ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kinect for Windows SDK」最新記事一覧

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(4):
Kinect以外のDepthセンサーを使った3Dスキャン
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。最終回では「Intel RealSense」と「Structure Sensor」を使った3Dスキャンについて紹介する。(2015/10/2)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(2):
「Kinect Fusion」による3Dスキャンを徹底解説
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第2回は、Kinect for Windowsを使った3Dスキャンの詳しい手順について紹介する。(2015/8/3)

Unite 2015 Tokyoリポート:
Windows 10、DirectX 12、Kinect、PlayStation 4、VRヘッドセット対応、Unity 5への移行に見るUnityの可能性と課題
クロスプラットフォーム対応のゲームエンジンとして多くのユーザーを抱える「Unity」。このUnityの開発者向けに、最新動向と技術情報を紹介する公式イベント「Unite 2015 Tokyo」が、4月13、14日に東京お台場で開催された。この記事では、4月13日に行われた、ソニー・コンピュータエンタテインメント、マイクロソフト、コロプラによる各セッションのダイジェストをお伝えする。(2015/5/11)

Unity 5で無料になった機能の使い方(1):
UnityでWebカメラの画像をリアルタイムで複数テクスチャとして表示する&Kinectセンサーと連動させる
ゲーム開発環境Unity 5の「Personal Edition」では、Unity 4.6以前では有料だった機能が無料で使えるようになった。本連載では、Unity 5で無料になった機能の使い方について解説していく。初回はWebカメラと、「Kinect for Windows v2」を使ったサンプルを紹介する。(2015/4/17)

Microsoft、「Kinect for Windows v2」販売終了
Microsoftが、Windows PCで使えるKinectセンサー「Kinect for Windows v2」の販売を終了する。今後はWindowsでKinectを使うには、Xbox One用Kinectに別売のアダプターを付けて設定することになる。(2015/4/3)

無料のCommunity版でC#コーディングを超高速に:
PR:Unityゲーム開発でVisual Studioを使わないと損する3つの理由
マイクロソフトでは、Visual Studio向けの無償の拡張機能として「Visual Studio Tools for Unity」(以下、VSTU)を提供している。ゲーム開発の分野でシェアの高い「Unity」と「Visual Studio」を連携させるVSTUによって、開発者は標準のUnityと比べて、より生産性の高い開発環境を実現できる。2014年11月に公開された無償の「Visual Studio Community」では、VSTUの利用が可能となっている。そこで、あらためて「Unity」でのゲーム開発に「Visual Studio」を活用するメリットについて、日本マイクロソフトのエバンジェリストである大西彰氏に聞いた。(2015/1/8)

日本マイクロソフト、Xbox One KinectをPCで利用可能にするアダプタを発売
日本マイクロソフトは、Xbox One用Kinect センサーをWindows PCに接続可能とする「Xbox One Kinect センサー用 Windows PCアダプター」を発表した。(2014/11/11)

Microsoft、Xbox One用KinectがWindowsでそのまま使えるアダプタを4980円で発売
Microsoftが「Kinect SDK 2.0」のリリースと同時に、Xbox One付属のKinectを「Kinect v2 for Windows」として使えるようにするアダプタを4980円で発売する。(2014/10/23)

Kinectしようぜ:
「Kinect v2」はここがスゴい!新旧比較とKinectによるNUI開発の最前線
「Kinect for Windows v2センサー」のオープンβ販売開始から2カ月が過ぎ、開発者の知見も集まりつつある。東京エレクトロンデバイスが主催したセミナーより、既存モデルとの違いやNUIアプリ開発に際しての留意点などを紹介する。(2014/9/29)

組み込み開発ニュース:
「Kinect for Windows V2」が抽選で当たる無料セミナー、東京エレクトロンデバイスが開催
東京エレクトロンデバイスは「Kinect for Windows V2」の機能を解説する無料セミナーを2014年9月24日(東京)と9月26日(大阪)に開催する。Kinect V2センサーが当たる抽選会も実施。(2014/9/9)

4番目のセンシング機能を新搭載:
新Kinectセンサー、開発者向けに先行販売開始
日本マイクロソフトが、開発者や研究者を対象とした「Kinect for Windows v2 センサー」オープンベータ版の販売を開始した。アクティブIRなども搭載し、認識精度を高めた。(2014/7/15)

