ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HTC」最新記事一覧

ほぼ万能プレーヤー「VLC」、360度動画をサポート、2017年にはVR HMD対応へ
マルチフォーマット対応の無料動画プレーヤーアプリ「VLC」が360度動画をサポートする。デスクトップ向けテクニカルプレビューが公開されており、近くモバイル版が、2017年には「HTC Vive」などのVRヘッドセット版が公開される見込みだ。(2016/11/28)

サイバネットシステム バーチャルデザインレビュー:
「HTC Vive」で3D CADデータを共有してデザインレビュー
サイバネットシステムはHTCのHMD「Vive」を用いて、VR空間上に表示された3次元設計モデルを使って複数人での設計レビューが行える「バーチャルデザインレビュー」を販売開始した。(2016/11/18)

世界中をVRでフライスルーできるGoogle Earth VR登場 HTC Vive対応で
Tilt Brushと同じく、まずはHTC Viveで。(2016/11/17)

iFixit、Googleの「Pixel XL」を解剖──バッテリーにだけひっそりHTCのロゴ
“Made by Google”端末「Pixel XL」を分解レポートで知られるiFixitが分解し、修理しやすさは10点満点の6点と評価。メーカーであるHTCのロゴは、バッテリーにのみ表示されていることが分かった。(2016/10/23)

VR専用のアダルトゲームついに登場 老舗3Dアダルトソフトブランドから「VRカノジョ」発売
Oculus RiftとHTC Viveに対応。(2016/10/13)

VR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」来年1月発売 「Oculus Rift」「HTC Vive」対応
近所に住む女の子「夕陽さくら」と3D空間で触れ合える――そんなVR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」を、イリュージョンが2017年1月下旬に発売する。(2016/10/13)

テガラ、「HTC Vive」「Oculus Rift」をセットにしたVR対応PCのデモ機無料貸し出しキャンペーンを開始――法人限定
テガラは、VR HMD「HTC Vive」「Oculus Rift」とVR対応PCを無償で貸し出す法人限定キャンペーンを開始した。(2016/9/26)

HTC、東京ゲームショウ2016に「VIVE」を初出展 ゲームコンテンツはAMD、KDDI、スクウェア・エニックス、バンダイナムコなど
HTCは9月15日から18日に行われる「東京ゲームショウ2016」に初めて出展する。HTC VIVEでパートナー企業のさまざまなコンテンツを楽しむことができる。(2016/9/12)

MSI、HTCと共同開発したVR向けリュック型PC「MSI VR One」 バッテリーのホットスワップに対応しケーブルの呪縛から解放
MSIが発表したリュック型PC「MSI VR One」は、3.6kgの重量にGeForce GTX 1070とCore i7、2つのバッテリーパックを搭載。バッテリーのホットスワップに対応し、バッテリーを換えることで駆動時間を延ばすことができる。(2016/9/12)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
スマホとVRビジネスはどうなる? HTC NIPPONの玉野社長に聞く
日本市場に初のAndroidスマートフォンを投入したHTCが存在感を見せ始めている。最新のハイスペックスマートフォン「HTC 10」の販売が好調なほか、VR「Vive」も注目されている。変化のスピードが速い中で、次々に新製品を投入しているHTC NIPPONの玉野社長に話を聞いた。(2016/8/18)

Microsoft、来春の「Windows 10」アップデートでHTC Viveなどでの「Windows Holographic」利用を可能に
Microsoftは来春予定している「Windows 10」のアップデート(コードネーム:Redstone 2)で、MR HMD「HoloLens」のシェル「Windows Holographic」をサードパーティー製ハードウェアでも使えるようにすると発表した。HoloLens向けのMRアプリをHTC Viveなどでも使えることになる。(2016/8/17)

「HTC Desire 626」とSIMセット、2万9800円から1万9800円に値下げ
兼松コミュニケーションズは、8月1日に「HTC Desire 626」と「OCNモバイルONEパッケージ」をセットにした「HTCプレミアムパック by OCN」を1万9800円(税別)で数量限定で販売開始した。(2016/8/1)

Oculus Riftの初期出荷ようやく完了 2-4営業日で出荷に
ライバルであるHTC Viveが本格的な日本進出を果たしたタイミングで、Oculusはようやく予約分を出荷し終えた。(2016/7/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバの“VR化”が加速中
店頭販売が始まったVRギア「HTC Vive」が好調に売れているアキバ。時を同じくして、VRを扱うショップが複数立ち上がり、新たな時代の幕開けを感じさせる。(2016/7/11)

HTC Vive、国内店頭販売開始 新世代GPU登場に合わせ
日本での購入しやすさではライバルOculus Rift CV1に大きく差をつけた。(2016/7/7)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」に“HTC Vive”推奨モデル2製品を追加
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」のラインアップにVR HMD「HTC Vive」推奨構成モデル計2製品を追加した。(2016/7/7)

