ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファシリテーション」最新記事一覧

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(3):
「3D CADの立ち上げが思うように進まない」――聞き取り調査で問題を抽出せよ!
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第3回では、「3D CADを導入したものの、その立ち上げが進まない」というテーマを取り上げ、解決に向けたアプローチを解説する。(2016/11/14)

NEC、製造業のデジタル化を支援へ CIO補佐官の派遣も
製造業のIT部門向けに、デジタルビジネス参入を視野に入れた「IT組織変革ソリューション」を発売し、1カ月の短期間で組織改革プラン作成や、CIO補佐官の派遣による直接支援を実施する。(2016/10/21)

「盛り土問題」は人ごとではない
「犯人探し」に明け暮れるマスコミおよび都議会は、論点のズレと優先度の取り違えに気付かずに釈迦(しゃか)の手のひらでしばらく踊り続けるだろうが、企業社会でも同様の迷走が起きることはままある。(2016/10/13)

製造業IoT:
「IoTの第2フェーズはまだ始まっていない」富士通山本正己氏
10月7日まで開催されたCPS/IoT展「CEATEC JAPAN 2016」の基調講演で登壇した富士通 代表取締役会長の山本正己氏は「IoT活用の第2段階はまだ始まっていない」と述べている。(2016/10/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分を変える習慣
「大きな荷物を持ちながら行動するのは大変」と感じたら、まずは身軽になる。未来のために、今何をするべきか。(2016/10/6)

NIH症候群を制御せよ
Not Invented Here 症候群(NIH症候群)とは、第三者が生み出した技術や製品もしくはアイデアを「ここで発明したものではない」という理由から無視・軽視または敬遠する症状を指す用語。もちろん、新規事業の開発時にも生じやすい。(2016/10/3)

リオパラリンピック閉会式の引継式、NHKがノーカットで公開中 YouTubeで全編見られる
ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」が流れて野宮真貴さんも「うれしかったなぁ〜♪」(2016/9/19)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(4):
「プログラミング教育」はICTを活用した新たな“学び”のシンボル――小学校で成功させるためのポイントと実践事例
政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は小金井市立 前原小学校 校長の松田孝氏。(2016/9/15)

自社のファンをどう増やしていくか:
「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視している企業の活動を表彰する「アンバサダープログラムアワード」の表彰イベントを実施した。(2016/8/30)

プロエンジニアインタビュー(1):
教えて! キラキラお兄さん「エンジニアのキャリアもグロースハックできますか?」
ゼロからイチを生み出す仕事をしたい。エンドユーザーのために働きたい――やりたいことに忠実に生きるために、グロースハッカー前田さんは、自身のキャリアもグロースハックしていた。(2016/8/29)

ビジネスアナリティクス、ビッグデータの文脈(3):
ガートナーが、「IT部門は全てのデータを管理すべきでない」と主張する理由
ビッグデータ/IoTは、企業の情報システム部門にデータ管理上の新たな課題を突きつけている。ガートナー リサーチ部門バイスプレジデント兼最上級アナリストのTed Friedman氏に、どう対応すべきかを聞いた。(2016/8/23)

セキュリティ対策最大の懸念は「コスト」――日本企業の意識
IT調査会社のガートナーは、日本企業のセキュリティへの取り組みに関する調査結果を発表した。(2016/7/5)

プロマネ1年生の教科書:
人を心地よく巻き込む――プロマネに必要な「ファシリテーション」スキルとは?
プロジェクトの約束ごとを守らせるにはどうすればいいか――。今回は「ファシリテーション」のお話です。会議を仕切るというイメージを持っているかもしれませんが、本来の意味は参加者の合意形成や相互理解を支援するスキル。では、一体何をすればよいのでしょう。(2016/7/1)

プロマネ1年生の教科書:
人を“納得させる”プレゼンスキル、2つのポイント
プロジェクトの約束ごとを守らせるにはどうすればいいか――。時と場合によって必要なスキルは異なりますが、議論の余地がないテーマについては「プレゼンテーション」のスキルが有効です。今回は相手に納得してもらうプレゼンのポイントについてご紹介します。(2016/6/16)

