ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「田中淳子の人間関係に効く“サプリ”」最新記事一覧

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
“いい人”になれなくていい、“スキル”があればコミュニケーションはうまくいく
人とうまくコミュニケーションをするためには、性格がよくなければ、人格者であるべき、などと言われることもあるが、もっと簡単な改善方法がある。スキルを身につけ使ってみれば、おどろくほどコミュニケーションがうまくいくようになる。(2014/4/24)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新入社員と仲良くするコツ――生々しい失敗談を率先して披露する
自分たちとは世代も考え方も異なる新入社員たち。彼らの心にすっと入り込み、良好なコミュニケーションをはかるためのコツをご紹介しよう。(2014/4/10)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
たった2分でその場の空気があたたまる方法――会議やプレゼンでお試しあれ
話し手も聴き手も緊張していて、その場の空気が張り詰めているのなら、空気を和ませる話を仕掛けたほうがいい。場の空気がふっとゆるむ、アイスブレークネタをご紹介しよう。(2014/3/27)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「できれば部下に嫌われたくないなあ」という人にオススメの叱り方
新人や後輩を叱ったり注意したりするのは、勇気が要ることだ。しかし「本人のため」を思い、「今、言うべきこと」を伝えたら、その言葉は相手に響くはずだ。(2014/3/13)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
部下にうまく指示が伝わらない? 特効薬は“あいまいさの排除”
思っていることが部下に伝わらない……。そう思ったらまずは、会話の中に“あいまいさ”がないかを疑うといい。伝えるときは“具体的に表現”し、聴くときには“あいまいさを排除”することで改善されるはずだ。(2014/2/27)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
相手が「動いてくれない」と思ったら、自分の“ここ”を変えてみる
人が思ったように動いてくれないとき、私たちはそれが相手の考えや能力のせいだと思ってしまいがち。でも、ここで反省すべきなのは……。(2014/2/13)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
仕事に迷いが生まれたら――自分のモチベーションを回復する2つのアプローチ
1年の目標を立てて行動するのは良いことだが、目標を立てるのが苦手な人もいる。大事なのは目標を立てることではなく、迷いが生まれたときに前に進む力を持つことだ。それには2つの方法がある。(2014/1/30)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
このひと言で仕事が円滑に――気持ちよく働くための“ありがとう”
仕事が忙しくなると、つい、依頼と完了報告の繰り返しになってしまいがちだが、これでは現場が殺伐としてしまう。次の仕事を頼む前に、ちょっと付け加えるだけで部下が意欲的に取り組んでくれるひと言がある。(2014/1/16)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
聞き手のテクニックで一変! ――部下を“説明上手”に変えるトーク術
部下の考えをもっと聞きだしたいのに、あっさりした会話で終わってしまう――。こんな時、ちょっとした会話のテクニックを使うことで、部下がうまく説明できるよう導くことができる。(2013/12/19)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
上司がやる気を分かってくれない――そんな部下との“食い違い”解決法
上司は部下に「もっと主体的に動いてほしい」と思っており、部下は「主体的に動きたいのに上司がそれを阻害している」と思っている――。こんな不幸な職場の誤解を解決するには……。(2013/12/5)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
いつまでたっても平行線――そんな議論をすっきりまとめる会議術
いくら議論をつくしても話がかみ合わず、まとまらない――こんな経験はないだろうか。そんなときに有効なのは、“話の見える化”。図式化することで理解が深まり、合意の糸口が見えてくる。(2013/11/21)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
“ホウレンソウしない部下”が変わる、上司のこんなひと言
部下がホウレンソウをしない、遅い――というのは、上司の永遠の課題だが、嘆いていても何も変わらない。部下が進んでホウレンソウしたくなる雰囲気作りに役立つ上司のひと言とは。(2013/11/7)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「言っても無駄」では、何も変わらない――話す相手を間違えていませんか
職場でよく聞く「言っても無駄だし」「言っても何も変わらないし」――。でも、こうしたケースではときどき、言う相手を間違っていることがある。正しい相手に正しく伝えなければ、変わらないのは当然だ。(2013/10/31)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
挨拶しながら“誰だっけ……”、こんな時の対処法
ニコニコしながら歩み寄ってきた相手から「久しぶりですね!」と話しかけられたものの、どこで会った誰なのか思い出せない……。こんな時の対処法をご紹介しよう。(2013/10/24)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