「Kinect for Windows v2」、米国で予約開始 価格は199ドル
Xbox Oneに付属する新しいKinectのWindows版、「Kinect for Windows v2」の予約受付が米国他でスタートした。価格は199ドルで7月15日に出荷の見込み。SDKのパブリックβは別途リリースされる。(2014/7/8)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(5):
Windows Embedded OSでモーションセンサーデバイスを活用する
NUI(Natural User Interface)やモーションセンサーデバイスの基礎、組み込み分野での活用事例などを解説してきた本連載もいよいよ最終回。今回は、組み込み機器でモーションセンサーデバイスを活用する際の最適なプラットフォームの1つとして、Windows Embedded OSを紹介する。(2014/4/2)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(4):
「どのデバイスが最適か?」――モーションセンサー3機種を徹底比較!!
数あるモーションセンサーデバイスの中から「Kinect for Windows」「Creative Senz3D/Intel Perceptual Computing」「LEAP Motion」の3つを取り上げ、各デバイスの機能や特徴を、ハードウェア/ソフトウェアの両面から比較する。また、開発者向けに提供が開始された「Kinect for Windows V2」についても紹介する。(2014/2/24)

「デバイス&サービス企業」へ転換するマイクロソフト、開発プロセスも刷新 アジャイルも導入
日本マイクロソフトが研究・開発の最新動向を発表した。開発部門を製品別から機能別に刷新し、研究部門と密に協力しながらデバイスとサービスを横断し効率的にアップデートしていくという。(2014/1/27)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

超豪華審査員があなたの作品を評価:
優秀作品には3Dプリンタ――MONOist主催「3Dモデリングコンテスト」開催決定ッ!!
アイティメディアが運営するモノづくりメディア「MONOist(モノイスト)」は、3Dプリンタ/3Dデータという“新たなトレンド”をけん引し、日本のモノづくりのさらなる発展を応援すべく、「第1回 3Dモデリングコンテスト」の開催を決定した。(2013/12/10)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(3):
「非接触操作だけじゃない」――魔法のような“体験”を創り出すモーションセンサーの可能性
非接触操作などのユーザーインタフェース(UI)以外でのモーションセンサーデバイスの活用に注目し、空間演出やデジタルサイネージ分野などでの具体的な導入・開発事例を紹介。同時に、組み込み市場におけるモーションセンサー活用の課題と可能性についても考察する。(2013/11/21)

Kinect for Windows Contest 2013 リポート(3):
「趣味」から「健康管理」まで、Kinectはシニア市場で花開く!?――Kinect活用でビジネス化を目指せ!!【後編】
「Kinect for Windows」を活用したビジネスアイデアを競う「Kinect for Windows Contest 2013」が2013年9月19日に開催された。前回に引き続き、各チームの作品を紹介。今回は後半5作品のプレゼンテーションの模様をお届けする。(2013/10/2)

Kinect for Windows Contest 2013 リポート(2):
「ロボット」から「プロジェクションマッピング」まで――Kinect活用でビジネス化を目指せ!!【前編】
「Kinect for Windows」を活用したビジネスアイデアを競う「Kinect for Windows Contest 2013」が2013年9月19日に開催された。今回から2回にわけて各チームの作品を紹介していく。まずは前半5チームのプレゼン内容をお届けする。(2013/9/30)

Kinect for Windows Contest 2013 リポート(1):
またしてもハイレベル!? 美と健康は「Kinect」にお任せあれ!
2013年9月19日、マイクロソフトのモーションセンサーデバイス「Kinect for Windows」を活用したアプリケーション開発コンテスト「Kinect for Windows Contest 2013」が開催された。本稿では、コンテストの結果と入賞作品の概要を紹介する。(2013/9/24)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(1):
モーションセンサーデバイスとは何か
音声やジャスチャーといった、人間の自然な振る舞いでコンピュータを操作できる「NUI(Natural User Interface)」。近年、このNUIを実現するさまざまなモーションセンサーデバイスが登場し、組み込み機器開発においても注目されている。本連載では、モーションセンサーデバイスとNUIの基礎、各センサーデバイス製品の特徴などを詳しく解説する。(2013/9/19)

新Kinect for Windows開発者プログラム、399ドルで受付開始
プレリリース版の次世代「Kinect for Windows」とSDKを11月に入手できる開発者プログラムへの参加受付がスタートした。参加枠は限られており、8月に当選者が発表される。(2013/6/27)

商用化の可能性を探る:
ハンドジェスチャーや3Dスキャナー機能をフル活用!? 「Kinect for Windows コンテスト 2013」開催
東京エレクトロン デバイスは、マイクロソフトのモーションセンサーデバイス「Kinect for Windows」を活用したアプリケーション/サービスのアイデアを競う技術コンテスト「Kinect for Windows コンテスト 2013」の開催を発表した。(2013/6/13)

