ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術」最新記事一覧

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オフタイム編】結婚式スピーチのフレームワークを押さえよう
結婚式のスピーチで何を話すか。失敗しないように、基本的な構成を押さえておきましょう。必要なポイントはほぼ3つに集約できるのです。(2014/2/20)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オフタイム編】結婚式のスピーチで気をつける3つのポイント
結婚式のスピーチを頼まれると“失敗できない”というプレッシャーから緊張してしまう人も多いはず。当日、緊張せずに素敵な言葉を贈るためにも、普段のプレゼンと同じようなステップで準備をすることが大事です。(2014/1/23)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】“所信表明プレゼン”で1年の目標を整理しよう
年が明け、気持ちも新たになるこの季節、所信表明のプレゼンテーションをしてみてはいかがでしょう。自分自身が1年をどのように過ごすか、行動指針やテーマを設定すると周囲からの評価が上がるかもしれません。(2014/1/9)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】“ストーリー”と“ゴール”が決まればプレゼンは成功する
プレゼンをする、となったときにすぐに資料を作り始める人もいますが、資料を作る前に入念な準備をしておくことが成功のカギ。プレゼンの“ゴール”と“ストーリー”を設定し、共有しておきましょう。(2013/12/12)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】プレゼン中はどこを見て話せばいいの?
プレゼン中に見るべき場所は「聞き手」。その場にいる聞き手全員とコミュニケーションをとるつもりで話すのが大事です。でも聞き手が大人数だったら――そんな場合の対処法もご紹介します。(2013/11/28)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】話し上手な人は、言葉の“語尾”に気をつける
話し上手に必要なのは、語尾のコントロール。感じがよい、話が分かりやすいと言われる人が実践していることとは? よくある「落とし穴」と対策をご紹介しましょう。(2013/11/14)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オフタイム編】言い方次第で人間関係が壊れることも――クレームの正しい伝え方
日常生活を送る中では時として、腹が立たないまでも、相手にクレームをつけたくなる気持ちが出てくる場合もあります。今回は、こうした場合の効果的な伝え方を考えます。(2013/10/25)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】これさえ知っておけばOK。伝えたいことがうまく伝わる話法とは?
伝えたいのに、うまくポイントが伝わらない」――。仕事でこんな経験をしたことはありませんか? そんなときには、考えを整理して伝えるためのテクニック「PREP法」を使ってみましょう。(2013/10/7)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オフタイム編】通勤時間を使ってプレゼン上手になる!
プレゼン、上手くなりたい! でも、練習している時間がない……。今回は、そんなビジネスパーソンのために、通勤時間にできるプレゼンテク向上術をご紹介します。(2013/8/23)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】プレゼンの自己紹介とスムーズな本筋への入り方
ビジネスプレゼンでは自己紹介が付きもの。相手が安心してプレゼン内容に集中できるためには、「プレゼンとのかかわり」「プレゼン内容への専門性の高さ」「誠実な人柄」の3点を把握しておく必要があります。(2013/8/5)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オフタイム編】合コンの自己紹介をイイ感じで切り抜けたい――会話が弾む自己アピールのコツ
合コンの自己紹介は、自分の人となりをアピールする最初のチャンス。自己アピールが苦手な人でも、ちょっとしたコツを知っておけば相手に伝わる自己紹介ができるものです。(2013/7/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。