ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KONAMI」最新記事一覧

ジャパン アミューズメント エキスポ2018:
”業界盛り上げる”! コナミ、アーケード向け「野球カードゲーム」復活へ 【画像60枚】
ゲーム筐体の総合展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2018」を取材した。コナミアミューズメントの野球カードゲーム「BASEBALL COLLECTION」を中心に、最新アーケードゲームを画像と共に紹介する。(2018/2/10)

アーケードゲームの認証用ICカード、仕様統一へ バンダイナムコ・コナミ・セガが合意
これまではゲームごとに各社のカードを使い分ける必要がありましたが、夏ごろから1枚で済むようになります。(2018/2/9)

バンナム・コナミ・セガ、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一
バンダイナムコとコナミ、セガが、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意。今夏ごろまでに、3社のゲーム機共通で、同じカードを利用できるようにする。(2018/2/9)

「行きたすぎる」「天国やんか」 箕面温泉スパーガーデンの「無料ゲームセンター」はなぜ生まれたのか【タイトル一覧あり】
サムライスピリッツ・熱血高校ドッジボール部・アルカノイドなどの名作筐体がそろっています。(2018/2/6)

創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展VOL.2」3月19日から 第2弾は発行部数653万部を記録した衝撃の90年代!
俺たちの90年代ヒーローが集結……!(2018/1/15)

「武装神姫」が再始動! 公式が6年ぶりに情報更新 人気絵師による神姫イラストも一挙公開
2012年の秋でほとんど止まっていた、コナミのフィギュアプロジェクト「武装神姫」。ここにきてまさかの再始動!(2017/12/29)

写真でふりかえる2017年:
「VRで女の子とイチャイチャしたい!」をかなえる(かもしれない) 2017年の話題まとめ
2017年はVR空間で女の子と思う存分触れ合えた1年だった。(2017/12/21)

ゲーセン向けVRに「三國無双」「進撃の巨人」投入 コーエーテクモの狙い
コーエテクモが開発する「VR センス」が12月21日から稼働。「三國無双」の他、「進撃の巨人」など人気作を投じ、ゲームセンターへの送客を狙う。(2017/12/19)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
「初音ミク」も産んだ歴史あるIT産業集積地――北海道IT産業クラスター(北海道)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第5回。札幌を中心とした北海道で推進されている「北海道IT産業クラスター」を取り上げる。(2017/12/8)

モバクソ畑でつかまえて:
「深夜1時に引く」「ちひろを蒸す」――根強い「ガチャ宗教」は“運営不信”の裏返しか 「ドッカンバトル」騒動が浮き彫りにしたもの
「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」騒動は、これまで積み重なってきた「運営不信」が爆発したもの?(2017/11/19)

コナミの名作アクション「魂斗羅」がまさかの実写化 中国の映像会社と協力し全世界へ配信
中国ではスマホ向けの続編が好評なのだそうです。(2017/10/26)

中国で人気:
コナミ「魂斗羅」が実写化 映画・ドラマで世界に
コナミ「魂斗羅」(コントラ)シリーズが実写化される。(2017/10/26)

プロモーション利用と正統進化:
東京ゲームショウで見た、VR・ARの「広がり」と「進化」
東京ゲームショウ2017が開幕。「プロモーション」のためのVR・AR活用と、新たな体験を提供するアトラクションに注目が集まった。(2017/9/22)

写真で見る「東京ゲームショウ2017」 最新VRコンテンツからコンパニオンまで
「東京ゲームショウ2017」前半戦・ビジネスデイが終了。VR(仮想現実)関連のタイトルから嗅覚を再現するデバイス、コンパニオンまで、会場の雰囲気を写真で振り返る。(2017/9/22)

東京ゲームショウ2017:
“カノジョ”と会える「ラブプラスVR」に長蛇の列
「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースで、「ラブプラス EVERY」のVR体験ができる。(2017/9/21)

東京ゲームショウ2017:
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開幕。(2017/9/21)

