ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「服飾ブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「服飾ブランド」に関する情報が集まったページです。

メルカリで売り切れ続出:
W杯金星で「大迫半端ないってTシャツ」が人気沸騰 その由来は?
FIFAワールドカップで、日本代表がコロンビア代表を破る番狂わせを演じた。そんな中、「大迫半端ないって Tシャツ」の人気が高まり、ネット上で話題に。本人ではなく、高校時代の対戦相手の顔がプリントされているというが、どういうことか――。(2018/6/20)

ヌーディな天女が舞い降りる 真ん中がぱっくり大胆チャイナドレス
斬新に着こなすドレスです。(2018/6/14)

「お姫様の風格」「めっちゃ小顔」 中川翔子の新しい家族“ピンクちゃん”が超絶美猫
大きなお目々の美少女猫。(2018/6/10)

「離婚届」や「トイレットペーパーの芯」も メルカリに出品されている意外なモノ
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。今回は「メルカリ」の番外編として、に出品されている意外なモノと、その理由をレクチャーします。(2018/6/2)

小説「家族輪舞曲(ロンド)」がヒット:
作家・椎名桜子氏の個人事務所「オフィシャル・タブー」破産
椎名桜子氏が代表を務める編プロ「オフィシャル・タブー」が破産。椎名氏は小説「家族輪舞曲(ロンド)」のヒットで知られる。以降はヒット作に恵まれなかった影響で経営が悪化していたという。(2018/5/30)

nommoc(ノモック):
成功するか運賃無料配車・運行サービス 吉田拓巳社長「スポンサー獲得に勝算」
運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc(ノモック、福岡市)」の吉田拓巳社長が産経新聞のインタビューに応じ、事業計画の詳細を明らかにした。広告収入だけで本当に運賃分を賄えるのか、疑問視する声もある。(2018/5/29)

「男女で着るものが違うことがおかしいんじゃないか」――“メンズサイズのかわいい服”ブランドはなぜ生まれたか
「性別や体形にとらわれずかわいいお洋服を着たい」という願いをかなえることを目指したアパレルブランド「blurorange」の代表にお話を聞きました。(2018/5/29)

“運賃無料のタクシー”成功するか 吉田拓巳社長「スポンサー獲得に勝算」
運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc」。広告収入だけで本当に運賃分を賄えるのか、疑問視する声もある。どう利益を確保し、普及させていくのか――。社長がインタビューに答えた。(2018/5/28)

井川遥&板谷由夏のアラフォー美女コンビが超クール! “ピンクハウスコーデ”とのギャップに「朝ドラとは服装が」
何を着ても結局かわいい井川さん。(2018/5/20)

カボチャパンツっぽくてかわいい しとやか大胆なメイド水着
クラシカルでセクシーなメイドコスが水辺で映えます。(2018/5/17)

背面にカードポケットを貼れるタイプも FOXが「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリーを発売
FOXは、5月14日にニューヨークのファッションブランド「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリー第1弾を発売。カードポケットやスタンド機能を備えた保護ケースなどを展開する。(2018/5/14)

スマホ1つで試着室を予約 ZARAが期間限定ストアを六本木にオープン
(2018/5/11)

BEAMS、Tシャツデザインのトレパク疑惑で謝罪 「真摯に受けとめ猛省」もイラストレーター「怒ってない」
パクられた側がコラボTシャツを作るという斜め上の展開も話題。(2018/4/28)

キム・カーダシアン、香水ボトル製作のため不思議な型取りヌード 「ゴルチエのパクリじゃ」「子どもがいるのに」と批判も平常運転
それよりカニエ・ウエストが大変なんだけど……の声も。(2018/4/28)

セーラー×ワンピース×紐パン風縞パン NO.S PROJECT「セーラービーチウェア」新作ワンピース水着登場
「見せたいけど、隠したい」という乙女心をヒントに、ビキニタイプからワンピースタイプへ。(2018/4/25)

