ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JavaFX」最新記事一覧

車載ソフトウェア:
クルマとJavaの深イイ関係、オラクルがアピール
日本オラクルは、「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン(FTF Japan)2014」において、自動車におけるJavaの活用事例を示すコンセプトカーを展示した。(2014/12/8)

組み込み開発ニュース:
オラクルが組み込みJava搭載のIoTカーを開発
日本オラクルは、同社の組み込みJava「Oracle Java Embedded」やビッグデータのアナリティクス基盤を用いたIoT(モノのインターネット)時代のコンセプトカーを開発したと発表した。(2014/12/2)

ET2013ニュース:
「確実なモノづくりを支援」――Armadilloがさらに使いやすく! 組み込みやすく!
アットマークテクノは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、試作開発から量産まで幅広く対応可能な組み込み機器向けプラットフォーム製品「Armadilloシリーズ」を全面に訴求。展示ブースでは、新製品や既存製品のアップデートに関する展示デモを見ることができた。(2013/11/21)

ヘルスケア、モンスタートラック、教育、環境問題、海洋調査に進出するJava、そして宇宙へ……JavaOne 2013まとめレポート(後編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のコミュニティキーノートの模様を中心に、さまざまな話題をお伝えする。Java SEが標準バンドルとなったRaspberry Piディストリビューションや“MTaaS(Monster Truck as a Service)”、Javaで動かすレゴマインドストーム、10歳の驚愕Javaハッカーなどが注目だ。そして今年も、最後にあの人がやって来た!(2013/11/19)

ついにJavaがRaspberry Piとフラットデザインでタブレット市場に参入!?〜JavaOne 2013まとめレポート(中編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のテクニカルキーノートを中心に、Java 8で導入されるLambdaの革新性、HTML5/JavaScriptサポート、Raspberry Piベースのタブレット「DukePad」などについてお伝えする。(2013/11/7)

NEWS
電子カルテサービスのスマートデバイス対応を強化、S&I
RIA構築用プラットフォーム「JavaFX」で独自開発したソフトウェアをサービス基盤に採用。iPhone/iPad、Android端末などでも最適な画面レイアウトで利用できる。(2013/10/22)

Oracle、Javaなどのアップデートを予告 深刻な脆弱性を多数修正
これまで別々に公開していたJava SEのCPUとデータベースなどそれ以外の製品のCPUを、今回からはまとめて同時に公開する。(2013/10/14)

「俺たちのJavaは、まだまだこれからだ」未来の鍵はInternet of Thingsにあり?〜JavaOne 2013まとめレポート(前編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013がサンフランシスコで9月22〜26日に開催された。3つの基調講演、そして400を超えるセッションが行われるなど、圧巻のボリュームは、まさに「Java開発者の祭典」といえる。基調講演と主なセッション、全体の雰囲気を前中後編に分けてレポートする。(2013/10/10)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(2):
WebSocket、組み込み、並列処理で進化するJava、そして最強のIDEはどれだ?
Java EEにおけるWebSocket、並列処理の過去・現在・未来、Raspberry Piとの連携、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEAの中から最強のIDEを決める座談会、ミニ四駆の発表もあったLT大会などの模様をお届け。(2013/6/11)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1):
Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?
OpenJDKで使えるJava 8の新機能、3Dの表現力が段違いで採用企業が増加しているJavaFX、センサデータを企業で活用するJava Embedded、HTML5、WebSockets、JSON、バッチ処理機能を備え、6月13日にリリース予定のJava EE 7、世界に広がるJava Communityなどの最新情報をお届け。(2013/5/24)

Java Day Tokyo 2013の見どころは?:
PR:Javaの最新動向を1日で! Java EE 7など、今知りたい全てがここに
日本オラクルが2013年5月14日に東京、秋葉原UDXで開催予定の「Java Day Tokyo 2013」。Java技術者の間で、このイベントが話題になっている。本記事では、日本オラクルのJavaエバンジェリストである寺田佳央氏と、Java Embeddedシニアセールスコンサルタントの笹沼満氏に、この注目イベントの見どころについて話を伺った。(2013/4/15)

自社に適した端末の種類を知る
デスクトップ仮想化環境で使える4種のクライアントを比較する
デスクトップ仮想化(VDI)環境で利用できる端末はPCやシンクライアントだけではない。ゼロクライアントやタブレットPC、スマートクライアントといった選択肢もある。それぞれも長所/短所をまとめた。(2013/4/3)

オラクルがJavaFXのiOSとAndroid版をオープンソース化へ
米オラクルがJavaFXの一部をOSS化する。iOS、Android版は今後コミュニティベースでの開発に移行することになった。(2013/2/13)

Oracle、セキュリティ強化の「Java SE 7 Update 10」をリリース
Java SE 7 Update 10ではWebブラウザ内で実行されるJavaアプリケーションを無効にできる機能が加わるなど、セキュリティ対策が強化された。(2012/12/19)