賞金総額1億円のアプリコンテスト開催中:
ポストKinect!? 国内でも注目集まるインテルのモーションセンサーデバイス
インテルが公開している非接触型ユーザーインタフェース搭載アプリケーションを開発するためのSDK「Intel Perceptual Computing SDK 2013」をご存じだろうか。現在、同SDKを活用した世界規模のアプリコンテスト「Intel Perceptual Computing Challenge」が開催中で、日本国内でも展示会やセミナーなどで取り上げられ、注目されつつある。(2013/6/6)

新「Kinect for Windows」の提供は来年──Microsoftが正式発表
次世代ゲーム機「Xbox One」に標準で付属する新しいKinectと同等の「Kinect for Windows」は来年のリリースになる。(2013/5/24)

組み込みイベントリポート【ESEC2013】:
実用化への道は開けた!? 広がりを見せる非接触型ユーザーインタフェース技術
2013年5月8〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」の展示会場から、“次世代インタフェース技術”をキーワードに、筆者が注目したブース展示をピックアップしてリポートする。(2013/5/23)

組み込みイベントリポート【ESEC2013】:
「サービス中心のモノづくりへ」――ビッグデータから“ビッグバリュー”をつかむアプローチ
上半期最大規模の組み込み技術の祭典「組込みシステム開発技術展(ESEC)」が2013年5月8〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では展示会場リポート第1弾として、「インテリジェントシステム」への取り組みに注力するインテルと日本マイクロソフトのブースを紹介する。(2013/5/15)

ESEC2013 速報:
コンピュータとの対話を革新する「Intel Perceptual Computing SDK」、組み込みでの可能性は?
「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」で、インテル・ブースに出展した東京エレクトロン デバイスは、正式版がリリースされたばかりの「Intel Perceptual Computing SDK 2013」による、近距離での指・手のひら認識、顔検出、性別・年齢検知のデモを披露した。(2013/5/8)

Microsoft、「Kinect for Windows SDK 1.7」で3Dスキャンなどの新機能
Kinectのセンサーで人の体をスキャンしてリアルタイムで3Dレンダリングし、バーチャル試着室サービスなどを構築できるようになる。(2013/3/18)

ユーザーインタフェース最新動向:
マイクロソフトがUIの進化を語る、NUIの発展を牽引するKinectとMSRの研究事例
マイクロソフトのモーションセンサーデバイス「Kinect for Windows センサー」が発売されてから間もなく1年がたとうとしている。発売当初から、次世代のユーザーインタフェース「NUI」を手軽に実現できるデバイスとして注目を集め、既に多くの開発プロジェクトが始動している。本稿では、日本マイクロソフトが披露したKinect for Windows センサーを活用した事例およびMicrosoft Researchによる最新の研究成果を紹介する。(2013/1/29)

Kinectで進化する直感操作:
Microsoft Research、「NUI」の最新成果を報告
“タッチ”を大幅に取り入れたWindows 8で直感的なPC操作を可能にしたMicrosoft。しかし、彼らが目指す本当のゴールは「Natural User Interface」(NUI)だ。(2013/1/28)

ET2012 展示会場リポート:
IT・家電ジャーナリストが見た、次世代の“スマート家電”を担う最先端技術
2012年11月14〜16日の3日間、下半期最大規模の組み込み関連技術イベント「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」がパシフィコ横浜で開催された。本稿では、今後、家電製品に搭載されていくとみられる最先端技術や、身近に触れる機会のありそうな最新ソリューションなどを多数の写真を交えて紹介する。(2012/12/3)

ICTのチカラで「できる」ことを増やす:
Kinectを活用した障害者向け活動支援ソリューション「OAK」、東大先端研と日本MSが共同開発
東京大学 先端科学技術研究センターと日本マイクロソフトは、脳性まひや脊髄性筋萎縮症などを抱える重度障害者の活動を支援するソリューション「OAK - Observation and Access with Kinect -」を共同開発。「Kinect for Windows センサー」を応用することで実現した。(2012/10/3)

Kinect for Windows Contest 2012 レポート:
予想外にハイレベル!! Kinect for Windows センサーでここまでできる
2012年9月14日、Kinect for Windows センサーを題材とした技術コンテスト「Kinect for Windows Contest 2012」の最終選考会が開催された。Kinect for Windows センサーの特徴を最大限に生かしたユーモア溢れる作品の中からグランプリが決定した!(2012/9/19)

