ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘッドマウントディスプレイ」最新記事一覧

de:code 2016:
「アナログとデジタルの世界を完全に融合できる」――米MicrosoftのCEOサティア・ナデラ氏が期待を寄せる未来
日本マイクロソフトが2日間に渡る開発者向けイベント「de:code 2016」を都内で開催。米Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏も来日し、デベロッパーに向けて同社のビジョンを語った。(2016/5/24)

秋葉原で日本初のアダルトVRイベント開催
アダルトコンテンツ向けVRを本気で考える、日本で初めてのイベントが秋葉原で開催される。(2016/5/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftは純正スマホ「Lumia」をやめてしまうのか?
フィーチャーフォン事業の売却を発表した米Microsoft。この売却は同社のスマートフォン事業にも影響を与えるのだろうか。(2016/5/24)

IMAXがVR市場への参入計画を発表 HMD「StarVR」を採用し公共の場でVRコンテンツを提供
劇場作品からゲームに至るまで、幅広い展開を予定。(2016/5/23)

PC USER 週間ベスト10:
SSD、値下がり続く今が買いか?(2016年5月16日〜5月22日)
今回のアクセスランキングは、240GBのSSDが6000円台半ばといったアキバの特価レポートや、無料アップグレード期限が近づくWindows 10のTipsなどに注目が集まりました。(2016/5/23)

視覚をジャックで○○が大トロに!? カヤックのしごと展で「VR寿司」を体験した
みんな大好きお寿司がVRで楽しめるよ!(2016/5/21)

石井英男の「週刊Gear VR」(第3回):
美しいVR空間上でジグソーパズルが楽しめる「Starry」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRでどんなアプリが楽しめるのかを毎週紹介していく。第3回目は、VR空間でジグソーパズルが楽しめる「Starry」を紹介する。(2016/5/20)

Google、VR(Daydream)でもNexus方式に──オリジナルヘッドセット発売へ
Googleが、VRプラットフォーム「Daydream」向けのオリジナルヘッドセットとコントローラーを発売する計画を発表した。今秋に同社の製品を含む複数のVRシステムが登場しそうだ。(2016/5/20)

矢野経済研究所 ウェアラブルデバイス市場:
2020年、スマートウォッチは「ポスト・スマホ」の地位を確立
これから先、ウェアラブルデバイス市場はどのように成長していくのだろうか? 矢野経済研究所が発表したウェアラブルデバイス市場に関する調査結果の内容を基に、2015年の実績、2016年の見通し、そして2020年の将来予測について見ていこう。(2016/5/20)

Google I/O 2016の基調講演まとめ AI中心、VRの取り組みも
Google I/O 2016の基調講演ではAIアシスタントの「Google Assistant」やVRプラットフォーム「Daydream」などの他、Android Nの進捗などが発表された。主な項目をまとめてみた。(2016/5/19)

Nokia、携帯市場に復帰 鴻海と協力
Nokiaが鴻海と協力し、携帯電話市場に再参入する。(2016/5/19)

2016年秋より始動:
Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 専用VR HMDにコントローラーも
「Daydream」には、モバイルOSの次期バージョン「Android N」に「VR Mode」が搭載されること、VR体験に最適なハードウェアを備えるDaydream Readyスマートフォンとコントローラー付きVR HMDの発売、VRアプリ配信プラットフォームなどが含まれる。(2016/5/19)

Google、VRプラットフォーム「Daydream」発表 HMDは端末セット形式で今秋登場
GoogleはVRプラットフォーム「Daydream」を発表した。ヘッドセットはスタンドアロンではなく、「Gear VR」のようにスマートフォンをセットする形式だ。小型のコントローラーが付属するシステムは今秋登場の予定だ。(2016/5/19)

スター・ウォーズやディズニーの世界をVRで楽しめる「Disney Movies VR」がSteamに登場
Walt Disneyが、「スター・ウォーズ」や「キャプテン・アメリカ」のバーチャルな世界に入り込めるコンテンツ「Disney Movies VR」をValveのゲーム配信サービスSteamで無償公開した。「HTC Vive」で楽しめる。(2016/5/18)

