ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三鷹の森ジブリ美術館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三鷹の森ジブリ美術館」に関する情報が集まったページです。

タイムアウト東京のオススメ:
本物の抹茶ラテに出会う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/5/15)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

「高畑勲 お別れの会」、5月15日にジブリ美術館で ファンのために献花の時間も
参会の際は平服で。香典や供花の類は固く辞退するとのこと。(2018/5/1)

バンザーイ! 「千と千尋の神隠し」坊のTシャツを着たご機嫌ねこちゃんがかわいい
ベビー服をねこに着せた写真、はやるかも?(2018/2/28)

三鷹の森ジブリ美術館で新作アニメ「毛虫のボロ」上映 宮崎駿の新作
三鷹の森ジブリ美術館で、新作短編アニメーション「毛虫のボロ」が上映される。(2018/1/9)

宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」が3月公開 14分20秒のオリジナル短編アニメーション映画
三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で3月21日から。(2018/1/9)

連休におでかけしたい 旅行者が高評価の「博物館&美術館」
世界の人気博物館と美術館もあるよ。(2017/10/6)

ジブリ美術館の「ジブリ飯」企画展がいよいよ開始 内覧会の様子をお腹いっぱいリポート
行ってきました!(2017/5/26)

宮崎駿“最後の長編アニメ”の制作スタッフ、ジブリが募集 「作るに値する題材を見出した」
「昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」と、長編アニメ制作の理由も。(2017/5/19)

「今度こそ本当に最後の監督作品」:
スタジオジブリ復活 宮崎駿監督「引退撤回」で新人募集
スタジオジブリが新規スタッフを募集。14年に制作部門は解散していたが、宮崎駿監督の「引退撤回」で復活する。(2017/5/19)

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 実物大の「サツキとメイの家の台所」「タイガーモス号のキッチン」も登場
思い出に残るジブリ作品の「食事シーン」に注目した新しい展示です。(2017/4/6)

NHKスペシャルで宮崎駿 初のCGアニメ「毛虫のボロ」制作現場を2年間独占取材
長編アニメからの引退を発表しているものの、まだまだ現役。(2016/11/7)

過熱化するチケット論争 高額転売は違法か? それは「必要悪」なのか?
ライブイベントで見られるチケットの高額転売問題は深刻。問題を整理し、チケット価格のさらなる多様化にかじを切る時期なのではないでしょうか。(2016/8/29)

ジブリ美術館が2カ月を経てリニューアルオープン 大人も乗れるネコバスはモフモフ度UPで再登場!
宮崎駿監督こだわりの外壁に、スタジオジブリ作品のモチーフも多数。見どころを紹介!(2016/7/15)

漂う大物感! 11カ月の赤ちゃんが映画評論家のようなポーズでジブリ映画を鑑賞
感想については「まんままんま、あんぐー」とのこと。(2016/7/8)

「ジブリの大博覧会」東京でスタート 鈴木Pの机、糸井重里とのFAX 資料3千点が伝えるジブリの“宣伝”熱
イスがふかふかにパワーアップしたネコバス、巨大トトロのお出迎えなど、ジブリファンをときめかせる展示もいっぱい。(2016/7/7)

明日から開催:
巨大トトロがお出迎え! 「ジブリの大博覧会」はココがすごい
7月7日から、六本木ヒルズ展望台で「ジブリの大博覧会」が開催される。スタジオジブリの30年間の歩みを体感できる。(2016/7/6)

鈴木敏夫「わがままでごめんなさい」 ジブリ大展覧会が一律500円値下げ、一般料金は映画と同じ値段に
ええんやで(ニッコリ)。(2016/6/23)

「魔女の宅急便」キキがリカちゃん風人形になって登場 ジジやほうきも付属
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。 (2016/6/8)

大人も乗れる「ネコバス」復活 ジブリ美術館がリニューアル、7月から
三鷹の森ジブリ美術館が7月16日にリニューアルして営業を再開。新たな企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」をスタートする。(2016/5/25)

ジブリ美術館が新企画展「猫バスにのって ジブリの森へ」を開催 過去展示を総括、ネコバスも再登場
企画監修は宮崎駿監督。(2016/5/25)

スタジオジブリが鳥獣戯画をアニメに 丸紅新電力が公開
“日本最古の漫画”鳥獣戯画がアニメに――丸紅新電力がスタジオジブリが制作する新電力プランのプロモーション映像を公開した。(2016/3/15)

「鳥獣戯画」、ついにアニメ化――制作はスタジオジブリ
日本人には馴染み深い絵巻物語「鳥獣戯画」がついにアニメになった。しかも制作はあのスタジオジブリ。丸紅新電力の企業CMとして放映される。(2016/3/15)

日本の原風景を未来に残す――丸紅新電力からスタジオジブリとコラボした電気料金プランが登場
丸紅新電力は、スタジオジブリとのコラボレーションによる新電気料金プラン「プランG」を発表した。「プランGのGはジブリのG、GreenのG。日本の原風景を残していくプランだ」。(2016/3/15)

ジブリ、鳥獣戯画に命を吹き込む 絵巻物がそのまま動くアニメCMを製作
丸紅新電力とのタイアップCM。(2016/3/15)

ジブリ美術館、初の長期休館を実施 大がかりな改修工事のため
5月9日から7月15日までの約2カ月、お休みに。(2016/3/14)

ジブリ美術館、入場券の転売対策 夏休みシーズンで記名式チケットの先行抽選販売を実施
購入希望者の多い夏休みシーズンに、公平な販売機会を提供したいとのこと。(2016/3/1)

海外オタク見聞録:
来日した取引先がオタクだった、そんな時の聖地巡礼ガイド
オタクな取引先や知人から案内を頼まれたけどよく分からなくて……という人向けのガイドです。(2015/12/5)

