ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イリノイ大学」最新記事一覧

関連キーワード

シャドーマスクを使用:
室温でグラフェン回路をフレキ基板上に形成
米大学の研究チームが、室温環境でフレキシブル基板上にグラフェン回路を形成する技術を開発した。(2016/5/12)

「OpenPOWER」技術を研究のベースに:
IBMとイリノイ大学、コグニティブコンピューティングの研究で協力体制
米IBM Researchとイリノイ大学がコグニティブコンピューティングに関する新たな研究センターを開設。機械学習/ヘテロジニアスコンピューティングに関する研究を推進する。(2016/4/19)

「寿命120歳」不老薬に現実味 実は安価な糖尿病薬 米で臨床試験許可
老化を防ぎ、寿命を延ばす効果があるとされる薬の臨床試験が来年から行われる。研究者は「人間の寿命が120歳に延びる」としており、大きな注目を集めている。(2015/12/3)

人工知能で肥満解消? 社会問題を解決する「シェフ・ワトソン」
シェフ・ワトソンの開発に参画していたイリノイ大学准教授、ラブ・ヴァーシュニー氏がシェフ・ワトソンの持つ可能性について講演を行った。(2015/10/14)

センシング技術:
細菌から超高感度の湿度センサーを作る、グラフェン量子ドットの利用で
米イリノイ大学が、細菌の胞子を高感度の湿度センサーに応用できる技術を開発した。胞子をグラフェン量子ドットで被膜するというもの。冬眠状態の細菌が、湿度の変化に敏感に反応するという性質を利用している。(2015/4/7)

お酒を少し飲んだほうが創造力が増す? 問題解決に最適なビール「The Problem Solver」登場
仕事あるからちょっとビール飲んでくる。(2015/1/8)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(3)――IoTに見るマイコンとアナログの周辺
最近は、IoT(Internet of Things)という言葉をよく耳にします。IoTは、インターネットにつながるモノを指したり、あるいはその技術やシステム体系を指したりします。要は、モノがインターネットにつながる時代に入ったと認識することがこれからのビジネスや成長を考えるうえで重要なのです。今回は、IoTのセンサー部分を担うモノの基礎技術を紹介します。(2014/4/14)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(1)――スマホの源流から未来を探る
急速に普及してきたスマートフォン。スマホは、コンピュータと通信、半導体の三位一体となった製品です。くしくもこれら3つの技術はほぼ60年ごろ前に生まれました。これらの発展から、未来を照らす技術を探しましょう。(2013/11/13)

太田智美のビビビ「TEDTalks」ピックアップ!:
「電気を通す魔法のペン」で、紙を電子回路に
「TEDTalks」の中から、編集部の太田が「ビビビ」と感じた動画をピックアップし、定期的に紹介する新企画。今回取り上げる動画は、「How to "sketch" with electronics」だ。(2013/2/8)

A123システムズのことはさておき:
米政府が次世代電池研究の集中拠点を設立へ、5年間で1億2000万ドルを投入
米国エネルギー省は、電気自動車やスマートグリッドに用いる次世代二次電池の研究開発を目的に、アルゴンヌ国立研究所を中心とした研究拠点を設立する。5年間で1億2000万米ドル(約98億8000万円)を投資する計画だ。(2012/12/3)

Project Gutenberg、電子書籍の無料投稿サービス「Project Gutenberg Self Publishing」をオープン
著作権が切れた著作物を電子化して提供しているProject Gutenbergが個人制作の電子書籍を無料投稿できるサービスを開始した。(2012/7/10)

知財コンサルタントが教える業界事情(12):
実用化はどこまで? プリンテッド・エレクトロニクス業界の開発競争を読む
印刷技術を応用した回路・センサー・素子製造の技術はどこまで進展しているか? 各国がしのぎを削る開発競争を見る。(2012/3/21)

インサイド・アップル(4):
アップルの秘密主義は、社員にとって幸せなのか
あなたはアップルで働くことが楽しいですか? この質問に対し、多くの社員は「ノー」と答えるという。そんな社員が多いのに、なぜアップルはライフスタイルを変える商品を相次いで生み出してきたのだろうか。(2012/3/21)

インサイド・アップル(3):
アップルが秘密主義を徹底させている理由
アップルの元社員はこのように言った。「(アップルは)知らせない文化の究極形」だと。秘密主義を徹底させるために、オフィスの中ではどのようなシステムが構築されているのか。またジョブズはウォルト・ディズニーから何を学んだのか。(2012/3/19)

