ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「言語解析」最新記事一覧

製造ITニュース:
国内AIシステム市場は2021年には2501億に、自動顧客サービスなどで成長
IDC Japanは、「国内コグニティブ/AIシステム市場」を調査し、2016年の市場分析と2021年までの市場予測を発表した。今後、金融などでの詐欺検出や分析、全業種での自動顧客サービスなどでAI適用が進むと予測する。(2017/12/5)

数千万行のソースコード検索を1秒以内に実施:
SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」をオープンソースソフトウェアとして無償公開
創立50周年を迎えるSRAは、同社が開発したソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、2017年12月1日に無償で公開する。(2017/11/30)

IDC Japan AIシステム市場予測:
製造業のAI利用は「品質管理」から、教師データ構築が課題に
製造業からの関心も高いAIシステムだが、日本国内においてはホワイトカラー向けデジタルアシスタント、製造業向け品質管理といった用途に向けた市場が形成されつつある。成長率は高く、2021年には2500億円を超える市場規模に。IDC Japan調べ。(2017/11/28)

「今後はすさまじい伸び」 国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込み──IDC調べ
IDC Japanが、国内のAI(人工知能)市場予測を発表。2021年には2501億900万円まで成長する見込みという。(2017/11/15)

東京モーターショー2017:
ドライバー癒す おしゃべりするAI搭載“フクロウ型ロボット”
「老若男女に愛されるように」と開発されたAI搭載の“フクロウ型ロボット”をカーナビの上に置いて使うデモンストレーションが実施された。(2017/10/25)

App Town ライフスタイル:
会話をテキスト化する「UDトーク」、話者の感情認識が可能に
スワローインキュベートは、会話/スピーチをリアルタイムにテキスト化し、聴覚障害者や外国人との会話の見える化を行うアプリ「UDトーク」に感情認識SDKを提供。感情を可視化し、相互理解をより深める。(2017/10/24)

「日本は機械学習パラダイス」 その理由は著作権法にあり
「日本は機械学習パラダイス」とも言われている。その理由は日本の著作権法にある。(2017/10/10)

Weekly Memo:
NTT Comのサービス戦略にみるクラウドビジネスの変化
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のイベントで同社のサービス戦略について話を聞く機会があった。クラウドがテーマと思いきや、重点の取り組みにその言葉はない。どうやらビジネスそのものが変わりつつあるようだ。(2017/10/10)

答えられなかった質問はスタッフに確認――自ら“成長”する音声対話AI 日立が開発
日立製作所(日立)は、答えられなかった質問を職員に確認して自発的に“成長”する「音声対話AI技術」を開発した。(2017/9/29)

番組×ソーシャル連動施策を支援:
Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャルメディア分析により番組視聴者のペルソナを可視化する新機能を提供した。(2017/9/22)

Google、「Cloud Natural Language API」に自動カテゴリ分けとエンティティ感情分析機能
Googleの本語対応の自然言語API「Cloud Natural Language API」に、テキストを70以上のカテゴリに自動分類する機能と、特定エンティティ(固有名詞)についての感情分析機能が追加された。(2017/9/20)

不要語が多くなる音声検索をサポート:
NTTレゾナント、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」に新機能「不要語の除外」を搭載
NTTレゾナントは日、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」において、新機能「不要語の除外」を提供すると発表した。(2017/9/15)

AI関連事業を日本で展開する企業をリストアップ:
「AI業界マップ2017年夏最新版」、ディップが公開
求人情報大手のディップが、AI関連技術を開発し、その機能やサービスを日本で提供する企業をまとめた「人工知能業界マップ 2017年夏最新版」を公開した。(2017/9/6)

北陸銀行が“テキスト解析AI”で営業記録を分析、顧客フォローへの活用を検証
AIで営業記録を分析し、フォローを要する案件などを的確に抽出する実証実験を北陸銀行が開始。解析結果の妥当性や、実業務への適合性を検証する。(2017/9/1)

認識系API活用入門(終):
学習させることで、どんどん賢くなっていくLUISをbotサービスで活用するには
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。最終回となる今回は、LUIS(Language Understanding Intelligent Service)とMicrosoft Bot Frameworkを組み合わせてbotサービスを作成します。(2017/8/22)

隅田川花火大会、AIがSNS投稿を監視 警備に活用
「第40回 隅田川花火大会」では、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を監視。会場周辺の事故などの情報をリアルタイムで抽出し、警備に役立てるという。(2017/7/21)

