ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ご当地」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ご当地」に関する情報が集まったページです。

池袋・東武百貨店に集結:
懐かしい! 「ご当地パン」約120種類が大集合 “地元の人しか知らない”味に出会う
東武百貨店池袋本店で開催中の「第3回 IKEBUKURO パン祭」(11月14〜20日)で、懐かしい気持ちになる「全国ご当地パン」コーナー。地元のスーパーなどに行かないと出会えない袋パン約120種類が集結している。(2018/11/16)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(53):
マクロ編:「ワーケーション」で新しい働き方を切り開く、和歌山県の戦略
リゾート地でバケーションしながらワークする、そんな働き方はいかが?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。全国のIT先端エリアを紹介する「マクロ編」、第4回は関西のリゾート地「和歌山県」です。(2018/11/1)

「茨城県民の皆様が羨ましい」「戦ってる姿がみたい」 三浦春馬がご当地ヒーロー「イバライガー」に変身!
似合いすぎ!(2018/10/29)

原付のみ、400枚限定:
「しゅうニャン市」こと山口県周南市、ネコデザインの“ご当地ナンバー”交付開始
「しゅうニャン市」を愛称として市のPR活動を展開している山口県周南市が、原付用の“ご当地ナンバー”の交付を開始。ネコがモチーフのデザインを取り入れた点が特徴で、400枚限定で発行する。(2018/9/19)

「東京」「大阪」地名を組み立てると観光名所に変身  ご当地プラモ「ゴトプラ」登場
お土産にたまらないプラモです。(2018/8/14)

マックが「ご当地グルメバーガー」 チキン南蛮バーガーやみそカツバーガーなど
エリア限定バーガー登場。(2018/7/31)

高校球児や日光猿がコアラに! 「コアラのマーチキャラメル」に47都道府県のご当地コアラが大集合
自分の住んでいる都道府県を探したくなる。(2018/7/23)

たこ焼きを添えた飲む「たこ焼きカクテル」が爆誕 コアントローのご当地カクテル企画が生み出す
どう飲むのが正解なんだ……。(2018/6/18)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
地元の技術を集結「完全地産」のお土産――製造業ご当地お土産プロジェクト(長野県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第27回。長野県伊那市の製造業者が連携して、完全地産に取り組んでいる「製造業ご当地お土産プロジェクト」を取り上げる。(2018/6/15)

今日のリサーチ:
「出没!アド街ック天国」放送ご当地の地域別接触率他、スマートテレビ視聴ログから見えること――インテージ
インテージは、スマートテレビの視聴ログデータを活用したサービス「Media Gauge TV」のデータを使い、テレビの「テレビらしい」楽しみ方について考察しています。(2018/6/8)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(44):
マクロ編:もう東京の下請けなんて言わせない――東日本大震災から7年目の「仙台」が目指すグローバル
外資系IT企業が、日本本社をあえて仙台にした理由とは?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編第3回は、IT先端エリアの1つ「仙台」を紹介します。(2018/6/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(43):
石川編:技術書がそろう書店もあるよ――金沢の気候、住宅、交通、補給庫事情
インターネットカフェで、アイスクリームを食べよう!――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第3回は金沢の気候やインターネットカフェの有無など、移住前に知っておきたい生活情報を、Iターン4年目のエンジニアがお伝えします。(2018/5/28)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(42):
石川編:勉強会天国「金沢」のエンジニア交流事情を紹介しよう
「地方は都会に比べて、ITエンジニアが交流できる場所が少ない」「田舎だから技術者の交流ができない」と諦めていませんか?――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第2回は金沢に住むエンジニアの交流事情を、Iターンエンジニアがお届けします。(2018/5/21)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(41):
石川編:「取りあえず、どこかに就職」は危険――金沢のIT企業に就職する際のポイントを、Iターンエンジニアが指南しよう
「石川県で働きたいのに、他地域に出向になった」「入社してみたら開発ではなく営業職だった」――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、石川編第1回は、地方IT業界あるあるを防ぐためのアドバイスや金沢のIT企業インタビューを、Iターンエンジニアがお届けします。(2018/5/15)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(39):
大分編:別府に支社を作ったら、別府も緩やかに変化する――移住と仕事の相乗効果
温泉付き一軒家「フロムーン」で短期移住体験はいかが?――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第3回は、別府の移住支援事情、地方に支社を作ることの意義などをお届けします。(2018/4/16)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(38):
大分編:蛇口をひねれば温泉が!――別府で働くゲームプログラマーのリアルなエンジニアライフ
「ちょっと休憩がてら温泉入ってきます」がリアルに実行可能。そう、別府ならね――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第2回は、ゲームプログラマー兼、fuzz別府支社長の登場です。(2018/4/10)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(37):
大分編:東京のゲーム会社が「別府」で歓迎された理由――温泉Tシャツで知事と握手!
大阪、福岡、札幌のようなメジャーな都市ではなく、名刺交換した相手が「どうしてそんなところに支社を?」と、つい聞いてしまうような地域に支社を作りたかった――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編スタートです。(2018/4/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(36):
マクロ編:IT先進エリア「北九州」が取り組む、IT誘致とラブターン
「東京>地方」はもう古い?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編第2回は、IT先端エリアの1つ「北九州」を紹介します。(2018/3/27)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(35):
マクロ編:ITエンジニアにおすすめの移住先を探せ!
始まりは徳島?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編は、ITエンジニアの移住事情やおすすめのIT先端地域を紹介します。(2018/3/12)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(34):
北海道編:ポロクルでラクラク移動――実は進んでいる札幌のAI、IoT事情
そだねージャパン(五輪カーリング女子)の出身地北海道は、AI、IoT先進地でもありました――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想」。北海道編パート3は、北海道への移住支援や就職、官民一体で取り組んでいる注目IT事業などをお伝えします。(2018/3/5)

