ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「グリッド」最新記事一覧

太陽光:
インドが悩む電力供給、太陽光のマイクログリッドで解決
インドで日本企業3社が太陽光とディーゼル発電機を組み合わせたマイクログリッドを構築する実証が始まった。インドは電力需要が年平均4.9%のペースで拡大しており、電力の安定供給が課題となっている。日本のマクログリッド技術の有効性を実証し、インドでの普及につなげる狙いだ。(2017/8/17)

データベース監視・管理・チューニングのためのツール:
エンタープライズDB、Postgres管理ツールの新バージョン「EDB Postgres Enterprise Manager 7」をリリース
エンタープライズDBは、OSSデータベース向け管理ツールの新バージョン「EDB Postgres Enterprise Manager 7」をリリース。ドッキング可能なパネル、ページの部分読み込み、インライン編集によるグリッドベースのレイアウトといった機能を新たに備え、管理がしやすくなるように刷新した。(2017/7/31)

電力供給サービス:
東電が送電鉄塔レンタルで新サービス、5G時代を見据える
東京電力パワーグリッドが、携帯電話事業者に基地局として貸し出しできる送電鉄塔を専用Webサイトで公開する新サービスを開始した。今後次世代通信「5G」の基地局整備も始まることから、基地局の設置ニーズは高まる見込み。携帯電話事業者が送電鉄塔を借りやすくする環境を整備し、事業の拡大を図る。(2017/7/24)

トリガー新作アニメ3作品を発表! 今石監督✕中島脚本「PROMARE」、円谷プロとタッグを組んだ「グリッドマン」など
一挙に3作発表!(2017/7/3)

スマートシティ:
電柱の跡地がEV充電器に? 東電とパナソニックが地上機器を有効活用
東京電力パワーグリッドとパナソニックは、無電柱化エリアに設置されている地上配電機器とデジタルサイネージした情報配信サービスの企画開発に着手する。景観改善や災害時の安全性向上を背景に、国内でも都市部を中心に無電柱化が進んでおり、今後増加していく地上配電機器を有効活用する狙い。将来は電気自動車の充電器や自動運転車へのアシスト機能なども視野にいれる。(2017/5/24)

エネルギー管理:
電力系統監視制御システムの海外展開へ、東電PGや東芝など6社が提携
東京電力パワーグリッドや東芝など6社は、電力系統監視制御システムと周辺技術の海外事業展開に関する戦略的な提携を発表した。各社の技術を組み合わせた幅広いサービスの提供を目指す。(2017/4/12)

エネルギー管理:
送配電投資を抑えて再生可能エネルギーを増やす、ポーランドで先進実証
2020年に再生可能エネルギー比率15%を目指しているポーランド。その実現に向けた送配電設備への投資コストが課題となっている。そこでNEDOとポーランド・エネルギー省は、設備投資を抑制しながら再生可能エネルギーの導入拡大を目指すスマートグリッドの実証事業を実施する。日立製作所や日立化成、三井住友銀行などが参画する。(2017/3/24)

CAEニュース:
シーメンス、結果を写実的に可視化できる「STAR-CCM+ v12.02」を発表
シーメンスは、シミュレーションソフトウェアの最新版「STAR-CCM+ v12.02」を発表した。シミュレーション結果を写実的に可視化でき、適応型グリッド機能やクリーンな電力を生成する固体酸化燃料電池モデルを搭載している。(2017/3/13)

AIを活用し、高精度や自動化を実現:
PwCコンサルティングとグリッド、ドローンで収集したデータの解析サービスで協業
PwCコンサルティングとグリッドがドローンで収集したデータの解析サービスで協業を開始。AIを活用したデータ解析サービスに加え、解析データに基づいたビジネスコンサルティングサービスなども提供する。(2017/3/3)

National Instruments NI Industrial IoT Lab:
IIoTの研究施設を開設、主要関連企業との連携促進とイノベーション創出を図る
NIは、オースティン本社にインダストリアルIoTの研究施設「NI Industrial IoT Lab」を新たに開設。異なる専門性を有する企業/団体が複数参加し、マイクログリッドの制御や通信、製造向けの高度な制御、設備の予知保全といった分野への取り組みを重点的に進めていくという。(2017/2/3)

電力供給サービス:
東京電力が託送料金を誤請求、41社に3145件
東京電力ホールディングスの送配電部門を担う東京電力パワーグリッドが、41社の小売電気事業者に対し、託送料金を誤請求していたことが分かった。合計3145件の誤請求が発生しており、託送業務における作業手順の未整備・未定着、要員不足などが原因としている。(2017/2/1)