プログラミング異種格闘インタビュー(4):
ミドル×IT 50代からのスマホアプリ開発
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第4ラウンドのテーマは「ミドル×IT」だ。(2016/6/8)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(2):
クリエーションラインが参加するプロジェクトに見る、スクラムチームの一員として重要な資質
クラウドインテグレーションを中心としたSI事業を手掛けるクリエーションラインでは、アジャイル型開発に適応できるエンジニアの育成に力を注いでいる。その取り組みについて聞いた。(2016/7/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
本音は言ってもいい?
あなたはどれくらい本音で話しているか? 本音で良好な人間関係を築けるコミュニケーション方法とは。(2016/5/26)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
“ダメ会議”を変えるコツ 「終了時に2つ確認せよ」
「“ダメ会議”を変える7つのコツ」で紹介した「終了時に2つ確認せよ」のポイントを解説します。これで、起こりがちな“認識のズレ”が防げるはずです。(2016/5/25)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
“ダメ会議”を変える7つのコツ
会議に集まったはいいが、参加者が内職や居眠りをしていないだろうか。したり……。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「7つの基本動作」を紹介する。(2016/5/24)

「よなよなエール」流 ガチンコ経営:
社員にプロジェクトを押しつけていた失敗から学んだこと
ヤッホーブルーイングはファンに対してだけでなく社員同士でもガチンコで物事に取り組んでいます。プロジェクトチーム作りもかつては悪戦苦闘の連続でした……。(2016/5/12)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
質問には「ストレートに」「簡潔に」答えよ
質問に答えるときなど、分かりやすく、または詳しく伝えようとするあまり、多くの情報を詰め込んで話してしまいがちなもの。結局、何が言いたいのか、うまく伝わらないことも。そんなときは、「ストレートに」「簡潔に」を思い出そう!(2016/5/10)

IT Leaders xChange サミット 2016 Springレポート:
PR:企業のエグゼクティブは「デジタル化によるビジネス変革」をどうリードしていくべきか?
2016年3月3日、「IT Leaders xChange サミット 2016 Spring」(日本マイクロソフト主催)が開催された。企業のCIOや情報システム部門の責任者など、ITでビジネスをリードするエグゼクティブが多数の参加し、もはや止めようがないビジネスのデジタル化について、パネルやセッションを通して活発な討議を行った。(2016/4/19)

クラウドインフラがコモディティ化した今:
PR:フツーのWeb系受託企業がB2Bで急成長を遂げた秘訣に見る、業務アプリエンジニアの生存戦略
クラウドを活用したシステム受託開発を中心に業績を伸ばす注目の企業、フレクトの事業戦略から「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法をITアーキテクトの視点で考察したい。(2016/3/31)

3Dミライデザイン 講演レポート:
3D CADと3D CADベンダーの明日はどっちだ?
3D CADや3Dプリンタをテーマにしたイベント「3Dミライデザイン」が開催された。本稿では、第1部「デザイナーがつくるミライ」と第2部「ソフトウェアベンダーがつくるミライ」の講演内容について紹介する。(2016/3/28)

プロマネ1年生の教科書:
面倒な調整や交渉、スマートにこなすには?
ヒトや物事の間に立ち、交渉や調整を行うことが多いプロマネ。クライアントだけではなく、チーム内の人間関係まで問題はさまざまで、メンドクサイと思う人も多いかと思いますが、まずは、調整や交渉を行う前に必要な“心構え”からおさらいしていきましょう。(2016/2/18)

zenmono通信:
富士通がオープンイノベーションに取り組む理由(後編)
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は富士通で「あしたのコミュニティーラボ」などの活動に取り組んでいる柴崎辰彦さんにお話を伺った。(2016/1/29)

