ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハドソン」最新記事一覧

高橋名人が語る:
高橋利幸が「高橋名人」になった日
ファミコンブームの訪れとともに誕生した「高橋名人」。ハドソンの宣伝部に所属する一社員がどのような経緯で名人へと生まれ変わったのでしょうか。当時の裏側のエピソードを交えて高橋名人が語ります。(2016/5/25)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの誕生とハドソン成功の理由
任天堂が発売した家庭用ゲーム機「ファミコン」は、80年代を代表する社会的な大ブームを巻き起こしました。どのようにしてそのブームはでき上がっていったのでしょう? その裏側にあったものとは? 立役者の一人である高橋名人が語ります。(2016/4/14)

ねっと知ったかぶりβ版(1/16〜1/20):
お姉さん祭りは戦場だった 「東京オートサロン2012」撮影裏話
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はau春モデルの発表と株式会社ハドソンの解散が話題になりました。東京オートサロン2012の撮影裏話もあります。(2012/1/20)

日々是遊戯:
ハドソンのマークはなぜ「ハチ助」なの? トリビアで振り返るハドソンの歩み
またひとつ、ゲーム業界から老舗の看板が……。3月1日付で解散となることが発表されたハドソンですが、ファミコン世代にとっては単なる1メーカーという以上に思い入れの深いメーカーでした。(2012/1/18)

「ハドソン」ブランドは継続へ
ハドソンが吸収合併で解散後も、ハドソンブランドの商品・サービスは展開を続ける方針という。(2012/1/18)

Twitterで「#おまいら思い出のハドソンのソフト晒していけ」 懐かしのソフトが勢ぞろい
3月1日付けで消滅することが明らかになったハドソン。Twitterでは同社の思い出のソフト名をつぶやくハッシュタグ「#おまいら思い出のハドソンのソフト晒していけ」が盛り上がっている。(2012/1/18)

ハドソンが解散へ コナミデジタルエンタテインメントが吸収合併
コナミデジタルエンタテインメントが3月1日付けでハドソンを吸収合併し、ハドソンは解散する。(2012/1/17)

ハドソン、3月1日に消滅
昨年、コナミの完全子会社化となったハドソンが、3月1日付けでコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併され消滅することが分かった。(2012/1/17)

日々是遊戯:
高橋名人、ブログでファミコンソフトのバッテリー交換方法を指南――「あくまでも自己責任で」
先日ハドソンを退社し、ゲッチャ・コミュニケーションズに就職した高橋名人が、ブログでファミコンソフトのバッテリー交換について解説しています。(2011/6/13)

高橋名人に聞いてみた:
高橋名人はいつまでも“名人”です――転職してみてどうですか?
6月1日、ハドソンを退職した高橋名人がゲッチャ・コミュニケーションズに入社。これから何をするのか聞いてみた。(2011/6/1)

高橋名人、華麗に転身―― 新しい会社に入社しました
ハドソンを退職した高橋名人の去就が判明した。なお、名人はハドソンを退職しても名人のまま!(2011/6/1)

高橋名人、ハドソンを退社
16連射の「高橋名人」として親しまれている高橋利幸さんが、ハドソンを退社することをブログで明らかにした。(2011/5/23)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
狼なんか怖くなかったりやっぱり怖かったり「プーヤン」
ITmedia Gamezに引き続き、ITmedia ガジェットでもよろしくお願いします。連載第93回は「プーヤン」。コナミのアーケードゲームで、ファミコン版はハドソンから発売。メルヘンチックなグラフィックではありましたが……。(2011/4/4)

おサイフAndroid同士をかざしてパワーアップ――「ボンバーマン道場」に新機能
ハドソンがAndroid版「ボンバーマン道場」のバージョンアップを実施。新たにおサイフケータイAndroid端末で利用できるPush送信機能で、ダウンロードURLやパワーアップした状態でゲームを始められるデータを送れるようにした。(2011/2/25)

App Town ゲーム:
iPhoneに桃鉄が登場――1年モードは無料の「桃太郎電鉄 JAPAN+」
ハドソンは、iPhone向けすごろくゲーム「桃太郎電鉄 JAPAN+」の配信を開始した。無料版ではゲーム年数が1年に制限されるが、アプリ内で800円の完全版を購入すると最大20年まで遊べる。(2011/2/17)

GREEで新人アイドル育成カードゲーム「あいこれ」デビュー
ハドソンは、新人アイドルの「黛七海」と「桜井ちさと」を育てる新ソーシャルゲームを配信した。(2011/2/8)

コナミ、ハドソンを完全子会社化 ソーシャルゲームに資源集中
コナミがハドソンを完全子会社化。「ソーシャルゲームで成功の兆しが見えている」というコナミと、ハドソンの携帯コンテンツノウハウを組み合わせ、機動的な制作体制を構築する。(2011/1/20)

ハドソン、4月1日にコナミの完全子会社へ
かねてよりコナミと戦略的資本提携を結んでいたハドソンが、4月1日にもコナミの完全子会社となることが発表された。(2011/1/20)

