ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「服飾ブランド」最新記事一覧

全面にフライドポテトがドーン! とにかくインパクトのある食べ物柄Tシャツがヴィレヴァン通販に登場
こんなTシャツ着てる人に話しかけられても絶対内容が頭に入ってこない。(2017/5/15)

製造IT導入事例:
ファッションブランド企業がPLMシステムを新たに導入
フランスのダッソー・システムズは、同社の消費財/小売業向けPLMソフトウェア「マイ・コレクション」を、米Fossilグループが採用したと発表した。(2017/5/10)

CUNEから「雑すぎる初音ミクのコラボTシャツ」爆誕(1年ぶり2回目) 腰の曲がったおばあちゃんに謎アレンジ
独自路線。(2017/4/27)

ムスリム人口は16億人超:
新感覚の「ムスリムファッション」に熱視線
アバヤやヒジャブなど、ムスリム女性のファッション市場が広がっている。国内外のアパレルブランドや繊維メーカーが参入し、富裕層への売り込みを強化。新感覚のファッションとして、ムスリム以外の需要も期待されている。(2017/4/27)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
社員満足が顧客満足に直結する! 社員同士の仲のよさが強みのストライプインターナショナル
社員同士は単なる仕事上の関係よりも親密で、家族の次に大切な関係である「セカンドファミリー」を目指している。社員満足度の高さがお客さまの満足につながっている。(2017/4/26)

なんだこのオーラ…… 水原希子、全身肌色のシースルードレスに反響「ほんとにプリンセス」
オンリーワンな希子ファッション。(2017/4/20)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

「Apple Watch」に新しい純正のバンド・ストラップが登場 販売は3月下旬から
Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」に、新しい純正バンドと純正ストラップが登場した。オンラインのApple Storeでは、既に受注を開始している。(2017/3/22)

まるでアニメ? 生きているかのように動く「不死鳥タトゥー」が話題に
その発想はなかった!(2017/3/14)

「曲線を愛せ」のキャッチコピーにスリムなモデル ZARAの広告にネットで批判
スリムなモデルを起用した広告に「曲線……どこ……?」の声が。(2017/3/3)

ブランドのGUCCIがうちわを2万8000円で販売 片仮名の「グッチ」をドーンと印刷する大胆なデザイン
前衛的ですね。(2017/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

愛について〜パジャマ〜 「ユーリ!!! on ICE」のルームウェアが登場!
俺とルームウェアを着るのか、着ないのか。(2017/2/17)

「人気アイドルに育てたい」:
人工アイドル「アンドロイドル」は永遠の22歳
大阪大学の石黒研究室はアンドロイドとアイドルを掛け合わせた“アンドロイドル”「U」を開発した。ニコニコ生放送や商業施設での活用(実証実験)を通じて人気アイドルに育てていくという。(2017/2/15)

阪大・ドワンゴ・パルコが共同で“アンドロイド”アイドル育成企画発表 ネットとリアルでAIを育成
アンドロイド+アイドルで「アンドロイドル」。(2017/2/15)

「ジョジョ」第4部のコラボTシャツ登場 正月元旦の朝のようにスゲーッさわやかな気分になれそう
登場人物やスタンドをかたどった11種。杜王町のマークが刺しゅうされたボトムスもあります。(2017/2/10)

ジョン・マルコビッチ熱演CMも見られるYouTubeのスーパーボウルCMまとめサイトは10周年
2月5日(現地時間)開催の米NFLの王座決定戦、スーパーボウルのために作られたCMのまとめページ、「YouTube Blitz」が今年も公開されている。2016年にベスト20にランキングされたCMの90%はテレビでの放映前に公開されたものだった。(2017/2/5)

「太陽の塔」をかぶる、背負う あの塔をモチーフにしたキャップ&バッグが発売 内部も見事に再現
帽子の内側には、「太陽の塔」の内部が再現されている。(2017/2/4)

「ヤフオク!」にフリマ機能 定額で出品・購入 「それ、もうオークションじゃないよね?」
「ヤフオク!」に、定額で商品を出品でき、月額費用も不要な「フリマ出品」機能が追加。(2017/2/2)