Google I/O直前うわさまとめ 「Android VR」やAmazon Echo対抗サービス?
日本時間の5月19日午前2時スタートのGoogle I/O 2016の基調講演で発表されそうな項目のうわさをまとめてみた。「Android VR」やProject Tangoのエリア認識技術の他、Android Wearのアップデートや新しいメッセージングアプリなどが予想されている。(2016/5/17)

オリジナルVRコンテンツを無料配信「360Channel」 コロプラ子会社がリリース
VRヘッドマウントディスプレイで楽しめるオリジナル360度動画の配信サービス「360Channel」が5月中にオープンする。(2016/5/16)

Acerが5K解像度、210度視野角のハイエンド向け「StarVR」でVR HMD参入 
スウェーデンのStarbreezeと組み、ハイエンドVR HMD製品を開発・販売する。(2016/5/16)

石井英男の「週刊Gear VR」(第2回):
無料とは思えない完成度! “スペハリ”と“Rez”を足して2で割ったようなVRシューティングゲーム「Smash Hit」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRでどんなアプリが楽しめるのかを毎週紹介していく。第2回目は、シューティングゲームの「Smash Hit」を紹介する。(2016/5/15)

近未来の健康ガジェット:
アイマスクに水を循環 目の疲れを解消するウェアラブルアイマッサージャー「Aurai」
多くの人が1日中酷使している目を、温水や冷水を使ってマッサージしてくれる興味深いウェアラブルデバイスが「Aurai」です。疲れ目に悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。(2016/5/15)

ITはみ出しコラム:
Googleが今度こそダンボールじゃないVR HMDを出してくる?
日本時間5月19日から始まるGoogle I/O 2016。期待したいのはやはり「VR」です。(2016/5/14)

買って試して選んでみた:
「Oculus Rift」で極上体験ができるVRコンテンツ“3選”
注目のVR HMD「Oculus Rift」は高額ですが、それに見合う素晴しいVR体験を提供してくれます。個人的に試した中で、おすすめのVRコンテンツを3つ選んでみました。(2016/5/13)

Galaxy S7 edgeやVRを体験できる「Galaxy Studio」が商業施設「KITTE」に期間限定オープン
「Galaxy S7 edge」やVRを体験できるエンターテインメントパーク「Galaxy Studio」が、5月19日から商業施設「KITTE」に期間限定でオープンする。(2016/5/12)

GoogleのVR HMDはやはりスタンドアロン型でGoogle I/Oで発表か?
5月18日開催のGoogle I/Oで、Googleオリジナルのスタンドアロン(スマートフォンもPCも不要)のVR HMDが発表されると、ベテランジャーナリストがツイートした。「Gear VRよりはましで、ViveやOculus Riftよりは劣る」としている。(2016/5/12)

VR HMD「Gear VR」ユーザーが100万人突破 コンテンツも続々登場(とOculus VRが発表)
Facebook傘下のOculus VRが、Samsung ElectronicsのVR HMD「Gear VR」のユーザー数が100万人を突破したと発表した(Oculus VRはGear VRの開発に協力している)。また、Facebookのニュースフィードに近く360度パノラマ写真を投稿できるようになり、Gear VRではこれらをVRコンテンツとして楽しめるようになることも予告した。(2016/5/12)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(終):
日本発売に備えてエミュレーターを使いこなし、HoloLens用Unityアプリを作っておこう
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。最終回は、Unity5で仮想のRoomを切り替えたり、「3D View」を使ったりする。エミュレーターを使いこなして実機での表示を想像してみよう。(2016/5/13)

VR市場、立ち上がりは期待外れ? 海外VRベンチャーが語る、ビジネスの課題
16年は「VR元年」とも言われるが、市場の確立にはまだ時間がかかりそうだ。VRビジネスの現状と課題は――海外のVRベンチャーのトップなどが語った。(2016/5/11)