再配達問題の解決も目指す:
業界初「早朝・夜間に集配」 宅配クリーニング「リネット」の挑戦
宅配クリーニングサービス「リネット」が早朝・夜間の集配サービスを開始。MagicalMoveと提携し、「クリーニングの不自由さを解消し、再配達問題を解決したい」という。(2018/4/18)

「wena wrist」の手塚治虫作品コラボモデルが登場 WAON搭載モデルも
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist」から手塚治虫作品「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」とのコラボレーションモデルと、電子マネー「WAON」の機能を搭載したモデルを数量限定で販売。4月17日から先行予約をスタートする。(2018/4/17)

WAON対応のスマートウォッチ、ソニーが限定販売 ハナエモリデザインで
ソニーが「wena wrist」の新製品として、電子マネー「WAON」に対応した「wena × Hanae Mori manuscrit」を発売。WAON決済対応のスマートウォッチは「国内初」(ソニー調べ)という。(2018/4/17)

「83年生まれの希望の星」 『小悪魔ageha』桜井莉菜、10年前の雑誌表紙と同じドレス姿が完全に35歳の奇跡
さくりなは不滅。(2018/4/13)

「輝く星のような存在」 安室奈美恵がH&Mとコラボ、きっかけとなったレターが朝刊広告に
「安室さんに、私たちは魅了されてきました」。(2018/4/10)

FOX、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」のiPhoneケースを発売
FOXは、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」の高級感あふれるiPhoneケースを発売。フォーマルファッションにもカジュアルファッションにも合うシンプルなデザインで、ケース内側にはカード収納ポケットを搭載している。(2018/4/5)

「完璧なスタイル」「将来は宝塚」 棚橋弘至、バレエ美女の娘が“親バカ”も納得の逸材!
親子間のギャップがスゴい。(2018/4/3)

TGC2018 S/S:
中条あやみ、桐谷美玲、広瀬すずらが笑顔でランウェイに登場 画像100枚超で振り返る「TGC2018 S/S」
欅坂46メンバーの秘蔵カットも追加で大公開。(2018/4/3)

アダストリアの“出張クローゼット”イベント:
ファッションは「店に行く」から「店が来る」時代になる?
女性向けファッションブランド「Andemiu」を展開するアダストリアが、イベント「FIT ON ME」をパーソルキャリアと開催。「服を買いに行く」ではなく、「オフィスで服を買える」を新たに提案する。(2018/3/28)

佐藤可士和氏がプロデュース:
「浴衣で接客」から転換 塚田農場の新業態店
既存店の苦戦が続く塚田農場が新業態店のコンセプトを発表した。マス向けの「塚田農場」から脱却し、やや高級なブランドイメージへの転換を図る狙いがある。(2018/3/15)

きれいなお姉さんは好きですか(愚問) 井川遥&比嘉愛未、メガネ2ショットで圧倒的な美女オーラを放つ
きれいなお姉さんときれいな妹。(2018/3/14)

電通、VRを使った発想支援ツール開発 「HMD装着時に気になる口元まで覆う」専用ウエアも
VR空間に画像や動画を自由に配置することで、ビジネスの発想などを支援ツール「COMOLU」を電通などが開発。COMOLU空間に没入するための専用ウエア「COMOLU WEAR」も。(2018/3/14)

GU、エヴァとのコラボアイテムを販売 ミサトの店内放送や等身大フィギュア展示も
3月12日スタート。クリアファイルや付せんのセットなど、オリジナルグッズのプレゼント企画も。(2018/3/1)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
リアル店舗のディスプレイで「インプレッション単価」を出せる クレストがショーウィンドウにかけたITの魔法
Web広告の世界では効果測定が当たり前になっているが、街中の看板やディスプレイの効果はこれまで"測定する"という概念すらなかった。クレストの永井俊輔社長が狙うのは、まさにそこだ。(2018/2/23)

ポール・スミスがマグロ寿司を振る舞うイベントを開催 六本木の店頭にお寿司カウンターを設置
ファッションの世界は味わい深い……。(2018/2/3)

