ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JavaScriptエンジン」最新記事一覧

ACCESS NetFront Agent:
Web技術でIoTゲートウェイ機器をインテリジェント化
ACCESSは、IoTゲートウェイ機器にインテリジェント機能を付加する、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジン「NetFront Agent」を開発し、提供を開始する。(2016/6/16)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のEdgeブラウザ、Anniversary Updateでどう変わる?
Windows 10の標準ブラウザとなる「Edge」は、当初こそ荒削りだったが、Anniversary Updateで大きな進化を見せるようだ。その姿とまだ不十分なところとは?(2016/6/14)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

.NET TIPS:
エンドユーザーの言語を取得するには?[JavaScript]
JavaScriptでエンドユーザーの言語を取得するには、navigator.languageプロパティやnavigator.userLanguageプロパティなどを使用する。(2016/3/23)

特集:C#×JavaScript:
ECMAScriptの最新情報を得るには
ECMAScriptの仕様策定の過程と、最新情報を追いかけるのに役立つWebサイトを幾つか紹介していこう。(2016/3/11)

Dev Basics/Keyword:
SPA(シングルページアプリ)
SPAは単一ページで構成されるWebアプリであり、応答性がよく表現力の高いアプリをクロスプラットフォームでユーザーに提供できるのが利点だ。(2016/2/19)

Enterprise IT Kaleidoscope:
2016年のWindows 10アップグレードはどうなるか?
2015年に初の一般提供とアップグレードが行われたWindows 10。2016年はどんな展開が予定されているのだろうか。未確認情報も含めて占ってみたい。(2016/2/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
これで「Edge」を使う気になる? 目玉の拡張機能は間もなく提供へ
MicrosoftがWindows 10とともに投入した新ブラウザ「Edge」。課題だった「IE固有機能の分離」と「Web標準へのさらなる準拠」は2015年で一段落し、2016年は攻めに転じようとしている。その鍵となる拡張機能は、間もなく提供されそうだ。(2016/2/8)

Dev Basics/Keyword:
ChakraCore
マイクロソフトがオープンソースとして公開したJavaScriptエンジン「ChakraCore」とはどんなものだろうか。(2016/2/2)

Microsoft、JavaScriptエンジン「ChakraCore」をGitHubで公開
Microsoftが予告通り、Webブラウザ「Edge」で採用するJavaScriptエンジン「Chakra」のオープンソース版「ChakraCore」をGitHubで、MIT Licenseの下で公開した。(2016/1/14)

Tech Basics/Keyword:
Node.js
JavaやPHPなどと肩を並べるサーバアプリケーションの構築プラットフォームとなった「Node.js」を簡潔に解説。(2016/1/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10標準ブラウザ「Edge」は2016年から本気を出す?
MicrosoftはWindows 10で標準のWebブラウザを「Internet Explorer」から「Edge」に切り替えたが、新アプリゆえに課題は少なくない。今後のEdgeはどうなるのだろうか?(2015/12/19)

Microsoft、ブログ編集ツール「Live Writer」をオープンソース化
Microsoftが、2007年に正式版をリリースした無償のブログ編集ツール「Windows Live Writer」の更新を終了するに当たり、オープンソースの「Open Live Writer」としてGitHubで公開した。(2015/12/10)

Microsoft、「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化へ
MicrosoftがWebブラウザ「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」のコアコンポーネントを「ChakraCore」として来年1月GitHubでオープンソースで公開する。クラウドサービスやIoTで採用でき、将来的にはWindows以外のプラットフォームもサポートする見込みだ。(2015/12/6)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(5):
いまさら聞けないMongoDBの基礎知識とインストール、CRUD操作の基本、モデリングツールMongooseの使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ドキュメント指向データベース「MongoDB」の概要とセットアップの仕方、コマンドで基本的なCRUD操作をする方法、MongoDB用モデリングツール「Mongoose」の使い方と、Node.jsからMongooseモジュールでMongoDBを操作する方法などについて。(2015/7/14)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力
これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれたWindows 10の新ブラウザがついにベールを脱いだ。Microsoft EdgeとはいったどのようなWebブラウザなのだろうか。(2015/5/14)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Microsoftの新ブラウザ「Spartan」(仮)を使ってみた
開発中のWindows 10の最新ビルドにいよいよ新ブラウザの「Spartan」(開発コードネーム)が搭載された。本稿ではSpartanのファーストインプレッションを紹介する。(2015/4/6)

Enterprise IT Kaleidoscope:
IEが消える? IT管理者を悩ますWindows 10の「Spartan」ブラウザ
業務アプリケーションに関する問題の1つがWebブラウザへの対応だ。Internet Explorerだけでも旧バージョンをいつまでサポートすべきか悩ましいが、Windows 10に搭載されるSpartanは、IT管理者に新たな対応を要求することになるかもしれない。(2015/3/23)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Internet Explorerは廃止されるのか?――ウワサから考えるWindows 10の姿
次期OS「Windows 10」では、Internet Explorerと違う新開発のブラウザが搭載されるとウワサになっている。Microsoftは長年築き上げたIEをどうするつもりなのだろうか。(2015/1/16)

