ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「言語解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「言語解析」に関する情報が集まったページです。

音声操作で位置検索や遠隔端末ロック――「TONE」がGoogle Home対応へ 2018年内めど
トーンモバイルのMVNOサービス「TONE」に付帯するサービスが、Google Homeに対応する。提供に向けた最大のハードルであった「音声認証」の問題に解決のめどが付いたためだという。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
人工知能がボケてツッコむ「AI芸人」 NTTレゾナントが開発
NTTレゾナントが、LINEのトーク上でボケてツッコむAI(人工知能)を開発した。ユーザーとの自然な会話ができるゲームキャラクターの作成などに応用する考え。(2018/9/20)

ディープラーニング活用事例:
液浸スパコン「kukai」を使って、Yahoo!知恵袋の“クソリプ”を検出してみた
液浸冷却型のスーパーコンピュータ「kukai」を開発し、ディープラーニングのビジネス活用を進めるヤフー。最近では、Yahoo!知恵袋における不適切な質問や回答を自動検出するのに大きな成果を上げたという。(2018/9/20)

ECショップの日々の業務を短期間で自動化:
RPAを活用した「EC業務支援パッケージ」、ブレインパッドとRPAテクノロジーズが発表
ブレインパッドとRPAテクノロジーズは、RPAによるEC業務支援パッケージプランを発表した。(2018/9/14)

先駆者として伝えたいこと
リクルート流 深層学習でビジネス成果を得るための方法論
深層学習をどうやってビジネスの現場に適用させればいいのか。先駆者に学ぶ。(2018/9/12)

210万語超の日本語辞書を利用:
日本語の自然言語解析APIをNTT Comが提供、対話用AIエンジンの機能を利用
NTTコミュニケーションズは、日本語の自然言語解析API「Communication Engine “COTOHA API”」の提供を開始した。構文解析、固有表現抽出、キーワード抽出、類似度算出、文タイプ判定、照応解析、ユーザー属性推定といった機能を、さまざまなサービスに組み込むことができる。(2018/9/6)

日本語の意味を考慮して検索:
人工知能を使った全文検索システム、住友電工情報システムが発売
住友電工情報システムは、日本語の意味を踏まえて検索できる全文検索システムを発売する。人工知能を活用して構文解析と意味解析を行い、単語の係り受けや、肯定/否定表現、動詞の同義語を考慮した上で検索できるという。(2018/9/3)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情報部門は一番の“業務コンサル”であれ――コーセー 情報統括部長 小椋敦子氏
会社全体の業務の流れを把握できる情報部門は“業務コンサル”であるべきと語るコーセー 情報統括部長 小椋敦子氏。女性ならではの視点で斬る、AIやRPAとの向き合い方や、女性情シス部長・CIOを育てるコツとは?(2018/8/24)

医療機器ニュース:
放射線科の検査報告書をAIが読む、入院や手術、他科への診察依頼など助言
慶應義塾大学は、富士通と共同で診療支援のためのAI技術を開発した。医師の所見に機械学習を適用して、入院や手術、他科への依頼などの対応が必要な症例や治療の優先度を分類する技術だ。(2018/8/21)

異なるテキストデータや業務要件に合わせた柔軟な分類を実現:
AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解析サービスを開始した。(2018/8/14)

今日のリサーチ:
映画『カメラを止めるな!』大ヒットの理由をSNSデータから分析――スパイスボックス調べ
スパイスボックスは、SNSデータを起点にこの夏予想外の大ヒットを飛ばしている話題の映画『カメラを止めるな!』のヒット理由を調査・分析しています。(2018/8/13)

最新版では修正済み
「iOS 11」のApple純正カメラアプリで見つかった脆弱性 悪用例と対策を解説
「iOS 11」のカメラアプリに脆弱性が見つかった。最新版では修正済みであるこの脆弱性は、どのように悪用される可能性があるのか。どうすれば問題を回避できるのか。(2018/8/8)