大田区、ジャマイカ色のご当地ナンバープレートを交付終了へ
今後は黒を基調としたソリをデザインしたものに。(2018/2/21)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(33):
北海道編:冬場の運転は「エゾ××」に注意!――札幌で働くエンジニアのオンとオフ
オンは通勤20分、オフは車で積丹半島へ――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。北海道編パート2は、IT企業につとめる筆者の1日と北海道の産業動向をお伝えいたします。(2017/12/4)

あなたの地元の味は何? 地域の声を聞いて47都道府県の「ご当地ポテチ」を作るプロジェクト始動
知らない味に出会えそう。(2017/11/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
12万枚突破 JR北海道「わがまちご当地入場券」の懸念
JR北海道で久々に明るい話題だ。沿線の101市町村と連携して制作、販売する切符の売れ行きが好調。額面は170円、12万枚も発行して2040万円の売り上げとなっている。しかし、地域との付き合い方を失敗すると、JR北海道は信頼を失いかねない。(2017/9/15)

メチャクチャおいしそう! サポーターがチームの勝利を祈ってカツ丼を食べる「Jリーグカツ丼部」ハッシュタグ広がる
ご当地カツ丼なども満載のハッシュタグで、見ているだけでよだれが出そう。(2017/9/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
まるで御朱印帳 全国郵便局のご当地印を集める「風景印帳」が旅を楽しくしそう
『生き物好きのための風景印入門』『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』の2冊をご紹介。(2017/8/20)

あなたの地元のお薦めは? 47都道府県のご当地名産品をモンデリーズが調査 「おつまみ編」の1位は……
各地のソウルフードが集まりました。(2017/8/12)

ご当地キャラクター初のミュージアムがオープン 深谷市の「ふっかちゃんミュージアム」に行ってきた
頭に深谷ねぎが生えています。(2017/6/17)

マストドンつまみ食い日記:
「鎖国」から生まれた関西広域連合の行方 脱中央集権(東京)の鍵 マストドン会議4
関西のご当地インスタンス座談会は、「連合」の意味を考え直すよい機会だった。(2017/6/14)

大寒波の雪国でゲームの「ご当地プレイ」をしてみた結果
(2017/3/22)

カルビー、47都道府県のご当地ポテチ発売へ 今夏以降に順次発売
地元は何味になるのか予想する動きも。(2017/3/4)

“プレミア感”がユーザーに人気:
グリコが“ご当地商品”拡充 担当者に聞く
江崎グリコは2月2日に、地元食材を生かした新商品「ご当地お土産ポッキー」を販売する。地域限定商品を強化する理由とは?(2016/12/14)

東海地方だけほぼドアラ!? セブン-イレブンご当地nanacoカードの地方差が激しい
いや、確かにご当地感はあるかもしれないけれど……。(2016/11/17)