俺たちの情シス第5回 リポート:
「情シスあるある」に共感の嵐 コミュニケーションの壁を崩す秘訣は?
12月14日に開催された情シスのためのリアル交流イベント、「俺たちの情シス」の第5回は、参加者が過去最高を記録する大盛況。“コミュニケーション“をテーマにした、初のグループワークの様子をリポートします。(2016/1/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
新・上司力は、女性活躍だけではない
男性中心のピラミッド構造で通用していた上司力はもはや古い。女性の育成や活躍支援だけでは不十分。広がり続ける多様な部下を理解し、育て活かせる新しい上司力が求められている。(2016/1/7)

「コンサルタント」という生き方:
変革に挑むリーダーの支えが生きがい、“出会い系コンサルタント”の素顔――國生恭子さん
顧客が抱える課題の解決策を提供する職業、コンサルタント。名乗れば誰でもなれる職業ではあるが、その実態はよく分からないという人も多いのでは。今回はリピート率100%という驚異の実績を持つ“プロ”にその仕事内容とこだわりを聞いた。(2015/11/4)

東京モーターショー2015:
トヨタ日産ホンダマツダ三菱自――5社トップが語る「未来のモビリティ」
「東京モーターショー2015」のプレス向けイベントで、日本の自動車メーカー5社のトップが対談した。「自動運転」や「これからのエンジン」について各社の考え方を説明した他、東京モーターショーの来場者に向けてのメッセージも語った。(2015/10/29)

プログラミング異種格闘インタビュー(3):
高校生×IT “アプリ開発サマーキャンプ”で高校生プログラマーが学んだ、アイデアをより良いカタチにする方法
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第三ラウンドのテーマは「高校生×IT」だ。(2015/10/20)

「仕事ができるやつ」になる最短の道:
部下に課すべき「8つの訓練」とは
今回紹介するのは、私がコンサルティング会社に在籍中、部下に教えてきた「8つの訓練」。ごくシンプルで当たり前のことだが、じっくり取り組んでほしい。(2015/9/14)

PR:「インダストリー4.0」は、日本のものづくりをどう変えるのか
IoTを製造プロセスに応用し、その上流から下流までネットワーク化することで製造業の変革に取り組むドイツ。「インダストリー4.0」は、日本のものづくりの将来にどのような影響を与えるのだろうか。「デル・エグゼクティブ・フォーラム」には、日本のものづくりとITをつなぐキーパーソンが集結。活発な議論がなされた。(2015/8/24)

プロマネ1年生の教科書:
対人スキルに優れたプロマネが使いこなす“7つ道具”
プロマネは「人間に関するプロフェッショナル」といわれており、他者とうまく交流できる行動や考え方、スキルを持つことが、優秀なプロマネに近づくための要件と言えます。こうした資質は大きく7種類に分類できます。(2015/8/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
大人が夢中のブロックによる作品で想いを共有
子どもの玩具のイメージがあるLEGOブロック。このLEGOブロックを使って、大人の人財開発やキャリアデザイン、各種トレーニングを実践できる新しい手法がLEGOシリアスプレイメソッドである。(2015/7/27)

焼き鳥を串から外して食べるのはダメ? マナーに詳しい人に教えてもらおう
からあげにレモンをかけるかどうかにも通じる問題。(2015/7/19)

Meet Recruit:
より発展的な未来を生むために - オープンイノベーションの活用の仕方とは?
社外の技術やアイデアを借りてイノベーションを起こす「オープンイノベーション」を生み出す極意とは? 2015年2月の「OPEN INNOVATION SESSION for Healthcare」を企画・運営したリクルートマネジメントソリューションズの井上功氏に聞いた。(2015/7/14)

予防できない危機に対処するには:
未知の脅威に対抗するための「6原則」――ガートナー サミットから学ぶ、これからの情報セキュリティ対策
2015年7月13日、「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2015」が開催された。本稿ではガートナーの提案するセキュリティ対策の「6つの基本原則」を紹介し、これからの情報セキュリティ対策の在り方を考えてみる。(2015/7/14)