無料で使えるブラウザー開発者ツール入門(2):
初心者がWebフロントエンドを高速化するための基礎知識
気楽に開発が始められる半面、デバッグが難しいHTML/CSS/JavaScriptのフロントエンド開発。本連載では、ブラウザーに付属している「開発者ツール」で効率的にWeb開発を行う方法を解説します。今回は、パフォーマンス低下の要因や、実行時間のコンソール出力やプロファイラーの使い方、リフローイベントの記録などについて。(2014/9/2)

ドリキンが斬る!(8):
外から見るWWDC 2014キーノート――Swiftに感じるAppleの本気
WWDC常連のドリキンが今年もキーノートを斬ります! 今回はメディアとエンジニアとで、反応が真っ二つに分かれる内容となりました。その理由をエンジニア視点で解き明かしていきたいと思います。(2014/6/19)

林信行が「OS X v10.10」を徹底分析:
未来のMacを先取り!「OS X Yosemite」特大プレビュー
Macに新しい進化の道を示すOS X v10.10「Yosemite」。林信行氏がその思想的背景から新機能の魅力までを徹底解説する。(2014/6/17)

New York Timesのオンライン版、更新システムを含む大幅刷新
大手新聞のオンライン化の先駆者的存在であるNew York Timesが数年ぶりに大幅にリニューアルした。(2014/1/9)

OSS「JobScheduler」で実現するこれからの運用自動化(3):
排他制御などを活用して複雑なジョブ定義だってOK
JobSchedulerの排他制御や待ち合わせ制御などの機能を活用し、現実の業務で必要とされる、ちょっと複雑なジョブ定義の組み方を紹介します。(2013/12/25)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(47):
低性能端末でも使えるか? Android 4.4 KitKatの新機能39選
消費電力の削減につながる新機能や、よりシンプルになったUI、印刷やストレージアクセス、SMSなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2013/12/9)

HTML5で可能になった6OS対応時代のスマート開発(3):
Firefox OS/Tizenに使ったWebGL/Three.jsアプリをWindowsストアアプリ化しよう
本連載では「第三極」モバイルOSの登場で新時代を迎えたアプリ開発市場において、Android、iOS、Windows ストア(Windows 8)、Windows Phone、Firefox OS、Tizenの6OS全方位対応をするための方法論や課題について解説していきます。今回は、Firefox OS/Tizenに適応させたHTML5アプリを手軽にWindowsストア/Windows Phoneアプリ化する方法を解説します。果たして、うまくいくのでしょうか。(2013/11/21)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
.NET Framework 4.5/4.5.1概観
.NET Framework 4.5.1の新機能を、4.5も含めて概説。Win 8.1時代のアプリがどうなるかについても考察する。(2013/10/18)

IE 11 for Windows 7のプレビュー版がリリース IE 10より9%高速に
Microsoftが、Windows 7版Internet Explorer 11の一般向けプレビューを公開した。IE 10より約9%高速化し、タッチ操作に対応する。(2013/9/19)

ラムダ式に対応:
JDK 8の開発者向けプレビュー、Oracleが公開
米Oracleは、「Java Development Kit 8」の開発者向けプレビュー版を公開した。2014年3月の正式提供を目指す。(2013/9/12)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第3回 CライブラリのWindowsランタイム・コンポーネント化戦略
既存のC/C++プログラムをWindowsランタイム・コンポーネント化する際に取れる戦略と、それぞれの特徴や、メリット/デメリットを考察する。(2013/7/3)

「Firefox 22」の正式版リリース WebRTC対応でビデオチャットが可能に
ユーザーに直接関係する新機能としては、HTML5のビデオや音声の再生速度を変更できるようになり、アドオンマネージャーにソーシャルサービスを管理するタブが追加された。(2013/6/26)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第1回 Windowsランタイム・コンポーネント概観
Windowsランタイム・コンポーネントの概要と、Windowsストア・アプリの実行環境、Windowsストア・アプリで既存のコードを再利用する際の基本方針を解説。(2013/5/29)

NoSQLを使うなら知っておきたいセキュリティの話(1):
「演算子のインジェクション」と「SSJI」
ここ数年、大量データ処理時の高速性やデータ構造の柔軟性などから、「NoSQL」が注目を集めています。それと同時に、NoSQLを使うアプリケーションに対する攻撃手法も研究されるようになりました。この記事では、NoSQLを使ったアプリケーションの脆弱性と対策について解説します。(2013/5/22)