全国36店舗に予約可能な体験スペースも:
「HTC Vive」が実店舗でも購入可能に HTCが国内の計8社とパートナーシップを発表
「HTC Vive」が全国36店舗で購入できるようになる。オンラインで体験予約も。(2016/7/7)

ドスパラ、VR HMD「HTC Vive」発売記念のポイント還元キャンペーンを開始
ドスパラは、本日販売開始となるVR HMD「HTC Vive」の発売を記念したポイントバックキャンペーンを発表した。(2016/7/7)

ITライフch:
デザイン、カメラ、オーディオ、そしてパフォーマンスも10点満点を目指したフラグシップスマホ「HTC 10」
HTC NIPPONがau 2016年夏モデルとして発売するフラグシップスマホ「HTC 10 HTV32」。HTC NIPPON 代表取締役社長の玉野浩氏が、製品名に込めた思いや、キーポイントを解説した。(2016/7/1)

きらめくボディーと画面をバッチリ守る! Spigenの「HTC 10」用ケースとフィルムを装着してみた
日本でも登場したHTCのフラッグシップスマートフォン「HTC 10」。ダイヤモンドカットの美しいボディーときれいな画面をSpigenのスマホケースと画面フィルムで守ってみよう。(2016/6/30)

次期Nexus端末の小さい方(コードネーム:Sailfish)は5インチ?
今秋登場とみられる「Android N」搭載の新Nexus端末は2台ともHTC製で、小さい方は5インチディスプレイになると、現行モデルの予測で実績のあるAndroid Policeが報じた。(2016/6/26)

Spigen、Amazonストアで「HTC 10」「P8lite」「P9」「P9 lite」の発売記念セールを開催 6月26日まで
Spigenが、Amazonストアで「HTC 10」「P8lite」「P9」「P9 lite」の発売記念キャンペーンを開催する。期間中、これらの機種で使えるアクセサリーを全品20%引きで販売するほか、車載スマホスタンドやスマホリングの同時購入割引も実施する。(2016/6/24)

どの画面でも同じコンテンツを楽しめる世界を――Nextbitが「Robin」を作った理由
GoogleやHTCの元従業員が創業したベンチャー企業「Nextbit」。同社が開発したAndroidスマートフォンが日本でも注目を集めている。“クラウドファースト”をうたうスマホは、どのような経緯で生まれたのか。トム・モスCEOから話を伺った。(2016/6/10)

Spigen、HTC 10専用ケース・フィルムが最大23%オフになるキャンペーンをYahoo!ストア限定開催
Spigen Yahoo!ストア限定で、HTC 10の専用ケース・フィルムが最大23%オフになる「HTC 10発売記念キャンペーン」を開催。期間は6月20日まで。(2016/6/10)

au、「HTC 10 HTV32」を6月10日発売 一括販売価格は8万円弱
HTCの新たなフラッグシップスマートフォンが、auから登場する。一括販売価格は8万円弱で、毎月割適用後の実質価格は4万円弱〜4万円台半ばとなる。(2016/6/8)

Spigen、「HTC 10」用アクセサリーの販売開始
Spigenが、HTCの新しいフラッグシップスマートフォン「HTC 10」用アクセサリーの販売を開始した。ラインアップは順次追加する予定だ。(2016/6/2)

10点満点の「HTC 10」 日本でシルバーが出ない理由とSIMフリーモデルの可能性
au夏モデルにラインアップされたグローバルモデル「HTC 10」。au向けにレッドを用意する一方、海外にあるシルバーが出ない理由を聞いた。(2016/6/2)

「HTC Vive」日本の販売ページ公開 10万7800円、国内から出荷 「設置サービス」も
「HTC Vive」を販売する日本語ページがオープン。日本語で注文を受け、国内から発送する。価格は10万7800円。(2016/6/2)

Microsoft、「HoloLens」プラットフォームをハードウェアメーカーに開放
Microsoftが複合現実HMD「HoloLens」のプラットフォーム「Windows Holographic」をHTCやLenovoなどのハードウェアパートナーに提供すると発表した。これらのメーカーからHMDや周辺機器が登場することになりそうだ。(2016/6/2)

VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の日本向け販売サイトがオープン 日本からでも手軽に購入可能に
センサーの設置を代行するオプションサービスも。(2016/6/1)

グローバル版と同等の完成度――「HTC 10 HTV32」速攻レビュー
HTCが4月に発表した「HTC 10」が、auの2016年夏モデルとして登場する。グローバル版とほぼ同一仕様で登場する日本版HTC 10はどのようなものか、実機で確かめてみよう。(2016/5/31)

KDDI、2016年夏モデル7機種を発表――「HTC 10」に「Qua」ブランドのスマホ&タブ、「エモパー」ケータイなど【更新】
auが2016年の夏モデルとして「HTC 10」やオリジナルブランド「Qua」のスマホとタブレットなど新たに7機種を発表した。(2016/5/31)