インサイド・アップル(2):
アップルは発売日まで新製品を隠そうとする……なぜ
iPhoneやiPadなど数多くのヒット商品を世に出してきたアップル。この会社の特徴のひとつに「発売日まで新製品を隠す」ことが挙げられる。なぜアップルは新製品を隠そうとするのか。その理由に迫った。(2012/3/16)

インサイド・アップル(1):
アップルの新入社員が、初出社日に“学ぶ”こと
アップルの特徴のひとつに「秘密主義」が挙げられる。例えば自社ビルで工事が始まっても、そこで何が行われているのか――社員は知らない。また新入社員もどの建物で働くのかを知る前に、「偽の地位」が与えられるようだ。(2012/3/15)

オルタナブログ通信:
ハッピー言葉で「幸せ度」をアップしよう
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約260人のブロガーが日々、ITにまつわる時事情報などを発信している。その中から今回は「iPad mini」「Twitter」「LinkedIn」などを紹介しよう。(2012/1/7)

デジタル写真に3Dの物体を自然に合成できる技術がすごい 米学生が開発
米イリノイ大学の学生が開発したプログラムは、リアルな光の当たり方や影の付け方を計算して、写真に家具や置物を自然に合成できる。(2011/12/14)

“電子書籍の父”マイケル・ハート氏が他界、「Project Gutenberg」創設者
Project Gutenbergの創設者、マイケル・ハート氏が米国現地時間9月7日に他界した。(2011/9/8)

日々是遊戯:
皮膚に貼るだけで使える「電子タトゥー」が開発される。ゲームや医療分野への活用も
米イリノイ大学の国際研究チームが発表した「Epidermal Electronic System(EES)」という技術が注目を集めています。(2011/8/19)

Intelの研究成果が集結!──「Research@Intel Day June 2011」
自作PCユーザーが注目するインテルのロードマップ。そのロードマップの先を進むのがインテルの研究機関だ。彼らの成果が集合するイベントで「その先」が見えるか?(2011/6/9)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
成功するための、新しい人脈構築活用術
ネットワーキングからネットワールディングへ。成功のための人間関係を築き、新たなチャンスを生み出す。(2011/4/20)

無線通信技術 アンテナ設計:
3D印刷でドーム状の小型アンテナを試作、「性能指標はモノポールを1桁上回る」
米イリノイ大学の研究チームは、金属ナノ粒子インクと3次元制御の射出ノズルを用いる全方位印刷技術を使って、極小サイズの高性能アンテナを試作した。(2011/4/12)

透明LEDディスプレイも可能な新技術、米大学が開発
米イリノイ大学の新技術では、微小なLEDをプラスチックシートやゴム基板に並べて透明で柔軟なLEDディスプレイを作ることができる。(2009/8/21)

非Googleクラウドグループ:
HP、Intel、Yahoo!によるクラウド検証プロジェクトに新メンバー加入
ロシア、韓国、マレーシアの公的研究機関が「Open Cirrus」に加入する。(2009/6/9)

今日から使えるITトリビア:
MosaicからChromeまで――Webブラウザ戦争の来し方行く末
Googleは、新しいWebブラウザ「Google Chrome」を発表した。長い間、マイクロソフトのInternet Explorerが独占してきた市場に風穴を開けることができるか注目される。Webブラウザ市場の歴史と展望をおさらいしよう(2008/9/6)

「人間の目」のようなカメラ、米大学が開発
人間の目の網膜に視細胞が並んでいるように、曲面に光検出器を並べたセンサーを使ったカメラを米大学の研究者が作り出した。(2008/8/7)

Weekly Memo:
新たな合従連衡を生むクラウドコンピューティング
HP、Intel、Yahoo!が7月29日、クラウドコンピューティングに関する共同プロジェクトを発表した。IT分野の新たなパラダイムに向けた合従連衡の動きが本格化しそうだ。(2008/8/4)

HP、Yahoo!、Intel、大規模クラウドコンピューティング研究事業を発表
3社はクラウドコンピューティング研究を支援するため、世界規模で分散された大規模なテスト環境を構築する。(2008/7/30)

山浦恒央の“くみこみ”な話(1):
「懐石料理」でインドの「スパイス」をうまく使う方法
話題に事欠かない「組み込み業界」をテーマに、筆者が注目する“くみこみ”な話をコラム形式でお届けする。さてさて、今回のお題は……(2008/7/11)

