ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「一括」最新記事一覧

組み込み開発ニュース:
認証ソフトや評価ボードをまとめて提供、ルネサスがマーケットプレース開始
ルネサスは同社の「RZ/G Linuxプラットフォーム」と、同プラットフォーム認証済みのパートナー製ソフトウェアや評価ボードなどを一括して提供可能な「産業向けルネサスマーケットプレイス」を開設。2017年4月11日から日本でサービスを開始し、今後海外にも展開する。(2017/3/29)

ADLINK 回転機械状態監視用スタータキット:
オンライン連続監視に対応するCMSスタータキット
ADLINK Technologyは、1日24時間のオンライン連続監視と故障予測に対応するCMS(回転機械の状態監視システム)用スタータキットを発表した。4チャンネルのDSAモジュール、機械状態監視アプリケーション、加速度計、磁気マウント式接続ケーブルを一括して提供する。(2017/3/27)

ソフトバンクとY!mobile、10型タブレット「MediaPad T2 Pro」を3月10日発売 一括価格は4万円台半ば
ソフトバンクの「MediaPad T2 Pro」とY!mobileの「MediaPad T2 Pro 606HW」の発売日が3月10日に決まった。両ブランドともに、販売価格は4万円台半ばを想定している。(2017/3/8)

BIM/CAD:
マンション向けVR、ハードもコンテンツも一括提供
福井コンピュータドットコムは2017年4月からマンション向けのVRシステムを提供する。必要なハードウェアやVRコンテンツの制作なども含めたパッケージ商品として展開し、モデルルームなどへのVRシステムの導入を支援する。(2017/2/21)

auの“ママ”向けスマホ「rafre」が2月24日発売 泡ソープで洗えて一括価格は4万台前半
子育て中の女性(ママ)にターゲットを絞ったauのAndroidスマートフォンが、予定を前倒して発売される。一括販売価格は4万円台前半で、毎月割適用後の実質価格は3万円程度となる。(2017/2/20)

デュアルカメラ搭載の「V20 PRO L-01J」、2月17日発売 新規やMNPなら一括1万円台に
ドコモが「V20 PRO L-01J」を2月17日に発売する。一括8万4888円(税込)だが、新規契約だと端末購入サポートが適用され、1万5552円まで割り引かれる。(2017/2/15)

CADニュース:
3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister V11.1」を発表、モデリング機能改善など
日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister」の最新版V11.1を発売した。部品の一括配置機能など、モデリングを効率化する機能群を強化するとともに、シェーディング機能の処理効率を改善している。(2017/2/10)

「らくらくスマートフォン4 F-04J」、2月10日発売――FOMAからの乗り換えで実質648円に
「らくらくスマートフォン4 F-04J」が2月10日に発売される。一括価格は5万8968円(税込)だが、FOMAから乗り換えると実質648円になる。(2017/2/7)

「Disney Mobile on docomo DM-01J」、2月9日発売――新規・MNPなら一括1万円台に
「Disney Mobile on docomo DM-01J」が2月9日に発売される。一括価格は5万8320円(税込)だが、新規・MNPなら一括1万5552円に割り引かれる。(2017/2/7)

Slack、大企業向け「Enterprise Grid」立ち上げ 複数チームの一括管理が可能に
チームコラボレーションツール「Slack」の大企業向け「Enterprise Grid」が登場。企業内のworkspaceを一元管理でき、workspaceを横断したチャンネルやメッセージングが可能だ。(2017/2/1)

auの「AQUOS SERIE mini SHV38」、2月3日に発売 一括4万円台後半
auのコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」が2月3日に発売される。一括価格は4万8600円。幅67mmのボディーに4.7型ディスプレイを搭載する。(2017/1/30)

Tech TIPS:
Gmailでメールをキーボードから一括削除する
Gmailでリスト表示されているメールをキーボードでまとめて削除する方法を紹介する。(2017/1/30)

スマート工場EXPO:
IO-Link関連機器を押すFesto、エアーと電気の一括制御を提案
フエストは「SFE2017」において、I/O接続技術「IO-Link」関連製品を訴求。日本で強いエアー制御関連技術と組み合わせ、電気とエアーの一括制御を提案した。(2017/1/24)

省エネビル:
大成建設が国内初の燃料電池の導入実証、地域のエネルギーを最適化
大成建設は横浜市戸塚区にある同社の技術センターに、固体酸化物形燃料電池(SOFC)を導入する。燃料電池が生み出す電力と熱をセンター内の複数の建物に供給する。同時に複数の建物のエネルギーを一括管理できる新しいEMSを開発・導入し、エリア内の電力需給の最適化を図る。この取り組みで得られたデータと知見を活用し、建物への大型燃料電池の導入拡大に生かす方針だ。(2017/1/19)

ドコモ、メールアプリ「CommuniCase」配信&サポートを5月31日に停止
ドコモは、キャリアメールやGmailなど複数のメールアドレスを一括管理できるメールアプリ「CommuniCase」の配信とサポートを5月31日に停止する。(2017/1/16)

