ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メガネ」最新記事一覧

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

「眼鏡屋が作ったウェアラブル端末」で勝負 メガネスーパーの生存戦略
メガネスーパーは、100%子会社のEnhanlaboでウェアラブル端末事業の拡大を図る。眼鏡型ウェアラブル端末「b.g.」を企業向けに展開し、新たな収益の柱としていく。(2017/6/20)

「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」……謎のモデルに突撃取材
湯気で曇った眼鏡、結い上げた髪にピンクのヘアバンド−。写真集「銭湯熟女〜錦湯編〜」が京都市内の銭湯で発売されており、話題になっている。(2017/6/20)

イルカ・ドジっ子・ヘンタイメガネ! 水族館が舞台のドタバタコメディー漫画『水族カンパニー!』が笑えて泣ける
こう見えても、実際の水族館を取材して作りこまれた本格派漫画です。(2017/6/12)

EC2上の既存アプリは「思い切って捨てた」
眼鏡の「JINS」、ウェアラブル端末のIoT基盤をAWSのサーバレスで“再”構築
デジタルサービスに取り組むジンズは、眼鏡型ウェアラブル端末やERPのIT基盤にAWSを選択。全く知見の無い中でIoT基盤を手探りで構築していった。採算が取れるかどうか分からない新サービス開発で心掛けたことは?(2017/6/6)

ARめがねで能楽に「解説」表示 大日本印刷が実証実験
能楽の鑑賞中、観客の眼鏡型AR端末に場面ごとの解説文を出す実証実験を大日本印刷が始める。(2017/6/2)

NHK技研公開2017:
メガネをかけなくても立体映像に見える「多視点ロボットカメラ撮影」技術、NHK技研が公開
NHK放送技術研究所の一般公開イベントに行ってきた。数ある展示の中から気になった展示を紹介する。(2017/5/29)

これぞ未来技術! マイクロソフトがホログラムを投影可能なメガネの試作機を発表
ヘッドマウントディスプレイよりもすっきり。(2017/5/23)

医療技術ニュース:
放射線医療従事者の水晶体被ばくの実態を解明
東北大学は、画像下治療を行う放射線医療従事者の眼の水晶体被ばくの実態を明らかにした。新型の水晶体用線量計「DOSIRIS」を用いて水晶体被ばくを正確に測定評価し、軽量型放射線防護メガネの防護効果も検証した。(2017/5/19)

ヨーダみたい 新種のメガネザルがインドネシアで発見される
5月4日の「スター・ウォーズの日」に論文掲載。(2017/5/5)

隠しマーク!そういうのもあるのか:
メガネレンズの“隠しマーク”を最短30秒で照合できる世界初の自動チェッカー端末――今夏提供開始
KPDソリューションズは、メガネレンズ表面に刻印されている「隠しマーク」の撮影と情報の照合を自動で行える「レンズマークチェッカーPREMIUM」を開発した。(2017/4/10)

ニコンブランドからスマホ専用メガネレンズ発売 下部の度数が異なる設計で目の筋肉をサポート
レンズ全体にブルーライトカットコートを採用し、目への負担を軽減。(2017/4/6)

画面の文字が小さすぎる!そんなとき……:
メガネや帽子に固定して使える折りたたみ式拡大鏡――ハクバ
ハクバ写真産業は、液晶ディスプレイなどの拡大チェックに向くクリップ固定式ルーペ「クリップルーペ 1.5×」を発売した。(2017/3/28)

「ハゲはもう隠すな」薄毛新時代は「魅せる」がキモ
時代は「魅せる」へ――薄毛に悩む男性に似合う服装やヒゲの形、メガネなどのコーディネートをアドバイスし、新たな価値観を提示するユニークな企業が出現した。(2017/3/13)

ハゲはもう隠すな:
コンプレックス肯定社会、実現なるか
隠すでも増やすでもなく時代は「魅せる」へ――。薄毛に悩む男性に似合う服装やヒゲの形、メガネなどのコーディネートをアドバイスし、新たな価値観を提示するユニークな企業が出現した。(2017/3/13)

映画「夜は短し歩けよ乙女」舞台あいさつにメガネな“先輩”星野源 花澤香菜、ロバート秋山ら個性的メンバーに神谷浩史「異種格闘技みたい」
星野源さんの口からは安定のえろネタも。(2017/3/10)