人工知能ニュース:
AIサービスを開発・提供するための業務提携
伊藤忠テクノソリューションズはグリッドと業務提携し、AIサービスの開発や提供に関して協業すると発表した。グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を活用して、顧客データの分析など、順次サービスを拡充していく。(2017/1/24)

グリッドと業務提携:
CTC、深層学習フレームワーク「ReNom」を活用したAIソリューションをリリース
伊藤忠テクノソリューションズがグリッドと業務提携すると発表。グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を使用したAIサービスを共同で提供する。(2017/1/11)

エネルギー管理:
分散電源の電力調整を低コストに、スマートメーターを使う新技術
鳥取大学の研究グループは、スマートメーター間の通信を利用し、分散電源の電力使用量を調整する新しい技術を開発した。サーバーなどの情報インフラの整備や運用を必要としないため、低コストに電力システムを管理できるという。大規模な投資が難しい小さなマイクログリッドなどの電力管理システムとしての展開も期待できる技術だ。(2016/11/29)

電力供給サービス:
東京電力の管内で需給率97%の予報、季節外れの雪で暖房需要が増加
本日11月24日(木)の早朝から降り始めた雪の影響で、東京電力管内の電力需要が想定以上に増えている。東京電力パワーグリッドは午前11時台に需給率が97%の「非常に厳しい」状態になる予報を出した。管内の家庭や企業に対して空調の温度設定の変更や照明の間引きなどを求めている。(2016/11/24)

スマートハウス:
電力データを活用した新サービスを、IoT基盤の構築実証を開始
東京電力パワーグリッド、日立製作所、パナソニックの3社は、センサーを活用して住宅内の電気の使用状況や温度などの情報を収集し、さらに蓄積・加工できるIoTプラットフォームの構築に向け、共同実証試験を開始する。(2016/11/10)

東電・日立・パナソニック、住宅向けIoTの実証試験を開始 電気の“ムダづかい”防ぐ
東電パワーグリッド、日立製作所、パナソニックの三社が、電気の使用状況と室温をIoTセンサーで計測する実証試験を開始。計測結果は電気の消し忘れ防止や安否確認に応用する。(2016/11/8)

製造業IoT:
東京電力がIoTプラットフォーマーに、日立、パナソニックと実証試験へ
東京電力パワーグリッド、日立製作所、パナソニックの3社は、住宅内の電気の使用状況や温度などの情報を収集/蓄積/加工することのできるIoTプラットフォームの構築に関する共同実証試験を始める。(2016/11/8)

家庭の電力使用状況で見守り・安否確認も 東電などIoT実証実験
住宅の電力使用データなどを収集・蓄積する実証実験を、東京電力パワーグリッド、日立製作所、パナソニックが関東エリア約100戸でスタート。(2016/11/7)

電力供給サービス:
家電の使用状況から節電方法を提案、火災を防ぐコンセント清掃も提供
イオングループの家事支援サービス事業を手がけるカジタクと東京電力パワーグリッドは、電気代の節約診断やコンセント清掃付きのハウスクリーニングサービスを提供すると発表した。(2016/10/17)

電力供給サービス:
東京電力のデータ通知遅延は一進一退、使用量の不明が5000件以上に
東京電力パワーグリッドのシステムの不具合によって発生している使用量データの通知遅延は改善が見られるものの、小売電気事業者や需要家に対する影響は拡大している。使用量が不明なために電気料金を確定できない件数は5000件を超えて、そのうち3分の2は未解決で協議を続けている。(2016/9/9)

電力供給サービス:
いつまで続く東京電力のシステム不具合、根本的な解決策が見えず
東京電力パワーグリッドが引き起こした電力使用量データの通知遅延の問題は全面解決のめどが立たないまま、人海戦術で対応する状況が続いている。7月1日に電力・ガス取引監視等委員会に提出した報告を見ても、問題になっている託送業務システムの不具合を解消できる時期は示されていない。(2016/7/4)

太陽光:
リュックで運べる折りたたみ太陽光パネル、蓄電池付き
蛇腹製造メーカーのナベルと三重大学は折りたたんで持ち運べる太陽パネル「nanoGrid(ナノグリッド)」を開発した。蓄電池とセットでリュックサックで運べるのが特徴の製品で、災害時に携帯電話やPCなどの充電に利用できる。(2016/6/17)