App Town ゲーム:
PCエンジンの16タイトルを遊べる「PC Engine GameBox 01」――ハドソン
ハドソンは、PCエンジン往年の16タイトルから日替わりで1タイトルを3分間だけ遊べるiPhone/iPad向けゲームアプリ「PC Engine GameBox 01」の配信を開始した。(2010/12/20)

ひとりなのか、みんななのかが大きな違いよね――CMに出演するマツコ・デラックスは家でカラオケします
ハドソンとエクシングが共同で開発した家庭用本格カラオケソフト別売のニンテンドーDSiウェアで、簡単に楽曲の検索・予約が可能な「カラオケ JOYSOUND Wii SUPER DX ひとりでみんなで歌い放題!」の記者発表会が催された。(2010/12/8)

ハドソン、PS Home内に新ラウンジ「ボンバードーム」「ハドソンシアター」をオープン
「ボンバードーム」では、最大8人で楽しめるアクションゲーム「サバイバルボンバー」などを楽しむことが可能。「ハドソンシアター」ではテレビ未公開映像を含む「アイドリング!!!」ライブを独占配信している。(2010/11/26)

Androidやろうぜ! GMOが開発者向けイベント
Androidアプリの開発者を支援するプロジェクト「アンドロイドやろうぜ! byGMO」のイベントをライブ配信。「日本Androidの会」の丸山不二夫会長がAndroidマーケットの現状と将来展望を語る基調講演、Androidのゲームアプリについてセガやカプコン、バンダイナムコゲームズ、ハドソンの担当者らが語るパネルディスカッションなどを開催する。配信は11月1日18時30分〜11月1日20時0分。(2010/11/1)

家のリビングでお手軽にプラネタリウムを楽める――ハドソン、「PLANETARIUM」を9月28日より配信開始
世知辛いニュースばかりが続く今日この頃ですが、こんなときこそゆったりとした気分で星空を眺め、広大な宇宙へ思いを馳せてみてはいかが?(2010/9/27)

Wii版「DECA SPORTA 3 Wiiでスポーツ“10”種目!」、9月16日発売
ハドソンの人気スポーツゲームシリーズ「DECA SPORTA」が、Wiiモーションプラス対応となり9月16日に発売となる。(2010/9/13)

スポーツゲーム10種類をKinectで楽しむ――Xbox 360版「DECA SPORTA FREEDOM」12月16日発売
ハドソンのKinect対応タイトル第1弾は、人気スポーツゲーム「DECA SPORTA」シリーズの最新作!(2010/9/8)

サマーセール2010:
ハドソン、ボンバーマンTOUCHほか人気のiPhoneアプリを期間限定で大幅値下げ
ハドソンが7月26日から8月16日まで、週替わりで人気iPhone/iPod touchゲームタイトルの値下げ販売を行っている。(2010/7/27)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ハドソン祭開催? 夏休み直前7本立て――大野屋さんにも聞いてみました
ハドソン新作3タイトルをはじめ、おなじみの「ラブプラス+」や「ロスト プラネット 2」、「おばかWindows 7アプリ選手権決勝戦」、そして高橋名人の超絶プレイ必見の「高橋名人の冒険島」と豪華7本立ての、最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月15日放送分です!(2010/7/20)

ハドソン、Kinect対応ゲーム「DECA SPORTS FREEDOM」を「E3」で発表
昨日プレス発表が行われたXbox 360用の新モーションコントロールシステム「Kinect」。この発表を受け、さっそくハドソンからも対応ソフトが公開された。(2010/6/15)

ハドソン、iPad向け3タイトル配信――「ネットジャン狂HD」「とある騎士団と幻のお城」「シャーリーンズ ビーチサイド ソリティア」
iPhone/iPod touch版「ネットジャン狂」と本格通信対局も可能に。「とある騎士団と幻のお城」と「シャーリーンズビーチサイド ソリティア」もついに日本で配信へ。(2010/5/27)

高橋名人の「16連射」を超えるのはあなただ――「あぁあの懐かしのシュウォッチ」DSiウェアで配信
ハドソンは、ひたすら連射するニンテンドーDSiウェア専用タイトルを、4月28日より配信する。価格は200DSiポイント。(2010/4/27)

高橋名人がハドソンの名曲を熱唱 CD「高橋名人伝説−魂の16連射−」
「スターソルジャー」「ボンバーマン」といったハドソンのゲームミュージックを高橋名人がボーカルソングとして歌うCDアルバムがリリースされる。アレンジはイオシス。(2010/1/15)

GReeeeNがDSで初ライブ?――ハドソン、新たな音楽コンテンツを「HUDSON×GReeeeN ライブ!? DeeeeS!?」発売
「いつでも、どこでも、さわれるライブ」を具現化した新感覚のライブ体験が可能な新コンテンツが4月1日に発売される。(2010/1/5)

ハドソン、Windows phone向けアプリ配信ビジネスに参入
ハドソンがWindows phone向けアプリストア「Windows Marketplace for Mobile」でアプリの配信を開始した。第1弾として人気ゲーム「ボンバーマン」と「高橋名人の冒険島 復刻版」を販売する。(2009/12/24)

