ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HT1100」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HT1100」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、Windows Mobile機向けセキュリティスキャンのアップデートを提供
NTTドコモが、Windows Mobile搭載スマートフォン「HT-01A」「HT-02A」「T-01A」「F1100」「HT1100」向けのセキュリティスキャンの最新パターンデータを公開した。(2010/1/26)

HTC Nippon スマートフォン ショーケース:
iPhone対抗の「HTC Touch Diamond」、日本でも間もなく登場か
HTC Nipponが、自社のスマートフォン全10機種を一堂に紹介する「HTC Nippon スマートフォン ショーケース」を開催。HT1100ユーザーというIKKOさんが、七夕の織姫をイメージしたドレスで登場した。(2008/7/4)

HTC製スマートフォンに追加対応:
インテリシンク、モバイル機器管理ツールがX03HTとHT1100に対応
企業向け携帯電話管理ツールの「Intellisync Mobile Suite」がHTC製のスマートフォン機種に対応した。(2008/6/24)

徹底活用! Windowsケータイ「HT1100」:
PR:ネット・音楽・PC連携――ひと味違うケータイ「HT1100」を楽しむ
ドコモから登場したスリムでコンパクトなWindowsケータイ「HT1100」。スマートフォンとしてPCに匹敵するパワフルな機能を持ちながら、ダイヤルキーとタッチパネルでカジュアルに操作できるのが魅力だ。(2008/6/20)

「HT1100」デビューイベント、東京ミッドタウンで開催
マイクロソフト、ドコモ、HTCの3社は、東京ミッドタウンで6月14日に「HT1100」のイベントを開催した。実機を触れることができるほか、製品の特徴を伝えるショーや関連グッズのプレゼントが行われた。(2008/6/16)

開発担当者に聞く「HT1100」:
PR:新世代Windowsケータイ「HT1100」に込められたドコモの思いとは
ドコモから登場したHTC製Windowsケータイ「HT1100」。いち早くスマートフォンを世に送り出してきたドコモが、満を持して発売したHT1100には、一体どんなメッセージが込められているのか。開発担当者に話を聞いた。(2008/6/13)

「HT1100」発売――新規一括は約5万円、分割払いが2065円から
NTTドコモのHTC製スマートフォン「HT1100」が発売された。販売価格は、バリューコースの新規一括払いが5万610円、24回払いの場合は頭金1050円、月額2065円だった。(2008/6/12)

写真で見る「EMONSTER lite」
イー・モバイルのHTC製「EMONSTER lite」は、ダイヤルキーと指をなぞらせて操作する「Touch FLO」を搭載し、片手で“ライト”に使えるスマートフォン。モックアップを元に、ドコモのHT1100との違いをチェックした。(2008/6/10)

指をすべらせて直感操作――ドコモのHTC製スマートフォン「HT1100」、6月12日に発売
スリムでコンパクトなスライド型ボディのHTC製Windowsケータイ「HT1100」が、6月12日から店頭に並ぶ。ケータイライクなテンキーを装備し、タッチパネル対応のメインディスプレイには、直感的な操作が可能なユーザーインタフェース「TouchFLO」を採用した。(2008/6/9)

「HT1100」はコンシューマ層を意識したカジュアルなスマートフォン
ドコモのスマートフォン「HT1100」のブロガーイベントが開催された。スリムなスライドボディが目を引くが、HTCの独自UIであるTouch FLOにより、画面をなぞるような操作が大きな特徴だ。(2008/5/13)

ケータイ感覚で快適に使える本格スマートフォン――ドコモ「HT1100」
スリムでコンパクトなスライド型ボディを持つドコモのHTC製Windowsケータイ「HT1100」。このWM6を搭載したスマートフォンは、快適な片手操作が可能なTouchFL/HTC Homeなどの機能が盛り込まれている。(2008/5/2)

発売前の「HT1100」に触れる──ブロガー限定内覧会を4月25日に開催
WindowsケータイFANとhtc Fan Siteが、NTTドコモから発売予定のHTC製Windows Mobile 6端末「HT1100」の内覧会を開催する。参加できるのは事前登録したブロガー限定となるが、思う存分実機に触れる機会が設けられる。(2008/4/2)

Mobile World Congress 2008:
UMPCやTouchFLO端末、「X03HT」「HT1100」のベースモデルも披露――HTC
日本向けにもさまざまなWindows Mobile端末を投入しているHTC。Mobile World Congressのブースには、タブレットスタイルのUMPCやナビ機能を備えたTouchFLO端末、「X03HT」「HT1100」のベースモデルが展示された。(2008/2/14)

神尾寿の時事日想:
携帯電話の世界で、いよいよユーザーインタフェースの革新が始まる
小さなボディの中には覚えきれないほどの機能が詰め込まれているが、しかしほとんどのユーザーは使いこなせていない――そんな携帯電話の現状を打開するのは、iPhoneやHT1100といった、UIによる革新を目指す新機種ではないだろうか?(2007/9/5)

「TouchFLO」は高性能でも簡単──HTCが考える未来のUIとは
台湾HTCのCEO、ピーター・チョウ氏と最高マーケティング責任者のジョン・ワン氏は8月31日、同社の新しいユーザーインタフェース「TouchFLO」技術と、それを採用した「HTC Touch」「HT1100」を改めて紹介した。(2007/9/1)

写真で解説する「HT1100」
HTC製の「HT1100」は、画面を指でなぞって操作でる「TouchFLO」を採用したWindows Mobile 6搭載機。FOMAハイスピードのほかGSM国際ローミングにも対応し、多彩なマルチメディア機能を備える。(2007/8/31)

直感操作とグローバル対応のHTCスマートフォン「HT1100」
HTCのドコモ向け製品の第2弾となるHT1100は、指による直感操作とHSDPA/GSMネットワークに対応した新モデルとなる。(2007/8/31)

YouTube Mobileを視聴可能なビジネスケータイ──HTC製のWindows Mobile端末「HT1100」
HTC製の「HT1100」は、アクティブなビジネスパーソンをメインターゲットとするビジネスケータイ。ディスプレイはタッチパネル対応で、画面上に指をすべらせて3Dキューブ状のメニュー画面を操作する。YouTube Mobileをストリーミング再生できるプレーヤーも搭載。(2007/8/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。