Tech TIPS:
Macで複数のファイル名を一括変換する
Macで複数のファイル名を一括変換する方法を紹介する。(2017/1/10)

SIMロックの解除期間が短縮 一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に
総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を策定。SIMロック解除の期間を、現在の180日から改正。スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドラインも改正した。(2017/1/10)

データ基盤の構築から運用、マーケティングまでをパッケージ化:
フリービット、法人向け機械学習/AI導入支援サービス「freebit AIラボ」を開始
フリービットが機械学習/AI導入支援パッケージ「freebit AIラボ」の提供を開始。開発から運用までを一括サポートし、同社の特許技術のライセンス提供も行うという。(2017/1/10)

携帯販売ランキング(12月5日〜12月11日):
一括648円の格安スマホ「MONO MO-01J」、ドコモランキングに初登場
総合ランキングは1位から9位までが先週と同じ並びでほとんど変化なし。今回NTTドコモランキングには、シンプルで低価格を追究した「MONO MO-01J」がランクイン。(2016/12/17)

auの「Galaxy S7 edge」新色も12月8日発売 一括5万9400円(税込)
auの「Galaxy S7 edge」新色「Blue Coral」も12月8日に発売される。価格は一括5万9400円(税込)。5月の発売時よりも安くなっている。(2016/12/5)

ドコモの「MONO」、12月9日発売 端末購入サポートで一括648円に
ドコモが、格安のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」を12月9日に発売する。4.7型HD液晶を搭載したミッドレンジのスマートフォン。端末サポートの適用により、一括648円にまで割り引かれる。(2016/12/5)

AWS re:Invent 2016:
米AWS、「AWS Organization」を発表、Amazon S3とStorage Gatewayを強化
Amazon Web Services(AWS)は年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、組織における複数のAWSアカウントの一括管理および階層的アイデンティティ管理を実現する「AWS Organization」を、限定プレビュー機能として発表した。また、ストレージ関連で複数の発表をしている。(2016/11/30)

ドコモ、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月8日発売 一括価格は9万円台半ば
ドコモの「Galaxy S7 edge SC-02H」の新色「Blue Coral」の発売日が決定した。直販価格や月々サポートの金額は、既存の3色と同様となる。(2016/11/30)

ドコモ、頑丈でスリムなスマホ「arrows NX F-01J」を12月2日に発売 一括価格は約9万円
頑丈さとスリムさを両立した「arrows NX」の最新作が、いよいよ登場する。直販価格は9万円台で、月々サポートを24カ月適用した後の実質価格は、2万円台後半〜4万円台前半となる。(2016/11/29)

Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が実質100円に値下げ
Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が値下げされている。24カ月使用すれば、頭金100円の支払いのみで済む。一括価格も値下がっている。(2016/11/28)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームサービスに新たなデータ収集/分析ソフトウェアを追加
NTTコミュニケーションズは、IoT導入に必要となる機能を一括で提供する「IoT Platform Factoryパッケージ」に、ゼネラル・エレクトリックのIoTデータ収集/分析アプリケーションに対応したプランを追加した。(2016/11/25)

構築、開発から運用、サポートまでをワンストップ型の月額課金制で展開:
日立、「SAP HANA」のマネージドクラウドサービスを開始
日立製作所が、SAP HANAのフルマネージド型クラウドサービスを開始。専任サポート付きで、環境構築から運用までのサービスを一括して提供する。(2016/11/24)

最も安い「Xperia XZ」はどれ?――3キャリアの価格を比較する
「Xperia XZ」が3キャリアから販売中。価格はどれだけ違うのか。一括価格、割引、実質価格を比較した。(2016/11/21)

格安SIM Q&A:
「Google Play」「App Store」のコンテンツ代金を、格安SIMの月額料金と一括請求できませんか?
大手キャリアだと「Google Play」での有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金とまとめて払えますよね。「App Store」「iTunes Store」の有料コンテンツの購入代金もau限定ですけど携帯電話料金とまとめて払えますよね。格安SIMでも同じようにできませんか?(2016/11/17)

Facebookアプリがアップデート Facebook・Instagram・Messengerの一括管理が可能に
他のデバイスでも対応予定。(2016/11/16)

Facebookページ管理アプリ、Instagramとメッセンジャーも一括管理できる機能追加
Facebookページオーナー向け管理アプリ「ページマネージャ」の受信箱で、Facebook、Instagram、Facebook Messengerの新着メッセージを一括管理できるようになる。(2016/11/16)

製造業IoT:
スマートフォンでRFIDを一括管理できるアプリを開発
トッパン・フォームズは、スマートフォンなどのスマートデバイスを用いて各種情報連携ができるRFID(無線通信による個体認識)アプリ「RFtouch」の提供を開始した。ネットワーク環境を利用して、管理システムへ1つのデバイスでアクセスできる。(2016/11/15)

auの「AQUOS U SHV37」、11月18日発売 一括3万7880円
シャープのau向けスマホ「AQUOS U SHV37」が11月18日に発売される。一括価格は3万7880円。実質価格は1万9800円から。(2016/11/14)