「カリオストロ」に影響与えた乱歩の世界 宮崎駿の新企画展「幽霊塔へようこそ展」、ジブリ美術館で開催
会期は2015年5月30日から2016年5月にかけての予定。(2015/4/3)

「三鷹の森ジブリ美術館」初の先行抽選販売実施 2015年7・8月分チケット分で
毎年夏休みシーズンは希望者が殺到する上に、転売目的の購入も増えてきたことへの対策。(2015/3/3)

「三鷹の森アニメフェスタ2015」で「思い出のマーニー」上映&米林監督の講演会決定
そのほか「音楽とアニメーション」をテーマとした短編アニメもおもしろそう。(2015/2/3)

宮崎駿監督、短編アニメに意欲? 「ジブリは作り方を変える」と鈴木プロデューサー
スタジオジブリの鈴木プロデューサーが、ジブリや宮崎駿監督の今後についてテレビ番組で語った。長編映画からの引退を発表している宮崎監督だが、短編制作への意欲を見せているという。(2014/8/7)

ナウシカからマーニーまでジブリ作品の“建物”に焦点を当てた「ジブリの立体建造物展」開催
ジブリ作品の建物の背景画や美術ボードといった制作資料や、ミニチュアを中心とした立体作品を展示。(2014/6/16)

宮崎駿監督、長編アニメ引退後初の仕事はジブリ美術館「クルミわり人形とネズミの王さま」展
見に行きたい。(2014/4/7)

高畑勲&宮崎駿のこれが出発点だ! 「ホルス」「カリオストロ」「ナウシカ」3夜連続上映イベント
高畑さんと宮崎さんそれぞれの第1回監督作品とスタジオジブリ創設の記念碑的作品を、3夜限り、大スクリーンで上映。トークゲストには「夢と狂気の王国」の砂田麻美監督など。(2014/3/7)

スタジオジブリが厳選したアニメを上映 三鷹の森アニメフェスタ2014開催
教育番組の世界的コンクールでグランプリを受賞した「しわ」などを上映する。(2014/2/4)

外国人が“クール”と評価した日本の観光スポット20選
クールジャパン。(2013/10/13)

外国人が “クール” と評した日本の観光スポットはどこ?
旅行の口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」は9日、過去3年間に投稿されたクチコミでの評価をもとに「外国人が “クール” と評した日本の観光スポット20」を発表した。それによると、1位は……。(2013/10/9)

「この世は生きるに値するんだ」 「風立ちぬ」の後をどう生きるか 宮崎駿監督、引退会見全文
宮崎駿監督が引退会見は、1時間半にわたる会見のすべてが質疑応答に割かれた。会見の全文を掲載する。(2013/9/6)

アニメーションは「世界の秘密をのぞき見る」仕事――宮崎監督が語った、引退、ジブリのこれから、作品への思い
長編映画からの引退を決めた宮崎駿監督は、会見で何を語ったか。引退の理由、ジブリの今後、作品への思いなどについてのコメントを、まとめました。(2013/9/6)

宮崎駿監督の「公式引退の辞」全文 「ぼくは自由です」
「長編アニメーションではなくても、やってみたいことや試したいことがいろいろあります」と宮崎監督。(2013/9/6)

宮崎駿監督「公式引退の辞」全文
長編映画からの引退を表明した宮崎駿監督。本人による「公式引退の辞」を全文掲載する。(2013/9/6)

海外オタク見聞録:
2次元の“嫁”と世界を旅する――君は「プロジェクト・ホロ」を知っているか?
今年初め、「狼と香辛料」のホロの立て看板と旅をする海外のアニメファンが話題になった。そんなアツいオタクが東京にやってきたので話を聞いてきた。(2012/12/6)

ローソン、「Passbook」でクーポン提供 コンビニ初
ローソンがコンビニとして初めてPassbookを導入。からあげクンの割引券などを発行する。(2012/11/12)

行ってよかった美術館、博物館はどこ?――トリップアドバイザー
旅行クチコミサイト「TripAdvisor」が、この1年に寄せられたクチコミを基に「行ってよかった美術館&博物館ランキング2012」を発表した。(2012/9/25)

ジブリの幻の短編アニメ、JAL機内で独占上映
宮崎駿監督が三鷹の森ジブリ美術館の展示用に制作した「空想の空とぶ機械達」を、JAL国際線で独占上映する。(2012/7/2)

ようこそ日本へ:
一番人気はどこ? 「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20
「すべてのアメリカ人は行くべき」――最も外国人に人気の観光スポットに選ばれた理由とは?(2012/5/15)

「特撮博物館」にかける思い:
「エヴァの原点はウルトラマンと巨神兵」――庵野秀明が語り尽せない「特撮」への愛
「エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵。」――庵野秀明監督が“館長”を務める展覧会「特撮博物館」が開かれる。発表会では樋口真嗣監督やスタジオジブリの鈴木プロデューサーも加わり、特撮への“愛”を語った。(2012/5/10)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
丸の内iiyo!!から見えてきた“東京ハシゴタウン”構想
3月2日にオープンした商業ゾーン「丸の内iiyo!!」では、店同士がコラボして、お客さんが利用しやすいようにしている。この仕組みを応用すれば、東京全体の活性化につながるマーケティングもできるのではないかと筆者は提案する。(2012/3/22)

オープンアップス、iOS向け電子書籍アプリ「スタジオジブリのひみつ《第3版》」をリリース
「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」をはじめ、数々の人気作品を生み出してきたスタジオジブリの裏側や驚きの秘密を紹介する電子書籍アプリ「スタジオジブリのひみつ《第3版》」がリリースされた。(2012/2/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。