スマートシティ:
電力と利益を地域に還元、宮城県の被災地に先端スマートシティ
東日本大震災で被災した宮城県の東松島市で、スマートシティの本格的な運用が始まった。太陽光発電設備の導入や自営線の活用によるマイクログリッドの構築、地域新電力との連携など、日本のスマートシティの先端的なモデルケースとして大きな期待がかかるプロジェクトだ。(2016/6/14)

アイリスオーヤマ グリッド天井用LED照明:
消費電力が従来比75%削減、オフィスに最適なLED照明
アイリスオーヤマは、オフィスビル管理者や入居者の方がオフィス照明に求めるニーズを取り入れた「グリッド天井用LED照明」を2016年3月上旬に発売する。(2016/3/24)

LED照明:
グリッドシステム天井にはめ込むだけで使えるLED照明
生活用品製造卸のアイリスオーヤマは、高効率の付加価値を追求し、さらにオフィスビル管理者や入居者の方がオフィス照明に求めるニーズを取り入れた「グリッド天井用LED照明」を3月上旬に発売する。オフィスビル照明への提案を強化していく。(2016/3/15)

スマートシティ:
3段構えで災害に備える、トヨタの描く“グリッド構想”が実現
トヨタ自動車はグループ会社や東北電力などと共同で、宮城県の工業団地でスマートコミュニティ事業「F-グリッド構想」を進めている。2015年10月22日には非常時地域送電システムの運用が始まった。(2015/10/26)

スマートシティ:
電力を融通するマンション、エネファームで実現
マンション全戸に設置したエネファームを制御し、消費電力が高い住戸に送り込むことが可能な「T-グリッドシステム」が実現する。系統から購入する電力量を60%低減可能だという。「シャリエ長泉グランマークス」(全190戸、静岡県長泉町)に設置する。(2015/9/10)

Googleの人工知能「Deep Dream」で画像加工できるサイト、処理待ちが多すぎてユーザーに協力を求める→大幅パワーアップ
世界中のPCの空きリソースを人工知能処理マシンに変える、人工知能グリッドネットワーク計画が開始。(2015/7/14)

蓄電・発電機器:
伊豆大島でマイクログリッドを実現する1.5MWハイブリッド蓄電池、系統接続を開始
日立製作所と新神戸電機は、NEDOプロジェクトにおいて共同開発した、1.5MWハイブリッド大規模蓄電システムを、東京電力伊豆大島発電所の電力系統に接続。実証実験を開始したことを明らかにした。(2015/6/9)

電気自動車:
超小型EVが動く直流電源に、「ピコグリッドシステム」
デンソーは、超小型電気自動車(EV)を「移動する電源」として利用できる「Pico Grid System(ピコグリッドシステム)」を開発した。太陽光で発電した電力を、直流のまま超小型EVや蓄電池に蓄えるので、一般的な太陽光発電システムのように直流から交流への電力変換による損失が発生しないことも特徴の1つだ。(2015/5/29)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(2):
“見えない”線を“見せる”グリッドシステム――Webデザインの4原則その2「整列」
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。今回は、グリッドシステムを使った「整列」の作り方を解説する。(2015/2/20)

ようやく時代が追いついた! 懐かしの特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」が「日本アニメ(ーター)見本市」でアニメ化決定
戦闘コードを入力せよ! アクセスコードは……「GRIDMAN」 。(2015/1/13)

エネルギー管理:
太陽光と電力系統、間を取り持つデジタル技術
大規模太陽光発電所や風力発電所を手掛ける自然電力グループは、2014年11月、東京大学、デジタルグリッドと共同で、電力系統に与える太陽光などの影響を抑制する共同研究を開始した。「デジタルグリッドルーター」を用いた電力の融通などが対象だ。(2014/11/11)

エネルギー管理:
「小さな系統」役立てる、オフィスや工場のBCP・省エネに
日立造船はBCP(事業継続計画)対策や省エネ対策に役立つ技術開発を進めている。発電、蓄電、制御を組み合わせた「マイクログリッドシステム」がカギだ。既にオフィス向けシステムの受注を受け付けており、2014年10月には中規模工場向けシステムの実証実験を開始した。(2014/10/22)

FAニュース:
仏アルストム、パワー事業およびグリッド事業でGEと資本提携
GEは、アルストムのパワー事業とグリッド事業を、企業価値135億ドルと現金34億ドルの合計169億ドルで取得する。資本提携は、2015年内に完了する予定。(2014/7/4)

UXガイドラインから読み解く:
フラットデザイン実装における3つの重要なポイントとは
フラットデザインをよく知る筆者が、グリッド、タイポグラフィ、予測の3つの観点からMS提供の「Windows 8.1ユーザー エクスペリエンスガイドライン」を読み解いていく。(2014/3/31)