NTTドコモ、ディープラーニングでAI開発を効率化する基盤を実用化
NTTドコモが、複数台の開発サーバを自動で一括管理、制御し、短期間で精度の高いAI開発ができる基盤を実用化。法人向けAI開発サービスを加速する。(2017/7/19)

ドコモ、AI開発基盤を法人に提供
NTTドコモは、人工知能(AI)の開発を効率化する開発基盤を実用化し、法人向けに提供を始めると発表した。(2017/7/18)

複数ハッシュタグやコメントからもトレンド把握:
ソーシャルリスニングツール「Crimson Hexagon ForSight Platform」がInstagram分析を強化
ブレインパッドは、同社が販売するソーシャルリスニングツール「Crimson Hexagon ForSight Platform」が本格的なInstagram分析に対応したと発表した。(2017/7/10)

プロエンジニアインタビュー(6):
教えて! キラキラお兄さん「インターンで実績は作れますか?」
インターンはエンジニアの「虎の穴」なのか――「Gunosy」の共同創業者 関喜史さんに聞いてみた。(2017/7/10)

週末エンプラこぼれ話:
Nスペで注目の国産AI「KIBIT」、導入するにはいくらかかる?
狭い会場に多くの人が詰めかけた「AI・人工知能 EXPO」。中でも混雑していたのが、人工知能「KIBIT」を展開するFRONTEOのブースだった。NHKスペシャルで取り上げられたことで、問い合わせが増えているという。(2017/7/7)

広告商品とより親和性の高いインフルエンサーを抽出:
THECOO、「iCON Suite」にインフルエンサーとフォロワー双方の興味関心データを提供
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」において「インフルエンサー及びフォロワーの興味関心データ」を提供開始する。(2017/6/27)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンが「流行らなくていい」理由 マストドン会議3レポート その2
マストドン会議3、UEI清水亮社長のパートだ。(2017/6/11)

マストドンつまみ食い日記:
オイゲン・ロチコさんの考えは伝わったか Interop Tokyo 2017 「マストドン」ブリーフィング
オイゲンさんのファミリーネームは「ロッコ」ではなく「ロチコ」と読むそうだ。(2017/6/9)

2.2億PV/5000万UUのメディア・コンテンツ群データを活用:
小学館が独自DMPを開発、コンテンツマーケティングの支援業務を開始
小学館は、独自のデータマーケティング基盤「コトバDMP」を開発。自社のメディア・コンテンツから得られる興味関心データを活用し、コンテンツマーケティングの支援業務を開始する。(2017/6/9)

データ量やアプローチに注目
深層学習と機械学習の違いとは? 実例で分かるその活用
深層学習は従来の機械学習と似ているが、モデル構造と出力の点で大きく異なる。専門家が解説する。(2017/5/31)

特集: Build 2017:
マイクロソフトが考えるコンピューティングの未来とは
2017年5月に開催されたマイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2017」で、コンピューティングの将来像をどのように提示したかを考察していこう。(2017/5/19)

機械学習活用プロジェクト大解剖(終):
「人間行動」と「検索」の関係に見る、機能改善に本当に必要だったもの
サイト内検索のランキングアルゴリズムに機械学習を活用した事例を通じて、Deep Learningをはじめとした機械学習の強みと限界を探る連載。今回は、Deep Learning以外の手法で検索改善に大きく貢献した事例を基に、「検索改善に本当に必要だったものは何だったのか」を振り返ります。(2017/5/17)

日本人と外国人とでは観光スポットの評価が違う 日本の観光地に寄せられた口コミを分析
口コミ数は増加傾向にあり、外国語については1.5倍。(2017/5/13)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

「Instagram」で獲得した「いいね」「コメント」数の推移を日時で可視化:
インフルエンサーマーケティングツールの「iCON Suite」に有償プレミアム版
THECOOはインフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」の有償プレミアム版を提供開始した。(2017/4/14)

IT投資、どうすれば経営陣を説得できる? 日本IBMのCTOに聞いてみた
新聞でもAIやFintechといったキーワードが毎日のように取り上げられている今、ITトレンドに興味を持つ企業の経営者が増えつつある。「何か新しいビジネスができないか」と考える“経営陣”に正しくITを伝える重要性は増しているという。(2017/3/27)

悪質コードのばらまきに悪用される恐れも
「Internet Explorer」の“非常に危険な”脆弱性をGoogleが発見、「Edge」にも影響か
「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」に新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。Googleのセキュリティ調査チームが発見した、この脆弱性が及ぼす影響とは。(2017/3/8)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(3):
657万1727件のツイートをセキュリティ視点で分析してみて分かったこと
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は657万1727件のツイートを分析してみました。(2017/3/6)

