ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「簡単ケータイK012」最新記事一覧

10代目はVoLTE対応:
ユーザーの声に応えて進化――京セラ「かんたんケータイ」の11年の歩み
7月30日、約4年ぶりに京セラの「かんたんケータイ(簡単ケータイ)」の新機種が発売された。より使いやすくなった新機種は、ターゲット層やユーザーからの声に耳を傾けて生まれたものだ。(2016/8/10)

auが4年ぶりのシニア向けケータイ発表 VoLTE対応の「かんたんケータイ KYF32」【写真追加】
KDDI(au)の夏モデル第2弾はなんとシニアケータイ。従来モデルから4年ぶりの新機種。AndroidベースでVoLTEに対応した。(2016/7/28)

SIM通:
iPhone5sが中古市場を席捲? 2016年5月の中古端末市場
次々と新機種が発表された5月。いったん落ち着いたかに見えた中古市場でしたが、先月よりもiPhone 5sがより上位に入っているなど、状況に変化が見られます。(2016/7/7)

SIM通:
店舗ごとの強みがより鮮明に! 4月の中古市場ランキング
新年度最初の中古ランキング。購入層と売れ筋端末に新しい動きはあったのか? 発売されたiPhone SEの影響は中古市場にあったのか? チェックしてみましょう。(2016/6/8)

MNPすれば月額基本料が最大3年間無料になる「au ケータイかえる割」キャンペーン、スタート
KDDIはMNPを利用してauケータイに新規契約し、指定機種・プランを契約したユーザーの月額基本料を最大3年間割引する「au ケータイかえる割」を実施する。(2015/2/20)

親へ贈るスマホ、どちらがいい?:
“敬老の日”シニアケータイ商戦、格安スマホか大手キャリアか
敬老の日は、シニア向けスマホを親に贈る機会が増えるちょっとした商戦期だ。実績があるのは大手通信事業者の“らくらく”なシリーズだが、最近は“格安スマホ”にする選択肢もあるようだ。(2014/9/12)

KDDI、厳選6サービス使い放題やクーポンを利用できる月額300円のauケータイ向けサービス「セレクトパック」
KDDIは定番サービスの使い放題や割引クーポン、修理サポートを月額300円で利用できるauケータイ向け「セレクトパック」を提供開始。(2014/6/11)

あえて今:
最新フィーチャーフォン6機種の基本スペックを比較する
すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。その最新6機種をスペックで比較してみよう。(2014/2/26)

KDDI、スマートソニックレシーバー搭載モデルが100万台突破
京セラのスマートソニックレシーバーを搭載したau携帯電話の出荷台数が、6月時点で100万台を突破した。(2013/7/2)

開発陣に聞く「DIGNO S KYL21」:
スマホユーザーの不満を解消せよ 「DIGNO」に授けられた3つの“S”
2500mAh以上の大容量バッテリーが注目を集める京セラの4G LTE対応スマートフォン「DIGNO S KYL21」。処理速度の速さが自慢の「すぐごえ」など、独自の便利機能も盛り込まれている。(2012/11/28)

CEATEC JAPAN 2012:
高齢・難聴でも通話しやすく――KDDIが「補聴機能強化ケータイ」を試作
携帯電話の受話音量をめいっぱい大きくしても、高齢や難聴の人には聞こえにくいケースが多く、こうした不満を持つ人は数百万人いるといわれている。そこでKDDIが取り組んでいるのが「補聴機能強化」。補聴器を付けているときと同等の音量を確保できるという。(2012/10/3)

KDDI、「補聴機能強化ケータイ」を試作 聴力に合わせて音の高さ調整
KDDIは、高齢・難聴のユーザー向けに、補聴のための機能を搭載した携帯電話「補聴機能強化ケータイ」を試作した。(2012/10/2)

KDDI、auケータイ6機種のアップデートを開始
KDDIは、auケータイ6機種のケータイアップデートを23日から順次提供する。電子証明書関連の仕様変更や、SMS(Cメール)関連の不具合改善などが含まれている。(2012/8/23)

開発陣に聞く「簡単ケータイK012」:
京セラの簡単ケータイに学ぶ「聞こえ」の科学
使いやすさにこだわって開発されてきたauの「簡単ケータイ」シリーズ。2012年夏モデルとして登場した京セラ製の「簡単ケータイ K012」は、「スマートソニックレシーバー」や「なめらか通話」などを搭載し、今まで以上に聞きやすさを追求したモデルだ。(2012/6/25)

開発陣に聞く「URBANO PROGRESSO」:
デザインと使い勝手で“URBANO”の世界観をスマホで表現
デザインと使いやすさを兼ね備えたフィーチャーフォンとして人気を博したauの「URBANO」シリーズ。そのコンセプトを受け継いだAndroidスマホ「URBANO PROGRESSO」の開発経緯について、京セラの担当者に話を聞いた。(2012/6/13)

ワイヤレスジャパン2012:
“スマホの電話は聞こえにくい”を払拭する京セラの「スマートソニックレシーバー」
京セラブースでは、auの夏モデル「URBANO PROGRESSO」に搭載された「スマートソニックレシーバー」の実力を試すことができる。騒音下だけでなく、ヘッドフォン越しでもスマホで会話できるという。(2012/5/31)

聞きやすさにもこだわった「簡単ケータイ K012」、5月31日発売
使いやすさに加えて聞きやすさにも配慮した京セラ製の「簡単ケータイ K012」が、5月31日以降順次発売される。(2012/5/29)

石野純也のMobile Eye(5月14日〜5月25日):
夏モデル発表――サービスに注力するKDDI/“使い方”で選べる新機種をそろえたドコモ
5月15日にau、16日にドコモの夏商戦向け新機種が発表された。KDDIは「ビデオパス」「うたパス」などサービスを中心に訴求している一方、ドコモは多彩なスマートフォンをラインアップする。今回は2社の夏モデルにおける戦略を解説したい。(2012/5/25)

聞きやすさに磨きがかかったシニアケータイ――「簡単ケータイ K012」
シニアをメインターゲットとする「簡単ケータイ」の新モデルは、聞きやすさにこだわった新機能を用意。騒がしい場所でも相手の声を聴きやすくなり、新たに音量調節キーが搭載された。(2012/5/15)

スマホ5機種はすべてAndroid 4.0:
世界初のFeliCa&NFC対応スマホや国内初のクアッドコアスマホなど――KDDIがau夏モデルを発表
KDDIは2012年の夏モデルとして、auスマートフォン5機種とauケータイ3機種、Androidタブレット1機種を発表した。スマートフォンは全機種がAndroid 4.0を搭載し、FeliCa&NFCのマルチ対応モデルやクアッドコアスマホをラインアップする。(2012/5/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。