第1弾はTシャツとデニムパンツ:
ZOZO初のPB、発売 ZOZOSUIT使い“オーダーメイド”、低価格・短納期で
スタートトゥデイが初のプライベートブランドを発売する。(2018/1/31)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

枡なのに新しい:
「枡」だけで売り上げ4倍 伝統を守りながら伝える“面白さ”
岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器は、ユニークな商品開発などの取り組みを経て、売り上げを伸ばした。日用品として使われることが少なくなった枡の需要をどのように拡大したのだろうか。(2018/1/12)

河野社長が目指す高み:
アパレルの常識を変えた熊本発ベンチャー、シタテルの信念
デザイナーと縫製工場をつなぎアパレル業界の課題を解決する――そんなサービスを提供するのが熊本発のベンチャー企業、シタテルだ。河野秀和社長が同社のイノベーションについて語った。(2018/1/2)

掲載企業は氷山の一角だ:
「ブラック企業」なぜ消えぬ “厚労省リスト”の効果とは
厚生労働省は5月、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストをネットで公開した。“ブラック企業リスト”として話題となった。しかし、7カ月が経過した現在も、追加される企業は後を絶たない。リストに効果はあったのだろうか。ブラック企業はなぜなくならないのだろうか。(2017/12/30)

「ガイアの夜明け」砲で明らかとなった“外国人実習生のブラック労務問題”、ジャパンイマジネーションが「大いに反省すべき点であると認識」とコメント
多額の賃金未払いなど衝撃的な問題が明らかに。(2017/12/16)

同じTシャツだよね? 中村アン、小籔千豊のバンドTをスタイル華麗に着こなす
マイケル・ジャクソン感ある。(2017/12/14)

“日本が知らない”海外のIT:
「ZOZOSUIT」を作った謎のスタートアップの正体
スタートトゥデイと「ZOZOSUIT」を共同開発した、ニュージーランドのスタートアップ「StretchSense」とはどのような会社なのか。(2017/12/7)

「みんな美形すぎ」 ダレノガレ明美、イケメン兄の結婚式で集まった“美男美女ファミリー”に驚きの声
顔面偏差値が高すぎる。(2017/12/4)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

フランスがモデルの「Photoshop」加工に規制――世界に広がる「美」再定義のムーブメント
モデルの体形を加工した写真には「レタッチ」を明記せよ、という法律がフランスで施行された。背景には「間違った」体形を目指す若者たちの摂食障害が──。(2017/11/29)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
丸井がクレジットカードの即時発行にこだわる歴史的な理由
会員を600万人以上持つ丸井グループのクレジットカード。その多くが若者であることは今も昔も変わっていない。なぜ丸井は彼らに支持されるのか。その理由をひもとくと……。(2017/11/27)

反則レベルにかわいいEVバイク「モトチンプ」が登場 「あの名車」を思い出すデザイン
蔦屋家電で12月1日予約開始。(2017/11/24)

「あの会社はこうして潰れた」:
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
誰もが順調だと考えていた企業が、思いもよらない理由で倒産するケースがあるという。「帝国データバンク」で25年間調査マンを務めた藤森徹氏は、著書「あの会社はこうして潰れた」で、倒産が起こりやすいポイントを具体例とともに解説している。(2017/11/20)

口からミカン? 本田翼&イケメン外国人の超親密2ショットにファンが発狂寸前
やめてええええ!(2017/11/18)

「2人は付き合ってるんですか?」 吉田沙保里、深田恭子の誕生日におそろい眼鏡で相変わらずのイチャイチャ
ほんと仲いいなこの2人。(2017/11/13)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

ZOZOTOWN独自ブランド年内開始 「科学の力で究極のフィット感」実現へ
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が、年内にプライベートブランドを立ち上げ、衣料品を販売する。「科学やテクノロジーの力」で、「究極のフィット感」を実現するという。(2017/10/31)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

佐々木希に“ツノ”がニョキッ 偶然の角っ娘姿に「ちょんまげ」「鉄腕アトム」の声
ツノ生えてても全然いいけど。(2017/10/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。