自然言語理解機能も応用:
運転者の好みを学習する車載向けAI技術
ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンは、車載インフォテインメント向け人工知能(AI)技術について、記者説明会を開催した。(2017/2/23)

海外78カ国の解析に対応:
NTTデータ、日本の観光スポットの話題量を測定する「Twitterデータ提供サービス」を開始
NTTデータはソーシャルメディアにおける観光スポットの話題量を測定する旅行観光業界、地方自治体向けサービスの提供を開始した。(2017/2/16)

機械学習活用プロジェクト大解剖(1):
「Deep Learningをサービスに導入したい!」人が泣かないために知っておきたいこと
サイト内検索のランキングアルゴリズムに機械学習を活用した事例を通じて、Deep Learningをはじめとした機械学習の強みと限界を探る連載。(2017/2/20)

口コミ分析活用したプロモーションを提供:
ホットリンク、中国人消費者向け情報提供サービス「トレンドPR」を提供開始
ホットリンクは2017年2月7日、同社の子会社であるトレンドExpressが、中国人消費者向けに情報提供を行うプロモーションサービス「トレンドPR」を正式に提供開始すると発表した。(2017/2/7)

合ってるような違うような…… 入力した文章を「いらすとや」の素材でシュールに表現してくれるWebサービス登場
じわじわくる仕上がり。(2017/2/7)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
LUISを使って頭の悪いLINE Botを作ってみよう!
LUIS(自然言語解析サービス)とロケスマWeb(お店発見Webサービス)とGoogle Geocoding APIを使って、ユーザーが探しているお店を教えてくれるLINE Botを作ってみよう!(2017/2/3)

組み込み開発ニュース:
スペイン企業との提携により、要求品質を高めるソフトウェアを提供
SOLIZE Engineeringは、スペインのThe REUSE Company(TRC)と戦略的提携をし、TRCのソフトウェア「RQS」とその関連サービスの提供を開始した。RQSは、システム開発で重要となる要求記述の品質を高めるソフトウェアツール群だ。(2017/2/1)

Dev Basics/Keyword:
LUIS(自然言語解析サービス)
LUISはマイクロソフトが提供する自然言語解析サービス。ユーザーが「何をしたいのか」(インテント)とそれに付随する情報(エンティティ)を取り出せる。(2017/1/31)

エンプラニュースナナメ読み:
話題の「AI」を巡る最新事情
2016年末から2017年の初頭にかけて、「AI」が話題に上ることが多かった。1月2日からラスベガスで開催されたConsuer Electronics Show(CES)での注目ポイントや、最近の米国での動向などから、AIの今を知っておくなら押さえておきたいポイントを解説する。(2017/1/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2017年の年明けから急ピッチで改良が進むWindows 10 次期大型アップデートは今春配信へ
今春に配信予定のWindows 10次期大型アップデート「Creators Update」。Microsoftはその完成度を高めるべく、年明けから開発プレビュー版をハイペースで更新している。(2017/1/15)

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:
Pythonの例外をサクサク理解しよう
Pythonでは構文エラーを含めて、大半のエラーを例外の形で取り扱う。そのための機構であるtry文やraise文などについてサンプル多めで見ていこう。(2017/1/13)

アプリケーション開発に変化も
GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まる
GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。(2017/1/13)

コグニティブ製品を開発するオープンテキスト、「Watson」の半額以下にできる理由
IBMやマイクロソフトが使い、人工知能におけるキーワードの1つになった「コグニティブ」。EIMを手掛けるオープンテキストもソリューションを開発しているという。Watsonよりもはるかに安くソリューションを提供できるとのことだが、その理由とは?(2016/12/16)

TechFactory通信 編集後記:
AIを擬人化するのは(まだ)やめておこう
AI(Artificial Intelligence)は急速に発展していますが、AIに対して「人間的」な挙動や反応を期待するのは(まだ)筋違いなのかもしれません。(2016/12/3)

スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤を用いた「企業向けAIサービス」を開始
富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016/11/30)

PR:テキストの海から意味を持つ言葉を抽出 日本語対応の自然言語解析技術「iKnow Japanese」はここがすごい
インターシステムズが、文章の文字列から意味のあるデータを抽出できる日本語対応の自然言語解析技術「iKnow Japanese」をリリースした。この新技術について、同社のプロダクトマネージャー、ベンジャミン・デ・ボー氏に話を聞いた。(2016/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。