リストラ時には女性管理職比率が上がる――米調査
平均で24%程度だった女性管理職の比率が、人員削減後の時期には36%近くに上昇したという。(2008/6/14)

いまさら聞けないリッチクライアント技術(12):
いまさら聞けない「Webブラウザ」超入門 後編
(2008/5/14)

スタンフォード大学、並列コンピューティングの研究所を設立へ
Intel、AMD、NVIDIAと共同でマルチコアプロセッサ対応アプリケーション開発技法の確立を目指す。(2008/5/1)

MSとIntel、並列コンピューティング研究で提携
MicrosoftとIntelは、カリフォルニア大学バークリー校とイリノイ大学アバーナシャンペイン校に、並列コンピューティング研究センターを共同で設立する。(2008/3/19)

Leverage OSS:
iptablesで商用のファイアウォールを置き換える
iptablesを擁するフリーの代替ファイアウォール「Netfilter」でエンタープライズファイアウォールが実現できることを事例を踏まえて説明しよう。(2007/12/19)

Sun、Niagara 2をオープンソース化
先ごろマルチコア/マルチスレッドチップをリリースしたSun Microsystemsが、今度は「UltraSPARC T2」のソースコードをオープンソース開発コミュニティーに提供開始した。(2007/12/12)

温故知新コラム:
水着だらけの製品発表?――Notesの父がマイクロソフトの次世代サービスを率いるまで
世の中に登場して半世紀しか経たないコンピュータにも、歴史が動いた「瞬間」はいくつも挙げることができる。ここに紹介する「ビジュアル」もまさしくそのひとコマ――。(2007/9/20)

米イリノイ大、ペタスケールシステム「Blue Waters」導入へ
米国立科学財団(NSF)の助成金を受け、イリノイ大学は2011年に1PFLOPSを超えるスーパーコンピュータ「Blue Waters」を稼働させる計画だ。(2007/8/9)

GoogleのLibrary Projectに大学コンソーシアムCICが参加
CICはシカゴ大学やイリノイ大学など、全米12校の大学が構成するコンソーシアム。(2007/6/7)

IBM、障害者支援技術のリポジトリを大学に無料公開
IBMが立ち上げた「ACCESS」には、ソフトウェアのほか、トレーニングツールや教育用ソフトなどを保管。世界中の大学に無料公開し、アクセシビリティ技術の教育に役立てる狙い。(2007/3/24)

マネジャーに不可欠なロジカルシンキングとは?
ロジカルシンキングとコミュニケーションは、全く別のものだと思っていませんか? マネージャーにとって不可欠なスキルであるこの2つの概略を考えてみましょう。(2006/9/14)

激変! 地方自治体の現実:
地方自治体の実情が調査で明らかに――あなたの住む自治体は?
Winny経由でのウイルス感染による情報漏えいや、住基ネットの脆弱性など、地方自治体の情報セキュリティに関心が集まる昨今、その実情はいかなるものか? 摂南大学経営情報学部長・経営学博士の島田教授に特に情報セキュリティの話を中心に聞いた。(2006/4/7)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
プラズマテレビは生き残れるか
ソニーなど大手メーカーの事業撤退、液晶の躍進とリアプロTVの台頭など、プラズマテレビを取り巻く環境が厳しい。果たして生き残れるのだろうか。マルチメディア評論家の麻倉怜士氏がプラズマテレビの過去、現在、そして未来を語った。(2005/4/29)

Lotusphere 2005開幕、「Notesの父」も駆けつけ20周年を祝う
「Notesの父」、レイ・オジー氏がIrisを設立し、Notesの開発に着手したのは1984年のこと。フロリダ州オーランドで開幕したLotusphere 2005は、市場を切り開いてきた同製品の20周年を盛大に祝った。(2005/1/25)

米IT業界、3年間で20万の雇用減少
(2004/9/17)

大学システムへの不正侵入で浮上する脅威
各国の大学や研究施設の多数のコンピュータシステムがハッキングされた。大規模DoS攻撃につながるとの予測もあるが、真の脅威となるのは機密研究データや科学的発見の漏えいだとの指摘も。(IDG)(2004/4/15)

NTT、東大やイリノイ大と共同で新しいQoS技術のデモ
(2004/2/12)

情報マネジメント用語辞典:
グループウェア(ぐーるぷうぇあ)
groupware / グループウエア(2003/2/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。