その役割、いったん脱ぎ捨ててみませんか――重い心を軽くする「着ぐるみ理論」
仕事でトラブルに見舞われたとき、例えそれが収束しても、いつまでも頭から離れないことがある。そんなときに役立つのが「着ぐるみ理論」。気持ちの切り替えに役立つこと請け合いだ。(2013/10/17)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
つい調べたくなる新メンバーの人となり、人づてに聴くとこんなリスクが
チームに新しい上司がやってくるとき、新メンバーが加わるときには、その人となりを知りたくなるのが人情だ。しかし、事前情報を仕入れすぎると、本来のその人の個性を無視した扱いをすることになりかねないので注意が必要だ。(2013/10/10)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
聞けばモチベーションが上がる――仕事のフィードバックを求めてみよう
自分の仕事はほかの人のどんな役に立ったのか――それを知る機会は案外、少ないもの。自分から積極的に仕事のフィードバックを求めると、それが自信につながっていく。(2013/10/3)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
コミュニケーションが上手くいかない? 笑顔が“真顔”になっていませんか
部下とコミュニケーションする上で大事な“笑顔”。部下が報告や相談をしやすい雰囲気を作るためにも、“ほのかな笑顔”を絶やさないように心がけたいものだ。(2013/9/26)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
挨拶しても返事なし、それでもめげずに続けることに意味がある
あいさつは職場の活性化に欠かせないものだが、相手があいさつを返してくれないのでは明るいムードも台無しになる。しかし、ここでめげずにあいさつを続けると、不思議と周りが変わってくるのだ。(2013/9/19)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「社外交流」は迷ったときの良薬――思わぬヒントが得られることも
自身の役割が大きく変化したとき、迷いが生じたときなどには、社外の人との交流が助けになることがある。異なる視点からのアドバイスが解決の糸口になることも多い。(2013/9/12)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「やらされ感」は気持ちの毒――「しなければ」を「やってしまおう」に言いかえてみる
仕事をしていると、ついつい義務感にとらわれてしまうもの。「しなければ」を、前向きな言葉に言いかえると、気持ちが前向きになり、行動にも弾みがつく。(2013/9/5)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
効果を最大化する“褒め方”の極意
せっかく部下の仕事を褒めたのに、ポイントをはずして気まずい思いをしたことはないだろうか。今回は、こうした気まずさを避け、効果が最大化する“褒め方”のコツをご紹介しよう。(2013/8/29)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
すぐ言い訳から話を始める部下がいる――そんな上司への処方せん
質問すると、その直接の答えではなく、遠回りして状況を語り始める――。こんな部下がいる場合、相手を責めるのではなく、言い出しにくい雰囲気になっていないかを振り返ることが重要だ。(2013/8/22)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新たなビジネスチャンスを呼び込む魔法の言葉――「他に何かありますか?」
打ち合わせが終わったあと、付け加えるといいひと言がある。「他に何かありますか?」は、新たな仕事を呼び込む可能性を秘めた侮れない問いかけだ。(2013/8/8)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
クールビズ、事前に「カジュアルでお越しください」と伝える気遣い
企業におけるクールビズはすっかり定着した感がある。ビルの入り口などにクールビズの断り書きを見掛けることが多い。ただ、もう少し工夫があってもいいのになあ、とよく思う。(2013/8/1)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
ちょっとの工夫でぐっと伝わりやすく――誤解を生まず、要件がすんなり伝わるメール作成術
最後まで読まないと要件が分からない、相対的な日付で“いつ”の予定なのか分からない――。こんなメールは社会人としてNG。今回は、相手がすんなり読み進められるメールの作成術をご紹介しよう。(2013/7/25)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
相手の愚痴がピタリと止み、気持ちが切り替わるこんなひと言
部下や同僚の愚痴がやまない……。こんな時、アドバイスをしたり、お説教したりするのは逆効果。有効なのは、こんなひと言だ。(2013/7/18)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「なぜ?」「どうして?」と問い詰める前に一呼吸、“こうしてほしい”と素直に伝えてみよう
部下に期待していることをストレートに伝えればいいだけの時でも、大げさにいったり、相手を責めるような表現を使ってしまうことはないだろうか。気持ちが伝わる言い方の一工夫をご紹介しよう。(2013/7/11)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
ついうっかり「すみません」を連発していませんか? 感謝の言葉に置き換えよう
気遣いをする人ほど、会話の中で「すみません」を連発してしまいがちだが、これでは相手を困らせてしまう。感謝の言葉やお礼の言葉に置き換えるよう意識してみよう。(2013/7/4)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