Xperia Tablet Z マニアックス(1):
薄型軽量×防水防塵ボディで高性能は実現できたか?――「Xperia Tablet Z」
今回から始まる特集では、「Xperia Tablet Z」をよりディープに検証していく。第1回目のテーマは「パフォーマンス」だ。前モデルの「Xperia Tablet S」をはじめ、「Nexus 10」に「Nexus 7」といった主要なAndroidタブレット、そしてスマートフォンの「Xperia Z」と性能をじっくり比較した。(2013/4/25)

ドリキンが斬る!(1):
enchantMOONファーストルック
1時間で1000台予約を達成したenchantMOONをshi3z氏から、直接プロトタイプを見せてもらったドリキンがファーストインプレッションをお届けする。(2013/4/24)

Java Day Tokyo 2013の見どころは?:
PR:Javaの最新動向を1日で! Java EE 7など、今知りたい全てがここに
日本オラクルが2013年5月14日に東京、秋葉原UDXで開催予定の「Java Day Tokyo 2013」。Java技術者の間で、このイベントが話題になっている。本記事では、日本オラクルのJavaエバンジェリストである寺田佳央氏と、Java Embeddedシニアセールスコンサルタントの笹沼満氏に、この注目イベントの見どころについて話を伺った。(2013/4/15)

Internet Explorer 10製品レビュー:
Internet Explorer 10のHTML5/CSS3対応度は?
すでにWindows 8に搭載されているIE 10が、Windows 7 SP1向けにも提供が開始された。新機能は? ほかのWebブラウザに比べてHTML5への対応度は? IE 10の進化度を解説する。(2013/4/11)

Google、WebKitに代わる新レンダリングエンジン「Blink」を発表
Googleが、WebKitベースの新レンダリングエンジン「Blink」を発表した。Chromiumプロジェクトで採用する。(2013/4/4)

自動アップグレードも実施予定:
Microsoft、Windows 7向けIE10を正式リリース
プレビュー版として提供していたWindows 7版IE10が正式にリリースされた。時期は未定ではあるものの、Windows 7ユーザーに向けた自動アップグレードも実施するという。(2013/2/26)

UXClip(20):
なぜ「enchantMOON」を、どうやって作ったのか?
“手書きハイパーテキストタブレット”「enchantMOON」開発の動機は、「普遍的な道具を作りたい」という欲求だった。「enchantMOON」の「なぜ」と「どうやって」を聞いた。(2013/2/15)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第11回 なぜWindows 8は「速い」のか 新旧LaVie Zのパフォーマンスをガチ比較(基本性能編)
「Windows 8なLaVie Zはすごく速くなった!」と言い続けているが、実際のところWindows 7の旧モデルに比べてどれだけ速いのかきちんと比べたくなった。というわけでWindows 7モデルも用意して、ベンチマークテストで比較してみたZ!(2013/2/5)

「Google Chrome 24」の安定版リリース 26%高速化、24の脆弱性に対処
Google Chromeの最新版では、起動やJavaScriptの実行速度が速くなったほか、危険度「High」の4件を含む24件の脆弱性に対処した。(2013/1/11)

「Firefox 18」の正式版リリース 新JavaScriptエンジンで25%高速化
Firefoxのバージョン18は、新JavaScriptエンジン「IonMonkey」の採用でWebアプリやゲームの稼働速度が最高で25%高速化した他、Mac版ではRetinaディスプレイに対応。Android版ではセーフブラウジング機能や検索でのサジェスト機能が追加された。(2013/1/9)

Javaの最新動向を説明 日本オラクル
先月に開催されたイベント「JavaOne」を受けて、日本オラクルがJavaに関する最新トレンドなどを紹介した。(2012/11/13)

「Google Chrome 23」の安定版リリース 「Do Not Track」をサポート
主要Webブラウザとしては最後になったが、Do Not Track機能をサポートした他、1クリックで閲覧中のWebサイトの権限を確認・変更できるようになった。(2012/11/7)

OctaneテストでGoogleのV8 JavaScriptエンジンをしのぐ性能:
Googleのプログラミング言語「Dart SDK」が安定版に
米Googleは10月16日、Webアプリ開発のためのプログラミング言語「Dart」のSDKが安定版になったと発表した。(2012/10/17)

HTML5やWebSockets対応が進むJavaの今後〜JavaOne 2012基調講演まとめレポート
HTML5やWebSockets対応が進むJava EE 7、シェアを伸ばすJava 7、そしてJava 8とOpenJDK、JavaFXの最新情報をお伝えする(2012/10/12)

フレームワークで実践! JavaScriptテスト入門(1):
JavaScriptテストの基礎知識と使えるフレームワーク6選
しっかりとJavaScriptの“テスト”を行うために、最近のJavaScript事情やテストを取り巻く環境、今注目のテストフレームワークを6つ紹介する(2012/9/5)

小山博史のJavaを楽しむ(16):
JavaとJavaScriptの良いとこ取り? 「Dart」超入門
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2012/8/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。