「Googleマイビジネス」との連携サービスも:
サイバーエージェント、位置情報の広告活用に特化した専門組織を新設
サイバーエージェントは、位置情報の広告活用に特化した専門組織・ジオマーケティング部署を新設し、「Googleマイビジネス」に登録した店舗情報を一括管理できる「Geo Feed(ジオフィード)」の提供を開始すると発表した。(2016/11/14)

ドコモ、ミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」を11月4日発売 価格は5万円台前半
ドコモのシャープ製ミドルレンジスマートフォンの新モデルの発売日が決定した。一括販売価格は5万円台前半となる。(2016/11/1)

ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日発売――MNPだと実質約1万円
ドコモとau版と同じく、ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日に発売される。一括価格は9万3120円。SoftBank SELECTIONで周辺機器も販売する。(2016/10/31)

ドコモの「Xperia XZ/X Compact」、11月2日発売 価格は一括8万円台/6万円台
ドコモの「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」が、11月2日に発売される。価格はXperia XZが一括8万1648円、Xperia X Compactが一括6万3594円。(2016/10/27)

auの「Xperia XZ SOV34」は11月2日発売、一括7万円台前半
auの「Xperia XZ」が11月2日に発売される。auオンラインショップでの価格は一括7万3440円。au WALLETプリペイドカードへのキャッシュバックキャンペーンも行う。(2016/10/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「スマホ一括648円」 「LTEケータイ用プラン」の“制約”
NTTドコモが、初めてオリジナルブランドを冠するスマートフォンを発売します。その大きな特徴は「一括648円」という、大手キャリアの端末としては非常に安価な価格設定です。(2016/10/24)

ドコモ2016−2017年冬春モデルの価格をチェック
スマートフォンの実質価格は2万〜4万円台。MONOは例外として一括648円。ケータイは実質0円になるケースも。(2016/10/24)

自然エネルギー:
太陽光発電の入札は2017年10月めどに実施、2MW以上の設備を対象に
2017年度から太陽光発電を対象に実施する入札制度の大枠が固まった。政府は2017年10月をめどに初回の入札を実施した後に、2018年度には2回の入札を実施する方針だ。合計3回分の入札条件を一括に決定する方式が有力で、入札量や入札価格の上限を含めて2017年3月までに詳細を確定させる。(2016/10/24)

CADニュース:
設計基盤を“雲の上”に、日立が自社実践するクラウドサービスを販売へ
日立製作所は、グローバル展開する製造業向けに「クラウド型設計業務支援サービス」の販売を開始した。同サービスは設計環境をクラウドで一括提供するもの。(2016/10/24)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
モバイル活用のあらゆる状況に対応、デバイス一括管理で業務負担とコストを削減
モバイル活用が拡大することで、従来のデバイス管理のみを目的とした対策では不十分な状況が生まれつつある。デバイスやOSなどが多様化する中、アプリケーションやコンテンツ、電子メールなどを適切に管理するためには、新たなアプローチが必要だ。(2016/10/26)

石野純也のMobile Eye(10月11日〜21日):
「MONO」を投入する狙い/Galaxy Note7の抜けた穴は?――ドコモの冬春モデルを読み解く
ドコモ冬春モデルで特に注目を集めたのが、一括648円という破格の値段を打ち出した「MONO」。購入サポートという仕組みを使って、価格面にまで工夫が及んでいる。一方、Galaxy Note7の販売が見送りになったのは、ドコモにとっても大きな痛手といえる。(2016/10/22)

一括648円の驚安スマホ「MONO」は買いなのか?
購入サポートを付けると一括648円という驚きの安さを実現したドコモの「MONO MO-01J」。安いだけでなく品質や性能にもこだわったという。実際の使い心地をチェックした。(2016/10/21)

ドコモが格安スマホ潰しの“秘密兵器” 一括650円の「MONO」
初のドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO」は一括約650円という低価格で格安スマホに対抗する。(2016/10/20)

ドコモ、648円のスマホ発売 格安勢に対抗
ドコモが一括648円の格安スマホを発売。(2016/10/19)

産業用ロボット:
生産ラインのロボットを一括コントロール、競合他社製品も制御可能
ヤマハ発動機は自動化生産ラインを低コスト、短期間で構築可能とし、インダストリー4.0などのIoT活用への対応力を高めた統合制御型ロボットシステムを開発。2016年12月1日から販売を開始する。(2016/10/18)

カスペルスキーが個人向けセキュリティソフトの新版、脆弱性対策を強化
主要なソフトウェアの更新を一括してできる機能などを追加した。(2016/10/12)

常見陽平の「若き老害」論:
新卒一括採用が「若き老害」を生み出している
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第3回は新卒一括採用によって「○年入社組の同期」というものを作り出すシステムが、「若き老害」の誕生を助長している……という話。(2016/10/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。