ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「光BOX」最新記事一覧

関連キーワード

オンライン動画サービス特集:
新作映画をいち早くチェックしたい人に! 映画館や電子書籍にも使える独自ポイント採用の「U-NEXT」
11万本以上もの動画を配信する「U-NEXT」。定額制動画サービスの中では高額な月額約2000円の料金を払ってでも使いたいのはどんなユーザー?(2015/8/11)

活力と交流のまちづくり:
PR:お茶の間のテレビと自治体がつながる! 京都府和束町が構築した行政情報配信システムとは?
京都府和束町は、2014年11月に「茶源郷行政情報配信システム(和束町チャンネル)」を本格的にスタートさせた。NTT西日本は和束町と「情報化に関する協定」を結び、グループ一丸となって和束町をサポートしている。活力あふれるまちづくりを推進する和束町と、先進的なICTソリューションを通じて社会に貢献するNTT西日本の取り組みを取材した。(2015/3/25)

「高い」「難しい」のイメージはもう古い:
PR:鹿児島ターミナルビルが導入した最新デジタルサイネージの舞台裏
街中で目にする機会が増えたデジタルサイネージは、映像や画像を駆使した魅力的な表現を通じて、紙媒体では難しい多様な情報を提供できる手段として注目を集める。だが、豊富な機能を備える専用システムは高額で、自前で機器を導入するのも、運用・管理するのも大変だ。この点がデジタルサイネージの普及の障壁になってしまう。2014年9月にオープンした「アミュプラザ鹿児島プレミアム館」に導入されている最新鋭のクラウド型デジタルサイネージシステムは、従来のデジタルサイネージにまつわる問題を解決している。(2015/3/4)

絵本アプリ「森のえほん館」、絵本再生回数3500万回突破を記念し「森のえほん館大賞2015」を開催
大賞となった絵本は、紙の本として制作し投票者に抽選でプレゼントする。(2015/2/13)

エネルギー管理:
スマートメーターの情報をテレビに、NTTグループが通信サービスと連携
1年後に始まる小売の全面自由化に向けて、電力と通信を融合したサービスが広がりを見せる。NTT西日本とNTTコムウェアはインターネット通信サービスの利用者にスマートメーターの情報を提供できるシステムを開発した。電力使用量のデータを活用したサービスを他の事業者と共同で展開する。(2015/1/29)

スマートハウス:
10棟40戸で太陽光を共有、出力129kW
サンヨーホームズは、10棟40戸からなるタウンハウス「スマeタウン足立竹ノ塚〜芽ぐみの杜〜」を開発、2015年1月に販売を開始した。全棟の屋根に太陽電池を設置、売電収入を各住戸に還元する。(2015/1/16)

「心臓シミュレーター」の開発秘話も:
「モノづくりで命を救う」――新たな市場を開拓した京都の試作メーカーの哲学
Vero Softwareジャパングループは東京都内で「Veroグループフォーラムジャパン2014」を開催。その基調講演で、京都に本拠を置く試作メーカーであるクロスエフェクト社長の竹田正俊氏が登壇した。クロスエフェクトは、同社が開発した「心臓シミュレーター」が「第5回 ものづくり日本大賞」において内閣総理大臣賞を受賞するなど、近年注目を集めている。(2014/7/29)

NTT西日本、「光BOX+」に音声対話型のコンシェルジュアプリを提供
NTT西日本は、同社のセットトップボックス「光BOX+」向けに、音声対話型コンシェルジュアプリ「スマートナビットさん」の提供を開始した。(2014/3/4)

九州発アイドルグループ「LinQ」の公認アプリが「光BOX+」に登場――最新動画を独占先行配信
九州発アイドルグループ「LinQ」の公認アプリが「光BOX+」に登場。メンバー全員の自己PR動画やライブ映像など最新情報を独占先行配信する。(2013/11/22)

NTT西の「光BOX+」が「スカパー!オンデマンド」に対応
西日本電信電話(NTT西日本)とスカパーJSATは、「光BOX+」向けに「スカパー!オンデマンド」が利用できるアプリケーションを提供する。(2013/7/30)

Bluetoothを新搭載、三菱“REAL”からオールインワン録画テレビ「BHR4シリーズ」2機種が登場
三菱電機は、液晶テレビ「REAL」(リアル)の新製品として、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した「BHR4シリーズ」2機種を発表した。(2013/7/24)

テレビもカラダもスマートに、三菱“リアル”がタニタの体組成計と連携
三菱電機は、8月下旬に発売するBlu-ray Discレコーダー搭載テレビ「REAL」(リアル)「BHR4シリーズ」、タニタの体組成計とBluetoothで連携する機能を搭載した。(2013/7/24)

新しいテレビの使い方:
「つながれば、みんな幸せ」――三菱、体組成計やSTBアプリ連携を強化したテレビを発売
三菱電機は、2013年8月下旬発売のHDD内蔵 Blu-rayディスクレコーダー搭載録画テレビ「REAL」の「BHR4シリーズ」計2機種に、タニタの体組成計およびNTT西日本の光BOX+と連携する機能を搭載したことを発表した。(2013/7/24)

NTT西日本、テレビ画面でオンラインコンテンツを楽しむ「光BOX+」発売
自宅のテレビをネットに接続し、テレビ画面でYouTubeなどのオンラインコンテンツを楽しめる「光BOX+」が発売される。(2013/6/19)

緊急地震速報でテレビがオン、NTT西の新「光BOX+」
西日本電信電話(NTT西日本)は、家庭用セットトップボックス「光BOX+」の新製品を6月下旬に発売する。非PCユーザーに「パッシブなネット利用」を提供するという。(2013/6/19)

NTT東、ジャイロ搭載リモコンで操作性を向上させた「光BOX3」を発売
NTT東日本は、ネットワーク対応セットトップボックスの新製品「光BOX3」を発売する。(2013/4/4)

NTT西日本の「光BOX+」で「GIGA.TV」の視聴が可能に
フェイス・ワンダワークスは、NTT西日本の「光BOX+」に動画配信サイト「GIGA.TV」視聴用アプリを提供する。「フレッツ・まとめて支払い」にも対応した。(2012/12/7)

「光BOX+」でハーレクインコミックの定額配信始まる
NTT西日本のテレビ向けセットトップボックス「光BOX+」の新サービスとして、NTTソルマーレのコミック配信サービス「定額ハーレクインカフェ」が始まる。(2012/12/3)

NTT西日本の「光BOX+」、「ひかりTVどこでも」アプリを提供開始
テレビに接続してネット動画を楽しめる「光BOX+」で、Android向けアプリ「ひかりTVどこでも」が利用可能になった。(2012/7/31)

本田雅一のTV Style:
受動的なネット利用がカギ? KDDI「Smart TV Box」の戦略(2)
前回のNTT西日本「光ボックス+」に続き、KDDIが今夏にトライアルを開始するという「Smart TV Box」を読み解いていこう。(2012/5/31)

本田雅一のTV Style:
受動的なネット利用がカギ? NTT西日本「光ボックス+」の戦略(1)
NTT西日本が発売したセットトップボックス(STB)タイプのネット端末「光ボックス+」。ネット利用者の行動パターンを徹底的に分析したとい同社の戦略は?(2012/5/15)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。