ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘッドマウントディスプレイ」最新記事一覧

ドスパラ、「VIVE」同時購入で最大1万円分のポイントをプレゼントするポイントバックキャンペーン――2月28日まで
ドスパラは、同社製ゲーミングPCまたはGeForce GTX 1070/1080グラフィックスカードと「VIVE」との同時購入者を対象としたポイントバックキャンペーンを開始した。(2017/2/22)

BIM/CAD:
マンション向けVR、ハードもコンテンツも一括提供
福井コンピュータドットコムは2017年4月からマンション向けのVRシステムを提供する。必要なハードウェアやVRコンテンツの制作なども含めたパッケージ商品として展開し、モデルルームなどへのVRシステムの導入を支援する。(2017/2/21)

VRニュース:
SFみたいな身体の入れ替わりが実現? VRが技術伝承や遠隔作業に貢献する可能性
VRの用途は、ゲームなどエンターテインメントに限らない。製造業では設計開発向けが有望視されている。「身体の入れ替わり」「瞬間移動」といったSFのようなことが実現すれば、さらに製造業の可能性を広げそうだ。(2017/2/21)

政府が「SAO」「サマーレッスン」講演、サイバー攻撃の啓発イベントで 川原礫さんら登壇
内閣サイバーセキュリティセンターが啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」を3月に開催。アニメ「ソードアート・オンライン」原作者の川原礫さんらのトークイベントなどを行う。(2017/2/20)

部屋から波が打ち寄せてくる……! リアルすぎる仮想現実の海に「なんだこれ」「ドラえもんの道具みたい」の声集まる
名古屋造形大学の卒業制作展にて展示され、作品を撮影した動画がTwitterで話題になっています。(2017/2/18)

「ソードアート・オンライン」は「すでに実現しつつある」――落合陽一さん・伊藤監督ら 「SAOが未来の世界観を決めている」
「ソードアート・オンライン」の世界はいつ訪れるのか、実現している技術はあるのか――筑波大の落合陽一助教授、同アニメの伊藤智彦監督らが語った。(2017/2/16)

HoloLensユーザーに見える世界を第三者視点でライブ配信できる「spectator view camera」
Microsoftが、HoloLens装着中の人が見ている世界を、第三者視点で撮影・放映できる技術「spectator view camera」の資料をGitHubで公開した。(2017/2/14)

ロボット開発ニュース:
重機のようにロボットを操縦できるコックピット型コントローラー
アスラテックは、建設機械操縦用人型ロボット向けの新しいコックピット型コントローラーの開発に協力したと発表した。同社のソフトウェアと回路基板を搭載した同コントローラーは、ショベル車のコックピットを改造したもので、直感的な操縦ができる。(2017/2/14)

Unityで始めるVR/AR開発入門(5):
UnityとVuforia Object Scannerを使って立体マーカーにオブジェクトを表示するARコンテンツを作る
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回は、Vuforia Object Scannerを使ってマウスをスキャンして、そのマウスにUnityからパーティクルを表示させてみる。(2017/2/14)

闘会議2017:
モー! 牛になって女の子に乳を搾られてきた(VRで)
味わってしまったのだ、乳を搾られる感覚を(25歳男性)。(2017/2/11)

闘会議2017:
幼女にビンタされる(ただしVR空間で) 300ボルトの電撃と言葉責めにクラクラ
VR HMDと低周波治療器の電極を組み合わせ、少女にほおをビンタされる体験ができるデモンストレーションが「闘会議2017」に登場。(2017/2/11)

乙女ゲームにも期待が高まる! コーエーテクモのVR筐体を体験してみた
(2017/2/10)

イケメンや女子高生からの“壁ドン”体験! ハウステンボスにVRコンテンツ続々追加、日本最大級のVR施設に
ほかにも宇宙まですっ飛ぶ逆バンジーなど、新規17コンテンツが登場。(2017/2/9)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)

「星の王子さま」が“VRミュージカル”に 少し異様な鑑賞会に参加してきた
一般公開は未定とのこと。(2017/2/6)

「ゲーセン市場再生のきっかけに」――コーエーテクモ、20年ぶりのアーケードゲーム機は“VR対応”
コーエーテクモが、アミューズメント施設向けにVRゲーム筐体「VR SENSE」を今夏発売。映像と連動して座席が動くほか、香りや風を感じさせるギミックを搭載する。(2017/2/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「クラウド版Windows 10」はWindows RTの再来か、Chromebook対抗の秘密兵器か
2017年はWindows 10が大きな転機を迎えるかもしれない。キーワードとなる「Project NEON」と「Windows 10 Cloud」の最新動向を追う。(2017/2/6)