新しい考え方(後編):
既存のコーチングとは何が違う? アイディール・リーダーの考え方
「コーチング」といえば、上司が部下に指示を出すといったイメージが強いが、Ideal Leadersはこれまでとは違う新しい考え方を提案している。それは「アイディール・リーダー」。代表取締役ファウンダーの永井恒男氏に話を聞いた。(2015/7/10)

プログラミング異種格闘インタビュー(2):
テレビ×IoT “ABCハッカソン”は、モノづくり界の“M-1グランプリ”だ
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第二ラウンドのテーマは「テレビ×ハッカソン」だ。(2015/6/19)

アジア女性の最先端層へアプローチ:
アジア7カ国から情報感度の高い女性約50人が結集、「博報堂亜女子会議」
博報堂はアジアの女性たちのネットワークを独自に構築。2015年6月9日、「博報堂亜女子会議」として本格活動を開始した。(2015/6/9)

プログラミング異種格闘インタビュー(1):
医療×IT 医師はプログラミングで医療の仕組みを変えられるか
プログラミングはプログラマーだけの特権ではない?――ITを活用して自身の専門分野をより良くしていこうとチャレンジしている人たちにお話を伺うインタビューシリーズ、本日始動。(2015/6/1)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
ぴんぼっくの“分からない連鎖”、どう攻める?
PMBOKを勉強し始めたはいいけれど……“わけわかんない”言葉たちがつぎから次へと襲ってくるからもう大変。プロジェクト憲章? 憲章って何? の、のり?? この「分からない連鎖」を断ち切ってくれたのは、何と社員旅行の相談にふらりとやってきた来たA子だった……。(2015/5/29)

安藤幸央のランダウン(68):
技術者/開発者のための「デザイン思考」超入門〜今日から手軽にできる、Design Thinkingの心掛け〜
「デザイン思考」がどのようのものなのかを紹介し、必要性やメリット、実践するための五つのポイント、企業内に浸透させていくための八つのポイント、参考動画や書籍などをお伝えします。(2015/5/25)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
目指すのは革命より文明――ITリーダーは任せられた仕事を「やりきる」ことが重要
リクルート住まいカンパニーでは、「住まいを中心とした暮らしの進化を追求し、幸せな個人や家族をもっと増やす。」という経営理念に基づき、常に新たなサービスの提供を目指す。その一環として、新しい時代のITマネジメントに挑戦している。(2015/4/7)

ハッカソンから製品化への道:
音楽ハッカソンから「製品」は生まれるか、求められる「使う人」との関係性
ヤマハが協賛した音楽形ハッカソンの発展形として、インキュベーションプログラムが3カ月間に渡って行われた。3カ月の成果は「製品」として世に出るのか。(2015/4/1)

モノづくりハッカソン:
「ええもの作る」ハッカソン、テレビで完全番組化
朝日放送が「関西発のモノづくり」を掲げるハッカソン「ABC Hackathon」を開催、その様子は番組として放送される。ハッカソンのテレビ番組化は「日本の放送局では初めて」だという。(2015/3/27)

今日から自分プロデュース!:
メンバーの才能を最大限に生かす、最強の“チーム”をつくる方法
自分自身の才能を理解し、プロデュースする方法が分かってきたら、今後はそれをチームづくりに生かしてみませんか。それはロールプレイングゲームで最強のパーティを組むのにも似ています。(2015/3/6)

「集まる人、モノ、金がまだ少ない」――FiNC 溝口氏が考えるヘルスケア業界の課題とは
ヘルスケア業界のニュースをチェックできるキュレーションアプリ、「WellnessPost」の提供開始を記念して開催されたイベントで、FiNCの溝口勇児氏らが日本のヘルスケア業界の課題を語りました。(2015/3/5)

上司はツラいよ:
上司の背中を見たら人は育つのか?
「仕事は盗め」「自助努力して学べ」――。昔はそれが通用していたが、時代が変わった今、これでは部下は育たない。今の時代に合った“部下が伸びる育て方”とは、いったいどのようなものなのか。(2015/3/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。