スピン経済の歩き方:
ご当地フィギュア「諏訪姫」シリーズが、20万体超のヒットとなった理由
長野県諏訪市公認のご当地萌えキャラ「諏訪姫」が売れている。デビューから4年が経っているのに、いまだに人気があって、フィギュアの販売個数は20万個を突破。全国的にみると、ご当地萌えキャラは苦戦しているのに、なぜ諏訪姫は多くの人から愛されているのか。(2016/11/8)

吉野家で地域限定「ご当地鍋」登場、「博多とんこつ鍋膳」「なごや鶏味噌鍋膳」など5種類 牛すき鍋膳も復活
11月1日10時から。(2016/10/26)

全国のご当地ヒーロー100人以上集結ッッ!「日本ローカルヒーロー祭」が10月開催
北海道から沖縄までヒーロー大集合 元戦隊ヒーローも出演。(2016/9/18)

「ご当地からあげクン」3000個が全国から大集合! チケット瞬殺の「からあげクン祭2016」はやっぱり至福のイベントだった
主催側は「参加者1人につき30個を食べるのがノルマ」と、うれしくもムチャなことを言っています。(2016/9/7)

ローソン、エリア限定の「ご当地からあげクン」を発売 30周年記念で
ローソンは9月6日、「からあげクン」の30周年を記念して「ご当地からあげクン」を各エリアで販売する。(2016/8/29)

時に静岡おでんの黒さよりも腹黒くあれ ご当地ネタで静岡県民に訴えかける「超ドS憲章」がぶっ飛んでる
静岡県を盛り上げようという趣旨なのに、内容がおかしすぎる。(2016/7/20)

Amazonで「ご当地麺総選挙2016」 約170種類のカップ麺・インスタント麺を展開!!
「赤いきつねうどん」の関西向けバージョンも。(2016/7/20)

キリン、ご当地「一番搾り」販売目標を上方修正 7割増に
キリンビールは「47都道府県の一番搾り」の年間販売目標を当初予定の120万ケースから200万ケースに上方修正する。(2016/7/5)

物理フィールドを広げよう:
エンジニアは、もっと自由に働ける――U&Iターンのススメ
地方への移住を検討するITエンジニアに、全国のご当地ITライターがリアルな情報を届けるポータルサイト、それが「@IT式 U&Iターンスタイル」だ。(2016/7/1)

ありがとうネイガー! 秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」が秋田の“熊出没情報マップ”を公開
割りと本当に心強いネイガー。(2016/6/30)

1度は食べたい! 風変わりなご当地土産3選
名前も味も一風変わったご当地土産を紹介します。(2016/5/23)

秋田の新ご当地萌えキャラ「黄桜すい」誕生! 萌えとラップで町おこしに挑戦
一番の目玉は「萌え×ラップ×町おこし」なのです。(2016/5/20)

全国のご当地ラーメンが集結 東京ラーメンショー今年も開催
全国のご当地ラーメンが集まる「東京ラーメンショー」が今年も開かれる。(2016/5/11)

電気料金の新プラン検証シリーズ(31):
「ご当地電力」が四国にも、「坊っちゃんプラン」で電力会社より安く販売
電力の地産地消を推進する「ご当地電力」が全国に広がってきた。四国では地元を舞台にした有名な小説から名づけたメニューで電力を販売する。標準の「坊っちゃんプラン」は月間使用量が200kWh以上の家庭で四国電力よりも割安になる。「マドンナプラン」や「赤シャツプラン」もある。(2016/4/13)

タテ型動画に英語字幕版の制作も:
テレビ東京コミュニケーションズとViibar、「ご当地PR」動画マーケティング商品を共同開発
テレビ東京コミュニケーションズはViibarと共同で、クラウドソーシング制作型「ご当地PR」動画マーケティングのコンテンツ第1弾「絶景告白」をリリースした。(2016/4/8)

愛知のご当地萌えキャラ「知多娘。」ついにドラマCDになる 専門学校生がコンペで制作
中部国際空港と専門学校のHAL「名古屋校」「東京校」「大阪校」が全面協力。(2016/4/5)

「カレーは飲みもの!」が現実に 石川県のご当地グルメ「金沢カレー」がコーラになりました
え?(2016/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。