アスク、Hyperkin製VR機器用アクセサリの取り扱いを開始
アスクは、Hyperkin製となるVR機器向けアクセサリ製品の取り扱いを発表した。(2017/2/2)

製造業VR:
9兆円市場に成長するVR、「本命」用途へ足りない要素
ゲームやエンタテイメント分野で存在感を発揮し始めているVRだが、本命は製造や建築など産業用だとの見方がある。しかし、「その本命」で普及するには欠けている要素があるように思える。(2017/2/2)

プロフェッショナルVRソリューション:
PR:デザインレビュー新時代、VR空間で行うコラボレーションとは
デザインレビューに新時代が到来。2D、3D、そしてVR(仮想現実)へと進化してきたレビュー環境は、遠隔地に離れた複数人が同時にVR空間を共有してコラボレーションできるところまで進化している。(2017/2/1)

HTC、VR HMD「Vive」のトラッキング端末を1000人に先行無償提供へ
HTCが、「HTC Vive」対応のトラッキング端末「Vive Tracker」を開発者向けに無償で1000台提供する。(2017/1/30)

ITはみ出しコラム:
GoogleからXiaomiを経て、FacebookのVR責任者になったヒューゴ・バーラ氏とは?
かつてはAndroidやNexusの顔として知られていました。(2017/1/29)

HTCのハードウェア責任者がGoogleの「Daydream」チームに
FacebookがVR責任者としてXiaomiの幹部を採用したのに続き、GoogleはHTC Viveのデザインも統括したデザイナーをDaydreamチームに迎える。(2017/1/27)

TSUKUMO、VR HMD「VIVE」推奨の小型ゲーミングデスクトップ
Project Whiteは、ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズのラインアップにVR HMD「VIVE」推奨構成モデルを追加した。(2017/1/27)

太田智美がなんかやる:
「きのこの山」は翻訳できるが「たけのこの里」は認識できず はやりの“リアルタイム翻訳”より高性能? “カメラ翻訳”使ってみた
話題の「リアルタイムカメラ翻訳機能」より性能がいい……とな?(2017/1/26)

20周年:
ピンクのクマ「ポストペット」がVRに進出
ピンクのクマがメールを運んでくれる楽しさで人気となった電子メールソフト「ポストペット」がVRに“進出”する。生みの親でアーティストの八谷和彦氏が所属するペットワークスが開発に乗り出した。(2017/1/25)

情報化施工:
VRで重機を遠隔操作、大成建設が新システム
大成建設はヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いて、遠隔地から実際に搭乗している感覚で重機を操縦できるシステムを開発した。災害現場などの二次災害の危険がある場所での作業などに活用できるという。(2017/1/25)

視線追跡型VR HMD「FOVE」がソードアート・オンラインとコラボ アスナを見つめるとほほ笑む
視線追跡機能を活用したデモコンテンツを用意する。(2017/1/24)

ウェアラブルEXPO:
普通のメガネがスマートグラスに、鯖江発の「ネオプラグ」がつなげる
福井県鯖江市を拠点にメガネフレームの企画とデザインを手掛けるボストンクラブは、「第3回 ウェアラブルEXPO」において、メガネをスマートグラスにする着脱機構「neoplug(ネオプラグ)」を展示した。(2017/1/24)

Microsoft Focus:
“仮想と現実の一体化“はビジネスをどう変える? 「HoloLens」が日本上陸
ヘッドマウントディスプレイ型デバイスをつけると、現実空間に3Dの物体が浮かび上がり、つまんだり動かしたり、中を見たり、操作したりできる――。2017年1月18日、そんな不思議な体験ができるHoloLensの出荷が日本で開始された。(2017/1/21)

PS4向け「YouTube」アプリ、PS VRに対応
PS4用VR HMD「PS VR」で、YouTubeにアップロードされた360度動画を再生できる。(2017/1/20)

Unityで始めるVR/AR開発入門(4):
Unity+Vuforiaで3プラットフォームに対応したARコンテンツを作る基本
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回はVuforia 6を使い、PC、Android端末、Gear VRにおいて、画像をマーカーとして利用し、その上に3Dオブジェクトを表示させるARコンテンツの作り方を解説する。(2017/1/19)

実用化事例が続々登場
「Pokemon GO」は序章にすぎなかった、AR市場の急拡大に開発者はどう対応する?
「Pokemon GO」よりも大きな規模の話だ。拡張現実(AR)は、仮想現実(VR)が作り出す架空の世界を現実世界に融合し、便利でインタラクティブな体験をもたらす。開発者はすぐにも作業に取り掛かるといい。(2017/1/19)

PR:VRでモデルルーム見学も“よりリアル”に? 産業分野で花開くVRの可能性とは
(2017/1/19)

