ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KDDI まとめてオフィス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDDI まとめてオフィス」に関する情報が集まったページです。

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分が当たる
「モバイル導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2018/3/9)

エネルギー管理:
KDDIと中部電力、LPWAを活用したIoT事業創出へ 中小企業のパートナーを募集
KDDIと中部電力などは、中小企業の事業創出を目的としたIoTビジネスパートナーの募集を開始した。LPWAネットワークを活用したサービスやビジネスアイデアを募集し、共同で実証実験を行う。(2017/4/27)

新連載・東南アジア発、気になるニッポン企業:
日本に逆輸入! KDDIの“まるごとオフィス”とは
「KDDIまとめてオフィス」という会社をご存じだろうか。海外で展開して、現地で好評だったことから、最近日本に逆輸入されたのだ。事業内容を詳しく説明すると……。(2015/6/11)

分かりやすさで勝負:
auの法人スマホは“2年間無料のグループウェア付き”――KDDIは中小企業のハートをつかめるか
auの法人スマホを買ったら、「Office 365」か「Google Apps for Business」が2年間実質無料で使える――。こんな施策を始めたKDDIは、中小企業のスマホ移行を軌道に乗せられるのか。(2013/11/26)

KDDI、米シトリックスの遠隔PCサービス「GoToMyPC」国内提供を開始
KDDIとKDDIまとめてオフィスは、法人向けにリモートPC操作サービス「KDDI GoToMyPC」の提供を開始した。初期費用無料で、料金はPC1台当たり1260円。(2013/5/8)

中小企業支援のKDDI まとめてオフィス、地域会社設立で営業強化
KDDIの子会社で、中小企業のビジネスをトータルサポートするKDDI まとめてオフィスは、4つの地域会社を設立した。(2013/3/18)

KDDI、中小企業向け支援サービス「KDDI まとめてオフィス」を全国展開へ
4月1日から現在の東京に加えて、大阪、名古屋、仙台、広島の4都市に新オフィスを構えて営業を開始する。(2013/3/18)

“固定+モバイル”の強み、法人でも――KDDI、中小企業のスマホ導入を支援
自社の導入経験を生かしたサービスを提供。便利なクラウドサービスを安価に提供するほか、固定とセットでスマートフォンの利用料を割り引くなど、同社ならではの強みを全面に押し出したサービスを展開する。(2012/1/25)

KDDI、中小企業のIT導入支援事業を本格化――新会社「KDDI まとめてオフィス」設立
KDDIが、中小企業のIT化サポート事業を手がける新会社「KDDI まとめてオフィス」を設立。IT化に必要な機材からインフラ、人材までをワンストップで提供するとともに、会員企業が相互にビジネスを紹介しあえるプラットフォーム化を目指す。(2011/2/15)

KDDI、中小企業向け法人サービスに本腰――西新宿に体験型ショールームをオープン
通信だけにとどまらない幅広いオフィス向けサービスをワンストップで提供する中小企業向けサービス「KDDI まとめてオフィス」を手がけるKDDIが、西新宿にショールームをオープン。オフィスを模した空間で、各種サービスを実体験できる。(2010/9/30)

KDDIは10月4日に新商品を発表:
ドコモ、KDDIがCEATEC JAPAN 2010の出展内容を発表
NTTドコモとKDDIが、10月5日から10月9日に開催される「CEATEC JAPAN 2010」の出展内容を発表した。ドコモはLTEサービス「Xi(クロッシィ)」や3D技術を中心に紹介。KDDIは10月4日にシャープと発表する新製品を展示する。(2010/9/28)

NEWS
KDDI、「中小企業のIT担当者になる」会員制サービスを開始
従業員100人未満の企業向けに、ヘルプデスクや導入提案でオフィスのIT環境作りを支援するサービスを展開。PC、固定・移動電話や複合機などを扱い、利用請求の一括化やポイント制度による付加価値も付ける。(2010/7/2)

KDDI、中小企業向けに会員制サポートプログラム
KDDIが中小企業向けの会員制サポートプログラムを開始。顧客に最適なIT環境を提案したり、サービスの利用に応じたポイント付与、特価品情報の提供も。(2010/7/1)

中小企業のIT導入をトータルでサポート――「KDDI まとめてオフィス」
KDDIが、IT導入によるコスト削減から業務効率化までをサポートする、中小企業向け会員サービスを提供。導入後の保守や問い合わせなどもワンストップでサポートする。(2010/7/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。