)

無線LAN通話などを強化:
NTTドコモ、富士通製スマートフォンのファームウェア更新
NTTドコモは富士通製スマートフォン「F1100」のファームウェアを更新。無線LANによる通話利用時の安定性などを強化した。(2009/2/17)

富士通製「F1100」の通話機能に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
富士通製のスマートフォン「F1100」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2009/2/17)

富士通製のスマートフォン「F1100」に不具合――ソフトウェア更新で修正
富士通製の「F1100」に不具合があることが判明した。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2008/10/21)

ドコモのアプリ署名も取得:
インテリシンク、モバイル機器管理・同期ツールがF1100に対応
企業向けモバイル管理ツールの「Intellisync Mobile Suite」がスマートフォン端末のF1100に対応した。(2008/6/19)

ドコモ、“Windowsケータイ”を遠隔管理するシステムを開発――「F1100」などに対応
NTTドコモは、OSにWindows Mobile 6を搭載した“Windowsケータイ”を遠隔管理するシステムを開発した。「F1100」などを対象に、設定の一括操作や状態監視、紛失時の端末ロックやデータ削除が行える。(2008/3/18)

ドコモの新スマートフォン「F1100」、新規バリューの予価は頭金1050円/月々2800円から
NTTドコモが3月17日から全国発売する富士通製スマートフォン「F1100」の予価が都内量販店で掲示された。新規契約する場合のバリューコース価格は6万8250円。24回払いを選ぶと頭金は1050円、月々の支払は2800円になる。(2008/3/14)

富士通、スマートフォン向けサービスを拡充へ
富士通は、同社製スマートフォン「F1100」に対応した企業向けの情報共有や業務利用のためのソリューションを拡充する。(2008/3/12)

“ケータイらしい”スマートフォン――片手操作にこだわった「F1100」が狙う市場
ドコモの富士通製スマートフォン「F1100」は、OSにWindows Mobile 6 Standard Editionを搭載したWindowsケータイ。老舗端末メーカーが満を持して投入する、“ケータイらしい”操作感を持つ端末だ。(2008/3/11)

NTTドコモ、ビジネス向け機能搭載の新型スマートフォン発売
NTTドコモは、内線システム連携やセキュリティ機能などを強化した富士通製スマートフォン「F1100」を発売する。(2008/3/11)

ダイヤルキー搭載の“スリムスライド”スマートフォン「F1100」、3月17日発売
ドコモは、WM6搭載の富士通製スマートフォン「F1100」を3月17日に発売する。厚さ16.9ミリのスリムスライドボディに、HSDPAや無線LAN、Bluetoothなどの通信機能を備え、ビジネスユースを考慮した機能も搭載する。(2008/3/11)

富士通、テンキー入力スマートフォンで内線電話できる新サービス
1月21日に「モバイルプロジェクト推進室」を新設した富士通は、スマートフォン「F1100」を活用したサービスを発表した。(2008/1/28)

ドコモ向けスマートフォン、イー・モバイル新機種がJATE通過
富士通製スマートフォン「F1100」や「SO705i」など発表ずみのドコモ向け新機種に加え、イー・モバイルの新機種とみられるNECインフロンティア製端末がJATEを通過した。(2008/1/7)

法人向けスマートフォンの1つの答え? 富士通のF1100
富士通が発表したF1100は、多機能が“ウリ”のスマートフォンに中にあって、コミュニケーション機能を特徴付けた端末となりそうだ。(2007/8/31)

写真で解説する「F1100」
NTTドコモの富士通製「F1100」は、無線LANやBluetoothを搭載したスライドボディのスマートフォン。従来の音声端末ユーザーでも使いやすい“ケータイらしい”デザインと操作感が特徴だ。(2007/8/30)

WM6+HSDPA+無線LAN+BT搭載の富士通製スマートフォンは“スリムスライド”──「F1100」
“普通のケータイ”のような操作性を──厚さ16.9ミリのスリムスライドボディが特徴のドコモの富士通製スマートフォン「F1100」。OSにWindows Mobile 6を採用し、HSDPA+無線LAN+Bluetooth、指紋センサーなどを搭載する。(2007/8/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。