室外機クラスタ大歓喜! アパレルブランド「CUNE」が室外機テーマの最新コレクションを発表
室外機をデコったり背負ったり身にまとったりできる。そう、CUNEならね。(2017/1/31)

Instagram Storiesに広告表示 資生堂、Nikeなど30社参加
Instagramが、昨年8月に導入した機能「Instagram Stories」を使った広告の試験運用を始めると発表。資生堂、Nikeなど30社が参加する予定。(2017/1/12)

写真展ニャ:
冬もねこだらけ!「ねこ休み展 冬 2017」
(2017/1/11)

インフルエンサーマーケティング新時代:
「マイクロインフルエンサー」のビッグな訴求力に注目せよ
影響力のある個人の情報発信が消費にレバレッジをかける。いわゆる「インフルエンサー」と組んだマーケティング活動が注目されて久しい。スマホ時代に進化するインフルエンサーマーケティングの新潮流とは?(2017/1/17)

『GTO』鬼塚英吉の愛車:
「男ならカワサキ」イメチェンでおしゃれに
男ならカワサキに乗れ――。ライダーが1度は耳にするこの言葉通り、骨太なイメージを持つ川崎重工業の二輪車事業が大きく変化している。(2017/1/5)

オートモーティブ 年間ランキング2016:
マツダがなぜガソリンターボ? 三菱自に続きスズキも不正…燃費ってなんだったの
2016年も自動車に関するさまざまなニュースがありました。1年間で、MONOistのオートモーティブフォーラムで多く読まれた記事を振り返ってみます。2016年に公開した記事の読まれた回数ランキングをご紹介します。(2016/12/27)

益若つばささん、デザイン盗作騒動について謝罪
益若さんがディレクターを務めるアパレルブランドの商品サンプルが、他のブランドに酷似していると指摘されていました。(2016/12/18)

「2016年、いまだ黎明期」のスマートウォッチ市場 Apple Watchのキラーアプリは
(2016/12/17)

ネット署名は世の中を変えることができるのか 署名サイトChange.orgの4年間
民主運動の1つとして今やすっかり定着しているネット署名。そのお手軽さから、国の制度までも変える力は持っているのだろうか。国内最大の署名サイトChange.orgに成功例を聞いた。(2016/12/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マイケル・ジャクソンはなぜ白い靴下を履いたのか?
大人になってファッションとして真っ白な靴下を履く機会はあるか? でも、誰よりもセクシーに履きこなした男は強烈に僕らの印象に残った。(2016/12/1)

水原希子を縛るアラーキー、Instagramに投稿された“緊縛”動画に興奮を抑えられないファンたち
緊縛するアラーキーの動画というレア感も。(2016/11/2)

モータースポーツ:
マシンやレースに直接関係のないスポンサーはF1にどう役立っているのか
F1についてはほとんど知らない、運転と量産車が好きなだけの記者が、日本グランプリ直前の鈴鹿サーキットに行ってきた。本稿はF1そのものではなく、マシンやレースに直接関係のないスポンサーがチームにどう関わっているのか紹介する。(2016/10/17)

外部ソースが利用可能に:
Twitter、高画質ライブ放送可能な「Periscope Producer」を発表
Twitterは、実況アプリ「Periscope」で外部ソースを利用した高画質ライブ放送を配信できる新機能を発表した。βテストとして、米国大統領交互討論会の中継などで利用された。(2016/10/14)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
えっ、そんなに!? インスタグラマーのギャラ事情
インターネットで稼ぐと言えば「ブロガー」や「ユーチューバー」などを想像する人が多いのでは。昨年あたりから「インスタグラマー」という新しい職業が注目されているが、彼ら・彼女たちはどのくらい稼いでいるのか。現役で活躍している女性2人に聞いてみた。(2016/10/13)

リリース当日に海外消費者の購入も:
ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」をファッションブランド「KOE」の通販サイトに提供
ナビプラスは、ファッションブランド「KOE」の通販サイトに、越境ECソリューション「BuySmartJapan」を提供したと発表した。(2016/10/6)