「Kinect for Windows」が「Windows 8」対応に
デスクトップPCでのジェスチャー/音声入力を可能にする「Kinect for Windows」が、10月8日のアップデートで次期OS「Windows 8」のデスクトップアプリに対応する。(2012/9/5)

Kinectの応用例を探る:
あなたのアイデアが製品化されるかも!? 「Kinect for Windows コンテスト 2012」開催決定
東京エレクトロン デバイスは、マイクロソフトのモーションセンサー「Kinect for Windows」を活用した新しい組み込みシステムのアイデアを競う「Kinect for Windows コンテスト 2012」の開催を発表した。(2012/7/23)

窓辺ななみの3Dデータ付き:
ドスパラ、「Kinect」付属PCを発売
サードウェーブは、マイクロソフトのモーションセンサー搭載デバイス「Kinect for Windows センサー」が付属するPC2モデルを発売した。(2012/4/17)

必読! Kinect for Windows 基礎のキソ:
Kinect センサーで夢と魅力にあふれるアプリを“創造”しよう!
「Kinect for Windows センサー」によるアプリケーション開発のための“超”入門。本格的な開発を始める前に絶対に知っておきたい、Kinect for Windows センサーの特長やXbox 360版との違い、開発時の注意点、応用例などをまとめて紹介する。(2012/3/30)

Kinect for Windows、日本でも発売
日本マイクロソフトが「Kinect for Windows」の出荷を始めた。直販サイトの価格は2万4800円。(2012/2/2)

日本マイクロソフト、Windows用「Kinect」を販売開始
日本マイクロソフトは、モーションセンサー搭載デバイス「Kinect for Windows センサー」の出荷を開始した。(2012/2/2)

2012 International CES:
最後の基調講演でバルマーが残した叫び
すでに、2012年12月末の「MicrosoftがCESから退却」報道から注目されていた「最後の基調講演」は、最後の最後までMicrosoftにふさわしい内容だった。(2012/1/10)

2012 Internatinal CES:
Microsoft、「Kinect for Windows」を日本ほかで2月1日に発売
Windowsを音声やジェスチャーで操作できるようにする「Kinect for Windows」が、日本でも2月1日に発売される。(2012/1/10)

D89クリップ(31):
500作品が競った「Mashup Awards 7」表彰式
Mashup Awards 7表彰式から、500以上の応募の中から最終プレゼンに残った5作品とおばかアプリ賞を紹介する。グランプリは誰の手に?(2011/12/12)

Microsoft、「Kinect for Windows」に最適化したKinectデバイスを発表
Xbox 360用Kinectセンサーより近距離にある物体を正確に読み取れるようにするなど、PCでの利用に向くようハードウェアとファームウェアに改良を加えた。(2011/11/23)

インテリジェントシステムの実現に向けて:
Windows 8ベースの「Windows Embedded v.Next」を発表
米Microsoftは、組み込み機器向けOS製品群「Windows Embedded」の次世代バージョンに向けたロードマップを公表した。Windows 8ベースで、タッチ、ジェスチャ、スピーチといったNUI(Natural User Interface)テクノロジーも組み込まれるそうだ。(2011/11/14)

Microsoft、商用アプリ向け「Kinect for Windows SDK」を2012年初頭に公開
Xbox 360のモーションコントローラーをWindowsで利用できるようにするための開発キットで、商用アプリを作成できるようになる。パイロットプログラムにはトヨタや広告企業のRazorfishが参加している。(2011/11/1)

連載:Kinect for Windows SDK(ベータ版)開発入門:
第3回 Kinect for Windows SDKで録音/音源の位置特定/音声認識
サンプル・プログラムから基本的なAPIの使い方を学ぼう。これだけ学べば基本的なKinectアプリが開発できる。最終回。(2011/10/4)

連載:Kinect for Windows SDK(ベータ版)開発入門:
第2回 Kinect for Windows SDKでカメラ映像/深度情報/骨格情報の取得
C#のプログラムでKinectセンサーを制御しよう! SDKの基本的な使い方を、サンプル・プログラムを通して理解する。(2011/9/9)

特集・NUIアプリケーション開発を始めよう!:
Kinect for Windows SDKによるアプリ開発のポイント
「Intel Software Developer Day 2011」のビジュアル・コンピューティング 技術開発トラックの中で披露された、日本マイクロソフトの講演内容を基に、「Kinect for Windows SDK」のβ版を用いたアプリケーション開発の概要を多数のデモ動画を交えて紹介する!!(2011/8/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。