Google、サポートセンター向け「Contact Center AI」、Duplexと共通技術採用
Googleが、サポートセンター向けのAIサービス「Contact Center AI」を発表した。掛かってくる電話にまず「Virtual Agent」が対応し、対応しきれない場合のみ人間の担当者に対応履歴を付けて転送する。(2018/7/25)

Google Cloud Next ’18:
Google、Cloud AutoMLでテキスト分析と翻訳に対応、認知系AIサービスも強化
Googleは2018年7月24日(米国時間)、年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、GoogleCloud Platform(GCP)における認知系AIサービスの強化を発表した。Cloud AutoMLではテキスト分析と翻訳が追加。また、既存の認知系APIサービスにおける強化も発表された。(2018/7/25)

導入パートナーとしてISIDを選定:
住友ゴム工業がソーシャルメディア分析に「NetBase」を採用
電通国際情報サービス(ISID)は、住友ゴム工業のソーシャルメディア分析システムとして、クラウド型ソーシャルメディア分析ツール「NetBase」を提供し、本格稼働を開始したことを発表した。(2018/7/20)

音声合成は「落語」で人を笑わせられるのか?
国立情報学研究所(NII)のイベントで、伝統話芸の落語を音声合成で再現する研究の成果が展示された。落語独特のしゃべり方をコンピュータで再現するにはまだ課題も多いという。(2018/6/26)

AI時代に生き残る人たち 私たちは“AI人材”を目指すべきなのか
最近よく聞く「AI人材」とは何なのか。政府も企業も世界で戦えるAI人材育成に力を入れている。(2018/6/21)

今日のリサーチ:
2018年AKB選抜総選挙をビッグデータで予測、「さしこ」「まゆゆ」不在でセンターの行方は?――ルグラン
ルグランが「データで予測するAKB48選抜総選挙」の2018年版の結果を公表しています。(2018/6/11)

みずほFGら、顧客向けAI活用のラボ「OPEN AI LAB TOKYO」開設 簡単操作の機械学習ツールで実践的に学習
みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)、Blue Lab、グルーヴノーツは、顧客企業向けに、事業へのAI活用を学べる場として「OPEN AI LAB TOKYO」を開設。専門知識不要の機械学習ツール「MAGELLAN BLOCKS」を使った実践的な学習や、業種・業界の垣根を越えた共創の場を提供する。(2018/6/11)

32ビットアプリはmacOS Mojaveでおしまい
AppleがWWDC 2018セッション「2018 Platforms State of the Union」を公開した。(2018/6/5)

AI、RPA、Slackなどに注力
DeNAのIT戦略:事業のエンジンとしてAIを強化、自動運転や医療分野で実績も
AIへの取り組みを強化しているDeNAは、破壊の時代をどう生き残っていくのか。AIとインターネットを中核に、多様な事業を構築する「事業化能力」を強みとし、あらゆる事業領域でパートナーとの共創を加速させていく。(2018/5/29)

2022年には2947億5400万円に達する予測:
2017年の市場規模は2016年のほぼ倍――IDC Japanが今後の「国内コグニティブ/AIシステム」の市場規模を予測
IDC Japanは、「国内コグニティブ/AIシステム」の市場規模について、2017年の分析と2018〜2022年の予測を発表した。2017年の市場規模は、前年比倍増の274億7600万円。2022年には2947億5400万円に達すると予測する。(2018/5/15)

特集・音声言語インタフェース最前線:
音声合成はアナウンサーや声優の仕事を奪うのか?
「AIアナウンサー」など、コンピュータが人間の代わりに音声の読み上げを務める機会が増えている。音声合成はどこまで人間のようにしゃべることができるのか。(2018/5/11)

特集・音声言語インタフェース最前線:
“ほんやくコンニャク”の実現はいつ? 音声認識・翻訳技術は「言語」の壁を取り払うか
未来のひみつ道具を実現する最新テクノロジー。(2018/4/20)