ソニーのHMD「PS VR」は「ユーザーに暗く閉じこもってほしくない」 みんなで遊べる機能を実装
「PlayStation VR」はどんな思想で開発しているのか――SIEの吉田修平氏が語った。(2016/5/11)

ドコモも「Galaxy S7 edge」を発売、「Gear VR」がもらえる予約特典も
ドコモが「Galaxy S7 edge」を5月19日に発売する。左右がカーブしたデュアルエッジスクリーンに5.5型のWQHD有機ELや、高速でAFができる「デュアルピクセルセンサー」を搭載。予約購入すると「Gear VR」がもらえる特典も用意する。(2016/5/11)

アーティストの全方位映像を見ながら歌える 1回300円の「VRカラオケ」がスタート
「カラオケまねきねこ」新宿歌舞伎町1号店で開始。(2016/5/10)

「VR=仮想現実」ではない? VRの“第2次ブーム”で世界はどう変わる
VRはどんな未来を作るのか――Oculus、HTC、ソニーの代表者が「Japan VR Summit」で議論した。(2016/5/10)

「他社VRのここがスゴイ」 Oculus、ソニー、HTCがお互いをほめあう
「PS VRはOculusのおかげ」「HTC Viveはすごい」――VR HMDを開発するOculus、HTC、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの3社のパネリストがそれぞれ、お互いをほめあった。(2016/5/10)

「Gear VR」プレゼントも:
防水対応の5.5型「Galaxy S7 edge」が日本でも登場――KDDIが5月19日に発売
KDDIが「Galaxy S7 edge SCV33」を発売する。より精密にAFができる「デュアルピクセルセンサー」をアウトカメラに採用。LTEは「3CA」により下り最大370Mbpsまで高速化した。期間中に予約をしたユーザーに「Gear VR」(約1万5000円)をプレゼントする特定も用意する。(2016/5/10)

フジテレビとグリー、VR分野で業務提携 コンテンツ制作やプラットフォーム構築で協業
フジテレビとグリーがVR分野で業務提携し、コンテンツ制作やプラットフォーム構築に取り組むと発表した。(2016/5/10)

VRで「ゴーストバスターズ」になれるテーマパークがニューヨークで開設へ
今夏公開の新「ゴーストバスターズ」の世界を体験できるVRアミューズメント施設がニューヨークに開設される。VR HMDとそれを作動させるためのPC搭載ジャケットをプロトンパックのように装着し、ゴースト退治を楽しめる。(2016/5/10)

「マインクラフト」のWii U版に「スーパーマリオ」パック無償追加へ
任天堂のWii U版「マインクラフト」の5月のアップデートで、スーパーマリオの世界を楽しめる「Super Mario Mash-Up Pack」が無償で追加される。マリオやルイージになってスーパーマリオの世界でゲームを楽しめる。(2016/5/10)

PC USER 週間ベスト10:
自由度の高い「NASキット」、搭載するHDDを選ぶコツは?(2016年5月2日〜5月8日)
今回のアクセスランキングは、Synology NASキット導入時に気をつけたいポイントをまとめたレビューや、Chromeの作業効率を向上させるショートカットキーの紹介、Chromebookに言及したコラムにアクセスが集まりました。(2016/5/9)

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから
現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。(2016/5/8)

開発陣に聞く:
Galaxy S7/S7 edgeは何が変わったのか? 防水/microSDスロット復活の経緯は?
Samsungの「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」は、同社の最新技術を詰め込んだフラッグシップスマホ。S6シリーズから正統進化した2モデルだが、何が変わったのか? 韓国のSamsung本社で企画担当者に疑問をぶつけた。(2016/5/6)

石井英男の「週刊Gear VR」(第1回):
据え置き機と遜色なし!「GALAXY×Gear VR」で気軽に楽しめる“VR”の世界
VR元年といわれる2016年――さまざまなVR製品が市場に登場しているが、モノが高価だったり、ハイスペックPCが必要だったりと、いわゆる“フツー”の人が遊ぶにはまだまだハードルが高いのが現状だ。そこで注目したいのがGALAXYスマートフォンと組み合わせて使う「Gear VR」である。本連載では、Gear VRで実際にどんなアプリが楽しめるのかを紹介していこう。(2016/5/6)