JavaOne 2012まとめレポート:
JavaによるマルチOSスマホアプリ開発「Codename One」登場、Javaの父GoslingがTシャツを投げた!
AMDによるヘテロジニアスコンピューティング、Java EE 7でのWebSocket、JSON、NoSQL対応の最新情報や、HadoopのClouderaやTwitterも参加したコミュニティによるパネルディスカッション、Javaの父James Gosling氏のサプライズ登壇の模様などをお届けする(2012/10/31)

HTML5やWebSockets対応が進むJavaの今後〜JavaOne 2012基調講演まとめレポート
HTML5やWebSockets対応が進むJava EE 7、シェアを伸ばすJava 7、そしてJava 8とOpenJDK、JavaFXの最新情報をお伝えする(2012/10/12)

世界遺産でIT勉強会を開催する方法:
世界遺産でIT勉強会を開催する方法
鹿駆動勉強会レポート。普段使わないような場所で勉強会を開催する「場所駆動型勉強会」が面白い。能楽の舞台にスターウォーズとドラが鳴り響くという、カオスな勉強会の作り方。(2012/9/28)

OracleがJavaのアップデートをリリース、Mac向けにも初の直接提供
今回から初めて、Mac OS X向けのJavaアップデートもWindowsと同様にOracleのWebサイトから直接ダウンロード提供する。(2012/8/16)

Oracle、Javaアップデート公開を予告 14件の脆弱性に対処
Java SEの脆弱性を修正する定例クリティカルパッチアップデート(CPU)は米国時間の6月12日に公開される。(2012/6/11)

HTML5とかtopi(7):
DNT(Do Not Track)ヘッダでプライバシーを配慮
「Do Not Track(私の行動を追跡しないで)」ヘッダでユーザーのライバシーを配慮する動きがホワイトハウスや米ヤフー、グーグルで活発だ(2012/4/24)

JavaOne Tokyo 2012まとめレポート(後編):
ラムダ式、JAR脱獄、JavaScript/Node.jsに接近するJDK 8、そして9へ
(2012/4/19)

JavaOne Tokyo 2012まとめレポート(前編):
7年ぶりのJavaOne Tokyoで見たJavaの未来
(2012/4/13)

未来のサービスを見据えたモノづくり企業を目指せ!:
PR:データが人を幸せにする――M2M時代のデバイス開発に必要なDB要件とは
ハードウェアメーカーも、新しい社会インフラを見据えたサービス開発に乗り出すとき。では、高度なITインフラのノウハウが必要なサービス開発に適したソフトウェア実装とはどんなものだろうか?(2012/4/12)

Javaの定例セキュリティアップデートが公開、多数の深刻な脆弱性に対処
Java SEの「クリティカルパッチアップデート」では14件の脆弱性に対処した。このうち5件は極めて危険度が高く、システムを完全に制御される恐れもある。(2012/2/16)

Made in Javan!地方コミュニティ探訪記:
沖縄の技術者がアツい!ハッカソンレポ&代表者に聞いた
本連載では、代表者に話を聞いたりイベントに潜入したり名産品を食べたりして、Javaを中心に地方のさまざまなコミュニティを紹介していきます(2011/12/14)

元祖リッチクライアント、Biz/Browser開発入門(前編):
Android対応も視野に入れる、Biz/Browserって何?
業務用モバイル向け国産リッチクライアントとしても実績多数のBiz/Browserについて、概要や特徴、新機能を生かしたアプリの作り方も解説します。前編は、概要と特徴を説明しVBのようにUIデザインできる無料の開発環境を使った簡単なアプリの作り方をコードを交えて解説。(2011/6/20)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(19):
XMLレイアウトでAndroidアプリに“設定画面”を追加
(2010/8/19)

OracleはJavaFXをどう扱うのか
Oracleが今後推進していくRIA技術「JavaFX」は、ツールの整備が進んだことで、ようやく実用フェーズに入ったといえる。日本ではしっかりと語られる機会がほとんどなかったJavaFXについて、「Oracle Sun Technology Updates」で情報収集するのは賢明かもしれない。(2010/8/13)

Javaから見た.NET(2):
設計者/SEが覚えておきたいJavaと.NETの違い
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/7/6)

Javaから見た.NET(1):
プログラマが知っておきたいJavaと.NETの違い
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/6/7)

NetBeans 6.9β版がリリース、OSGiサポートやRuby on Rails 3.0対応などが追加
オープンソースのJava統合開発環境「NetBeans」の最新β版が公開された。JavaFX関連の機能強化、「Ruby on Rails 3.0」への対応などが特徴。(2010/4/26)

おばかアプリ図鑑:
おばかアプリ選手権出場アプリ一覧
2009年から地道に回数を増やしているおばかアプリ選手権。各回のチャレンジャーの数も増えてきました。おばかな勇士アプリをiPhone、Andorid、そのほかで分類し紹介します。(2010/3/28)