Intel、小売り向けIoTプラットフォーム「RRP」と関連事業への1億ドル投資を発表
PCからIoT/クラウドにシフトするIntelが、小売業向けプラットフォーム「Responsive Retail Platform(RRP)」と、向こう5年間で1億ドル以上を小売業界向けに投資する計画を発表した。(2017/1/17)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
3D CADの進化と「PCバンバン」
キビシー!(2017/1/17)

VRで設計が変わる:
PR:プロフェッショナルVRから始まる第4次“設計”革命とは
2016年に入ってから一気に注目を集めるようになったVR(Virtual Reality:仮想現実)。ゲームを中心とするエンターテインメント分野でVRの普及は進みつつあるが、製造業や建設業の設計から製造、マーケティング、販売、メンテナンスに至るまで“プロフェッショナルVR”としての活用に向けた取り組みも始まっている。(2017/1/17)

「PlayStation VR」26日から追加販売 VR対応「バイオハザード 7」発売と同日
「PlayStation VR」の追加販売が26日にスタート。「バイオハザード 7 レジデント イービル」の発売に合わせて投入する。(2017/1/16)

アスク、NOKIA製プロ向けVRカメラ「OZO CAMERA」の取り扱いを開始
アスクは、360°全天球のVR撮影を行えるNOKIA製プロ向けVRカメラ「OZO CAMERA」の取り扱い開始をアナウンスした。(2017/1/13)

PC市場は底打ち:
「2017年の電子機器市場は停滞」――Gartner
Gartnerの予測によると、2017年におけるPC、携帯電話機、タブレット端末の総出荷数は、2016年比で横ばい状態になるという。携帯電話機市場が成長するのはアジア太平洋地域の新興市場のみ。PC市場に関しては底を打つとGartnerはみている。(2017/1/13)

MONOist 2017年展望:
3D CADで作った3Dデータを生かし切るVRとARの進化
AI(人工知能)と同じく2016年にブームを迎えたVR(仮想現実)。2017年以降、このVRが、製造業や建設業の設計開発プロセスに大きな変化を与えそうだ。AR(拡張現実)についても、「デジタルツイン」をキーワードに3D CADで作成した3Dデータの活用が進む可能性が高い。(2017/1/13)

360度撮影できるiPhone向けビデオカメラ「Insta360 Nano」
アスクは、手軽に360度写真・動画撮影が行えるiPhone向けビデオカメラ「Insta360 Nano」を1月下旬に発売。カメラ本体に800mAhバッテリーを内蔵しているため、単体での撮影も可能だ。(2017/1/12)

Unityで始めるVR/AR開発入門(3):
既存のUnity用サンプルをカスタマイズしてGear VRに対応させるには
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回は、Unityが公開している無料サンプルをカスタマイズしてGear VRで動かす方法を解説する。(2017/1/12)

IDC 世界AR/VRヘッドセット市場規模:
「ゲンバ」がAR普及を加速させる、2018年から急加速
VRとならぶ次世代の成長ドライバーと目されるAR(Augmented Reality)。GoogleやMicrosoftなどが取り組みを進める中、ARの活用を促進するユースケースとして有望視されているのが「ゲンバ」だ。(2017/1/11)

Nokiaブランドのスマートフォンが「Nokia 6」として復活 中国で発売へ
Nokiaの元CEOが立ち上げた新興企業HMD Globalが、NokiaブランドのAndroidスマートフォン「Nokia 6」を中国で発売すると発表した。価格は約2万8500円。アルミ筐体で、背面にNokiaのロゴが刻まれている。(2017/1/10)

作業員をすぐさま“熟練工”に変える
「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか?
インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。(2017/1/10)

HTC、Vive向けのモーショントラッキングデバイス「Vive Tracker」発表 身の回りのアイテムをVR空間に持ち込めるぞ
2017年に登場する「HTC Vive」向けデバイス、新たなサービスなどが明らかに。(2017/1/5)

ケーブルに縛られないVRが実現へ VR HMDを無線化するアダプターを仏企業が開発中
Oculus RiftとHTC Viveに完全対応。(2017/1/5)

CES 2017:
Lenovo、Windows Holographic対応VRヘッドセットの実機を公開 正面には2眼カメラを搭載
「Windows Holographic」の対応デバイスを、中国LenovoがCES Unveiledでいち早く公開した。(2017/1/5)

CES 2017:
「HTC Vive」向けオーディオストラップとラケットなどをVRに取り込める「Tracker」、第2四半期に登場
HTCが、VR HMD「HTC Vive」向けのヘッドフォン付き改善型ストラップ「Vive Deluxe Audio Strap」と、対応するガンやラケットに取り付けてそれらをVR内で使えるようにする「Vive Tracker」を第2四半期に発売する。(2017/1/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。