なんというディストピア感 会社からVRで自宅の映像を見て帰ったつもりになる「仮想帰宅」が夢も希望もない
さまざまな時事ネタをうまく一つにまとめた秀逸なネタです。(2016/5/5)

Oculus Rift、予約分配送が終わらないうちに小売り販売開始へ
まだ製品が届かない初期予約者がいる中、5月7日から店頭デモと販売を行う。Microsoft、Amazonでの通販も開始する。(2016/5/3)

デモ映像に圧倒される:
「Oculus Rift」をセットアップしてVR世界へ旅立ってみた
話題のVR HMD「Oculus Rift」を楽しむには下準備が必要です。セットアップからVR世界へ旅立つまでの手順を多数のスクリーンショットとともにお届けします。(2016/5/3)

ニコニコ超会議2016:
VRコンテンツに人だかり――「幼馴染の膝枕と耳かき」「失禁体験装置」など登場
耳かきや失禁などをVR(仮想現実)技術で体験できるブースが「ニコニコ超会議2016」に出展し、来場者の注目を集めた。(2016/5/2)

「Gear 360」を4万円以下で発売:
Samsung、単体利用可能なVR HMDを開発中──幹部が開発者会議で語る
Samsung Electronicsは、2月に発表したコンシューマー向け360度動画撮影カメラ「Gear 360」をまずは韓国で発売した。価格は約3万7000円。同社の研究開発部門責任者は、スマートフォンをセットしたりPCに繋がずに単独で利用できるVR HMDを開発中と語った。(2016/5/2)

PC USER 週間ベスト10:
東大に1341台もの「iMac」導入 学生の反応は?(2016年4月25日〜5月1日)
今回のアクセスランキングは、東京大学で「iMac」を1341台導入した理由を追ったインタビューや、「9.7型iPad Pro」と「Apple Pencil」の使い勝手を仕事で検証したレビュー、そしてついに製品版が続々と到着しはじめている「Oculus Rift」の開封レポートにアクセスが集まりました。(2016/5/2)

新連載:Oculus Riftはじめました:
ハーマイオニーにOculus Readyメガネをお願いしたい
Oculus Rift製品版がついに我が家に。それまでの長い道と、これからの苦難と喜びを描きます。(2016/5/1)

GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」
Googleのスンダー・ピチャイCEOが同社恒例の「創業者からの手紙」を初めて担当し、「世界の情報を整理し、誰もが活用できる価値あるものにする」というGoogle創業以来のミッションを果たすため、機械学習とAI(人工知能)に重点を置くと説明した。(2016/4/30)

未来の体験が家庭へ:
やっと届いた「Oculus Rift」製品版を開封して分かったこと
出荷遅延が続く「Oculus Rift」ですが、ようやく手元に届きました。US在住という地の利もあり、比較的早めに入手できたので、パッケージの開封からレポートします。(2016/4/30)

「VR ZONE Project i Can」:
3年前にOculus版「機動戦士ガンダム 戦場の絆」が存在した!? プロデューサーが語るVRアミューズメント施設の裏側
4月28日にデジタルハリウッド大学駿河台キャンパスで行われたイベント「Tokyo VR Meetup #04 VR×ネカフェ・アミューズメント施設の可能性」にて、VRアミューズメント施設「VR ZONE」に携わるバンダイナムコエンターテインメントの小山氏と田宮氏が内情を語りました。(2016/4/29)

「Gear VR」版「マインクラフト」、Oculus Storeで7ドルで発売
SamsungがOculus VRと共同開発したスマートフォン搭載型VR HMD「Gear VR」で遊べる「Minecraft(マインクラフト)」が、Oculus Storeで6.99ドルで発売された。Oculus Rift版も間もなく登場する見込みだ。(2016/4/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。