部下を“その気にさせる”トーク術
部下に仕事を頼むとき、どうせなら気持ちよく、やる気になって引き受けてもらいたいもの。ちょっとした一工夫で、部下のやる気を引き出す頼み方ができる。(2013/6/27)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
部下がミスの報告を恐れなくなる、上司のこんなひと言
部下が仕事でミスを犯した場合、上司としては早く報告してほしいと思うもの。そのためにも、ミスを報告しやすい環境をつくっておくといいだろう。そんな雰囲気作りに役立つ上司のひと言とは。(2013/6/20)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
なかなかできない「本音トーク」は移動時間に
部下や同僚、先輩と一緒の移動時間は「本音トーク」をするチャンス。オフィスではなかなか聞けない将来のビジョンや仕事への思いなどを話してみてはいかがだろう。(2013/6/13)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新入社員の前で“ネガティブ発言”――絶対に言ってはいけない
「職場で新入社員が配属されたけど、どう接したらいいんだろう」と戸惑っている人もいるだろう。今回は、新入社員の前では“言ってはいけないこと”を紹介しよう。(2013/6/6)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新入社員に「うれしかった!」と感じてもらえる、すごく簡単な方法
新入社員が現場に配属されるシーズンだが、彼らはどんなことに喜びを感じているのだろうか。周囲の先輩たちがちょっと声をかけるだけで……。(2013/5/30)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
慣れない相手でも会話を弾ませる、3つの質問
商談や打ち合わせの時、多くの人はいきなり本題に入らないようにしているのでは。ただ初対面やさほど親しくない関係の場合、話の糸口が見つからずに苦労することがある。そんな時にオススメする、3つの質問を紹介しよう。(2013/5/24)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
「会社が決めたことだから」と言ってませんか? 自分の言葉で語ることが大切
「ウエが決めたころだから、我慢してくれ」――このようなことを言う上司がいる。実際に「ウエが決めたこと」なのかもしれないが、上司というのは自分の言葉で説明する“責任”があるのではないだろうか。(2013/5/16)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
社内で“ため息”をつく人がいて、困っている……止めさせる方法を紹介
社内で、頻繁にため息をつく人はいないだろうか。その人が上司や先輩だと、なかなか指摘しにくいもの。それでも気になる人は、ある方法を試してみてはいかがだろうか。その方法とは……。(2013/5/9)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
自分の席でどーんと座っていてはダメ――“社内回遊”のススメ
「部下から話かけてもらいたいのに、なかなか来てくれない」――そんな悩みを抱えている人もいるだろう。では、どうすれば、この問題が解決されるのか。まずは社内を歩き回ることから始めてみよう。(2013/5/2)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
部下やメンバーが気持ちよく発言する方法――簡単なので、お試しあれ
会議などの席で、部下があまり発言しない――。そんな悩みを抱えている上司も多いのでは。どうすれば部下は積極的に発言してくれるのだろうか。簡単な方法を紹介しよう。(2013/4/25)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
悩みを相談されることに困っている――そんな人にオススメの方法
「会社の同僚から仕事のことを相談されが、どう答えたらいいのか分からない」という人もいるだろう。そんな人は、まず「聞く」ことから始めてみてはいかがだろうか。(2013/4/18)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
仕事のやる気を高めるには、どうすればいいの――捉え方で変わる方法
「モチベーションがなかなか上がらない」といった悩みを抱えているビジネスパーソンも多いだろう。そんなとき、どうすればやる気が出てくるのか。簡単な方法をご紹介しよう。(2013/4/11)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
あいさつがない職場で、あいさつをする&させる方法
「ウチの職場ではあいさつがなくて、雰囲気が暗いよ」という人もいるだろう。そんな職場で、自分だけあいさつするのは勇気がいるもの。でも、ちょっとした工夫で、みんながあいさつを始める方法を紹介しよう。(2013/4/4)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
社内で「ありがとう」と言ってますか? 5文字の効果を試してみよう
「社内で『ありがとう』という感謝の言葉がない」――。人は褒められたり、感謝されたりするだけで、モチベーションがアップするのに、なぜこの5文字を言わないのか。(2013/3/28)

新連載・田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
社内の人間関係に悩んでいる…… “餌付け”作戦を試してみよう
「社内の人間関係に困っていて……」という人も多いだろう。職場で気軽に会話をするには、どのようにすればいいのか。筆者がオススメするのは、名付けて「“餌付け”作戦」だ。(2013/3/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。