ホワイトペーパーレビュー
エンタープライズRIA開発が分かる3つのホワイトペーパー
業務アプリケーションでの採用も増えつつあるRIAにはさまざまな技術や製品がある。自社の業務に適したシステムを構築するために何が必要か? 本稿では、RIA開発に関連する3つのホワイトペーパーを紹介する。(2010/1/26)

Google、On2の買収金額を引き上げ
Googleは、株主による集団訴訟で完了が遅れているビデオ圧縮技術企業On2の買収条件を修正した。(2010/1/8)

Sun、Javaアプリケーションストアのβを限定オープン
Sunは、Javaアプリケーションストア「Java Store」のβ版を米国ユーザー向けにオープンした。2010年以降、ほかの国に拡大する予定だ。(2009/12/14)

Adobeやソニーが採用:
Google、ビデオ圧縮技術のOn2買収でYouTube強化
On2のビデオ技術はAdobe Flash Player、SunのJavaFX、AppleのiPhoneなどに採用されている。(2009/8/6)

ホスティングサービス「Kenai」と連係:
Sun、「NetBeans 6.7」をリリース
NetBeansの最新版は、Sunの開発者向けホスティングサービス「Project Kenai」と統合され、同サービスの機能を利用できる。(2009/6/30)

2009 JavaOne Conference Report:
次回開催はどうなる? 今年のJavaOneを振り返る
いろいろな思いを乗せて始まった開発者向けイベント「2009 JavaOne Conference」が終了した。写真特集で振り返ってみよう。(2009/6/10)

5分で分かる、先週のモバイル事情――5月30日〜6月5日
TCAが5月の携帯・PHS契約数を発表。商戦期のはざまの時期ながら、全キャリアがそろって純増となった。Googleは、次期Android OS「Donut」を披露。マイクロソフトは同社のアプリマーケットに関する説明会を開催した。(2009/6/8)

“Smartbook”向けにJavaアプリを最適化:
SunとQualcomm、Snapdragon向けJava SE 6を発表
JavaOneでOracleのエリソンCEOがSun製ミニノートの可能性をほのめかした翌々日、SunがSmartbook向けJava SE 6を発表した。(2009/6/5)

2009 JavaOne Conference Report:
開発者のつくる携帯向けアプリをユーザーに提供 ソニー・エリクソン
ソニー・エリクソンはモバイル端末向けのコンテンツ配信サービス「Play Now」において、アプリケーション販売を開始すると発表した。(2009/6/4)

2009 JavaOne Conference Report:
JavaFXを土台にした新サービスを相次ぎ投入
Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏から、Javaの開発者とユーザーをつなぐオンラインストア「Java Store」が正式に発表された。そのほかにも同社が提供するRIAプラットフォームであるJavaFXを土台にした新サービスが目白押しだ。(2009/6/3)

開発者と8億人のユーザーを結ぶ:
Sun、オンラインストア「Java Store」をプライベートβでスタート
シュワルツ社長兼CEOが予告していたJavaアプリのオンラインストアがJavaOneで発表された。まだプライベートβで価格設定などの詳細は不明。(2009/6/3)

JavaOneで詳細を発表:
Sun、Javaアプリのオンラインストア「Java Store」発表
ジョナサン・シュワルツ社長兼CEOが「開発者と10億人のユーザーを結ぶ」オンラインストアの計画を明らかにした。(2009/5/21)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第2回
自社に適したRIA開発のための製品選定ポイント
今回は、RIAという言葉が誕生する前から企業向けWebアプリケーション開発製品を提供してきたソフトウェアベンダー4社に、自社のRIA製品の特長や用途、今後の戦略について話を聞いた。(2009/5/13)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第1回
アドビ、MS、サンの「RIA開発における優位点」とは?
業務アプリケーションでの採用も増えつつあるRIA。そこにはさまざまな技術がある。業務に適したシステムを構築するためには何を選べばよいのか? エンタープライズRIA開発の最新動向をシリーズで探っていく。(2009/4/3)

海外ダイジェスト(2月13日)
GoogleがAndroid向け移動経路記録サービス「My Track」をリリース、P2PサービスのQtraxがWarner Musicと提携、など。(2009/2/13)

Sun、携帯向けRIA開発ツール「JavaFX Mobile」を提供開始
Sun Microsystemsが、Java技術を基盤とするRIAプラットフォーム「JavaFX」の携帯電話向けコンポーネントを提供開始した。(2009/2/13)

「Java Swing」次期版は「保守的」アップグレードに──Sun幹部
Sun Microsystemsのダニー・コワード氏が「Swing」の次期版について、Swing Application FrameworkをJDK 7に組み込むなどの開発作業を進めていると明らかにした。(2009/2/6)

NEWS
サン、JavaをベースにしたRIAプラットフォームの正式版をリリース
サン・マイクロシステムズのRIAプラットフォーム「JavaFX 1.0」。その特徴は、スクリプト言語による開発の容易性とJavaプラットフォームとの親和性にある。(2008/12/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。