RPAの次のステージへ:
定型業務を対話とAIで自動化――DTCが「Robotics & Cognitive Automation」サービスを提供開始
デロイト トーマツ コンサルティングは、「Robotics & Cognitive Automation」サービスの提供を開始する。NTTコミュニケーションズの自然言語解析AIエンジンを利用しており、会話だけで定型業務を自動化できる。(2018/4/16)

専門家が解説:
若手には新鮮 「社歌」はなぜ盛り上がっているのか
日本の企業文化として根付いてきた「社歌」。制作の狙いやプロセスは大きく変わっている。多くの社歌を取材してきたジャーナリストの弓狩匡純氏に、最新トレンドや効果的な取り組み方について聞いた。(2018/3/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10で機械学習ライブラリを実行するための「Windows ML」とは何か
クラウドだけでなく、PCやスマートフォンなどを含むエッジデバイスの世界においても、機械学習ライブラリを使った処理高速化の活用が進みつつある。そんな中、Microsoftが発表した学習済みの機械学習ライブラリをWindows上で動作させるための仕組み「Windows ML(Machine Learning)」の情報を整理する。(2018/3/27)

会話に欠けた言葉をAIが補足:
推論や表現の意味解析で「人間的」な会話を実現――電通が日本語AIチャットbot「Kiku-Hana」発表
電通は、AIを応用した自然対話サービス「Kiku-Hana」を発表した。会話中の言葉を補ったり、推論したりする機能などによって、従来のAIチャットbotサービスよりも精度の高いコミュニケーションを実現するという。(2018/3/23)

ハイパースケールプロバイダー各社が火花
AWS、Microsoft、Google、IBMがのめり込むクラウドAI、勝利の作戦は?
クラウドプロバイダー各社は人工知能(AI)クラウドサービス分野でしのぎを削っており、データサイエンティストや開発者がモデルをトレーニングするための環境として自社のプラットフォームを売り込んでいる。(2018/3/9)

AI活用でSNSやブログから“市民の声”を抽出――NTTデータとSocial Coin、地域理解ソリューションの開発で協業
NTTデータとスペインのスタートアップ企業Social Coinは、AIを活用した「地域理解ソリューション」を共同開発する。ソーシャルメディアやブログなどから得た“市民の声”をAIで解析し、地域やコミュニティーに潜在する意識やニーズを抽出し、社会課題や地域課題の解決につなげる。(2018/2/26)

チャットbotの問い合わせ応答パターンを自動生成――NTTドコモ、AI対話サービス開発基盤に新機能を追加
NTTドコモは、AIを活用した自然な対話サービス「自然対話エンジン」に、「FAQチャットボット」機能を追加。ヘルプデスクやコールセンターの一次受付用チャットbotなどを開発する際、QAのリストをアップロードするだけで、文章を解析し、大量の応答パターンを自動生成する。(2018/2/5)

個別企業を攻略するための洞察:
B2Bマーケティングエンジン「FORCAS」、「アカウントインサイト」機能を正式提供
ユーザベースグループのFORCASは、B2Bマーケティングエンジン「FORCAS」(フォーカス)において「アカウントインサイト」機能の正式提供を開始した。(2018/1/29)

業務効率化と新たな顧客価値創造
「LINE」やAIも活用、オムニチャネル攻略のために今すべきことは?
企業と消費者とを結ぶ「接点」が複雑化しつつある。これは課題であると同時にチャンスでもある。業務を効率化しつつ、新たな顧客価値を創造するために企業は今何をすべきか。(2018/1/30)

製造ITニュース:
国内AIシステム市場は2021年には2501億に、自動顧客サービスなどで成長
IDC Japanは、「国内コグニティブ/AIシステム市場」を調査し、2016年の市場分析と2021年までの市場予測を発表した。今後、金融などでの詐欺検出や分析、全業種での自動顧客サービスなどでAI適用が進むと予測する。(2017/12/5)

数千万行のソースコード検索を1秒以内に実施:
SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」をオープンソースソフトウェアとして無償公開
創立50周年を迎えるSRAは、同社が開発したソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、2017年12月1日に無償で公開する。(2017/11/30)