ヴィヴィアン・ウエストウッドがファッションショーを開催 素人は黙っとるしかない奇抜なデザインが多数登場
例年通りです。(2016/10/3)

コンセプトは「世界初」 イケメン大暴れ『HiGH&LOW』が10代女子の心をツカむ理由
LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い本作は、何を目指して生まれたのか? 日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。(2016/9/29)

上級者向けすぎる 「人間性」が丸見えなファレル・ウィリアムスとアディダスのコラボウェア
これ以上に人間性を表したものは見たことない。(2016/9/28)

女性誌と連動したコンテンツを展開:
サイバーエージェントが小学館、集英社、幻冬舎との共同広告商品を提供
サイバーエージェントは、同社の女性向け情報メディア「by.S」で、小学館、集英社、幻冬舎との共同広告商品を開発、提供を開始すると発表した。(2016/9/14)

カッコイイけどどういうことなの? アシックスのジャージ×スーツ誕生、山田孝之出演のPVが謎にキレッキレ
スーツだけどジャージ。ジャージだけどスーツ?(2016/8/29)

コラボツールが会議を進化させる
参加者が多いほど会議が長引く、その意外な理由とは?
小売業にとっては、デザイン性も商品価値の大事な要素だ。だからこそ社内コラボレーションシステムが企業の競争力に大きく関与する。あるアパレルブランドの事例を紹介しよう。(2016/9/15)

コンセプトは「馬に引きずられた人」 CUNEの新作ジーンズがダメージ加工すぎてマジ「かろうじて服」
いったい、いつどこで着ればいいというのだ。(2016/8/23)

佐々木希さん、松島花さんがびしょ濡れになる動画 これは……
FABIA(ファビア)の秋冬コレクションを紹介しています。(2016/8/19)

そう、ポール・スミスならね スーツ姿で体操技を披露する動画がリオ五輪で注目を浴びる
なんというしなやかさ。(2016/8/12)

ファッションも意識:
e☆イヤホン、大阪・梅田に国内最大規模の新店舗をオープンへ
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは、大阪梅田駅近くのショッピングモール「梅田EST」に国内最大規模の新店舗を10月にオープンする。ファッショナブルで開放的な店舗を目指す。(2016/8/9)

これまでのPR手法が通用しない!? アパレル業界が次にとる一手とは
大きく変化し、新たなトレンドが生まれ続けているファッション業界。“常識”や“反対意見”を打ち破ったところに、新たな突破口がある――。いち早く流行を先取りし、さまざまな挑戦を続けるTOPLOG代表取締役兼CEOの亀山隆広さんに、アパレル業界の“次の一手”を聞いた。(2016/8/1)

ViViモデルコンビ「やぎたま」の浴衣姿がふつくしい……! 玉城ティナ&八木アリサから強力な“夏”を感じる
かれんでありつつもどこかクール。(2016/7/31)

“ウェアラブル”の今:
新しいApple Watchの楽しみ方を提供するsacaiのバンド
すでに完売してしまったのだが、sacaiがApple Watch向けに作った専用のバンドが非常に興味深かったので紹介したい。(2016/7/31)

「ZARAが私たちのデザインを無断転用している」 アーティストがファッションブランドを訴える事態に
今後大きな影響がありそうです(2016/7/25)

紙の伝票が当たり前の社内をIT化
おしぼり業界の革命児、藤波タオルサービスがkintoneによる情報共有を根付かせるまで
日本のおもてなし文化の1つであるおしぼりを中核事業に据える藤波タオルサービスは、ITを活用して社内に情報共有文化を根付かせた。適したツール選びやツールの活用を浸透させるまでにはさまざまな工夫があった。(2016/7/25)

カメラでフラッシュをたくと顔が写らなくなる「アンチパパラッチスカーフ」登場 反射で周りが真っ暗に
ほかに「スマホケース」「ネクタイ」なんかもあります。(2016/7/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。