鯖江のメガネで「ジュワーッ!」 ウルトラセブン・キングジョー・エレキングのコラボモデル登場
円谷プロと鯖江のブランド「BLACK ICE Raise」のコラボで実現。(2017/3/9)

WOWOWメガネをかけたワンちゃん・ネコちゃん テレビに夢中な姿がかわいいけれど妙に人間臭い
一体何を見ているの?(2017/3/3)

SnapがNYSEに上場、初値は公開価格の4割上回る24ドル
「Snapchat」とメガネ型カメラ「Spectacles」を手掛ける米Snapがニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。初値は公開価格の17ドルを41%上回る24ドルで、IT企業としては2014年の中国Alibabaの上場以来の大規模IPOになった。(2017/3/3)

「JINS MEME」誕生秘話:
JINSが目指す、眼鏡で「認知症ゼロ社会」
「体の内側を知る」をコンセプトにジェイアイエヌが開発した眼鏡型ウェアラブル端末「JINS MEME」――。実はこのJINS MEMEが将来、認知症のない世界を実現するのかもしれないという。(2017/3/3)

Snap、動画撮影メガネ「Spectacles」を米国でオンライン販売開始
若者に人気のSNS「Snapchat」を手掛けるSnapが、これまで神出鬼没の自販機でしか購入できなかった10秒動画撮影メガネ「Spectacles」(129.99ドル)のオンライン販売を米国で開始した。(2017/2/21)

リアルに生気がなかった…… アジの目の写真を貼り付けた「死んだ魚の目」メガネが誕生
虚ろな目をしているだろ。魚みたいだろ……本物なんだぜ。(2017/2/19)

「艦これ」大淀&望月モデルのメガネが登場 普段使いにもコスプレにも
「ワンダーフェスティバル 2017」ではサンプルを展示予定。(2017/2/17)

「万引犯」モザイク写真公開の「めがねお〜」、逮捕受け写真削除 「モザイク外し」期限前 「私刑は意図せず」と釈明
眼鏡販売店「めがねお〜」が、「万引犯」の男性のモザイク画像を店舗サイトに掲載していたが、警察が逮捕した男が同店での犯行も自供したとし、画像を削除した。(2017/2/17)

窃盗犯のモザイク写真公開で物議のメガネ店、犯人逮捕を受け写真取り下げ “私刑”批判にサイト上で経緯説明
「返却しないと顔写真を拡散する」「絶対に逃がさない」など強い口調で警告していました。(2017/2/15)

花粉商戦が本番 今年は「つけない」商品続々 メガネ、スプレー……多機能で訴求
スギ花粉の飛散シーズンに突入するなか、関連商戦が本番を迎えている。花粉症は、国民の5人に1人以上がかかる「国民病」。(2017/2/14)

「返却しないと顔写真を拡散」「絶対逃がさない」窃盗被害のメガネ店が犯人に呼び掛け 対応に賛否両論
強い言葉とともに犯人に呼び掛けています。(2017/2/9)

現実世界にゲートを作ってキューブをワープ! パズルゲーム「Portal」をHoloLensで再現した動画が楽しそう
メガネ型デバイス「HoloLens」の可能性を見た……!(2017/2/8)

オリラジ藤森のメガネをDAIGOがシェア コンビのごとく掛け合いする2人に「かわうぃ〜ね〜」の声
レッツ シェア メガネ!(2017/1/25)

ウェアラブルEXPO:
普通のメガネがスマートグラスに、鯖江発の「ネオプラグ」がつなげる
福井県鯖江市を拠点にメガネフレームの企画とデザインを手掛けるボストンクラブは、「第3回 ウェアラブルEXPO」において、メガネをスマートグラスにする着脱機構「neoplug(ネオプラグ)」を展示した。(2017/1/24)

コンセプトを明確化:
JINS、メガネの価格設定を変更 上級モデルは1万円超
眼鏡チェーンのJINSが、商品の価格体系を3プライス制に変更する。商品のコンセプトの明確化が狙いだという。(2017/1/20)

働き方改革をサポート:
眼鏡で社員の集中力を可視化 ジェイアイエヌ
ジェイアイエヌは、社員の集中力を可視化して労働生産性の向上をサポートする企業向けサービスを始める。(2017/1/19)

第3回ウェアラブルEXPO:
今後のウェアラブル、主流は「衣類型」?
1月18日に開幕した「第3回 ウェアラブルEXPO」では、伸縮性のあるセンサーや電気を発する繊維を活用した「衣類型ウェアラブル端末」が多数登場。昨年から人気の眼鏡型ウェアラブル端末は、BtoB領域を対象とした製品が進歩していた。(2017/1/19)