「ときメモ」シリーズ新作「ときめきアイドル」 今冬スマホに VR対応
学園型アイドルコミュニケーションゲーム「ときめきアイドル」がスマホ向けに今冬配信へ。「『ときめきメモリアル』シリーズの新展開」という。(2017/9/15)

「ときメモ」のアイドルゲーム「ときめきアイドル」誕生 キャラは一新も片桐さんぽい子がいてソーファン! うれしいわ
個人的には「『グラディウス』の続編を作るのが夢」の伊澄いずみも気になります!(2017/9/15)

「ラブプラスEVERY」スマホ向けに今冬配信 「VRイベント」も
新作「ラブプラスEVERY」はスマートフォン向けに今冬配信へ。VRイベントもあるという。(2017/9/1)

KONAMI「ラブプラス EVERY」今冬配信決定 スマホアプリでVRにも対応
新生活が始まるな……。(2017/9/1)

ラブプラス新作「EVERY」始動 スマホアプリ
恋愛ゲーム「ラブプラス」の新作プロジェクト「ラブプラス EVERY」が始動。スマートフォンアプリ(iOS/Android)という。(2017/8/25)

「パワプロチャンピオンシップス」がNPB公認大会として開催 熊崎コミッショナー「プロ野球の盛り上がりに繋げる」
「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2017」と、モバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」「プロ野球スピリッツA」で開催。(2017/8/25)

ただいま! KONAMI、新プロジェクト「ラブプラス EVERY」を発表 スマホで3人にまた会える
ティーザーサイトには凛子・愛花・寧々と思われる3人のシルエットが。(2017/8/25)

プールでApple Watch解禁 東急傘下のフィットネスクラブ
東急スポーツオアシスが、プール内でのApple Watchなどの使用を解禁。これまで安全を考慮し、着用を禁止していた。(2017/8/18)

なぜ大穴は理不尽がいっぱいなのか 『メイドインアビス』の作者つくしあきひと、初インタビュー
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第85回。アニメが絶賛放映中『メイドインアビス』の作者・つくしあきひと先生に、緻密なファンタジー世界はどうやって生み出しているか根掘り葉掘り聞いてみました!(2017/8/4)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

“勝手に画像使うな”と激怒も:
コナミ、肖像権問題でマラドーナと和解 ウイイレで起用
肖像権を巡る問題で対立していたコナミデジタルエンタテインメントと、元サッカー選手のディエゴ・マラドーナ氏が和解。今後もゲーム内のキャラクターとして起用していく。(2017/6/8)

コナミ、マラドーナ選手とライセンス契約 「ウイイレに無許可で登場」めぐり
コナミが、サッカー選手のマラドーナさんと2020年までのライセンス契約を結んだと発表。今年4月にマラドーナさんが「無許可で使われた」と主張し、波紋を呼んでいた。(2017/6/7)

「異端」の販売戦略とは:
赤城乳業の名物部長が語る「ガリガリ君」秘話
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」に、「ガリガリ君」のマーケティングを手掛ける赤城乳業 営業本部 マーケティング部の萩原史雄部長が登壇。大ヒットの裏話を語った。(2017/5/25)

Oculus創業者が一番好きなVRゲームは?──来日中のパルマー・ラッキーさん、“ぶっちゃけ話”を披露
来日中のOculus創業者パルマーさんが、ゲーム関係者向けイベントでVRの将来や自身の“ぶっちゃけ話”などを披露。実は「○○」が好き……?(2017/5/12)

はいだしょうこ画伯、11年ぶりにNHKで「スプー」描く 画伯「お子さんが泣かなければいいな」
5月10日放送「あさイチ」でまさかの画伯スプー再来。NHKアナから「前回の事件もありましたけれども」と名言も飛び出す神回に。(2017/5/11)

ゲームやSNSがカウントフリーに 新MVNOサービス「LinksMate」登場 月額1500円〜
LogicLinksが、ドコモ回線を使用した新しいMVNOサービス「LinksMate」を7月1日から提供する。正式サービスに先立ち、公式サイトで先行会員登録を受け付けている。ゲームを中心とするコンテンツの通信量の90%をカウントフリーにする。(2017/5/1)