ハイレゾ対応イヤフォン同梱:
カメラ、音質、パフォーマンス重視の「HTC 10 HTV32」――auが発売
HTCの新しいフラッグシップスマートフォンがauに登場。Qualcommの最新プロセッサを搭載し、超急速充電技術「Quick Charge 3.0」にも対応する。(2016/5/31)

猫になって部屋を荒らすゲーム「Catlateral Damage」のVRバージョン公開
猫の一人称視点で部屋を荒らしまくるゲーム「Catlateral Damage」のVR版がSteamで公開された。「HTC Vive」のコントローラを肉球つき前足にして、バーチャルな部屋中の物を床に落としまくれる。オリジナル版(980円)を持っていれば追加DLCは無料。また、オリジナル版は5月31日まで半額セール中だ。(2016/5/30)

VRホラーはやっぱり怖い! HTC Viveでゾンビゲームをプレイしたお姉さんがパニック状態に
笑いごとじゃないですよ!(2016/5/24)

スター・ウォーズやディズニーの世界をVRで楽しめる「Disney Movies VR」がSteamに登場
Walt Disneyが、「スター・ウォーズ」や「キャプテン・アメリカ」のバーチャルな世界に入り込めるコンテンツ「Disney Movies VR」をValveのゲーム配信サービスSteamで無償公開した。「HTC Vive」で楽しめる。(2016/5/18)

「VR=仮想現実」ではない? VRの“第2次ブーム”で世界はどう変わる
VRはどんな未来を作るのか――Oculus、HTC、ソニーの代表者が「Japan VR Summit」で議論した。(2016/5/10)

「他社VRのここがスゴイ」 Oculus、ソニー、HTCがお互いをほめあう
「PS VRはOculusのおかげ」「HTC Viveはすごい」――VR HMDを開発するOculus、HTC、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの3社のパネリストがそれぞれ、お互いをほめあった。(2016/5/10)

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから
現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。(2016/5/8)

ドスパラ、「HTC Vive」も体験できるVR店頭イベントをアキバで開催――4月23日
ドスパラは、VR関連製品などをアピールするトークイベント「ASUS × AMD VR CAMP in ドスパラ秋葉原本店」の開催を発表した。(2016/4/19)

HTC、新フラッグシップ端末「HTC 10」発表
HTCが2016年のフラッグシップ端末「HTC 10」を発表した。米国でのSIMフリーモデルの販売価格は699ドル。5.2型のディスプレイを搭載し、筐体はメタリックで充電ポートはUSB Type-Cだ。(2016/4/13)

ドスパラ、「マブラヴ」VRコンテンツを楽しめるHTC Vive体験会――4月9日/10日
ドスパラは、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を用いたVRデモ体験会の開催を発表した。(2016/4/8)

「マブラヴの世界をVRで体感」――ベルサール秋葉原でHTC Viveの体験イベントが4月3日に開催
「マブラヴ オルタネイティヴ」の世界をVRで体感できる「HTC Vive」体験イベントが4月3日に開催される。入場は無料だ。(2016/3/25)

HTC、4月12日にイベント開催へ 「HTC 10」発表か
HTCが4月12日に製品発表イベントを開催するとTwitterで発表した。「#powerof10」というハッシュタグがあり、次期フラッグシップ端末の発表とみられる。イベントはライブ中継される予定だ。(2016/3/23)

auの「HTC J butterfly HTL23」、Android 5.0へのバージョンアップが可能に
KDDIが、3月8日に「HTC J butterfly HTL23」のAndroid 5.0バージョンアップを開始する。一部のUIが変更になるほか、カメラ機能が拡張され、アプリが追加される。ちなみに、HTL23は当初のバージョンアップ予定機種には含まれていなかった。(2016/3/4)

HTCのVR HMD「Vive」、予約受け付け開始 日本では11万1999円
HTCが、VR HMD「HTC Vive」を日本向けに11万1999円(税別)で発売。3月1日から予約を受け付ける。(2016/2/29)

台湾HTC、Windows用VRヘッドマウンドディスプレイ「HTC Vive」の国内価格を発表――11万1999円
台湾HTCは、VR対応ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」一般消費者向けモデルの日本国内販売価格を発表した。(2016/2/29)

“VR Ready PC”判定アプリ「SteamVR Performance Test」
VR HMD「HTC Vive」の開発でHTCと協業するValveが、PCが“VR Ready”かどうか判定する無料アプリ「SteamVR Performance Test」をリリースした。約2分間のVR動画を再生して判定する。(2016/2/24)

日本でも発売:
HTC、VR HMDの「Vive」製品版を発表 799ドルで4月1日から出荷開始
HTCが、VR HMD「Vive」の製品版を発表した。両手で操作できるコントローラーを2つ付属し、価格は799ドルから。(2016/2/22)

HTCのVR HMD「Vive」製品版はコントローラー付きで799ドル
HTCが製品版VR HMD「HTC Vive」の価格を発表した。Oculus Riftより200ドル高い799ドル(約9万円)だが、両手に持つコントローラーが付属する。2月29日に予約受け付け開始で、出荷は4月から。(2016/2/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。