「1アプリ1単価に限界」――ハドソンに学ぶiPhoneアプリの難しさと“次の手”
「当たった時の売り上げの規模は非常に大きいが、当たる“幅”は狭くなってきている」――。価格設定、無料アプリからの誘導、アドネットワークなど、さまざまな策を講じてiPhoneアプリを展開してきたハドソンが感じた「限界」と、期待を寄せる「次の手」とは何か。(2009/12/22)

IGDA日本がiPhoneゲームの開発セミナー開催――ハドソンの柴田氏が講演
12月18日、IGDA日本がiPhoneゲーム開発のセミナーを開催。講師にハドソンの柴田氏を招き、同社の戦略からiPhoneゲーム市場の動向や未来像を探る。(2009/12/14)

DeNAの出資企業Aurora Feintが提供する「OpenFeint」をハドソンのiPhoneアプリが採用
DeNAの出資企業Aurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」が、ハドソンのiPhone向けゲームアプリ3タイトルに採用されることが決定した。(2009/11/6)

ふぉーんなハナシ:
Androidマーケットにも有名アプリの有料版がお目見え
10月23日に、HT-03A向けAndroid 1.6の配信が始まったことを受け、日本のAndroidマーケットでも有料アプリの販売が解禁された。さっそくハドソンがゲーム2タイトルの配信を開始したほか、辞書やツールなど、日本円で販売するタイトル徐々に出てきている。(2009/10/26)

「モバゲーAPI」でゲーム開発、ハドソンやバンダイナムコなど参加 開発者サイト公開
DeNAが、「モバゲータウン」のゲームを開発する外部開発者向けサイトをオープンした。ハドソンやバンダイナムコなど30社が参加を表明している。(2009/9/10)

PlayStation Storeのゲームアーカイブで、ハドソンのPCエンジンタイトル配信開始
SCEJは7月15日、PS3やPSPなどで利用できるPlayStation Storeのゲームアーカイブスにて、PCエンジンソフトウェアの取り扱いを開始した。(2009/7/15)

「PCエンジン」タイトルをPSPやPS3で 「ボンバーマン'94」など配信
ハドソンは、「ボンバーマン'94」「高橋名人の新冒険島」などPCエンジンタイトルを、PlayStation Storeで発売した。(2009/7/15)

日々是遊戯:
iPhoneでお手軽ドッキリ? いたずら好きなあなたにオススメな「Touch Trix」シリーズ
ハドソンが昨年よりiPhone/iPod touch向けに配信している「Touch Trix」というシリーズがちょっと面白い。これを使うと、iPhoneがお手軽ドッキリツールに変身!?(2009/7/10)

ハドソン、PS3参入第1弾「Bomberman ULTRA」――6月18日PSNで配信開始
PlayStation Network向けに6月18日より配信が開始される「Bomberman ULTRA」を紹介する。(2009/6/17)

ハドソンとGReeeeNが音ゲー DS向けに
ハドソンは、GReeeeNとコラボレーションしたDS用音楽ゲームを年内に発売する。(2009/6/10)

GReeeeNとハドソンがコラボ――DSで音楽ゲーム発売決定
ハドソンは人気ボーカルグループGReeeeNとコラボした音楽ゲーム「HUDSON×GReeeeN(仮)」を2009年内を目処にDSで発売する。(2009/6/10)

収録競技を一新――「デカスポルタ2」で汗をかけ
ハドソンは4月16日、Wii用スポーツパーティーゲーム「DECA SPORTA 2(デカスポルタ2) Wiiでスポーツ“10”種目!」を発売する。(2009/4/9)

冒険島の日々よ再び――「高橋名人の冒険島Wii」
ハドソンは、横スクロールアクションゲームの決定版ともいえる「高橋名人の冒険島Wii」を4月7日よりWiiウェアで配信開始する。(2009/4/6)

App Town エンターテインメント:
“シュウォッチ”の16連射がiPhoneで復活――「連射測定器付時計 シューティングウォッチ」
ハドソンが1987年に発売した「シューティングウォッチ(シュウォッチ)」をiPhoneとiPod touchで利用できるアプリ「連射測定器付時計 シューティングウォッチ」が登場。オリジナルの“いたずら機能”も備える。(2009/4/3)

16連射、ゲームは1日1時間の裏側――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(後編)
公開講座「名人の目から見たファミコンブーム」で、ブームを振り返った“高橋名人”こと高橋利幸氏(ハドソン)。前編ではファミコンブームが盛り上がっていく様子を伝えた。後編では「ゲームは1日1時間」「16連射」が誕生した背景、そして質疑応答の模様を紹介する。(2009/3/13)

“高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編)
日本デジタルゲーム学会は、東京大学で公開講座「名人の目から見たファミコンブーム」を開催。ファミコンブームの主役となった“高橋名人”こと高橋利幸氏(ハドソン)が、ブームについて振り返った。その内容を詳細にお伝えする。(2009/3/12)

ハドソン、Android Marketで有料アプリ配信
ハドソンが2月20日、Android Marketで有料アプリの販売を開始。「Bomberman Dojo」「Military Madness」の2タイトルをリリースした。(2009/2/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。