KONAMI、アミューズメント向け電子マネー決済端末 SuicaやPASMOなど対応
KONAMIが、アミューズメント施設向けに電子マネーでゲームを遊べる決済端末を展開する。(2017/4/18)

カナダ中央銀行がやってくれた! 新紙幣のサイトにコナミコマンドを入力するとお金が降ってくる裏技仕込む
コナミコマンド→大量のお札がヒラヒラヒラヒラ。(2017/4/11)

コナミ、マラドーナの「ゲームに無断で使用」に反論
「ライセンス元との契約内において、適切に使用しております」とコナミ。(2017/4/4)

電通が資本業務提携:
岸 勇希氏、広告人によるスタートアップ企業「刻キタル」代表取締役に就任
元電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの岸 勇希氏が、スタートアップ企業「刻キタル」の代表取締役に就任。電通が同社と資本業務提携することが明らかになった。(2017/4/4)

マラドーナ氏、コナミを提訴する考えを明らかに 海外版「ウイイレ 2017」に無許可で登場
無許可でゲーム内に登場させているとしています。(2017/4/1)

「人として終わってる」――“情報弱者”を狙う「悪質ポイントサイト」ビジネス 手口や集客方法を関係者に聞いた
悪質ポイントサイトだけでなく、広告代理店やまとめサイトも共犯、との指摘も。(2017/3/26)

ニンテンドースイッチ「スーパーボンバーマンR」の“操作遅延”にKONAMIが調査を発表 オン・オフ両方の改善を進める対応へ
原因はいまだ不明です。(2017/3/10)

暗闇の中、跳びはねる:
「楽しく痩せたい」狙え 広がる「暗闇フィットネス」
民間のフィットネスクラブの市場が好調だ。業界のトレンドは新興プレイヤーの急成長。「女性」や「高齢者」などターゲットを絞った小規模業態が増加し成長を見せている。3月13日に2号店がオープンする「jump one」(ベンチャーバンク)が売りにする「暗闇フィットネス」とは?(2017/3/10)

App Annie、2016年アプリ収益額ランキングTOP52を発表 mixiやLINEがランクイン
App Annieは、3月7日に2016年のアプリ収益額ランキング上位52社を発表した。1位は中国のTencentで、日本からはmixi、LINEほか17社がランクインした。(2017/3/8)

遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開
それほど買い取り額に影響は出ないという意見も。(2017/2/20)

「JAEPO 2017」を彩るコンパニオンたち(コスプレもあるよ)
(2017/2/10)

「ボンバーマン」新作は「ボンバーガール」 “萌えキャラ”が爆破バトル
コナミアミューズメントが「ボンバーマン」最新作のアーケードゲーム「ボンバーガール」を発表。キャラは全員女性で、異なるスキルを使い分けて協力対戦できる。(2017/2/10)

コナミが「ボンバーマン」シリーズの新作「ボンバーガール」を発表 登場キャラ全部女の子
([∩∩])<萌えたいらしいな。(2017/2/10)

アニメ版「悪魔城ドラキュラ」、Netflixで配信へ ベルモント一族のムチがうなるか!?
シーズン1は2017年配信開始。シーズン2は翌年予定。(2017/2/9)

「悪魔城ドラキュラ」アニメシリーズに Netflixが独自制作
米Netflixは、「悪魔城ドラキュラ」(Castlevania)をオリジナルのアニメシリーズ化して配信すると発表した。(2017/2/9)

新作も既存タイトルも:
コナミ、業績予想を大幅上方修正 スマホゲーム好調
コナミが16年度業績を上方修正。新作スマホゲーム「遊戯王 デュエルリンクス」などが好調。(2017/1/31)

マリカー、マイクラ、ボンバーマンも──「Nintendo Switch」、発表された35ゲームタイトルまとめ
1月13日現在まで判明している「Nintendo Switch」のゲームタイトルをまとめた。(2017/1/13)

Nintendo Switchと同時発売のゲームタイトルは何がある?
(2017/1/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。