スマートシティ:
足りない電気をお隣さんから調達、マンションの光熱費が30%減る
静岡ガスはマンション内で電力の融通を可能にする「T-グリッドシステム」を開発した。各戸に設置したエネファームを制御することで、電力が不足している家庭に向けて、余裕のある家庭のエネファームが電力を供給する。東レ建設は同システムを導入したスマートタウンを静岡県東部に立ち上げ、2017年度の完成を予定する。(2014/2/4)

自然エネルギー:
南洋に浮かぶトンガ、マイクログリッドで電力の1/8を調整
トンガは再生可能エネルギーの導入に熱心だ。2020年までに電力需要の50%をまかなう計画を打ち出している。2014年には富士電機が1MWの太陽光発電システムを納入する。トンガのような島国に向くマイクログリッドと組み合わせることが特徴だ。(2013/12/26)

CEATEC 2013:
小型EVと「直流」がテーマ、デンソーがDC普通充電器とピコグリッドを披露
デンソーは、「CEATEC JAPAN 2013」において、小型EVと「直流」をテーマに、2つのコンセプト展示を行った。(2013/10/3)

スマートシティ:
世界初の「水素発電所」を東京湾岸に建設、2015年に90MWで商用化へ
次世代のクリーンエネルギーとして注目を集める「水素」の商用プロジェクトが本格的に始まる。川崎市と千代田化工建設が2015年をメドに、東京湾岸に「水素供給グリッド」を構築するのと合わせて、世界で初めて商用レベルの「水素発電所」を建設する構想を打ち出した。(2013/9/17)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第18回 グリッド線はなんのためにある?
簡単にオンオフできる割に使われていない感じのする「グリッド線」。水平と構図の決定には便利なので是非とも使ってみよう。(2013/6/26)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(3):
Pinterest風グリッドレイアウトを作ってみよう
jQueryを使って、女性に人気の写真共有SNS、Pinterestのグリッドレイアウトを再現してみよう。(2013/6/10)

NEWS
グリーン・グリッド、“データセンターの省エネ支援”白書を発行
データセンターのエネルギー効率を測定するPUEの定義や分析・リポート方法、日米欧で統一した測定ガイドラインなどが掲載されている。また、日本国内のデータセンターの改善活動を表彰するアワードを開催する。(2013/5/29)

ホワイトペーパー:
データグリッド表示形式の実用的なアプリケーションにLINQの要素を取り入れよう
データグリッド表示形式の一般的な業務アプリケーションの効率的な開発手法とデータベースへの接続方法を解説する技術資料。(2013/2/25)

グレープシティ、WPF向けの表計算グリッドコンポーネントを発売
WPFで利用可能な表計算グリッドコンポーネント製品の「SPREAD」を12月に発売する。(2012/10/17)

NEWS
グリーン・グリッドが国内データセンターの省電力活動を表彰、最優秀賞に輝いたのは?
グリーン・グリッドが日本国内でデータセンターを運用する団体・企業のエネルギー効率改善に向けた活動を表彰。最優秀賞にはNTTコミュニケーションズとNTTファシリティーズの共同プロジェクトが選ばれた。(2012/10/5)

戦略的ITを実現するキーテクノロジ(2):
“限界”を突破する技術、「インメモリデータグリッド」
本連載では、戦略的IT活用を実現する「これからの技術要素」を紹介していく。前回は金融のアルゴリズム取引などに使われている大量データを瞬時に処理する仕組み「CEP」を紹介したが、今回は今後のデータ量の増大にも対処できるテクノロジ「インメモリデータグリッド」について解説する。(2012/9/19)

「ラック数本規模からでも応募してほしい」:
PR:節電の日本を世界に発信――データセンター・アワードの見どころを聞いた
グリーン・グリッドが主催する「グリーン・グリッド データセンター・アワード2012」の募集が今年も始まった。規模や業種・業態を問わず、日本国内でデータセンターを運用する企業・団体の応募を受け付けており、単に消費電力をどれだけ削減できたかという結果だけでなく、その消費電力低減に向けた取り組みも評価の対象となる。応募受付は9月7日まで、表彰式は10月上旬に予定されている。(2012/7/23)

レッドハット、インメモリのデータグリッド製品「JBoss Data Grid 6.0」を発売
グリッドノートの拡張性の高さを特徴とし、価格は16コア当たり年額249万6000円から。(2012/7/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。