IDC Japan AIシステム市場予測:
製造業のAI利用は「品質管理」から、教師データ構築が課題に
製造業からの関心も高いAIシステムだが、日本国内においてはホワイトカラー向けデジタルアシスタント、製造業向け品質管理といった用途に向けた市場が形成されつつある。成長率は高く、2021年には2500億円を超える市場規模に。IDC Japan調べ。(2017/11/28)

「今後はすさまじい伸び」 国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込み──IDC調べ
IDC Japanが、国内のAI(人工知能)市場予測を発表。2021年には2501億900万円まで成長する見込みという。(2017/11/15)

東京モーターショー2017:
ドライバー癒す おしゃべりするAI搭載“フクロウ型ロボット”
「老若男女に愛されるように」と開発されたAI搭載の“フクロウ型ロボット”をカーナビの上に置いて使うデモンストレーションが実施された。(2017/10/25)

App Town ライフスタイル:
会話をテキスト化する「UDトーク」、話者の感情認識が可能に
スワローインキュベートは、会話/スピーチをリアルタイムにテキスト化し、聴覚障害者や外国人との会話の見える化を行うアプリ「UDトーク」に感情認識SDKを提供。感情を可視化し、相互理解をより深める。(2017/10/24)

「日本は機械学習パラダイス」 その理由は著作権法にあり
「日本は機械学習パラダイス」とも言われている。その理由は日本の著作権法にある。(2017/10/10)

Weekly Memo:
NTT Comのサービス戦略にみるクラウドビジネスの変化
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のイベントで同社のサービス戦略について話を聞く機会があった。クラウドがテーマと思いきや、重点の取り組みにその言葉はない。どうやらビジネスそのものが変わりつつあるようだ。(2017/10/10)

答えられなかった質問はスタッフに確認――自ら“成長”する音声対話AI 日立が開発
日立製作所(日立)は、答えられなかった質問を職員に確認して自発的に“成長”する「音声対話AI技術」を開発した。(2017/9/29)

番組×ソーシャル連動施策を支援:
Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャルメディア分析により番組視聴者のペルソナを可視化する新機能を提供した。(2017/9/22)

Google、「Cloud Natural Language API」に自動カテゴリ分けとエンティティ感情分析機能
Googleの本語対応の自然言語API「Cloud Natural Language API」に、テキストを70以上のカテゴリに自動分類する機能と、特定エンティティ(固有名詞)についての感情分析機能が追加された。(2017/9/20)

不要語が多くなる音声検索をサポート:
NTTレゾナント、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」に新機能「不要語の除外」を搭載
NTTレゾナントは日、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」において、新機能「不要語の除外」を提供すると発表した。(2017/9/15)

AI関連事業を日本で展開する企業をリストアップ:
「AI業界マップ2017年夏最新版」、ディップが公開
求人情報大手のディップが、AI関連技術を開発し、その機能やサービスを日本で提供する企業をまとめた「人工知能業界マップ 2017年夏最新版」を公開した。(2017/9/6)

北陸銀行が“テキスト解析AI”で営業記録を分析、顧客フォローへの活用を検証
AIで営業記録を分析し、フォローを要する案件などを的確に抽出する実証実験を北陸銀行が開始。解析結果の妥当性や、実業務への適合性を検証する。(2017/9/1)

認識系API活用入門(終):
学習させることで、どんどん賢くなっていくLUISをbotサービスで活用するには
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。最終回となる今回は、LUIS(Language Understanding Intelligent Service)とMicrosoft Bot Frameworkを組み合わせてbotサービスを作成します。(2017/8/22)

隅田川花火大会、AIがSNS投稿を監視 警備に活用
「第40回 隅田川花火大会」では、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を監視。会場周辺の事故などの情報をリアルタイムで抽出し、警備に役立てるという。(2017/7/21)

NTTドコモ、ディープラーニングでAI開発を効率化する基盤を実用化
NTTドコモが、複数台の開発サーバを自動で一括管理、制御し、短期間で精度の高いAI開発ができる基盤を実用化。法人向けAI開発サービスを加速する。(2017/7/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。