「スマート工場化」へ製品続々 倉庫の商品を間違えずに選び出せる眼鏡など
工場や物流拠点の効率化につながる製品やサービスが増えている。(2017/1/19)

ウェアラブルEXPO:
眼鏡をかけると“Pepper目線”に メガネスーパーのウェアラブル「b.g.」で体験
メガネスーパーが眼鏡型端末の試作機「b.g.」を、ウェアラブルEXPOに参考出展。左右にディスプレイを搭載し、取り外すと一般的な眼鏡としても使える。(2017/1/18)

中国コンシューマー向け直販モデルを確立:
Inagora、中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主」で鯖江眼鏡の販売を開始
Inagoraは2016年12月27日、同社の中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で「鯖江眼鏡」の販売を開始したと発表した。(2016/12/27)

製造ITニュース:
作業動態分析システムがスマートグラス端末に対応
シーイーシーは、メガネ型ウェアラブル端末のスマートグラスに対応した作業動態分析システム「スマートロガー」の提供を開始した。作業管理者などのIE分析を支援し、データ収集・分析時間の低減に貢献する。(2016/12/21)

ZoffやJINSに勝つには?:
不振続くメガネスーパーの挑戦
業績が落ち込むメガネスーパーが、立て直しに向けてさまざまな取り組みを開始する。「アイケアカンパニー」として目のサプリメントなどを販売するほか、ウェアラブルデバイスの開発も進める。(2016/12/16)

JINSのセンサー付き眼鏡がアプリで進化 目の動きでスマホ・PC操作 きっかけはALS患者
「ALS患者の希望に」というユーザーの声が届いた。センサー付き眼鏡が取得したまばたきや眼球の動きで、PCや照明などをコントロールできるアプリ「JINS MEME BRIDGE」をJINSが開発。2017年2月上旬に公開する。(2016/12/15)

完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
いい感じに仕上がってる。(2016/12/6)

FF15でバグ報告続く 「空中に吹っ飛ぶ」「イグニスのメガネが浮く」「イグニスが崖から落ちる」「イグニスがなんか薄い」など
イグニス、あなた疲れてるのよ……。(2016/12/2)

MicrosoftのVR+AR融合メガネ「HoloLens」、日本のプレオーダーが12月2日に開始 SF世界がいよいよ来るぞ
空間に浮かんだホログラム画面をジェスチャーで操作。「電脳コイル」や「マイノリティ・リポート」のような世界が体験できる!?(2016/12/2)

太陽光:
「エコめがね」の先に見据えるIoT時代、NTTスマイルが事業戦略を語る
NTTスマイルエナジーは事業戦略発表会を開催した。低圧太陽光発電向けの遠隔監視サービス「エコめがね」を主軸に、再生可能エネルギーの流通・拡大に向けた事業にも注力する同社。代表取締役社長の谷口氏が「その先」を見据えた今後の事業戦略について語った。(2016/11/17)

JINSのオンラインメガネ試着サイト、二次元にも対応と判明し“嫁”をメガネっ子にする祭りに発展
アニメキャラもドールも、なんでもメガネっ子。(2016/11/14)

元モー娘・新垣里沙、髪をブリーチして“メガネっ子かわいい”へ変身する
ヘアカラーだけで10歳近く若返るのは新垣さんだけ。(2016/11/13)

昆布は童貞眼鏡 擬人化した「おにぎり」たちがイケメン忍者になるゲーム誕生
「おにぎり」を検索するだけで2次元イケメンが出てくるようになるかも。(2016/11/11)

刀剣乱舞×JINSメガネがコラボ! 刀剣男士の個性が光る八振りが登場!
メガネケースも凝ってます。(2016/11/14)

マイクロソフトのメガネ型デバイス「HoloLens」が日本でも提供へ 2016年内にプレオーダーを開始
ついに日本にも「複合現実」の未来が。(2016/11/1)

眼鏡ツインテ大・正・義! 柏木由紀のグラビアオフショットに反響「(雑誌が)売れ切れで買えない」
25歳のツインテ、全然あり。(2016/10/6)

Googleの軽量VR HMD「Daydream View」は79ドル、メガネ対応
通気性のあるジャージ素材で、重さ約220g。メガネをかけたまま装着可能。(2016/10/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。